研究室ブログ

東京農工大学 鈴木研究室のブログです。

2020年 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

2019年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

2018年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

2017年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

2016年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

2015年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

2014年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

2013年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

2012年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

2011年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月

2010年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月

2016年1月20日 招待講演で発表                     研究室事務

講師鈴木が5月17日(火)から20日(金)にパシフィコ横浜で開催されるThe 5th Advanced Lasers and Photon Sources Conference (ALPS'16)で招待講演を行います。

Takehito Suzuki, "Terahertz Component Platforms Inspired by Metamaterials," The 5th Advanced Lasers and Photon Sources Conference, Yokohama, Japan, May 2016.

2016年1月20日 応用物理学会で発表                   研究室事務

B4近藤、B4安田、M2木村、M2古謝が3月19日(土)から22日(火)に東京工業大学で開催される2016年第63回応用物理学春季学術講演会で発表します。

学生が頑張りました!

近藤 諭, 木村 辰也, 鈴木 健仁, "金属非対称ペアカットワイヤーによる0.7THz帯負の屈折率2次元メタマテリアル," 2016年第63回応用物理学春季学術講演会, 東京工業大学, Mar. 2015.

安田 淳一, 木村 辰也, 鈴木 健仁, "金属対称ペアカットワイヤーによる1.0THz帯負の屈折率2次元メタマテリアル," 2016年第63回応用物理学春季学術講演会, 東京工業大学, Mar. 2015.

木村 辰也, 安田 淳一, 鈴木 健仁, "金属対称ペアカットワイヤーによる0.5THz帯ゼロ近傍屈折率無反射2次元メタマテリアル," 2016年第63回応用物理学春季学術講演会, 東京工業大学, Mar. 2015.

古謝 望, 富樫 隆久, 永井 正也, 鈴木 健仁, "高感度なカットスルー金属スリットアレー型テラヘルツ波帯偏光子の広帯域化," 2016年第63回応用物理学春季学術講演会, 東京工業大学, Mar. 2015.

2016年1月12日 論文発行                       研究室事務

鈴木講師と君(2015年修士修了)らによる高感度テラヘルツ偏光子GoIS®の論文がOptics Letters(2014 Impact Factor: 3.292)で発行されました。

Takehito Suzuki, Masaya Nagai, and Yudai Kishi, "Extreme-Sensitivity Terahertz Polarizer Inspired by an Anisotropic Cut-through Metamaterial," Optics Letters, vol.41, no.2, pp.325-328, Jan. 2016.

現在、当研究室では学術研究と産業の発展へ貢献することを目標に、JST(国立研究開発法人 科学技術振興機構)の協力によりテラヘルツ波帯高感度偏光子GoIS®のサンプル提供の準備を開始しています。

入手をご希望の場合は、こちらまでお問い合わせください。

Todsy's Top Downloadsの3位に掲載

2016年1月6日 学会発表                         研究室事務

M2大内が3月15日(火)〜18日(金)に九州大学で開催される2016年電子情報通信学会総合大会で発表します。

学生が頑張りました!

大内隆嗣, 石原功基, 佐藤竜也, 富樫隆久, 鈴木健仁, "円偏波変換機能とコリメート機能を有する0.3 THz 帯メタマテリアルアンテナコンポーネントの設計," 2016年電子情報通信学会総合大会, 九州大学, Mar. 2015.

テラヘルツ波分野の産業応用化に向け、CW テラヘルツ波デバイスを用いたテラヘルツ波高速無線通信やイメージング技術などが積極的に研究開発されています。

本研究では,テラヘルツ波の放射を平面波に変換し、平面波を円偏波へ変換できる非常に小型なテラヘルツ波コンポーネントを提案、設計しました。

今回設計したテラヘルツ波コンポーネントは、様々な CW テラヘルツ波デバイスと融合でき、テラヘルツ波デバイスの超小型化や省エネルギー化に大きく貢献できます。

上記の詳細を説明したM2大内、M1石原、M1佐藤、M2富樫、講師鈴木による以下の2本の論文を投稿中です。

大内 隆嗣, 石原 功基, 佐藤 竜也, 富樫 隆久, 鈴木 健仁,"高屈折率低反射メタマテリアルを活用した0.3 THz帯薄フィルム分布屈折率コリメートレンズの設計," 電子情報通信学会論文誌B, submitted.

大内 隆嗣, 鈴木 健仁, "コリメート機能と円偏波変換機能を有する0.3 THz帯テラヘルツ波コンポーネントの設計," 電子情報通信学会論文誌B, submitted.

2016年1月1日 2016年 新年のご挨拶                  鈴木

明けましておめでとうございます。

研究室の皆さん、2016年は

「野心を燃やせ。世界を超えろ。」

これをテーマに研究活動に努めましょう。

茨城大学工学部を設立した日立製作所の創業社長の小平波平翁の後を引き継ぎ、第七代の日立製作所社長を歴任された庄山相談役の講演会でのテーマです。

その講演会の慰労会での尊敬する大先輩の受け売りではありますが、

労を惜しまず、自ら汗を流すこと。
机上の論に留まらず、現実の場で実践すること。
高い志を持って、リーダーシップを発揮すること。
公の視点を忘れずに、行動すること。
心豊かな創発的な人間関係を深めてゆくこと。

が重要になると思います。

昨年の1年間は、「地方国立大学から世界に刺激を与える研究成果を。」をテーマにスタッフ、学生により研究活動を進め、以下の研究業績を達成することができました。

2015年 研究業績
査読付き論文誌: 11本の論文が採択
国際会議: 4件 (口頭発表: 2件 ポスター発表: 2件)
国内学会: 8件 (口頭発表: 5件 ポスター発表: 3件)
招待講演・シンポジウム講演: 2件
新聞報道: 5件

また、上記の研究は以下の研究費や奨学金のご支援により実施させていただきました。

2015年 研究費・奨学金
文科省科研費若手(A)
文科省科研費萌芽研究
JST重要知財集約活用制度スーパーハイウェイ
企業様よりのご寄附
研究室学生の奨学金: 5件
(財団からの給与型奨学金: 2件 財団からの渡航費助成: 1件
日本学生支援機構奨学金の全額免除: 1件 半額免除: 1件)

今年は「野心を燃やせ。世界を超えろ。」をテーマに研究活動を進めていきます。

当研究室、及び、茨城大学の研究・教育活動へのご支援をよろしくお願い致します。

                                   2016年 元旦
                                   鈴木 健仁