研究室のメンバー構成(2020年4月)

教員

教授: 豊田剛己

助教: 李哲揆 Twitter@chol_gyu 
 :土壌マイクロビオーム情報を利用した発病抑止菌の発見
 :土壌還元消毒を引き起こす微生物の解明
 :根圏微生物群集予測モデルの開発 (新学術)

博士課程 D3

近松誠也
 :都市近郊型エダマメ栽培における生物的防除法の開発
 :Development of biological control method for soybean cyst namatodes in green soybean cultivation in urban areas

Nguyen Van Sinh
 :Effects of cropping patterns and compost amendment on soil fertility and terrestrial nematodes in rice field in the Mekong Delta, Vietnam

Nguyen Thi Kim Phuoung
 :Using biochar a soil remediation for greenhouse gases mitigation and soil property improvement in rice cropping systems adapting with climate change

博士課程 D2

勝田あかね(社会人ドクター)
 :リアルタイムPCRを用いた多年生作物の植物寄生性線虫の分布・群集構造と植物被害に関する研究
 :Study on distribution, community structure and plant damage of plant-parasitic nematodes on perennial crops using real-time PCR

群嶋浩志(社会人ドクター)
 : Study on existing insecticide and fungicide characteristics to control representative plant parasitic nematodes for crop protection

博士課程 D1

藤田智紀(社会人ドクター)
 :殺線虫剤の連用に伴う不効化現象とその対策としての施用方法に関する研究>
 : The study of enhanced microbial biodegradation (EMB) of nematicides with continuous application and an application method as a countermeasure of EMB

白井さよ
 :Identification of factors that affect green soybean yields

周琳
 :ダイズシストセンチュウの駆除に有効なカビ菌の探索に関する研究

修士課程 M2

ゲゲントヤ
 :高機能培地における水稲、トマト、エダマメ、リーフレタス等の生育と培地内での水分・養分挙動の評価

楊燕燕
 :ネコブセンチュウに対する発病抑止土壌の発見とそのメカニズムの応用

蘇雅拉
 :バイオマス燃焼灰の土壌改良への利用

修士課程 M1

宋思佳
 :発泡ガラスの施用が植物体生育に与える影響解明
 :Effect of foamed glass on the growth of plants

坂東夏帆
 :イモグサレセンチュウを防除するニンニク内生菌の単離
 :Isolation of a Garlic endophyte to control potato rot nematode, Ditylenchus destructor

研究生 Research student

初宇涵

技術職員 Research technician

前治代

<メンバーの構成>(留学生:中国、ベトナム)

ページのトップへ戻る