Makoto Watanabe's laboratory
Tree Physiological Ecology under Changing Environment

東京農工大学 農学部 環境資源科学科 渡辺誠研究室

研究業績(口頭・ポスター発表)

各項目へのリンク:
口頭発表(英語), ポスター発表(英語), 口頭発表(日本語), ポスター発表(日本語),
依頼講演


<口頭発表(英語)>

  1. Watanabe, M., Mao, Q., Watanabe, Y., Funada, R., Takagi, K., Satoh, F. and Koike, T. (2021) Influences of elevated CO2 on growth and photosynthesis of three birch species native to northern Japan. Air Pollution Threats to Plant Ecosystems. 14 October 2021, Paphos, Cyprus.
  2. Novriyanti, E., Watanabe, W., Qiaozhi, M. and Koike, T. (2021) Growth performance of eucalypt and acacia species under elevated CO2 load in the changing environment. The 2nd International Symposium on Arboriculture in the Tropics: Trees and Human Health. 21 June 2021, online.
  3. Watanabe, M., Norisada, M. and Izuta, T. (2019) Gradients of photosynthetic traits and defense capacity within a canopy of mature oak trees grown under different nutrient conditions. IUFRO Nanning 2019: Harmonized growth, cleaner environment and sustainable forests. 15 May 2019, Nanning, China.
  4. Watanabe, M., Kamimaki, Y., Mori, M., Okabe, S., Arakawa, I., Kinose, Y., Nakaba, S. and Izuta, T. (2019) Mesophyll conductance to CO2 in leaves of Siebold's beech (Fagus crenata) seedlings under elevated ozone. International Symposium on Agricultural Meteorology (ISAM2019). 28 March 2019, Shizuoka, Japan.
  5. Watanabe, M., Kamimaki, Y., Okabe, S., Mori, M. and Izuta, T. (2018) Leaf internal photosynthetic activity of Siebold's beech seedlings under elevated ozone. International Conference on Ozone and Plant Ecosystem. 24 May 2018, Florence, Italy.
  6. Sugai, T., Kam, DG., Agathokleous, E., Watanabe, M., Kita, K. and Koike, T. (2018) Non-linear responses of two larches species exposed to four ozone levels. International Conference on Ozone and Plant Ecosystem. 23 May 2018, Florence, Italy.
  7. Watanabe, M., Hiroshima, H., Kinose, Y., Okabe, S. and Izuta, T. (2017) Nitrogen use efficiency for growth of Fagus crenata seedlings under elevated ozone with different soil nutrient conditions. IUFRO Tokyo 2017: Actions for sustainable forest ecosystems under air pollution and climate change. 24 November 2017, Fuchu, Japan.
  8. Hoshika, Y., Katata, G., Watanabe, M., Deushi, M., Koike, T. and Paoletti, E. (2017) Ozone-induced stomatal sluggishness changes carbon and water balance of temperate deciduous forests. IUFRO 125th Anniversary Congress 2017, 20 September 2017, Freiburg, Germany.
  9. Hoshika, Y., Katata, G., Watanabe, M., Deushi, M., Koike, T. and Paoletti, E. (2016) Global ozone impacts on forest carbon and water use. IUFRO Regional Congress for Asia and Oceania 2016, Forest for Sustainable Development: The Role of Research, 26 October 2016, Beijing, China.
  10. Hoshika, Y., Watanabe, M., Katata, G., De Marco, A., Deushi, M., Carriero, G., Koike, T. and Paoletti, E. (2015) Toward modeling of stomatal conductance under elevated ozone in forest trees. 10th congress of Italian Society of Silviculture and Forest Ecology, 16 September 2015, Firenze, Italy.
  11. Watanabe, M., Hoshika, Y., Inada, N. and Koike, T. (2015) Difference in photosynthetic responses to ozone between canopy positions in Japanese oak. IUFRO 2015: Grobal Challenges of Air Pollution and Climate Change to Forests, 2 June 2015, Nice, France.
  12. Sakikawa, T., Nakamura, M., Watanabe, M., Kanie, S., Satoh, F. and Koike, T. (2015) Plant defense and photosynthesis of Japanese white birch saplings grown under a free-air O3 fumigation system. IUFRO 2015: Grobal Challenges of Air Pollution and Climate Change to Forests, 3 June 2015, Nice, France.
  13. Hoshika, Y., Watanabe, M., Carriero, G., Koike, T. and Paoletti, E. (2015) To develop stomatal conductance modeling under elevated ozone in forest trees. IUFRO 2015: Grobal Challenges of Air Pollution and Climate Change to Forests, 3 June 2015, Nice, France.
  14. Hoshika, Y., Watanabe, M., Carriero, G., Koike, T. and Paoletti, E. (2015) Stomatal conductance modeling for assessing ozone impacts on deciduous trees. 28th ICP Vegetation Task Force Meeting, 4 Feburary 2015, Rome, Italy.
  15. Koike, T., Hoshika, Y., Watanabe, M., Satoh, F. and Izuta, T. (2014) Steady state and dynamic gas exchange responses to free air O3 exposure in sensitive or tolerant trees. The 9th APGC Symposium “Plants and the Changing Environment”, 8-12 June 2014, Montrey, USA.
  16. Watanabe, M., Hoshika, Y., Inada, N., Mao, QZ. and Koike, T. (2014) Photosynthetic responses of Siebold’s beech (Fagus crenata) saplings to ozone: consideration of within-canopy light gradient. International conference on ozone and plants, 18-21 May 2014, Beijing China.
  17. Mao, Q., Sakikawa, T., Watanabe, M., Hoshika, Y. and Koike, T. (2014) Leaf structure and sensitivity of beech and oak under ozone fumigation. International conference on ozone and plants, 18-21 May 2014, Beijing China
  18. Koike, T. , Wang, XN., Watanabe, M., Sakuma, A., Sakikawa, T., Tatsuta, S., Mao, QZ., Shi, C., Saito, H. and Hoshika, Y. (2014) Declining symptom of mountain birch (Betula ermanii) in Northeast Hokkaido, northern Japan. International conference on ozone and plants, 18-21 May 2014, Beijing China.
  19. Wang, XN., Qu, LY., Kawaguchi, K., Mao, QZ., Watanabe, M., Hoshika, Y., Koyama, A., Tamai, Y. and Koike, T. (2014) Ectomycorrhiza heterogeneity and growth of hybrid larch F1 under elevated O3. International conference on ozone and plants, 18-21 May 2014, Beijing China.
  20. Kam, D-G., Watanabe, M., Shi, C., Mao, QZ., Wang, XN., Kita, K. and Koike, T. (2014) Effects of O3 on the growth of Japanese larch (Larix kaempferi) and Hybrid larch F1 (Larix gmelinii var. japonica × L . kaempferi) grown under different nitrogen concentration. International Symposium on Agricultural Meteorology (ISAM2014), 19 March 2014, Sapporo, Japan.
  21. Shi, C., Kitao, M., Watanabe, M., Tobita, H., Yazaki, K., Kitaoka, S. and Koike, T. (2014) Chemical composition of Quercus serrata and Q. mongolica var. crispula seedlings grown under elevated O3 and CO2 with a free-air fumigation system. International Symposium on Agricultural Meteorology (ISAM2014), 19 March 2014, Sapporo, Japan.
  22. Wang, XN., Qu, LY., Watanabe, M. and Koike, T. (2014) Combination effects of ozone and/or CO2 on rhizosphere. International Symposium on Agricultural Meteorology (ISAM2014), 19 March 2014, Sapporo, Japan
  23. Watanabe, M., Hoshika, Y., Wang, XN., Mao, QZ. Inada, N., Sakikawa, T. and Koike, T. (2014) Free air ozone fumigation study on deciduous broad-leaves tree species in northern Japan. International Symposium on Agricultural Meteorology (ISAM2014), 19 March 2014, Sapporo, Japan.
  24. Watanabe, M., Hoshika, Y., Inada, N., Mao, Q. and Koike, T. (2013) Photosynthetic traits in leaves of Siebold’s beech (Fagus crenata) saplings under free air O3 exposure in relation to the within-canopy light gradient. International Conference “Vegetation Response to Climate Change and Air Pollution - Unifying research and evidence across northern and southern hemispheres” 1-6 September 2013, Ilheus, Bahia, Brazil.
  25. Wang, XN., Mao, QZ., Qu, LY., Kawaguchi, K., Watanabe, M., Hoshika, Y., Koyama, A. and Koike, T. (2013) Ectomycorrhizal richness and growth of hybrid larch F1 under elevated O3 and CO2. International Conference “Vegetation Response to Climate Change and Air Pollution - Unifying research and evidence across northern and southern hemispheres” 1-6 September 2013, Ilheus, Bahia, Brazil.
  26. Hoshika, Y., Watanabe, M., Inada, N., Mao, QZ. and Koike, T. (2013) Estimation of stomatal ozone uptake of sun and shade leaves for Siebold’s beech (Fagus crenata). International Conference “Vegetation Response to Climate Change and Air Pollution - Unifying research and evidence across northern and southern hemispheres” 1-6 September 2013, Ilheus, Bahia, Brazil.
  27. Mao, QZ., Watanabe, M., Hoshika, Y., Kita, K. and Koike, T. (2013) Photosynthetic responses of three kinds of larch seedlings raised under free air CO2 enrichment (FACE). International Conference “Vegetation Response to Climate Change and Air Pollution - Unifying research and evidence across northern and southern hemispheres” 1-6 September 2013, Ilheus, Bahia, Brazil.
  28. Watanabe, M., Hoshika, Y., Inada, N., Wang, X., Mao, Q. and Koike, T. (2012) Photosynthetic responses of Siebold’s beech and oak saplings grown in northern Japan to free air ozone exposure. Aerosols in East Asia and Their Impacts on Plants and Human Health, 29 Novermber-1 December 2012, Koganei, Japan.
  29. Mao, Q., Watanabe, M., Wang, X. and Koike, T. (2012) The root-shoot linkage response of 3 kinds of larch to simulated nitrogen deposition under two phosphorous levels. Japan-Australia Symposium on Plant Sciences for Agriculture, 19-20 January 2012, Sapporo, Japan.
  30. Koike, T., Inada, N., Tonooka, M., Takeuchi, Y., Mao, Q., Kita, K., Kawaguchi, K. and Watanabe, M. (2011) Growth and photosynthetic responses of hybrid larch F1 cuttings to elevated O3 and/or CO2. The 8th International Conference on Acid Deposition ACID RAIN 2011, 15-18 June 2011, Beijing, China.
  31. Koike, T., Kitao, M. and Watanabe, M. (2010) Canopy development and photosynthetic traits of three species of birch saplings in northern Japan. IUFRO Canopy Processes Working Group, Canopy processes in a changing climate, 7-15 October 2010, Falls Creek, Victoria and Tarraleah, Tasmania, Australia.
  32. Koike, T., Watanabe, M., Eguchi, N., Watanabe, Y., Satomura, T., Mao, Q., Takagi, K., Funada, R. and Sasa, K., (2010) Effects of elevated CO2 on the aboveground growth of sprouts of deciduous broadleaved trees grown in FACE. XXIII IUFRO World Congress, 23-28 August 2010, Seoul, Korea.
  33. Koike, T., Tobita, H., Agari, T., Kitao, M., Watanabe, M., Makoto, K., Sasa, K. and Hashidoko Y. (2010) Plant defense characteristics of alder species native to northern Japan grown at elevated CO2 in FACE. International Conference on "Mechanisms of Growth, Competition and Stress Defense in Plants", 1-3 March 2010, Freising, Germany.
  34. Watanabe, M., Kitaoka, S., Takagi, K., Sasa, K. and Koike, T., Growth and photosynthetic traits of coppice of Quercus crispula under elevated CO2 concentration: Powdery mildew-mediated effects. International Conference on "Mechanisms of Growth, Competition and Stress Defense in Plants", 1-3 March 2010, Freising, Germany.
  35. Koike, T., Kitao, M., Kitaoka, S., Watanabe, M. and Maruyama, Y. (2008) Leaf morphological and functional adaptation of Siebold beech (Fagus crenata) seedlings grown at two water regimes. The 8 the IUFRO international beech symposium, 8-13 September 2008, Nanae, Hokkaido, Japan.
  36. Kitaoka, S., Sakata, T., Watanabe, M., Kim, Y., Utsugi, U., Tobita, H., Uemura, A., Aizawa, S., Kitao, M., Maruyama, Y., Sasa, K. and Koike, T. (2008) Evaluation of methane emission from three dominant cool temperate deciduous tree species grown under elevated CO2 concentration in northern Japan. The International Conference on Sustainable Agriculture for Food, Energy and Industry 2008 (ICSA2008), 2-6 July 2008, Sapporo, Hokkaido, Japan.
  37. Koike, T., Eguchi, N., Kitaoka, S., Watanabe, M., Watanabe, Y., Makoto, K., Funada, R., Takagi, K., Shibata, H., Hiura, T. and Sasa, K. (2008) Effect of elevated CO2 on the physiological adjustment and xylem structure of deciduous tree species grown in Free Air CO2 Enrichment (FACE). The International Conference on Sustainable Agriculture for Food, Energy and Industry 2008 (ICSA2008), 2-6 July 2008, Sapporo, Hokkaido, Japan.
  38. Watanabe, M., Yamaguchi, M., Matsumura, H., Kohno, Y. and Izuta, T. (2008) Effects of ozone on growth and photosynthesis of Castanopsis sieboldii seedlings grown in different nitrogen loads. International Symposium on Agricultural Meteorology (ISAM2008), 21-22 March 2008, Shimonoseki, Yamaguchi, Japan.
  39. Watanabe, M., Yamaguchi, M., Tabe, C., Iwasaki, M., Funada, R., Fukami, M., Matsumura, H., Kohno, Y. and Izuta, T. (2005) Influences of nitrogen load on the growth and photosynthetic responses to O3 or SO2 of Quercus serrata seedlings. Acid Rain 2005, 13-17 June 2005, Prague, Czech Republic.

