LABORATORY OF FOOD CHEMISTORY, TOKYO UNIVERSITY OF AGRICULTURE AND TECHNOLORY

研究概要

当研究室では、食品を構成する成分であるタンパク質、糖質、脂質を研究対象としており、これらの機能の解析、機能発現に重要な役割を担っている構造の解析、さらには、これらの機能の改変を目的とし、2名の指導教員(服部、好田)のテーマに沿ってそれぞれ研究を行っています。

その他のテーマ

最近の研究成果

「最近の研究成果のページへ」をクリックすると、最近の研究成果が閲覧できます。

研究活動

当研究室は、月〜金、9:30〜18:00をコアタイムと定め、活動しています。ゼミは、論文紹介と研究経過報告があり、それぞれ週1回、2名が担当して行っています。その他に、学会への参加、ゼミ打ち上げ、春・秋の研究室対抗スポーツ大会、ゼミ合宿など様々なイベントがあります。