環境と調和し時代を超える Unique & Best なハイパーマシンを創造する人材を育成するために、数学・物理を基礎として機械工学全般にわたる基盤教育を推進します。

HOME » 研究室紹介
ロボティクス・ナノメカニクス

研究室紹介(ロボティクス・ナノメカニクス)

水内 研究室

http://mizuuchi.lab.tuat.ac.jp/

研究分野:ロボティクス

ヒューマノイド  知能ソフトウェア  生活支援ロボット

水内研究室 写真
(左)キッチンアシスタントロボットの研究 (右)筋骨格型ヒューマノイドの研究

もっと人に近いロボットへ

人の生活の場で活躍できるロボットに求められる、柔らかい身体・柔らかい自然な動き、様々な事象を感じることができるセンサ、自律的に判断し行動することができる知能ソフトウェア等の研究をしています。機構デザイン、メカトロニクス、制御工学、ソフトウェア工学、人工知能、認知科学等を広く深く身に付け、新しいロボットを創造します。

水内准教授 准教授
水内 郁夫

林宏太郎特任助教 特任助教
林 宏太郎

ベンチャー 研究室

http://web.tuat.ac.jp/~venture/

研究分野:ロボティクス

ロボティクス  人体運動力学  HRI

ベンチャー研究室 写真

運動力学:ロボットから人間まで

ベンチャー研究室では現在ロボティクスに関する研究を進めており,特にロボットシステムを用いて人間の動力学的な特性を導出する研究をしています.また,人間とヒューマノイドロボットの動力学の導出から人間の動作や力学を解析するための数学的・力学的な手法を開発しています.我々はこれらの研究を進めることで人間と近いロボットシステムを開発し,人間とロボットの関係を深めることを目標としています.このような研究を進めることで,ヒューマノイドロボット,医療診断支援システム,スポーツ科学,エンターテイメントなど様々な分野に応用できると考えられます.
産業総合研究所,国立障害者リハビリテーションセンター,ウォータールー大学(カナダ),モンペリエ大学(フランス),ナント大学(フランス),コレジュ・ド・フランス(フランス)などと共同研究をしています.

ベンチャー准教授 准教授
ベンチャー ジェンチャン

和田 研究室

研究分野:ロボット、メカトロニクス

移動ロボット  モータ制御  福祉応用

和田研究室 写真
(左から)4輪駆動全方向移動車いす 電気自動車の開発 福祉用ジョイスティック式自動車運転装置の研究 全方向移動ロボット

ロボット技術(RT)の実用化を目指して

コンピュータで電気モータを制御することにより、ロボット、メカトロニクス機器は人間よりも俊敏にそして力強く動作することが可能です。この技術を移動機器に応用することで、人間の移動の支援を行うことができますが、状況認識、制御を誤ると逆に危険な状況を生み出す恐れもあります。和田研究室では車輪型移動ロボットや電動車両の動作制御、あるいは操縦システムの研究開発を行っており、機械設計から制御まで総合的な技術を学ぶことができます。

和田准教授 准教授
和田 正義

子安大士特任助教 特任助教
子安 大士

産業技術総合研究所

http://unit.aist.go.jp/is/jrl

研究分野:ロボティクス

ヒューマノイド  知能システム  知的インタフェース
産業技術総合研究所 写真1
産業技術総合研究所 写真2
(上)フランスCNRSとの国際共同研究,(下)脳インタフェースによるロボット操作
産業技術総合研究所 写真3
ヒューマノイドを利用したサポートウェアの評価

国際共同研究を通じてロボットを賢く

ロボットの自律性の高めるための研究を、ヒューマノイドロボットを主要なプラットフォームに使用し、国際共同研究を通じて進めています。主な研究テーマは、作業や動作の計画と制御、ロボットによる人間動作の再現と機器検証、感覚を統合したインタフェースによる人間・ロボット協調システムなどです。配属先はフランス国立科学研究センター(CNRS)と産業技術総合研究所により設立された国際研究組織 AIST-CNRS ロボット工学連携研究体で、外国人研究者と切磋琢磨して国際感覚を磨きつつ、ロボティクスの先端研究課題に取り組みます。

吉田英一教授

吉田 研究室

研究分野:ロボティクス、ヒューマノイド工学、動作計画

客員教授
吉田 英一

アブデラマン・ケダー教授

ケダー 研究室

研究分野:ロボティクス、人間・ロボットインタラクション、触覚技術

客員教授
ケダー アブデラマン