各項目へのリンク:
口頭発表(英語), ポスター発表(英語), 口頭発表(日本語), ポスター発表(日本語),
依頼講演


<ポスター発表(英語)>

  1. Fukushima, K., Iwasaki, K., Sakai, M., Oda, Y., Onishi, Y., Koba, K., Katata, G., Yamaguchi, T., Kubota, T., Nagano, H., Watanabe, M., Koarashi, J. (2020) Nitrate contamination of mountainous headwater streams from adjacent agricultural and pasture lands beyond the watershed boundary in eastern Hokkaido, Japan. JpGU-AGU Joint Meeting 2020: Virtual, 12 July 2020, online.
  2. Watanabe, M., Mao, Q., Watanabe, Y., Funada, R., Takagi, K., Satoh, F. and Koike, T. (2019) Growth and photosynthetic responses of three birch species grown under free air CO2 enrichment. IUFRO Nanning 2019: Harmonized growth, cleaner environment and sustainable forests. 15 May 2019, Nanning, China.
  3. Zhu, B., Izuta, T. and Watanabe, M. (2019) Nitrogen use efficiency of Quercus serrata seedlings under different soil nitrogen and phosphorus supplies. International Symposium on Agricultural Meteorology (ISAM2019). 28 March 2019, Shizuoka, Japan.
  4. Kinose, Y., Fukamachi, Y., Okabe, S., Hiroshima, H., Watanabe, M. and Izuta, T. (2017) Photosynthetic responses to ozone of Fagus crenata seedlings under different soil nutrient status. IUFRO Tokyo 2017: Actions for sustainable forest ecosystems under air pollution and climate change. 23 November 2017, Fuchu, Japan.
  5. Watanabe, M., Hiroshima, H., Kinose, Y., Okabe, S. and Izuta, T. (2016) Nitrogen use efficiency for growth of Fagus crenata seedlings under elevated ozone with different soil nutrient conditions. The 2nd Asian Air Pollution Workshop, 22 October 2016, Beijing, China.
  6. Kinose, Y., Okabe, S., Hiroshima, H., Watanabe, M. and Izuta, T. (2016) Nutrient supply to soil offsets the ozone-induced reduction in growth of Fagus crenata seedlings. The 2nd Asian Air Pollution Workshop, 22 October 2016, Beijing, China.
  7. Watanabe, M., Hoshika, Y. and Koike, T. (2015) Difference in photosynthetic responses of Siebold's beech (Fagus crenata) and Japanese oak (Quercus mongolica var. crispula) saplings to free air ozone fumigation. The 1st Asian Air Pollution Workshop, 31 October 2015, Tokyo, Japan.
  8. Kam, DG., Watanabe, M., Yamaguchi, M., Watanabe, T., Satoh, F. and Koike, T. (2015) Growth of Japanese larch and its hybrid saplings grown under different O3 levels. IUFRO 2015: Grobal Challenges of Air Pollution and Climate Change to Forests. 3 June 2015, Nice, France.
  9. Kinose, Y., Fukamachi, Y., Watanabe, M. and Izuta, T. (2015) Relationship between cumulative stomatal ozone uptake and photosynthetic parameters of Fagus crenata. IUFRO 2015: Grobal Challenges of Air Pollution and Climate Change to Forests. 3 June 2015, Nice, France.
  10. Agathokleous, E., Saitanisc CJ., Watanabe, M., Hoshika, Y. and Koike, T. (2015) Current knowledge on EDU (Ethylene-di-urea), the most effective antiozonant. 28th ICP Vegetation Task Force Meeting, 3 Feburary 2015, Rome, Italy.
  11. Agathokleous, E., Watanabe, M., Wang, X., Nakaji, T., Satoh, F. and Koike, T. (2014) Root production of deciduous broad-leaved tree saplings grown in Free-Air CO2 Enrichment (FACE). 6th inthernational symposium on physiological processes in roots of woddy plants, 9 September 2014, Nagoya, Japan.
  12. Agathokleous, E., Wang, X., Watanabe, M., Saitanis, CJ., Satoh, F. and Koike, T. (2014) Impact of ground-level ozone (O3) on woody plants’ roots. 6th inthernational symposium on physiological processes in roots of woddy plants, 9 September 2014, Nagoya, Japan.
  13. Wang, X., Watanabe, M., Fujita, S., Nakaji, T., Satoh, F. and Koike, T. (2014) Fine root turnover of Japanese white birch grown under elevated CO2 in northern Japan. 6th inthernational symposium on physiological processes in roots of woddy plants, 9 September 2014, Nagoya, Japan.
  14. Hoshika, Y., Watanabe, M., Inada, N., Paoletti, E. and Koike, T. (2014) Stomatal conductance modeling in Siebold’s beech under ozone environment by Ball-Woodrow-Berry algorithms. The 9th APGC Symposium “Plants and the Changing Environment”, 8-12 June 2014, Montrey, USA.
  15. Watanabe, M., Kitaoka, S., Eguchi, N., Watanabe, Y., Satomura, T., Takagi, K., Satoh, F. and Koike, T. (2014) Photosynthetic responses of Siebold’s beech seedlings to change of light condition under elevated CO2. The 9th APGC Symposium “Plants and the Changing Environment”, 8-12 June 2014, Montrey, USA.
  16. Watanabe, M., Hoshika, Y. and Koike, T. (2014) Photosynthetic responses of Monarch birch seedlings to differing timings of free air ozone fumigation. International conference on ozone and plants, 18-21 May 2014, Beijing, China.
  17. Shi, C., Kitao, M., Shi, F., Komatsu, M., Yazaki, K., Tobita, H., Kitaoka, S., Watanabe, M., Satoh, F. and Koike, T. (2014) Foliar chemistry of oaks and beech seedlings grown under elevated O3 and CO2 with a free air fumigation system. International conference on ozone and plants, 18-21 May 2014, Beijing, China.
  18. Sakikawa, T., Shi, C., Mao, QZ., Oikawa, M., Hoshika, Y., Watanabe, M. and Koike, T. (2014) Leaf dynamics and insect grazing of Japanese white birch grown under free-air ozone exposure. International conference on ozone and plants, 18-21 May 2014, Beijing, China.
  19. Hoshika, Y., Watanabe, M., Inada, N. and Koike, T. (2014) An analysis of avoidance of ozone stress by stomatal closure using optimization model of stomata for Siebold’s beech. International conference on ozone and plants, 18-21 May 2014, Beijing, China.
  20. Kam, D-G., Watanabe, M., Shi, C., Mao, QZ., Wang, XN., Kita, K. and Koike, T. (2014) Effects of O3 on the growth of Japanese larch (Larix kaempferi) and Hybrid larch F1 (Larix gmelinii var. japonica × L . kaempferi) grown under different nitrogen concentration. International conference on ozone and plants, 18-21 May 2014, Beijing, China.
  21. Agathokleous, E., Saitanis, CJ., Watanabe, M., Hoshika, Y., Sato, F. and Koike, T. (2014) Research proposal for moderating ground-surface ozone on representative plant species native to Greece and Japan. International conference on ozone and plants, 18-21 May 2014, Beijing, China.
  22. Sakikawa, T., Oikawa, M., Mao, QZ., Watanabe, M., Hoshika, Y. and Koike, T. (2014) Leaf phenology and insect grazing of white birch (Betula platyphylla var. japonica) grown under a free-air ozone exposure. International Symposium on Agricultural Meteorology (ISAM2014), 19 March 2014, Sapporo, Japan.
  23. Mao, Q., He, B., Watanabe, M., Imori, M., Kim, YS., Kita, K. and Koike, T. (2013) Effects of nitrogen loading on the growth and function of young hybrid larch F1 stands. Joint Symposium on Environmental Science 2013−Bridging Finland and Japan−, 27-28 November 2013, Helsinki, Finland.
  24. Kam, D-G., Watanabe, M., Mao, QZ., Wang, XN., Kita, K. and Koike, T. (2013) Effects of O3 on the growth of Japanese larch (Larix kaempferi) and hybrid larch F1 (Larix gmelinii var. japonica x L. kaempferi) grown under different nitrogen concentration. Joint Symposium on Environmental Science 2013−Bridging Finland and Japan−, 27-28 November 2013, Helsinki, Finland.
  25. Watanabe, M., Hoshika, Y., Inada, N., Wang, XN., Mao, QZ. and Koike, T. (2013) Photosynthetic traits of Fagus crenata and Quercus crispula sapling grown under free air ozone exposure. Joint Symposium on Environmental Science 2013−Bridging Finland and Japan−, 27-28 November 2013, Helsinki, Finland.
  26. Sakikawa, T., Oikawa, M., Mao, QZ., Hoshika, Y., Watanabe, M. and Koike, T. (2013)l Effect of ozone on leaf phenology of white birch (Betula platyphylla var. japonica) grown under free-air ozone exposure. Joint Symposium on Environmental Science 2013−Bridging Finland and Japan−, 27-28 November 2013, Helsinki, Finland.
  27. Oikawa, M., Matsuki, S., Watanabe, M. and Koike, T. (2013) Insect herbivore and secondary metabolites of leaves of three birch saplings grown under a free air CO2 enrichment system. Joint Symposium on Environmental Science 2013−Bridging Finland and Japan−, 27-28 November 2013, Helsinki, Finland.
  28. Wang, XN, Ou, LY., Mao, QZ., Tamai, Y., Koyama, A., Watanabe, M., Kita, K. and Koike, T. (2013) Species rich ness of ectomycorrhiza colonizing three larch seedlings grown with differing nitrogen loads and phosphorus levels in immature volcanic ash soil. Joint Symposium on Environmental Science 2013−Bridging Finland and Japan−, 27-28 November 2013, Helsinki, Finland.
  29. Wang, XN, Ou, LY., Mao, QZ., Kawaguchi, K., Watanabe, M., Hoshika, Y., Koyama, A., Tamai, Y., and Koike, T. (2013) Ectomycorrhizal richness and its infection rate of hybrid larch F1 under elevated O3 and CO2. Joint Symposium on Environmental Science 2013−Bridging Finland and Japan−, 27-28 November 2013, Helsinki, Finland.
  30. Hara, Y., Watanabe, M., Wang, XN., Mao, QZ., Takagi, K., Satoh, F. and Koike, T. (2013) Dynamics of leaf area index in 3 kinds of birch species grown under free air CO2 enrichment (FACE) system. Joint Symposium on Environmental Science 2013−Bridging Finland and Japan−, 27-28 November 2013, Helsinki, Finland.
  31. Araki, M., Koike, T., Saito, H., Shibuya, M. and Watanabe, M. (2013) Combination effect of nitrogen and phosphorous on growth and photosynthetic traits of mountain birch and white birch seedlings. Joint Symposium on Environmental Science 2013−Bridging Finland and Japan−, 27-28 November 2013, Helsinki, Finland.
  32. Novriyanti, E., Watanabe, M., Hashidoko, Y. and Koike, T. (2012) Eco-chemical responses of eucalypt species grown under elevated atmospheric [CO2] and [O3]. International Conference on Agriculture Biodiversity and Sustainability (CABS2012), 27-29 August, 2012, Sapporo, Japan.
  33. Wang, XN., Mao, QZ., Qu, LY., Tamai Y., Koyama, A., Watanabe M., Kita, K. and Koike T. (2012) Biodiversity of ectomycorrhiza types with different nitrogen loads on three 3 larches species grown at under two phosphorous levels. International Conference on Agriculture Biodiversity and Sustainability (CABS2012), 27-29 August, 2012, Sapporo, Japan.
  34. Mao, QZ., Watanabe, M., Wang, XN., Kita, K. and Koike, T. (2012) Root development process of 3 kinds of larch grown under high nitrogen loading at two phosphorous levels. International Conference on Agriculture Biodiversity and Sustainability (CABS2012), 27-29 August, 2012, Sapporo, Japan.
  35. Kawaguchi, K., Inada, N., Mao, Q., Watanabe, M. and Koike, T. (2012) Higher atmospheric CO2/O3 and birch leaves. The 55th Symposium of the International Association for Vegetation Science (IAVS2012), 23-28 July 2012, Mokpo, Korea.
  36. Watanabe, M., Takagi, K., Sato, F. and Koike, T. (2012) Photosynthetic traits of 3 kinds of birch under Free Air CO2 Enrichment. World Crop FACE Workshop 2012, 9-12 July 2012, Tsukuba Japan.
  37. Hara, Y., Mao, Q., Watanabe, M., Wang, X., Hoshika, Y., Sato, F. and Koike, T. (2012) Seasonal change of LAI and shoot growth in 3 kinds of birch grown under Free Air CO2 Enrichment. World Crop FACE Workshop 2012, 9-12 July 2012, Tsukuba Japan.
  38. Mao, QZ., Watanabe, M., Hoshika, Y., Kita, K., Satoh, F. and Koike, T. (2012) Down-regulation and Growth of 3 kinds of larch grown under Free Air CO2 Enrichment. World Crop FACE Workshop 2012, 9-12 July 2012, Tsukuba Japan.
