研究室ブログ

東京農工大学 鈴木研究室のブログです。

2024年 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

2023年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

2022年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

2021年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

2020年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

2019年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

2018年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

2017年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

2016年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

2015年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

2014年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

2013年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

2012年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

2011年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

2010年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月

2023年6月23日 論文採択とプレスリリース            研究室事務

OBの佐藤君の6G通信用のメタサーフェスの論文がNanophotonicsに採択されました。

Kento Sato and Takehito Suzuki. "Polarization-independent isotropic metasurface with high refractive index, low reflectance, and high transmittance in the 0.3-THz band," Nanophotonics, May 2023.

それに合わせてプレスリリースを行いました。

東京農工大学 JST

様々な媒体で報道されました。

日刊工業新聞1 日刊工業新聞2 日経クロステック NIKKEI Tech Foresight 科学新聞6/9

2023年6月23日 B4の齊藤です。                  齊藤

初めまして。

今年4月より鈴木研究室のメンバーとなりました、齊藤 祐希と申します。

生まれは北海道苫小牧市で、小学校高学年までを埼玉県さいたま市で過ごし、
再び苫小牧市に戻りました。高校まではバスケ部に所属しており、
身長は185cmあります。

私の趣味は、ゲームや映画鑑賞です。映画はアクション系が好きで、
特にワイルドスピードが大好きです。
8作目「ICE BREAK」の公開時は、ドミニク・トレットが実際に映画で
乗っていた車(ダッジ・アイスチャージャー)が全国ツアーで地元に
やってきました。
近くで見ると撮影でついたであろう傷が見えて興奮しました。


実際に映画で使われた車(撮影:齊藤)

余談ですが、私は足の大きさが30cmもあります。
そのため、実験室を利用するために、研究室で新たに30cmの上靴を購入していただきました。
こうしてみると自分の足の大きさに改めて驚きました。


30cmの上靴(左)と26.5の上靴(右)(撮影:齊藤)

これから鈴木研究室のメンバーとして研究活動に励んでまいります。
よろしくお願い致します。

2023年6月23日 B4三ツ井の自己紹介                三ツ井

初めまして。

4月から正式に鈴木研究室のメンバーとなりました、三ツ井 祐ノ介と申します。

私は、台湾とシンガポールにそれぞれ4年半、
計9年間の海外生活をした経験があります。
今回は、台湾に住んでいた頃の話の話を少ししたいと思います。
台湾には小学校入学から5年生の半ばまで住んでいました。
台湾は日本の南西側に位置する島で、冬は日本ほど冷えず
年間を通して、温かく過ごしやすい気候となっています。

そんな台湾で私はテコンドーを習っていたことがあります。
テコンドーは、空手に似ており、足を使った技が多い格闘技の一種です。
友達がテコンドーをやっていたことをきっかけに始め、
台湾にいる間は週に3〜4回ほど通っていました。
テコンドーにも空手と同様に帯の色が存在し、
私は最終的に黒帯の二段に到達することができました。


実際に所持している黒帯(撮影:三ツ井)

実際の私の名前は「三ツ井祐ノ介」ですが、台湾にはカタカナが存在しないため
名前が「三井祐介」となっています。

研究室に配属され、既に2か月ほど経過しました。
この2か月は大変充実しており、
これからも充実した研究生活を送れるよう研究活動に取り組んでいきます。
研究室の皆様、どうぞよろしくお願いいたします。