研究室ブログ

東京農工大学 鈴木研究室のブログです。

2020年 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

2019年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

2018年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

2017年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

2016年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

2015年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

2014年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

2013年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

2012年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

2011年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

2010年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月

2012年7月27日 第二回電気電子工学プレゼンテーション         八代

こんにちは!
今日も暑いですねー
どうやら研究室のみんなも夏バテ気味のようです…(汗)

さて話は変わりまして、7/25に第二回電電プレゼンが行われました。
暑い中スーツ姿で頑張ってきました!!

 


トップバッターは岸くん


続いて二番手は竹林くん


三番目は自分です


アンカーは與那嶺くん


おつかれさまでした!

今回が二回目ということで、みんな落ち着いて堂々と発表ができたと思います。
先生や先輩にもお褒めのお言葉をいただきました!

研究の方はまだまだ忙しい日が続きますが、頑張って夏を乗り切りましょう!

今日の打ち上げが楽しみですね♪

2012年7月26日 応用物理学会                      研究室事務

愛媛大学、松山大学で開催される2012年秋季 第73回応用物理学会学術講演会でM2今野拓矢さん、B4岸湧大さん、B4與那嶺広樹さんが発表します。

カットオフ周波数での分割リング共振器を装加した金属スリットアレーの周期構造解析
茨城大工 1,阪大レーザー研 2
○ 岸 湧大 1, 高野恵介 2, 萩行正憲 2 ,與那嶺広樹 1, 今野拓矢 1, 鈴木健仁 1

金属スリット配列による支持層を装加した金属溝周期構造を有するテラヘルツ波帯平面レンズの解析
茨城大工 1, M&M 研究所 2, 下館精機 3, ケンタッキー大工 4, 阪大レーザー研 5
○ 今野拓矢 1, 三枝幹雄 1, 御田 護 2, 古澤庄一 3, Young John 4, 高野恵介 5, 北原英明 5, 萩行正憲 5, 鈴木健仁 1

金属スリット構造によるテラヘルツ波帯 3 次元凹型レンズの基礎検討
茨城大工 1, 阪大レーザー研 2
○ 與那嶺広樹 1, 岸 湧大 1, 今野拓矢 1, 高野恵介 2, 荻行正憲 2, 鈴木健仁 1

2012年7月26日 APS2012 成田出発-シカゴ到着編            鈴木

おはよーございますっ!

サマータイムやってる鈴木です。

朝は気持ちいし、仕事がさくさく進みますよ。

そうそう、なでしこ勝ちましたね。オリンピック、楽しみです!

7月10日-7月14日でアメリカのシカゴで開かれたIEEE APS/URSI 2012へ行ってきたので報告します!

デジカメを忘れてしまい、iPhoneからのなので、画質がそこまでよくないです。


成田空港から直行便でシカゴ・オヘア国際空港へ

フライトが12時間を越える時は、座席は通路側にしましょう!!


シカゴの地下鉄

スイカみたいなのを買いました。

シカゴ・オヘア国際空港からシカゴの中心部まで電車でおおよそ40-50分です。


シカゴの中心部到着!!


馬がかっ歩していました。


シカゴの町並み


シカゴの高層街


スタバ!


そういえば・・・

「日立キャンパスにもスタバとコンビニがそろそろできるみたいですよ!」

 

って、ツブやいているときっとできる!!


ご飯!!


これはかなりでかかった!!

2012年7月24日 iUP取材                             與那嶺

こんにちは!

いよいよロンドンオリンピック開幕ですね。

相変わらず今年も暑いですね〜
夏バテしないように研究も遊びも頑張りたいと思います。

さて先日、鈴木研究室が
iUPという茨城大学の広報誌に載せて頂けるとのことで、
取材を受ける機会がありました。

こんな感じの広報誌です↓

ちなみにこれはiUP Vol.1(2011年3月)です。

詳しくはこちらにあります。


取材を受ける鈴木先生


カメラマン岸による撮影

今回の記事は10月発刊予定のiUPのVol.3に掲載されるそうなので
どのような感じで載るのか楽しみです!

そんな中、先週の金曜日には
茨城大学大学院の推薦入試の合格発表がありました。

鈴木研究室からは受験者全員合格!!

皆さん、おめでとうございます。

打ち上げは今週の金曜日にやりましょー!

2012年7月17日 2012 IEEE AP-S/USNC-URSI          研究室事務

2012 IEEE AP-S/USNC-URSI(アメリカ シカゴ)で鈴木健仁助教が発表を行いました。

Takehito Suzuki and John C. Young, ‘‘Eigenvalue Analysis of a Ridged Waveguide Using a Spectral Domain Green's Functions,’’ IEEE AP-S International Symposium and USNC/URSI National Radio Science Meeting, Chicago, Illinois, USA, July 8-14, 2012.

John C. Young, Darren Boyd, Stephen D. Gedney, Takehito Suzuki, ‘‘A DGFETD Analysis of a Terahertz-Band Photoconductive Dipole Antenna,’’ IEEE AP-S International Symposium and USNC/URSI National Radio Science Meeting, Chicago, USA, July 8-14, 2012.

2012年7月17日 引越し完了                            岸

こんにちは。
引越し本部長の岸です。

今回は引越し完了の報告です!

先週、引越し作業がほぼすべて完了し、
鈴木研究室では新しい研究生活が始まりましたので
それをご報告いたします。


今回の主な作業は個人の荷物の整理、移動になります。


パーテーションの組立作業も少し残っていました。


ちょっと休憩。逆光ですが、いい写真です。

この後、この余裕ムードが一転、404号室の引越し、整理に半日以上かかり、
写真を撮るのも忘れるほど皆くたくたになって引越しは終了しました、、。
お疲れ様です!


引越し後の404号室


同じく 403号室

部屋が隣同士になったことで、以前より研究室内での連携がスムーズになり、
非常に研究がしやすい環境になりました。
気分も新たにこれからもどんどん研究に励みたいと思います。