  39. Wang, XN., Mao, QZ., Qu, LY., Tamai, Y., Yamakawa, R., Watanabe, M., Kita, K. and Koike, T. (2012) Biodiversity of ectomycorrhiza types with high nitrogen deposition on three larch species grown under two phosphorous levels. 8th Symposium of the International Society of Root Research, 26-29 June 2012. Dundee, UK.
  40. Mao, QZ., Watanabe, M., Wang, XN., Koyama, A., Kita, K. and Koike, T. (2012) Effects of nitrogen deposition combined with phosphorus deficiency on fine-root growth of three larch species. 8th Symposium of the International Society of Root Research, 26-29 June 2012. Dundee, UK.
  41. Koike, T., Watanabe, M., Wang, X., Tatsuta, S., Sakuma, A., Yamaguchi, T., Noguchi, I., Saito, H. and Hoshika, Y. (2012) Declining symptom of mountain birch (Betula ermanii) in northern Japan. International conference ‘Biological Reactions of Forests to Climate Change and Air Pollution’, 18-27 May 2012, Kaunas, Lithuania.
  42. Hoshika, Y., Watanabe, M., Inada, N. and Koike, T. (2012) Ozone develops sluggishness of stomatal light response progressively in Siebold’s beech (Fagus crenata). International conference ‘Biological Reactions of Forests to Climate Change and Air Pollution’, 18-27 May 2012, Kaunas, Lithuania.
  43. Watanabe, M., Hoshika, Y., Inada, N., Wang, X., Mao, Q. and Koike, T. (2012) Photosynthetic traits of Fagus crenata and Quercus crispula sapling grown under free air ozone exposure. International conference ‘Biological Reactions of Forests to Climate Change and Air Pollution’, 18-27 May 2012, Kaunas, Lithuania.
  44. Watanabe, M., Takagi, K., Sato, F. and Koike, T. (2012) Photosynthetic traits of 3 birch species grown under elevated CO2 with FACE system in northern Japan. The 5th EAFES (East Asian Federation of Ecological Societies) International Congress, 17-21 March 2012, Otsu, Shiga, Japan.
  45. Hoshika, Y., Inada, N., Watanabe, M. and Koike, T. (2012) Effects of ozone on stomatal response for Fagus crenata grown under free air ozone exposure. International Symposium on Agricultural Meteorology (ISAM2012), 13-17 March 2012, Sakai, Osaka, Japan.
  46. Watanabe, M., Hoshika, Y., Inada, N., Wang, X., Mao, Q., Yamaguchi, T., Noguchi, I. and Koike, T. (2012) Photosynthetic traits of Fagus crenata sapling grown under free air ozone exposure. International Symposium on Agricultural Meteorology (ISAM2012), 13-17 March 2012, Sakai, Osaka, Japan.
  47. Novriyanti, E., Watanabe, M., Hashidoko, Y. and Koike, T. (2012) Comparison of physiological responses of eucalypt species to elevated atmospheric [CO2] and [O3]. Japan-Australia Symposium on Plant Sciences for Agriculture, 19-20 January 2012, Sapporo, Japan.
  48. Wang, X., Mao, Q., Qu, L., Tamai, T., Watanabe, M. and Koike, T. (2012) Identification of ectomycorrhiza types with difference nitrogen load on new hybrid larch and its parent species grown under two phosphorous levels. Japan-Australia Symposium on Plant Sciences for Agriculture, 19-20 January 2012, Sapporo, Japan.
  49. Ito, H., Nakaji, T., Wang, XN., Watanabe, M. and Koike, T. (2011) Growth and development of birch (Betula sp.) roots grown under elevated CO2 in FACE (A preliminary result). The JSRR's 20th Anniversary Symposium - The Latest Frontiers of Root Research in Asia, 6 November 2011, Bunkyo, Tokyo.
  50. Mao, QZ., Watanabe, M. and Koike, T. (2011) Linkage between under- and above-ground of three kinds of larch species grown under different levels of nitrogen and phosphorous. The JSRR's 20th Anniversary Symposium - The Latest Frontiers of Root Research in Asia, 6 November 2011, Bunkyo, Tokyo.
  51. Ito, H., Watanabe, M., Mao, QZ., Saitoh, H., Shibuya, M., Sasa, K. and Koike, T. (2011) Effect of elevated CO2 on shoot phenology of three birch species grown under a free air CO2 enrichment(FACE) system. Japan-China Exchange Program of Hokkaido University 2011, 20-21 October 2011, Beijing and Tianjin, China
  52. Watanabe, M., Mao, Q., Novriyanti, E., Ito, H., Takagi, K., Sasa, K. and Koike, T. (2011) Photosynthetic responses of 3 birch species to elevated CO2 concentration with FACE system in northern Japan. XXIV SPPS (Scandinavian Plant Physiology Society) Congress, 21-25 August 2011, Stavanger, Norway.
  53. Novriyanti, E., Watanabe, M., Tobita, H., Utsugi, H., Uemura, A. Kitao, K., Koike, T. (2011) Growth, defense and photosynthetic responses of two Eucalypts grown under high nitrogen load and elevated CO2. The 8th International Conference on Acid Deposition ACID RAIN 2011, 15-18 June 2011, Beijing, China.
  54. Mao, Q., Imori, M., Watanabe, M., Kim, Y., Kita, K. and Koike, T. (2011) Eco-physiological responses of hybrid larch F1 seedlings to high nitrogen loading. The 8th International Conference on Acid Deposition ACID RAIN 2011, 15-18 June 2011, Beijing, China.
  55. Watanabe, M., Ryu, K., Kita, K., Takagi, K. and Koike, T. (2011) Effects of N load on the growth and photosynthesis of hybrid larch F1 seedlings grown on serpentine soil. The 8th International Conference on Acid Deposition ACID RAIN 2011, 15-18 June 2011, Beijing, China.
  56. Yamaguchi, M., Watanabe, M., Matsumura, H., Kohno, Y. and Izuta, T. (2011) Effects of sulfur dioxide on growth and net photosynthesis of 6 Japanese forest tree species grown under different nitrogen loads. 8th APGC Symposium: 'Plant Functioning in a Changing Global and Polluted Environment', 5-9 June 2011, Groningen, The Netherlands.
  57. Mao, Q., Watanabe, M., Kobayashi, M., Imori, M., Kita, K., Koike, T. (2010) Growth and photosynthetic responses of the hybrid larch F1 to nitrogen and phosphate application. IUFRO Canopy Processes Working Group, Canopy processes in a changing climate, 7-15 October 2010, Falls Creek, Victoria and Tarraleah, Tasmania, Australia.
  58. Novriyanti, E., Watanabe, M., Kohda, H., Takeda, T., Hashidoko, Y. and Koike, T. (2010) The comparison of photosynthetic traits and water use efficiency between Acacia and Eucalypt seedlings as tropical fast growing species. IUFRO Canopy Processes Working Group, Canopy processes in a changing climate, 7-15 October 2010, Falls Creek, Victoria and Tarraleah, Tasmania, Australia.
  59. Watanabe, M., Kitaoka, S., Utsugi, H., Kita, K. and Koike, T. (2010) Photosynthetic traits of hybrid larch F1 under down regulation of photosynthesis by elevated CO2 concentration. IUFRO Canopy Processes Working Group, Canopy processes in a changing climate, 7-15 October 2010, Falls Creek, Victoria and Tarraleah, Tasmania, Australia.
  60. Watanabe, Y., Watanabe, M., Uemura, A. and Koike, T. (2010) Effects of aerosols on leaves of birch species in cool temperate deciduous broadleaved forest of Hokkaido, northern Japan. XXIII IUFRO World Congress, 23-28 August 2010, Seoul, Korea.
  61. Novriyanti, E., Watanabe, M., Kohda, H., Takeda, T., Hashidoko, Y. and Koike, T. (2010) Photosynthetic traits, water and nitrogen use efficiency of acacia and eucalypt seedlings as criteria for plantation materials. XXIII IUFRO World Congress, 23-28 August 2010, Seoul, Korea.
  62. Kim, Y.S., Watanabe, M., Koike, T. (2010) Effect of nitrogen application on nitrous oxide emissions from a brown forest soil in northern Japan. XXIII IUFRO World Congress, 23-28 August 2010, Seoul, Korea.
  63. Imori, M., Watanabe, M., Kim, Y.S., Mao, Q., Kita, K. and Koike, T. (2010) Effects of nitrogen supply on the growth and photosynthetic characteristics of hybrid larch F1 seedling. XXIII IUFRO World Congress, 23-28 August 2010, Seoul, Korea.
  64. Mao, Q., Watanabe, M., Kobayashi, M., Imori, M., Kita, K., Koike, T. (2010) Ecophysiological response of hybrid larch F1 to nitrogen and phosphate application. XXIII IUFRO World Congress, 23-28 August 2010, Seoul, Korea.
  65. Watanabe, M., Mao Q., Novriyanti, E., Kita, K., Ueda, T., Takagi, K., Sasa, K. and Koike, T. (2010) Effects of elevated CO2 concentration on the growth and photosynthesis of hybrid larch F1 seedlings. XXIII IUFRO World Congress, 23-28 August 2010, Seoul, Korea.
  66. Watanabe, Y., Hinata, K., Ootsuka, Y., Watanabe, M., Sasa, K. and Koike, T. (2010) Seasonal changes in distribution of defensive chemical substances in leaves of deciduous broadleaved tree species in northern Japan. International Conference on "Mechanisms of Growth, Competition and Stress Defense in Plants", 1-3 March 2010, Freising, Germany.
  67. Yamaguchi, M., Watanabe, M., Matsumura, H., Kohno, Y. and Izuta, T. (2009) Growth and photosynthetic responses of Fagus crenata seedlings to O3 under different nitrogen loads. Regional Scientific Workshop on Acid Deposition in East Asia 2009, 12-13 October 2009, Tsukuba, Ibaraki, Japan.
  68. Watanabe, M., Kitaoka, S., Watanabe, Y., Makoto, K., Ueda, T., Takagi, K., Sasa, K. and Koike, T. (2009) Growth and photosynthetic traits of coppice of five dominant deciduous broad-leaved trees grown under elevated CO2 concentration. 24th IGBP-SC Meeting, 15-17 April 2009, Otaru, Hokkaido, Japan.
  69. Watanabe, M., Matsuo, N., Yamaguchi, M., Matsumura, H., Kohno, Y. and Izuta, T. (2008) Risk assessment of ozone for Fagus crenata in Japan - consideration of atmospheric nitrogen deposition -. APGC Symposium: Plant Functioning in a Changing Environment, 7-11 December 2008, Creswick, Victoria, Australia.
  70. Watanabe, M., Matsuo, N., Yamaguchi, M., Matsumura, H., Kohno, Y. and Izuta, T. (2008) Risk assessment of ozone for carbon absorption of representative Japanese conifers. Air pollution and climate change at contrasting altitude and latitude, 23rd IUFRO conference for specialists in air pollution and climate change effects on forest ecosystems, 7-12 September 2008, Murten, Switzerland.
  71. Ryu, K., Watanabe, M., Shibata, H. and Koike, T. (2008) Possible functions of environmental stresses to the larch seedlings infected with ectomycorrhizal fungi. Japan-Australia International Symposium on: Biological Interactions with Plant Roots and Aerial Tissues, 28 July 2008, Sapporo, Hokkaido, Japan. [Seminar Note book P1]
  72. Ryu, K., Shibata, H., Watanabe, M., Takagi, K., Nomura, M. and Koike, T. (2008) A brief history of larch plantation in northern Japan with special reference to environmental change. The International Conference on Sustainable Agriculture for Food, Energy and Industry 2008 (ICSA2008), 2-6 July 2008, Sapporo, Hokkaido, Japan.
  73. Watanabe, M., Yamaguchi, M., Matsumura, H., Kohno, Y. and Izuta, T. (2008) Growth responses of 6 Japanese forest tree species to ozone under different nitrogen loads. The International Conference on Sustainable Agriculture for Food, Energy and Industry 2008 (ICSA2008), 2-6 July 2008, Sapporo, Hokkaido, Japan.
  74. Yamaguchi, M., Watanabe, M., Matsuo, N., Naba, J., Funada, R., Fukami, M., Matsumura, H., Kohno, Y. and Izuta, T. (2005) Effects of nitrogen supply on the growth and photosynthetic responses of Fagus crenata seedlings to O3. Acid Rain 2005, 13-17 June 2005, Prague, Czech Republic.
  75. Yonekura, T., Watanabe, M., Honda, Y., Yoshidome, M. and Izuta, T. (2005) Growth and physiological responses of Japanese beech (Fagus crenata) to ozone and chronic drought. Acid Rain 2005, 13-17 June 2005, Prague, Czech Republic.
  76. Watanabe, M., Yonekura, T., Honda, Y., Yoshidome, M., Nakaji, T. and Izuta, T. (2004) Effects of ozone and soil water stress, singly and in combination, on leaf antioxidative systems of Fagus crenata seedlings. The 6th international symposium on plant responses to air pollution and global changes, 19-22 October 2004, Tsukuba, Japan.

