研究室ブログ

東京農工大学 鈴木研究室のブログです。

2020年 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

2019年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

2018年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

2017年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

2016年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

2015年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

2014年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

2013年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

2012年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

2011年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

2010年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月

2014年8月31日 国際会議スケジュール              鈴木

来年の国際会議のスケジュールが
少しずつ出始めてきているので書いておきます。
夏合宿でも話します。

META 2015
2015年8月4日(火)-7日(金)
Abstract締め切り: 2015年2月9日(月)
採択結果: 2015年3月9日(月)
Final Paper締め切り: 2015年5月11日(月)
レジストレーション締め切り: 2015年5月11日(月)

IRMMW-THz 2015
2015年8月23日(日)-28日(金)

2014年8月26日 2014年研究室合宿のお知らせ         大内・石原

2014年研究室合宿を開催します。

詳細は以下の

2014年鈴木研究室合宿のお知らせ
"Develop Spirit of Teamwork"
『チームワークのスピリットを育もう』

をご覧ください。

2014年8月25日 大学院推薦入試                  石原

 

こんにちは、石原です。
7月に私と佐藤君の大学院推薦入試がありました!

7月1日に行われる面接試験に向けて
先輩方に面接練習をしていただき、入念に準備をしました。

練習の甲斐もあり試験当日は、
しっかりと受け答えをすることができました。

そして、入試の2週間後の7月14日。
来たる合格の発表日。
私の受験番号は313、佐藤君の受験番号は312。
結果は...


無事に 両方発見しました!


合格した佐藤君もこの表情です。

大学院に進学してからも、
精一杯研究に励んでいきたいと思います!

支えてくださった研究室の皆様、応援してくれた家族と友人に
この場を借りてお礼申し上げます。

本当にありがとうございました!

2014年8月9日 朝塾                              鈴木

M1とB4の学生さんが、春頃より夜塾をやっていましたが、
夏季期間は毎週水曜日8時から
朝塾(ファシリテーター: M1 富樫君)という形でやってます。

大隈塾時代のを参考にしています。

朝塾
日時: 2014年8月6日(水) 8:00-9:00
場所: お茶室
テーマ: 当事者意識、プロ意識、変革意識
資料: 2013年6月25日 日本経済新聞 朝刊
私の課長時代 JXホールディングス 会長 木村康

資料のサマリー
・当事者意識、プロ意識、変革意識を持つことが大切。
・一人ひとりがハングリーさを持っているチームだけが強くなれる。
・技術者一人ひとりが経営に対する責任感を持てばさらに強くなる。
・自分のやっている仕事が一番重要だと思うこと。
・一つひとつの作業を労を惜しまずきっちりこなすことが仕事の基本。
・どんな仕事にも真面目に取り組む姿勢が大切。

資料を読み、その後にディスカッション、
最後に模造紙にまとめて、全体ミーティング時に発表しています。

出張だったので、あとでサーバーの写真を見たのですが、
皆さん、なかなか頼もしい顔をしていますね。

台風の迫ってくる沖縄出張はまた次回に報告したいと思います。

2014年8月8日 電気電子工学プレゼンテーション                梅原

こんにちは。梅原です。

研究室配属から4ヶ月が過ぎ、
研究室での生活にも慣れてきました。

日々の輪講などを通して、感じたことがあります。
それは、プレゼンテーションも含めて研究だということです!

… ということで、
7月23日(水)に電気電子工学プレゼンテーションで発表を行いました。


発表前の最終確認

先輩や先生にアドバイスをいただきながら、
発表する姿勢や、声量などにも注意しつつ、
何度も練習しました。

いざ 、発表です!


トップバッター石原君


続いて私


ラストに佐藤君

電電プレゼンを通して、
伝えたいことを正確に伝える難しさと、
事前に準備をする大切さを学びました。

日々の生活でも常に「伝える」ことを意識し、
研究生活を送りたいと思います。

サポートしてくださった先輩、先生
ありがとうございました!