各項目へのリンク:
口頭発表(英語), ポスター発表(英語), 口頭発表(日本語), ポスター発表(日本語),
依頼講演


<口頭発表(日本語)>

  1. Lyu, Y., Ariura, R., Li, J., Matsumoto, M., Aoki, T., Kinose, Y., Yamaguchi, M., Izuta, T. and Watanabe, M. (2021) Effects of high ozone and CO2 concentrations on the relationship between stomatal conductance and net photosynthetic rate in leaves of Fagus crenata seedlings. 第62回大気環境学会年会, 2021年9月16日, オンライン開催.
  2. 玉置美聡, 伊豆田 猛, 渡辺 誠 (2021) コナラの細根から滲出する有機炭素が土壌窒素の無機化に与える影響. 第62回大気環境学会年会, 2021年9月15日, オンライン開催.
  3. 八木田彩乃, 大井菜ノ香, 藁谷知輝, 渡辺 誠, 伊豆田 猛 (2021) 都市緑化樹10種の葉のオゾン吸収能力の樹種間差異に関する実験的研究. 第62回大気環境学会年会, 2021年9月15日, オンライン開催.
  4. 張 雅卓, 布施 剛, 遠藤ゆりの, 渡辺 誠, 伊豆田 猛 (2021) チンゲンサイの成長、収量、葉のガス交換速度に対するオゾン、施肥量および高濃度CO2の単独および複合影響. 第62回大気環境学会年会, 2021年9月15日, オンライン開催.
  5. 田中亮志, 伊豆田 猛, 松田和秀, 渡辺 誠 (2021) 校正された熱消散法を用いた樹液流の計測に基づくコナラ林のオゾン吸収量の推定. 第62回大気環境学会年会, 2021年9月15日, オンライン開催.
  6. 渡辺 誠, 松本美佐子, 黎 ?, 青木拓朗, 有浦 涼, 呂 雨晴, 黄瀬佳之, 山口真弘, 伊豆田 猛 (2021) ブナ苗の成長と光合成に対するオゾン、土壌窒素添加および高濃度CO2の影響. 第132回日本森林学会大会, 2021年3月23日, 東京農工大学府中キャンパス, 東京都府中市. (オンライン形式)
  7. 田中亮志, 伊豆田 猛, 松田和秀, 渡辺 誠 (2021) 樹液流の計測に基づくコナラ林の一成長期にわたるオゾン吸収量の推定. 第132回日本森林学会大会, 2021年3月23日, 東京農工大学府中キャンパス, 東京都府中市. (オンライン形式)
  8. 渡辺 誠 (2020) 都市樹木によるオゾン吸収の評価. 第131回日本森林学会大会, 2020年3月27日, 名古屋大学東山キャンパス, 愛知県名古屋市.
  9. 堅田元喜, 福島慶太郎, 小嵐 淳, 山口高志, 渡辺 誠, 永野博彦, 中山理智, 舘野 隆之輔, 黄瀬佳之 (2020) 森林炭素・窒素循環研究:学術分野を超えた連携は必要か? 第131回日本森林学会大会, 2020年3月27日, 名古屋大学東山キャンパス, 愛知県名古屋市.
  10. 太田丹理, 高橋 慶, 村尾直人, 佐瀬裕之, 山口真弘, 半 智史, 渡辺 誠, 伊豆田 猛 (2019) 落葉広葉樹5種におけるブラックカーボン粒子の葉面沈着量の季節変化とその要因. 第60回大気環境学会年会, 2019年9月18日, 東京農工大学府中キャンパス, 東京都府中市.
  11. 高橋 慶, 太田丹理, 村尾直人, 佐瀬裕之, 山口真弘, 半 智史, 渡辺 誠, 伊豆田 猛 (2019) 常緑広葉樹4種におけるブラックカーボン粒子の葉面沈着量の季節変化とその要因. 第60回大気環境学会年会, 2019年9月18日, 東京農工大学府中キャンパス, 東京都府中市.
  12. 朱 本揮, 伊豆田 猛, 渡辺 誠 (2019) 異なる土壌窒素およびリン環境で育成したコナラ苗の養分利用効率. 第60回大気環境学会年会, 2019年9月18日, 東京農工大学府中キャンパス, 東京都府中市.
  13. 則定優成, 伊豆田 猛, 渡辺 誠 (2019) 土壌環境の異なるコナラ成木の樹冠内における光合成能力、成長および被食防衛能力の鉛直分布. 第60回大気環境学会年会, 2019年9月18日, 東京農工大学府中キャンパス, 東京都府中市.
  14. 堅田元喜, 福島 慶太郎, 小嵐 淳, 山口高志, 渡辺 誠, 永野博彦, 中山理智, 舘野 隆之輔 (2019) 空間的に不均一な窒素沈着は落葉広葉樹林の窒素・炭素動態に影響するか? 第130回日本森林学会大会, 2019年3月20日, 新潟コンベンションセンター, 新潟県新潟市.
  15. 渡辺 誠, 上牧 祐, 岡部成晃, 森 麻里乃, 黄瀬佳之, 伊豆田 猛 (2018) ブナ苗の光合成におけるCO2拡散過程に対するオゾンの影響. 第59回大気環境学会年会, 2018年9月12日, 九州大学筑紫キャンパス, 福岡県春日市.
  16. 渡辺 誠, 上牧 祐, 岡部成晃, 森 麻里乃, 伊豆田 猛 (2018) ブナの葉内光合成過程に対するオゾンの影響. 第129回日本森林学会大会, 2018年3月27日, 高知大学朝倉キャンパス, 高知県高知市.
  17. Koike, T., Sakuma, A., Tatsuta, S., Hoshika, Y. and Watanabe, M. (2018) Forest declining of mountain birch in norther Japan: Examination of effect of the elevated ozone on birch. 日本生態学会第65回全国大会, 2018年3月18日, 札幌コンベンションセンター, 北海道札幌市.
  18. 黄瀬佳之, 深町吉伸, 渡辺 誠, 伊豆田 猛 (2017) Farquhar-Ball モデルによるブナ苗の葉のオゾン吸収量の推定. 第58回大気環境学会年会, 2017年9月8日, 神戸医療大学, 兵庫県神戸市.
  19. 渡辺 誠, 黄瀬佳之, 星加康智, Evgenios Agathokleous, 小池孝良, 松村秀幸, 河野吉久, 伊豆田 猛 (2017) 日本の森林樹種の成長および乾物分配のオゾンに対する応答. 第128回日本森林学会大会, 2017年3月27日, 鹿児島県鹿児島市.
  20. 望月智貴, 渡辺 誠, 小池孝良, 谷 晃 (2016) 高濃度CO2、O3、それら複合曝露がグイマツ雑種F1のモノテルペン放出に及ぼす影響. 第57回大気環境学会年会, 2016年9月9日, 北海道札幌市.
  21. 母袋 朗, 渡辺 誠, 伊豆田 猛 (2016) コマツナの成長に対するサブミクロンサイズの硫酸アンモニウム粒子の影響. 第57回大気環境学会年会, 2016年9月9日, 北海道札幌市.
  22. 渡辺 誠, 廣島ひろか, 黄瀬佳之, 岡部成晃, 伊豆田 猛 (2016) 異なる土壌養分条件におけるブナ苗の成長における窒素利用効率に対するオゾンの影響. 第57回大気環境学会年会, 2016年9月8日, 北海道札幌市.
  23. 岡部成晃, 黄瀬佳之, 廣島 ひろか, 伊豆田 猛, 渡辺 誠 (2016) 異なる土壌養分条件下で育成したブナ苗の植栽土壌における呼吸速度に対するオゾンの影響. 第57回大気環境学会年会, 2016年9月8日, 北海道札幌市.
  24. 黄瀬佳之, 岡部成晃, 廣島ひろか, 渡辺 誠, 伊豆田 猛 (2016) 養分状態が異なる土壌で育成したブナ苗の成長に対するオゾンの影響. 第57回大気環境学会年会, 2016年9月8日, 北海道札幌市.
  25. 黄瀬佳之, 岡部成晃, 廣島ひろか, 渡辺 誠, 伊豆田 猛 (2016) 養分状態が異なる土壌で育成したブナ苗の上位葉と下位葉の光合成能力に対するオゾンの影響. 第57回大気環境学会年会, 2016年9月8日, 北海道札幌市.
  26. 渡辺 誠, 廣島ひろか, 黄瀬佳之, 岡部成晃, 伊豆田 猛 (2016) ブナ苗の成長における窒素利用効率に対するオゾンの影響. 第127回日本森林学会大会, 2016年3月28日, 神奈川県藤沢市.
  27. 黄瀬佳之, 岡部成晃, 廣島ひろか, 渡辺 誠, 伊豆田 猛 (2016) ブナ苗の上位葉と下位葉の光合成能力に対するオゾンの影響. 第127回日本森林学会大会, 2016年3月28日, 神奈川県藤沢市.
  28. 黄瀬佳之, 深町吉伸, 渡辺 誠, 伊豆田 猛 (2015) ブナの光合成パラメータに対するオゾンの影響評価. 第56回大気環境学会年会, 2015年9月15日, 東京都新宿区.
  29. 渡辺 誠, 星加康智, 稲田直輝, 小池孝良 (2015) 着葉位置の異なるミズナラ葉の光合成に対するオゾンの影響. 第56回大気環境学会年会, 2015年9月15日, 東京都新宿区.
  30. 渡辺 誠, 黄瀬佳之, 伊豆田 猛 (2015) スダジイ、アラカシおよびシラカシの成長と光合成に対するオゾンの影響. 第126回日本森林学会大会, 2015年3月27日, 北海道札幌市.
  31. 崎川哲一, 中村誠宏, 渡辺 誠, 佐藤冬樹, 小池孝良 (2015) 開放系オゾン暴露施設で生育したシラカンバ若齢木の虫害. 第126回日本森林学会大会, 2015年3月27日, 北海道札幌市.
  32. 渡辺 誠, 星加康智, 小池孝良 (2014) 異なる時期のオゾン暴露がウダイカンバ苗の光合成に与える影響. 第55回大気環境学会年会, 2014年9月17日, 愛媛県松山市.
  33. Shi, C., Kitao, M., Komatsu, M., Yazaki, K., Tobita, H., Kitaoka, S., Watanabe, M. and Koike, T. (2014) Combination effect of elevated O3 and CO2 on foliar chemistry of oaks and beech seedlings. 第125回日本森林学会大会, 2014年3月26-30日, 埼玉県さいたま市.
  34. 崎川哲一, Oikawa, M., 渡辺 誠, 斎藤秀之, 渋谷正人, 小池孝良 (2014) 開放系オゾン暴露施設で生育したシラカンバ幼木の葉数の動態と被食防衛能. 第125回日本森林学会大会, 2014年3月26-30日, 埼玉県さいたま市.
  35. 渡辺 誠, 星加康智, 稲田直輝, 小池孝良 (2014) ブナ幼木の葉群光合成に与える開放系オゾン暴露の影響. 第125回日本森林学会大会, 2014年3月26-30日, 埼玉県さいたま市.
  36. 渡辺 誠, 原 悠子, 伊藤寛剛, 及川聞多, 毛 巧芝, 王 暁娜, 渡辺陽子, 船田 良, 高木健太郎, 佐藤冬樹, 小池孝良 (2014) 開放系大気CO2増加に対するカバノキ属3種の成長・光合成応答. 第61回日本生態学会広島大会, 2014年3月14-18日, 広島県広島市.
  37. 渡辺 誠, 星加康智, 稲田直輝, 小池孝良 (2013) オゾンに対するブナの光合成応答〜樹冠内光勾配との関係〜. 第54回大気環境学会年会, 2013年9月18-20日, 新潟県新潟市.
  38. Wang, XN., Mao, QZ., Qu, L.Y., Tamai, Y., Koyama, A., Watanabe, M. and Koike, T. (2013) Identification of ectomycorrhiza types with different nitrogen loadings on three larch species grown under two phosphorous levels. 第124回日本森林学会大会, 2013年3月25-28日, 岩手県盛岡市.
  39. 川口光倫, 渡辺 誠, 小池孝良 (2013) グイマツ雑種F1におけるオゾンと二酸化炭素濃度上昇への応答. 第124回日本森林学会大会, 2013年3月25-28日, 岩手県盛岡市.
  40. 渡辺 誠, 星加康智, 小池孝良 (2013) 異なる時期のオゾン付加がウダイカンバ苗の光合成に与える影響. 第124回日本森林学会大会, 2013年3月25-28日, 岩手県盛岡市.
  41. 稲田直輝, 星加康智, 渡辺 誠, 毛 巧芝, 小池孝良 (2013) ブナとミズナラを対象としたオゾンの光合成への影響?光環境とオゾン影響の関係?. 第124回日本森林学会大会, 2013年3月25-28日, 岩手県盛岡市.
  42. 星加康智, 渡辺 誠, 稲田直輝, 毛 巧芝, 小池孝良 (2012) 開放系オゾン暴露実験を用いたブナ葉の気孔コンダクタンスモデリング-オゾン影響の考慮について-.日本農業気象学会北海道支部2012年大会, 2012年12月1日, 北海道札幌市.
  43. 星加康智, 渡辺 誠, 稲田直輝, 毛 巧芝, 小池孝良 (2012) 開放系オゾン暴露実験を用いたブナ葉のオゾン吸収量推定のための気孔コンダクタンスモデリング. 大気環境学会北海道・東北支部第19回総会, 2012年10月19日, 北海道札幌市.
  44. 渡辺 誠, 星加康智, 小池孝良 (2012) 異なる時期のオゾン付加に対するウダイカンバ苗の光合成応答. 大気環境学会北海道・東北支部第19回総会, 2012年10月19日, 北海道札幌市.
  45. 星加康智, 渡辺 誠, 稲田直輝, 毛 巧芝, 小池孝良 (2012) 開放系オゾン暴露実験による冷温帯落葉広葉樹を対象としたオゾン吸収量の推定. 第53回大気環境学会年会, 2012年9月12-14日, 神奈川県横浜市.
  46. 渡辺 誠, 北岡 哲, 江口則和, 渡邊陽子, 里村多香美, 高木健太郎, 佐藤冬樹, 小池孝良 (2012) 高CO2に対するミズナラ萌芽の光合成・成長応答およびうどんこ病発現. 第53回大気環境学会年会, 2012年9月12-14日, 神奈川県横浜市.
  47. Mao, Q., Watanabe, M., Wang, X. Kita, K. and Koike, T. (2012) The use of in-growth core for monitoring fine root of larch. 第123回日本森林学会大会, 2012年3月26-29日, 栃木県宇都宮市.
  48. 川口光倫, 渡辺 誠, 稲田直輝, 上田龍四郎, 佐藤冬樹, 小池孝良 (2012) 落葉樹種に対する高濃度の二酸化炭素とオゾンによる単独および複合作用. 第123回日本森林学会大会, 2012年3月26-29日, 栃木県宇都宮市.
  49. Novriyanti, E., Watanabe, M., Hoshika, Y., Hashidoko, Y. and Koike, T. (2012)Insensible response of eucalypts species to elevated [O3] as compare with elevated [CO2] may not reflect the actual defense cascade. 第123回日本森林学会大会, 2012年3月26-29日, 栃木県宇都宮市.
  50. 小池孝良, 毛 巧芝, 稲田直輝, 川口光倫, 星加康智, 来田和人, 渡辺 誠 (2012) グイマツ雑種F1の成長と光合成に及ぼすオゾンと高CO2の影響. 第123回日本森林学会大会, 2012年3月26-29日, 栃木県宇都宮市.
  51. 山口真弘, 渡辺 誠, 松村秀幸, 伊豆田 猛(2012) ブナ苗の光合成活性と窒素代謝に対するオゾンと土壌への窒素負荷の複合影響. 第123回日本森林学会大会, 2012年3月26-29日, 栃木県宇都宮市.
  52. 星加康智, 稲田直輝, 渡辺 誠, 小池孝良 (2012) 開放系オゾン暴露実験によるブナを対象とした光合成速度と気孔応答へのオゾンの影響. 第123回日本森林学会大会, 2012年3月26-29日, 栃木県宇都宮市.
  53. 佐久間彬, 渡辺 誠, 渡邊 忠, 若松 歩, 斎藤秀之, 澁谷 正人, 小池孝良 (2012) 摩周湖外輪山におけるダケカンバの衰退現象と立地の関係. 第123回日本森林学会大会, 2012年3月26-29日, 栃木県宇都宮市.
  54. 渡辺 誠, 山口真弘, 松村秀幸, 河野吉久, 小池孝良, 伊豆田 猛(2012)日本の森林樹種に対するオゾンのリスク評価, 窒素沈着の考慮. 第123回日本森林学会大会, 2012年3月26-29日, 栃木県宇都宮市.
  55. 白河 学, 黒田克史, 渡辺陽子, 渡辺 誠, 小池孝良, 齋藤香織, 松下泰幸, 今井貴規, 高間瑠佳, 福島和彦 (2012) CryoTOF-SIMS/SEMシステムによる植物生体成分の分子マッピングの試み. 第62回日本木材学会大会, 2012年3月15-17日, 北海道札幌市.
  56. 渡辺 誠, 毛 巧芝, Eka Novriyanti, 来田 和人, 上田 龍四郎, 高木 健太郎, 笹 賀一郎, 小池 孝良 (2011) FACE (開放系大気CO2増加)施設で生育したカラマツ属3種の成長・光合成特性. 第52回大気環境学会年会, 2011年9月14-16日, 長崎県長崎市.
  57. 野口 泉, 龍田慎平, 渡辺 誠, 山口高志, 酒井茂克, 渡邊 忠, 久保島康行, 斎藤秀之, 小池孝良 (2010) 摩周湖における対流圏オゾン濃度とその植物影響. 第17回大気環境学会北海道・東北支部学術集会, 2010年10月22日, 山形県山形市.
  58. 山口高志, 龍田慎平, 渡辺 誠, 酒井茂克, 渡邊 忠, 久保島康行, 斎藤秀之, 野口 泉, 小池孝良 (2010) 北海道の対流圏オゾンについて. 第51回大気環境学会年会, 2010年9月8-10日, 大阪府豊中市.
  59. 白河 学, 齋藤香織, 渡辺陽子, 渡辺 誠, 船田 良, 小池孝良, 福島和彦 (2010) 高二酸化炭素下で生育した樹木の成分に関する研究. 樹木年輪研究会, 2010年8月25日, 愛知県名古屋市.
  60. 渡辺 誠, 毛 巧芝, Eka Novriyanti, 来田 和人, 上田 龍四郎, 高木 健太郎, 笹 賀一郎, 小池 孝良 (2010) FACE (Free Air CO2 Enrichment) による大気CO2濃度の増加がグイマツ雑種F1の成長および光合成に与える影響. 第121回日本森林学会大会, 2010年4月4日, 茨城県つくば市.
  61. 笠 小春, 渡辺 誠, 伊森允一, 高木 健太郎, 野村 睦, 小池孝良 (2009) 蛇紋岩土壌に植栽したグイマツ雑種F1の光合成と成長に与える窒素付加の影響 -処理3年目の応答第58回日本森林学会北海道支部大会, 2009年11月11日, 北海道札幌市.
  62. 小池孝良, 龍田慎平, 渡辺 誠, 斎藤 秀之 (2009) 北海道産ダケカンバとシラカンバの成長特性. 第58回日本森林学会北海道支部大会, 2009年11月11日, 北海道札幌市.
  63. 龍田慎平, 渡辺 誠, 伊森允一, 斎藤秀之, 小池孝良, 久保島 康行, 江口将之, 渡邊陽子 (2009) 摩周湖外輪山におけるオゾンがカンバ類2種稚樹の成長に与える影響 〜オープントップチェンバー法による評価〜. 第58回日本森林学会北海道支部大会, 2009年11月11日, 北海道札幌市.
  64. 渡辺 誠, 龍田慎平, 斎藤秀之, 小池孝良, 稲田秀俊, 久保島 康行, 江口将之, 渡邊 陽子 (2009) 摩周湖外輪山のダケカンバ衰退に関する生理生態学的調査. 第58回日本森林学会北海道支部大会, 2009年11月11日, 北海道札幌市.
  65. 渡辺 誠, 山川雄大, 金容?, 渡辺陽子, 幸田秀穂, 竹内裕一, 小池孝良 (2009) 好気的条件下におけるアカシアおよびユーカリの葉からのメタン放出. 第50回大気環境学会年会, 2009年9月16-18日, 神奈川県横浜市.
  66. 渡辺 誠, 北岡 哲, 渡邊陽子, 小林 真, 来田和人, 飛田博順, 上村章, 宇都木玄, 小池孝良 (2009) 高CO2濃度および窒素付加に対するグイマツ雑種F1の成長および光合成応答. 第120回日本森林学会大会, 2009年3月25-28日, 京都府京都市.
  67. 伊森允一, 渡辺 誠, 来田和人, 斎藤秀之, 渋谷正人, 小池孝良 (2009) グイマツ雑種F1 (グリーム)の成長と光合成特性に対する窒素付加の影響. 2008年度日本生態学会北海道地区大会, 2009年2月21日, 北海道札幌市.
  68. 笠 小春, 渡辺 誠, 高木 健太郎, 柴田英昭, 野村 睦, 小池孝良 (2008):窒素付加が蛇紋岩土壌に植栽したグイマツ雑種F1の光合成能力と成長に与える影響. 第57回日本森林学会北海道支部大会, 2008年11月10日, 北海道札幌市.
  69. 日向潔美, 渡邊陽子, 北岡 哲, 渡辺 誠, 飛田博順, 上村 章, 宇都木 玄, 北尾光俊, 小池孝良 (2008) 高CO2と窒素付加環境で生育した落葉広葉樹個葉の被食防衛物質の局在. 第57回日本森林学会北海道支部大会, 2008年11月10日, 北海道札幌市.
  70. 小池孝良, 北尾光俊, 北岡 哲, 渡辺 誠, 丸山 温 (2008) 土壌乾燥がブナ稚樹の個葉の形態と生理機能に及ぼす影響. 第57回日本森林学会北海道支部大会, 2008年11月10日, 北海道札幌市.
  71. 兼俊壮明, 北岡 哲, 渡辺 誠, 江口則和, 小林 真, 渡邊陽子, 斎藤秀之, 小池孝良 (2008) 異なる光環境下におけるニセアカシアの光合成と窒素利用特性の季節変化. 第57回日本森林学会北海道支部大会, 2008年11月10日, 北海道札幌市.
  72. 渡辺 誠, 北岡 哲, 飛田博順, 上村 章, 宇都木玄, 小池孝良 (2008) 高CO2処理と窒素付加がオノエヤナギの葉のメタン放出に与える影響. 第57回日本森林学会北海道支部大会, 2008年11月10日, 北海道札幌市.
  73. 山口真弘, 田辺千佳子, 那波純一, 渡辺 誠, 松秀幸, 河野吉久, 伊豆田 猛 (2008) ブナ苗の光合成活性と葉の窒素・硫黄利用に対するSO2 と土壌への窒素負荷の複合影響第49回大気環境学会年会, 2008年9月17-19日, 石川県金沢市.
  74. 渡辺 誠, 松尾直樹, 山口真弘, 岩崎真弓, 松村秀幸, 河野吉久, 伊豆田 猛. (2007) 日本の代表的な針葉樹の炭素吸収量に対するオゾンの影響評価. 第48回大気環境学会年会, 2007年9月5-7日, 岡山県岡山市.
  75. 山口真弘, 渡辺 誠, 田辺千佳子, 那波純一, 山下理絵, 松村秀幸, 河野吉久, 伊豆田 猛. (2007) ブナ苗の光合成活性と窒素利用に対するO3と土壌への窒素負荷の複合影響. 第48回大気環境学会年会, 2007年9月5-7日, 岡山県岡山市.
  76. 山口真弘, 渡辺 誠, 岩崎真弓, 松尾直樹, 山下理絵, 伊豆田 猛, 松村秀幸, 河野吉久. (2006) 日本の代表的な6樹種の光合成活性におよぼすO3の影響. 第47回大気環境学会年会, 2006年9月20-22日, 東京都文京区.
  77. 松村秀幸, 山口真弘, 渡辺 誠, 岩崎真弓, 松尾直樹, 山下理絵, 伊豆田 猛, 河野吉久. (2006) 日本の代表的な6樹種の生育におよぼすO3と土壌への窒素負荷の複合影響. 第47回大気環境学会年会, 2006年9月20-22日, 東京都文京区.
  78. 渡辺 誠, 山口真弘, 田辺千佳子, 那波純一, 伊豆田 猛, 松村秀幸, 河野吉久. (2006) 日本の代表的な6樹種の光合成活性におよぼすSO2の影響. 第47回大気環境学会年会, 2006年9月20-22日, 東京都文京区.
  79. 松村秀幸, 渡辺 誠, 山口真弘, 田辺千佳子, 那波純一, 伊豆田 猛, 河野吉久. (2006) 日本の代表的な6樹種の生育におよぼすSO2と土壌への窒素負荷の複合影響. 第47回大気環境学会年会, 2006年9月20-22日, 東京都文京区.
  80. 篠崎裕介, 田中正守, 渡辺 誠, 山口真弘, 松村秀幸, 河野吉久, 伊豆田 猛, 久保隆文, 船田 良. (2006) 樹木の成長と年輪構造に2成長期間のオゾン処理が与える影響. 第56回日本木材学会, 2006年8月8-10日, 秋田県秋田市.
  81. 山口真弘, 渡辺 誠, 岩崎真弓, 松尾直樹, 松村秀幸, 河野吉久, 伊豆田 猛. (2005) 我が国の代表的な6樹種の光合成活性に対するオゾンと土壌への窒素負荷の単独 および複合影響. 第46回大気環境学会年会, 2005年9月7-9日, 愛知県名古屋市.
  82. 松尾直樹, 渡辺 誠, 山口真弘, 岩崎真弓, 松村秀幸, 河野吉久, 伊豆田 猛. (2005) 我が国の代表的な6樹種の成長に対するオゾンと土壌への窒素負荷の単独および複合影響. 第46回大気環境学会年会, 2005年9月7-9日, 愛知県名古屋市.
  83. 田辺千佳子, 山口真弘, 渡辺 誠, 那波純一, 松村秀幸, 河野吉久, 伊豆田 猛. (2005) 我が国の代表的な6樹種の光合成活性に対するSO2と土壌への窒素負荷の単独および複合影響. 第46回大気環境学会年会, 2005年9月7-9日, 愛知県名古屋市.
  84. 渡辺 誠, 山口真弘, 那波純一, 田辺千佳子, 松村秀幸, 河野吉久, 伊豆田 猛. (2005) 我が国の代表的な6樹種の成長に対するSO2と土壌への窒素負荷の単独および複合 影響. 第46回大気環境学会年会, 2005年9月7-9日, 愛知県名古屋市.
  85. 田中正守, 篠崎裕介, 渡辺 誠, 山口真弘, 松村秀幸, 河野吉久, 伊豆田 猛, 久保隆文, 船田 良. (2005) 針葉樹3種の成長と樹幹内貯蔵デンプン量に及ぼすオゾン処理の影響. 第55回日本木材学会, 2005年3月16-18日, 京都府京都市.
  86. 篠崎裕介, 田中正守, 渡辺 誠, 山口真弘, 松村秀幸, 河野吉久, 伊豆田 猛, 久保隆文, 船田 良. (2005) オゾン処理がブナの成長と年輪構造に及ぼす影響. 第55回日本木材 学会, 2005年3月16-18日, 京都府京都市.
  87. 米倉哲志, 渡辺 誠, 吉留雅俊, 本田雪絵, 土器屋由起子, 伊豆田 猛. (2001) ブナ苗に 対するオゾンと水ストレスの影響 -2成長期目の成長や生理機能-. 第42回大気環境 学会年会, 2001年10月6-8日, 福岡県北九州市.
  88. 米倉哲志, 吉留雅俊, 渡辺 誠, 本田雪絵, 土器屋由起子, 伊豆田 猛. (2000) ブナ苗の フェノロジーと炭水化物濃度に対するオゾンと水ストレスの単独および複合影響. 第41回大気環境学会年会, 2000年9月26-28日, 埼玉県浦和市.
  89. 本田雪絵, 米倉哲志, 吉留雅俊, 渡辺 誠, 伊豆田 猛. (2000) ブナ苗の光合成と成長に対するオゾンと水ストレスの単独および複合影響. 第41回大気環境学会年会, 2000年 9月26-28日, 埼玉県浦和市.
  90. Watanabe, M., Barnes, JD., Izuta, T. (1999) Effects of EDU, O3 and soil water stress, singly and in combination on visible foliar injury and growth of Brassica compestris L. 第40回大気 環境学会年会, 1999年9月28-30日, 三重県津市.

各項目へのリンク:
口頭発表(英語), ポスター発表(英語), 口頭発表(日本語), ポスター発表(日本語),
依頼講演


<ポスター発表(日本語)>

  1. 山崎萌香, 渡辺 誠, 反町篤行, 松田和秀 (2021) キャノピー濃度勾配法を用いた森林におけるオゾンフラックス測定手の検討. 第62回大気環境学会年会, 2021年9月15日, オンライン開催.
  2. 山野邊真多, 則定優成, 渡辺 誠, 安江 恒, 船田 良, 半 智史 (2021) カラマツ樹幹の放射方向におけるデンプン量の変動. 第71回日本木材学会大会, 2021年3月19日, 東京農工大学府中キャンパス (オンライン形式), 東京都府中市.
  3. 宮田 達, 梅澤 有, 井田拓成, 和田茂樹, 仲岡雅裕, 堀川祥生, 渡辺 誠, 桑江 朝比呂 (2020) 海草・海藻類の準難分解性有機物の簡易定量評価. 日本海洋学会2020年度秋季大会, 2020年11月27日, オンライン開催.
  4. 則定優成, 伊豆田 猛, 渡辺 誠 (2020) 生育環境の異なるコナラ成木の葉の特性と虫害の樹冠内における鉛直分布. 第131回日本森林学会大会, 2020年3月27日, 名古屋大学東山キャンパス, 愛知県名古屋市.
  5. 福島 慶太郎, 岩崎健太, 小田義也, 境 優, 堅田元喜, 山口高志, 中山理智, 久保田 智大, 永野博彦, 渡辺 誠, 小嵐 淳 (2019) 放牧・耕作地由来の窒素が分水嶺を超えて森林渓流水質に与える影響. 生物地球化学研究会現地セッション, 2019年12月8日, 長崎大学, 長崎県長崎市.
  6. 渡辺 誠, 則定 優成, 黄瀬佳之, 山口高志, 中山理智, 福島 慶太郎, 舘野 隆之輔, 永野博彦, 小嵐 淳, 堅田元喜 (2019) 林縁と林内の窒素沈着量の違いが森林の生産性と光合成窒素利用特性に与える影響. 第60回大気環境学会年会, 2019年9月18日, 東京農工大学, 東京都府中市.
  7. 永野博彦, 安藤麻里子, 福島 慶太郎, 中山理智, 堅田元喜, 山口高志, 渡辺 誠, 近藤俊明, 舘野 隆之輔, 小嵐 淳 (2019) 落葉広葉樹林における窒素沈着量と土壌微生物特性の関係. 第130回日本森林学会大会, 2019年3月20日, 新潟コンベンションセンター, 新潟県新潟市.
  8. 堅田元喜, 福島 慶太郎,小嵐 淳, 山口高志, 渡辺 誠, 舘野 隆之輔 (2018) 森林源流域から進行する窒素飽和メカニズムの解明と森林炭素蓄積能力への影響評価. 日本生態学会第65回全国大会, 2018年3月16日, 札幌コンベンションセンター, 北海道札幌市.
  9. 岡部成晃, 黄瀬佳之, 廣島ひろか, 伊豆田 猛, 渡辺 誠 (2016) ブナ苗の根の成長および植栽土壌の呼吸速度に対するオゾンと土壌養分の単独及び複合影響. 第127回日本森林学会大会, 2016年3月28日, 神奈川県藤沢市.
    立地部門学生ポスター賞受賞!
  10. 彦坂幸毅, Anten, NPR., Borjigidai, A., 神山千穂, 酒井英光, 長谷川利拡, 及川真平, 飯尾淳弘,渡辺 誠, 小池孝良, 仁科一哉, 伊藤昭彦 (2015) 植物葉群内における葉間窒素分配のメタ解析. 東北植物学会第5回大会, 2015年12月19日, 福島県福島市.
  11. 渡辺 誠, 黄瀬佳之, 伊豆田 猛 (2015) スダジイ、アラカシおよびシラカシ苗のオゾンに対する成長・光合成応答. 第56回大気環境学会年会, 2015年9月15日, 東京都新宿区.
  12. Kam, DG., Watanabe, M., Agathokleous, E., Fujita, S., Tamai, Y. and Koike, T. (2015) Effects of different ozone on growth of Japanese larch and its hybrid. 第126回日本森林学会大会, 2015年3月27日, 北海道札幌市.
  13. 鈴木優輔, 渡辺 誠, 斎藤秀之, 渋谷正人, 佐藤冬樹, 小池孝良 (2015) 開放系オゾン暴露施設下で生育したブナ若齢木の樹冠構造. 第126回日本森林学会大会, 2015年3月27日, 北海道札幌市.
  14. Shi, C., Kitao, M., Watanabe, M., Tobita, H., Kitaoka, S., Yazaki, K. and Koike, T. (2014) Foliar chemical composition of 2 species oak seedlings treated with free air CO2/O3 fumigation. 第63回北方森林学会大会, 2014年11月12日, 北海道札幌市.
  15. 崎川哲一, 中村誠宏, 渡辺 誠, 佐藤冬樹, 小池孝良 (2014) 開放系オゾン付加施設で育成したシラカンバ若齢木の虫害の季節変化. 第63回北方森林学会大会, 2014年11月12日, 北海道札幌市. 北方森林学会学生ポスター賞2014年度受賞
  16. Kam, D-G., Watanabe, M., Agathokleous, E., Takagi, K., Satoh, F. and Koike, T. (2014) Production efficiency of needle of 2 larches grown under free air Ozone fumigation system with/without nitrogen loading. 第63回北方森林学会大会, 2014年11月12日, 北海道札幌市.
  17. Wang, XN., Nakaji, T., Watanabe, M., Fujita, S., Takagi, K., Satoh, F. and Koike, T. (2014) Fine root turnover of Japanese white birch saplings grown under elevated CO2 in northern Japan. 第63回北方森林学会大会, 2014年11月12日, 北海道札幌市.
  18. Agathokleous, E., Watanabe, M., Paoletti, E., Manning, W.J., Satoh, F. and Koike, T. (2014). Ethylenediurea (EDU) as a soil drench to mediate O3-impact on willow (Salix sachalinensis) cuttings. 第63回北方森林学会大会, 2014年11月12日, 北海道札幌市.
  19. 黄瀬佳之, 安土文鹿, 小林亜由美, 山口真弘, 渡辺 誠, 星加康智, 松村秀幸, 小池孝良, 北尾光俊, 船田 良, 伊豆田 猛 (2014) 葉のオゾン吸収量に基づいた日本に分布するブナ、コナラ、ミズナラおよびシラカンバの葉のCO2吸収量に対するオゾンの影響評価. 第55回大気環境学会年会, 2014年9月17日, 愛媛県松山市
  20. Kam, D-G., Watanabe, M., Mao, QZ., Wang, XN., Kita, K. and Koike, T. (2014) Effects of O3 on the growth of Japanese larch and Hybrid larch F1 grown under 2 nitrogen levels. 第125回日本森林学会大会, 2014年3月26-30日, 埼玉県さいたま市.
  21. 佐久間彬, 渡辺 誠, 若松 渉, 小林史和, 川井田東吾, 斎藤秀之, 小池孝良 (2014) 摩周湖外輪山におけるダケカンバ衰退現象と水ストレスの関係. 第125回日本森林学会大会, 2014年3月26-30日, 埼玉県さいたま市.
  22. 及川聞多, 松木佐和子, 渡辺 誠, 小池孝良 (2013) 開放系大気CO2増加施設に植栽されたカンバ類の葉の虫害と被食防衛能. 第62回北方森林学会, 2013年11月12日, 北海道札幌市.
  23. 毛 巧芝, 渡辺 誠, 彫 恵天, 来田和人, 小池孝良 (2013) グイマツ雑種F1若齢林の成長と林冠機能に及ぼす窒素付加の影響. 第62回北方森林学会, 2013年11月12日, 北海道札幌市.
  24. 荒木基二, 渡辺 誠, 斉藤秀之, 渋谷正人, 玉井 裕, 小池孝良 (2013) 窒素沈着がダケカンバとシラカンバ稚樹の初期成長と外生菌根菌の発達に及ぼす影響. 第62回北方森林学会, 2013年11月12日, 北海道札幌市.
  25. 佐久間 彬, 渡辺 誠, 若松 歩, 川井田東吾, 斉藤秀之, 小池孝良 (2013) 摩周湖外輪山ダケカンバ衰退木の葉の水分特性と土壌特性. 第62回北方森林学会, 2013年11月12日, 北海道札幌市.
  26. 崎川哲一, 渡辺 誠, 毛 巧芝, 星加康智, 小池孝良 (2013) 開放系オゾン付加実験を用いたシラカンバ幼木の葉の寿命と光合成. 第62回北方森林学会, 2013年11月12日, 北海道札幌市.
  27. 原 悠子, 渡辺 誠, 毛 巧芝, 高木健太郎, 佐藤冬樹, 小池孝良 (2013) 開放系大気CO2増加(FACE)施設で育成したカバノキ属3種の葉面積指数の動態 −CO2付加4年間の経年変化−. 第62回北方森林学会, 2013年11月12日, 北海道札幌市.
  28. 王 暁娜, 渡辺 誠, 曲 来葉, 毛 巧芝, 川口光倫, 小山明裕, 玉井 裕, 小池孝良 (2013) Ectomycorrhizal richness and growth of hybrid larch F1 under elevated O3 and CO2. 第62回北方森林学会, 2013年11月12日, 北海道札幌市.
  29. Mao, QZ., Wang, XN., Watanabe, M., Hoshika, Y. and Koike, T. (2013) Effects of high nitrogen loading on the growth and photosynthesis of hybrid larch F1. 第124回日本森林学会大会, 2013年3月25-28日, 岩手県盛岡市.
  30. 星加康智, 渡辺 誠, 稲田直輝, 毛 巧芝, 小池孝良 (2013) 開放系オゾン暴露実験を用いたブナ葉の気孔応答へのオゾンの影響─光合成・気孔コンダクタンスモデルを用いた解析─. 第124回日本森林学会大会, 2013年3月25-28日, 岩手県盛岡市.
  31. 渡辺 誠, 原 悠子, 伊藤寛剛, 高木 健太郎, 佐藤 冬樹, 小池孝良 (2013) 高CO2環境で生育したカバノキ属3種の葉群光合成. 第60回日本生態学会大会, 2013年3月5-9日, 静岡県地静岡市.
  32. 佐久間彬, 渡辺 誠, 若松 歩, 川井田東吾, 小池孝良 (2012) 摩周湖外輪山における森林衰退と土壌要因. 第61回北方森林学会大会, 2012年11月13日, 北海道札幌市.
  33. 稲田直輝, 星加康智, 渡辺 誠, 王 暁娜, 毛 巧芝, 小池孝良 (2012)ブナの陽樹冠と陰樹冠へのオゾン影響解明−開放系オゾン暴露実験による解析−. 第61回北方森林学会大会, 2012年11月13日, 北海道札幌市.
  34. Wang, XN., Mao, QZ., Qu, L.Y., Tamai, Y., Koyama, A., Watanabe, M., Kita, K. and Koike, T. (2012) Biodiversity of ectomycorrhiza types with different nitrogen loads on 3 larches grown at two phosphorous levels. 第61回北方森林学会大会, 2012年11月13日, 北海道札幌市.
  35. 星加康智, 渡辺 誠, 稲田直輝, 毛 巧芝, 王 暁娜, 小池孝良 (2012) 開放系オゾン暴露実験を用いたブナ葉のオゾン吸収量推定. 第61回北方森林学会大会, 2012年11月13日, 北海道札幌市.
  36. 原 悠子, 伊藤寛剛, 渡辺 誠, 毛 巧芝, 高木健太郎, 佐藤冬樹, 小池孝良 (2012) 開放系大気CO2増加(FACE)施設で育成したカンバ類3種のシュートとLAIの動態. 第61回北方森林学会大会, 2012年11月13日, 北海道札幌市.
  37. 渡辺 誠, 星加康智, 小池孝良 (2012) 異なる時期のオゾン付加に対するウダイカンバ苗の成長・光合成応答. 第61回北方森林学会大会, 2012年11月13日, 北海道札幌市.
  38. 川口光倫, 渡辺 誠, 星加康智, 稲田直輝, 小池孝良 (2012) シラカンバの葉の展開は大気変化に影響されるか. 第61回北方森林学会大会, 2012年11月13日, 北海道札幌市.
  39. 伊藤寛剛, 中路達郎, 渡辺 誠, 王 暁娜, 原 悠子, 小池孝良 (2012) 開放系大気CO2増加(FACE)施設で育成したシラカンバの細根動態. 第61回北方森林学会大会, 2012年11月13日, 北海道札幌市.
  40. 及川聞多, 松木佐和子, 渡辺 誠, 小池孝良 (2012) 開放系大気CO2増加施設で育成したカンバ類の葉の虫害. 第61回北方森林学会大会, 2012年11月13日, 北海道札幌市.
  41. 稲田直輝, 星加康智, 渡辺 誠, 小池孝良 (2012) 開放系オゾン暴露実験による冷温帯落葉広葉樹の光合成機能に与えるオゾンの影響. 第53回大気環境学会年会, 2012年9月12-14日, 神奈川県横浜市.
  42. 渡辺 誠, 高木健太郎, 佐藤冬樹, 小池孝良 (2012) FACE (Free Air CO2 Enrichment) による高CO2環境で育成したカバノキ属3種の光合成特性. 第53回大気環境学会年会, 2012年9月12-14日, 神奈川県横浜市.
  43. 渡辺 誠, 山口真弘, 松村秀幸, 河野吉久, 小池孝良, 伊豆田 猛 (2012) 窒素沈着量を考慮したブナに対するオゾンのリスク評価. 大気環境学会植物分科会全国講演会, 2012年6月30日, 静岡県静岡市.
  44. 原 悠子, 伊藤寛剛, 中路達郎, 渡辺 誠, 高木 健太郎, 佐藤冬樹, 小池孝良 (2012) 開放系大気CO2増加(FACE)施設で育成したカンバ類3種のLAIの変化とシュートの動態. 第123回日本森林学会大会, 2012年3月26-29日, 栃木県宇都宮市.
  45. Wang, X., Mao, Q., Laiye, Q., Tamai, Y., Watanabe, M., Kita, K. and Koike, T. (2012) Identification of ectomycorrhiza types with difference nitrogen load on three larch species grown under two phosphorous levels. 第123回日本森林学会大会, 2012年3月26-29日, 栃木県宇都宮市.
  46. 佐久間 彬,渡辺 誠,斎藤秀之,山口高志,野口 泉,渡部 忠,若松 歩,渋谷正人,小池孝良 (2011) 摩周湖外輪山におけるダケカンバ衰退現象と立地環境−予備調査−. 第60回北方森林学会大会, 2011年11月15日, 北海道札幌市.
  47. 渡辺 誠, 上田龍四郎, 高木健太郎, 笹 賀一郎, 小池孝良 (2011) 開放系大気CO2増加(FACE)による2成長期間の高CO2処理がカンバ類3種の光合成活性に与える影響. 第60回北方森林学会大会, 2011年11月15日, 北海道札幌市.
  48. 原 悠子, 伊藤寛剛, 渡辺 誠, 毛 巧芝, 星加康智, 斎藤秀之, 渋谷正人, 小池孝良 (2011) 開放系大気CO2増加(FACE)施設で育成したカンバ類3種のシュートの動態−CO2付加2年目の効果−. 第60回北方森林学会大会, 2011年11月15日, 北海道札幌市.
  49. 毛 巧芝, 星加康智, 渡辺 誠, 小池孝良 (2011) Symptom of ozone injured leaves in deciduous broadleaved trees native to Hokkaido. 第60回北方森林学会大会, 2011年11月15日, 北海道札幌市.
  50. 星加康智, 稲田直輝, 渡辺 誠, 小池孝良 (2011) 開放系オゾン暴露実験によるブナを対象とした気孔応答へのオゾンの影響. 第60回北方森林学会大会, 2011年11月15日, 北海道札幌市.
  51. 稲田直輝, 星加康智, 渡辺 誠, 小池孝良 (2011) 開放系オゾン暴露実験によるブナとシラカンバの光合成機能へのオゾンの影響. 第60回北方森林学会大会, 2011年11月15日, 北海道札幌市.
  52. 稲田直輝, 渡辺 誠, 小池孝良 (2011) 高O3および高CO2がカンバ類3種稚樹の成長と光合成に与える影響. 第52回大気環境学会年会, 2011年9月14-16日, 長崎県長崎市.
  53. Mao, Q., Watanabe, M., Kita, K., Koike, T. (2011) Growth and photosynthetic traits of hybrid larch grown under free air CO2 enrichment. 日本生物環境工学会2011年札幌大会, 2011年9月6-8 日, 北海道札幌市.
  54. Novriyanti, E., Watanabe, M., Kitao, M., Uemura A., Takayoshi, K. (2011) Effect of CO2 and high N load on the growth and defense traits of two eucalypts. 日本生物環境工学会2011年札幌大会, 2011年9月6-8 日, 北海道札幌市.
  55. 小池孝良,毛 巧芝,稲田直輝,来田和人,渡辺 誠 (2011) 高CO2で生育するカラマツ属3樹種の成長に及ぼす高O3の影響. 日本生物環境工学会2011年札幌大会, 2011年9月6-8 日, 北海道札幌市.
  56. 渡辺 誠, 渡邊 陽子, 北岡 哲, 宇都木 玄, 来田 和人, 小池 孝良 (2011) 貧栄養条件で育成したグイマツ雑種F1の成長および光合成に対する高CO2の影響. 日本生物環境工学会2011年札幌大会, 2011年9月6-8 日, 北海道札幌市.
  57. Novriyanti, E., Watanabe, M., Tobita, H., Uemura, A., Utsugi, H. and Takayoshi, K. (2011) Growth and photosynthetic response of Eucalypt grown under different CO2 and nitrogen levels. 第122回日本森林学会大会, 2011年3月25-28日, 静岡県静岡市.
  58. Mao, Q., Imori, M., Watanabe, M., Kim, YS., Kita, K. and Koike, T. (2011) Three years monitoring on the physiological responses of hybrid larch F1 to nitrogen loading. 第122回日本森林学会大会, 2011年3月25-28日, 静岡県静岡市.
  59. 伊藤寛剛, 渡辺 誠, 毛 巧芝, 中路達郎, 笹 賀一郎, 斎藤秀之, 渋谷正人, 小池孝良 (2011) FACE(開放系大気CO2増加)施設で育成中のカバノキ属3種の葉の生物季節. 第122回日本森林学会大会, 2011年3月25-28日, 静岡県静岡市.
  60. 渡辺 誠, 毛 巧芝, Eka Novriyanti, 伊藤 寛剛, 上田 龍四郎, 高木 健太郎, 笹 賀一郎, 小池 孝良 (2011) FACE (開放系大気CO2増加)施設で生育したカンバ類3種の光合成特性. 第122回日本森林学会大会, 2011年3月25-28日, 静岡県静岡市.
  61. 稲田直輝, 渡辺 誠, 澁谷正人, 斎藤秀之, 小池孝良 (2011) 高CO2および高O3がカンバ類3種の成長と光合成に与える影響. 日本生態学会第58回全国大会, 2011年3月8-12日, 北海道札幌市.
  62. 伊藤寛剛, 渡辺 誠, 毛 巧芝, 斎藤秀之, 渋谷正人, 笹 賀一郎, 斎藤秀之, 渋谷正人, 小池孝良 (2011) 開放系大気CO2増加(FACE)施設に生育するカンバ類3種の葉のフェノロジー.日本生態学会第58回全国大会, 2011年3月8-12日, 北海道札幌市.
  63. 渡辺 誠, 毛 巧芝, 伊藤寛剛, Eka Novriyanti, 高木 健太郎, 笹 賀一郎, 小池孝良 (2011) FACE (Free Air CO2 Enrichment) による高CO2環境に対するカバノキ属3種の光合成応答. 日本生態学会第58回全国大会, 2011年3月8-12日, 北海道札幌市.
  64. 渡邊陽子, 山口高志, 野口 泉, 龍田慎平, 渡辺 誠, 小池孝良, 北岡 哲, 上村 章,, 久保島 康行, 渡邊 忠 (2010) 北海道における森林樹木の個葉に付着したエアロゾル粒子の観察. 第59回日本森林学会北海道支部大会, 2010年11月9日, 北海道札幌市
  65. 伊森允一, 毛 巧芝, 渡辺 誠, 金 容?, 来田和人, 小池孝良 (2010). 窒素付加がグイマツ雑種F1の針葉の養分動態に及ぼす影響. 第59回日本森林学会北海道支部大会, 2010年11月9日, 北海道札幌市.
  66. 稲田直輝, 渡辺 誠, 斉藤秀之, 澁谷正人, 小池孝良 (2010) 高CO2および高O3下におけるカンバ類3種稚樹の成長. 第59回日本森林学会北海道支部大会, 2010年11月9日, 北海道札幌市.
  67. 伊藤寛剛, 渡辺 誠, 毛 巧芝, Eka Novriyanti, 上田 龍四郎, 高木 健太郎, 笹 賀一郎, 斎藤秀之, 渋谷正人, 小池孝良 (2010) 開放系大気CO2増加(FACE)施設で育成したカンバ類3種のシュートの動態. 第59回日本森林学会北海道支部大会, 2010年11月9日, 北海道札幌市.
  68. 渡辺 誠, 毛 巧芝, Eka Novriyanti, 伊藤寛剛, 上田 龍四郎, 高木 健太郎, 笹 賀一郎, 小池孝良 (2010) 開放系大気CO2増加(FACE)施設で育成したカンバ類3種の光合成活性. 第59回日本森林学会北海道支部大会, 2010年11月9日, 北海道札幌市.
  69. Mao, M., Watanabe, M., Makoto, K., Imori, M., Kita, K. and Koike, T. (2010) Ecophysiological response of hybrid larch F1 to nitrogen and phosphate application. 第121回日本森林学会大会, 2010年4月3日, 茨城県つくば市.
  70. Novriyanti, E., Watanabe, M., Kohda, H., Takeda, T., Hashidoko, Y. and Koike, T. (2010) Photosynthetic traits and nitrogen use efficiency of Acacia and Eucalypt seedling. 第121回日本森林学会大会, 2010年4月3日, 茨城県つくば市.
  71. 日向潔美, 渡邊陽子, 渡辺 誠, 北岡 哲, 飛田博順, 上村 章, 宇都木 玄, 小池孝良 (2010) 高CO2と窒素付加環境で生育した落葉広葉樹個葉の被食防衛物質の局在.日本生態学会第57回全国大会, 2010年3月15-20日, 東京都目黒区.
  72. 日向潔美, 渡邊陽子, 渡辺 誠, 北岡 哲, 飛田博順, 上村 章, 宇都木 玄, 小池孝良(2009) 高CO2と窒素付加環境で生育した落葉広葉樹個葉の被食防衛物質の局在−処理2年間の影響−. 第58回日本森林学会北海道支部大会, 2009年11月11日, 北海道札幌市.
  73. 伊森允一, 渡辺 誠, 金容?, 来田和人, 小池 孝良 (2009) グイマツ雑種F1の成長と光合成特性に対する窒素付加の影響. 第58回日本森林学会北海道支部大会, 2009年11月11日, 北海道札幌市.
  74. 笠 小春, 渡辺 誠, 玉井 裕, 柴田 英昭, 高木 健太郎, 野村 睦, 小池 孝良 (2009) 蛇紋岩土壌に植栽したグイマツ雑種F1の成長と外生菌根形成に対する窒素付加の影響. 第120回日本森林学会大会, 2009年3月25-28日, 京都府京都市.
  75. 渡辺 誠, 北岡 哲, 渡辺陽子, 小林真, 上田龍四郎, 高木健太郎, 日浦 勉, 笹 賀一郎, 小池孝良 (2009) FACE (Free Air CO2 Enrichment) による高CO2環境下で育成した冷温帯落葉樹萌芽の成長および光合成特性. 第56回日本生態学会盛岡大会, 2009年3月17-21日 岩手県盛岡市.
  76. 北岡 哲, 渡辺 誠, 渡辺陽子, 飛田博順, 上村 章, 宇都木 玄, 江口則和, 笹 賀一郎, 小池孝良 (2008) 開放系大気CO2増加 (FACE)施設で育成した冷温帯主要落葉樹萌芽の光および窒素利用特性. 第57回日本森林学会北海道支部大会, 2008年11月10日, 北海道札幌市.
各項目へのリンク:
口頭発表(英語), ポスター発表(英語), 口頭発表(日本語), ポスター発表(日本語),
依頼講演


<依頼講演>

  1. 渡辺 誠 (2021) オゾンに対する樹木の応答. 第32回酸性雨東京講演会反応性窒素の大気沈着について考える(第4回), 2021年6月15日, オンライン開催.
  2. 渡辺 誠 (2021) オゾンによる光合成への影響について. 環境省水・大気環境局 第2回光化学オキシダント勉強会, 2021年3月26日, オンライン開催.
  3. 渡辺 誠 (2020) 緑あふれるまちを目指して〜農業振興による環境の保全について〜. 第15回国分寺市環境シンポジウム, 2020年2月8日, 東京都国分寺市.
  4. Watanabe, M. (2019) Ozone impacts on Japanese forest tree species. Workshop on regional impact assessment of atmospheric deposition and air pollution on forest ecosystems. 22 November 2019, Niigata, Japan.
  5. Watanabe, M., Kinose, Y., Hoshika, Y., Koike, T. and Izuta, T. (2017) Difference in ozone susceptibility of photosynthesis between upper and lower canopy leaves of Siebold's beech. XIX International Botanical Congress, T3-23: Tropospheric ozone as part of global change - effects on plant growth and terrestrial ecosystems. 24 July 2017, Shenzhen, China.
  6. Watanabe, M., Hoshika, Y. and Koike, T. (2015) Response of Japanese forest tree species to elevated ozone. The second international forum on sustainable development of subtropical forest: forest ecology and environment protection, 9 April 2015, Lin’an, China.
  7. 渡辺 誠, 王 暁娜, Agathokleous, E., Kam, DG., 小池孝良 (2015) 変動環境下への落葉樹の応答. 第32回林木の成長機構研究会: 将来の大気環境変化への樹木の応答を探る, 2015年3月29日, 北海道札幌市.
  8. 渡辺 誠 (2013) 摩周湖外輪山のダケカンバに何が起きているのか? 弟子屈町‐北海道大学大学院農学研究院 摩周湖外輪山の保全に関する包括連携研究会 摩周湖外輪山のダケカンバ林衰退の謎に迫る 対流圏オゾンの現状と森林景観維持への課題, 2013年12月17日, 北海道弟子屈町.
  9. Watanabe, M., Hoshika, Y., Inada, N., Wang, X., Mao, Q. and Koike, T. (2013) Responses of Siebold’s beech and oak saplings grown in northern Japan to free air ozone exposure. Workshop for future collaboration between China and Japan about effects of ozone and nitrogen deposition on forest ecosystems in East Asia, 6 June 2013, Beijing, China.
  10. Watanabe, M. (2012) Risk assessment of ozone impacts on forest tree species in Japan. ACAP (Asia Center for Air Pollution Research) seminar, 18 December 2012, Niigata, Japajn.
  11. 渡辺 誠, 星加康智 (2012) 気孔のオゾン応答. 文部科学省科学研究費補助金 新学術領域 植物生態学・分子生理学コンソーシアムによる陸上植物の高CO2応答の包括的解明, 第3回勉強会「気孔応答」, 2012年10月7日, 三浦市神奈川県.
  12. Koike, T., Watanabe, M., Hoshika, Y., Kitao, M., Funada, R. and Izuta, T. (2012) Pollution-plants researches in Japan. COST (European Cooperation in Science and Technology) meeting, 18-27 May 2012, Kaunas, Lithuania.
  13. 渡辺 誠 (2011) 日本の森林樹種6種に対する窒素沈着を考慮したオゾンのリスク評価. 日本農業気象学会北海道支部若手セミナー, 2011年8月30日, 北海道札幌市.
  14. Mao, Q., Watanabe, M., Imori, M., Saito, H. and Koike, T. (2010) Comparative research on the growth traits of Chinese birch and larch as revegetation materials. The 4th International Symposium on Sap Utilization. 16-17 April 2010, Bifuka, Hokkaido, Japan.
  15. Novriyanti, E., Watanabe, M., Aoyama, C. and Koike, T. (2010) Plant defense characteristics of birch species ?a literature survey-. The 4th International Symposium on Sap Utilization. 16-17 April 2010, Bifuka, Hokkaido, Japan.
  16. Watanabe, M., Kitaoka, S. and Koike, T. (2010) Aerobic methane emission from leaves of birch and other afforestation tree species under elevated CO2 concentration, The 4th International Symposium on Sap Utilization. 16-17 April 2010, Bifuka, Hokkaido, Japan.
  17. 渡辺 誠 (2010) 日本の森林樹種に対するオゾン・窒素負荷のリスク評価. 日本生態学会第57回全国大会シンポジウム, 広域大気汚染の生態系影響, 2010年3月16日,東京都目黒区.
  18. 小池孝良, 渡辺 誠, 高木健太郎, 笹 賀一郎 (2009) 環境変化に対する樹木の応答(窒素負荷と高CO2影響の応答). エアロゾル・オゾン等による植物影響に関するシンポジウム -増加する越境大気汚染から森林を守る-, 2009年10月8日, 北海道札幌市.
  19. 渡辺 誠, 龍田慎平, 斎藤秀之, 稲田秀俊, 小池孝良 (2009) 摩周湖外輪山におけるカンバ類の衰退現象に関する生理生態学的評価 -特にO3の影響に注目して-. エアロゾル・オゾン等による植物影響に関するシンポジウム -増加する越境大気汚染から森林を守る-, 2009年10月8日, 北海道札幌市.
  20. 渡辺 誠 (2009) 高CO2条件下におけるブナ苗のオゾンに対する応答. C型共同研究「ブナ林衰退地域における総合植生モニタリング手法の開発」2009年度第1回検討会, 2009年8月27日, 北海道黒松内町.

各項目へのリンク:
口頭発表(英語), ポスター発表(英語), 口頭発表(日本語), ポスター発表(日本語),
依頼講演


<誌上開催>

  1. 太田丹理, 高橋 慶, 村尾直人, 佐P裕之, 山口真弘, 村上 尚, 半 智史, 渡辺 誠, 高田秀重,伊豆田 猛 (2020) 都市緑化樹9種におけるブラックカーボン粒子の葉面沈着量の樹種間差異とそれに関与する葉面特性. 第60回大気環境学会年会, 2020年9月14日, 誌上開催.
  2. 則定優成, 伊豆田 猛, 渡辺 誠 (2020) 生育環境の異なるコナラ成木の樹冠内における葉の特性と虫害の関係. 第60回大気環境学会年会, 2020年9月14日, 誌上開催.
  3. 布施 剛, 青木拓朗, 松本美佐子, 黎 ?, 有浦 涼, 張 雅卓, 黄瀬佳之, 山口真弘, 渡辺 誠, 伊豆田 猛 (2020) ブナ苗の葉のガス交換速度に対するオゾン、高濃度CO2および土壌への窒素負荷の単独および複合影響. 第60回大気環境学会年会, 2020年9月14日, 誌上開催.
  4. 山口真弘, 宮口光太, 松本美佐子, 黄瀬佳之, 渡辺 誠, 伊豆田 猛 (2020) 高濃度CO2および土壌窒素負荷条件で栽培したブナ苗の葉のオゾン吸収量推定モデルの構築. 第60回大気環境学会年会, 2020年9月14日, 誌上開催.
  5. 有浦 涼, 松本美佐子, 黎 ?, 布施 剛, 青木拓朗, 張 雅卓, 黄瀬佳之, 山口真弘, 伊豆田 猛, 渡辺 誠 (2020) ブナ苗の光合成の変動光に対する応答性に与える高濃度CO2とオゾンの単独および複合影響. 第60回大気環境学会年会, 2020年9月14日, 誌上開催.
  6. 黎 ?, 布施 剛, 青木拓朗, 松本美佐子, 有浦 涼, 宮口光太, 張 雅卓, 黄瀬佳之, 山口真弘, 渡辺 誠, 伊豆田 猛 (2020) ブナ苗の成長に対するオゾン、高濃度CO2および土壌への窒素負荷の単独および複合影響. 第60回大気環境学会年会, 2020年9月14日, 誌上開催.
  7. 青木拓朗, 布施 剛, 松本美佐子, 黎 ?, 有浦 涼, 張 雅卓, 黄瀬佳之, 山口真弘, 渡辺 誠, 伊豆田 猛 (2020) ブナ苗の積算純光合成量に対するオゾン、土壌への窒素負荷および高濃度CO2の単独および複合影響. 第60回大気環境学会年会, 2020年9月14日, 誌上開催.
  8. 田中亮志, 伊豆田 猛, 松田和秀, 渡辺 誠 (2020) 熱消散法を用いた樹液流計測によるコナラ林のオゾン吸収量の推定. 第60回大気環境学会年会, 2020年9月14日, 誌上開催.

アクセス・連絡先
〒183-8509 東京都府中市幸町3-5-8
東京農工大学 農学部 5号館306号室
Tel & Fax: 042-367-5820
E-mail: nab0602-at-cc.tuat.ac.jp (-at-を@に変えてください)