【論文】 【総説・解説】 【著書】 【発表】

【論文】

H. Mizushina, J. Nakamura, Y. Takaki, and H. Ando, "Super multi-view 3D displays reduce conflict between accommodative and vergence responses," J. Soc. Inf. Display, vol. 24, no. 12, 747-756 (2016).

S.-G. Park, Y. Yamaguchi, J. Nakamura, B. Lee, and Y. Takaki, "Long-range 3D display using a collimated multi-layer display," Opt. Express, vol. 24, no. 20, 23052-23062 (2016).

Y. Takaki and M. Nakaoka, "Scalable screen-size enlargement by multi-channel viewing-zone scanning holography," Opt. Express, vol. 24, no. 16, 18772-18781 (2016).

Y. Takaki and K. Taira, "Speckle regularization and miniaturization of computer-generated holographic stereograms," Opt. Express, vol. 24, no. 6, 6328-6340 (2016).

Y. Yamaguchi and Y. Takaki, "See-through integral imaging display with background occlusion capability," Appl. Opt., vol. 55, no. 3, A144-A149 (2016).

T. Tahara, R. Mori, Y. Arai, and Y. Takaki, "Four-step phase-shifting digital holography simultaneously sensing dual-wavelength information using a monochromatic image sensor," J. Opt., vol. 17, no. 12, 125707 (2015).

Y. Takaki, Y. Matsumoto, and T. Nakajima, "Color image generation for screen-scanning holographic display," Opt. Express, vol. 23, no. 21, 26986-26998 (2015).

T. Tahara, R. Mori, S. Kikunaga, Y. Arai, and Y. Takaki, "Dual-wavelength phase-shifting digital holography selectively extracting wavelength information from wavelength-multiplexed holograms," Opt. Lett., vol. 40, no. 12, 2810-2813 (2015).

Y. Takaki and Y. Yamaguchi, "Flat-panel see-through three-dimensional display based on integral imaging," Opt. Lett., vol. 40, no. 8, 1873-1876 (2015).

Y. Takaki, "Super multi-view and holographic displays using MEMS devices," Displays, vol. 37, 19-24 (2015).

T. Inoue and Y. Takaki, "Table screen 360-degree holographic display using circular viewing-zone scanning," Opt. Express, vol. 23, no. 5, 6533-6542 (2015).

Y. Takaki and K. Fujii, "Viewing-zone scanning holographic display using a MEMS spatial light modulator," Opt. Express, vol. 22, no. 20, 24713-24721 (2014).

Y. Matsumoto and Y. Takaki, "Improvement of gray-scale representation of horizontally scanning holographic display using error diffusion," Opt. Lett., vol. 39, no. 12, 3433-3436 (2014).

Y. Takaki and J. Nakamura, "Generation of 360-degree color three-dimensional images using a small array of high-speed projectors to provide multiple vertical viewpoints," Opt. Express, vol. 22, no. 7, 8779-8789 (2014).

Y. Takaki, M. Tokoro, and K. Hirabayashi, "Tiled large-screen three-dimensional display consisting of frameless multi-view display modules," Opt. Express, vol. 22, no. 6, 6210-6221 (2014).

[Invited Paper] Y. Takaki, "Development of Super Multi-View Displays," ITE Trans. MTA, vol. 2, no. 1, 8-14 (2014).

Y. Takaki and K. Ikeda, "Simplified calculation method for computer-generated holographic stereograms from multi-view images," Opt. Express, vol. 21, no. 8, 9652-9663 (2013).

H. Nishio and Y. Takaki, "Development of super-multiview head-up display and evaluation of motion parallax smoothness," Proc. SPIE, vol. 8648, 86481S (2013).

J. Nakamura, K. Tanaka, and Y. Takaki, "Accommodation responses to horizontal-parallax-only super multi-view display," Proc. SPIE, vol. 8648, 864818 (2013).

K. Hirabayashi, H. Takenaka, O. Konuma, Y. Morimoto, and Y. Takaki, "Multi-view display module using MEMS projectors for an ultra-large screen autostereoscopic display," Proc. SPIE, vol. 8648, 86480H (2013).

K. Ikeda and Y. Takaki, "Calculation technique for a holographic stereogram generation from multi-view images," Proc. SPIE, vol. 8644, 86440G (2013).

T. Kurihara and Y. Takaki, "Using electronic holography to generate speckle-free and shaded reconstructed images," Proc. SPIE, vol. 8644, 86440E (2013).

T. Kurihara and Y. Takaki, "Speckle-free, shaded 3D images produced by computer-generated holography," Opt. Express, vol. 21, no. 4, 4044-4054 (2013).

J. Nakamura, K. Tanaka, and Y. Takaki, "Increase in Depth of Field of Eyes Using Reduced-View Super Multi-View Displays," Appl. Phys. Express, vol. 6, no. 2, 022501-1-022501-3 (2013).

Y. Takaki, H. Takenaka, Y. Morimoto, O. Konuma, and K. Hirabayashi, "Multi-view display module employing MEMS projector array," Opt. Express, vol. 20, no. 27, 28257-28266 (2012).

Y. Takaki, Y. Urano, and H. Nishio, "Motion-parallax smoothness of short-, medium-, and long-distance 3D image presentation using multi-view displays," Opt. Express, vol. 20, no. 24, 27180-27197 (2012).

M. Yokouchi and Y. Takaki, "Measurements of accommodation responses to horizontally scanning holographic display," Proc. SPIE, vol. 8281, 828108 (2012).

T. Kurihara and Y. Takaki, "Shading of holographic reconstructed image by two-dimensional amplitude modulation of zone plates," Proc. SPIE, vol. 8281, 82810H (2012).

S. Uchida and Y. Takaki, "360-degree three-dimensional table-screen display using small array of high-speed projectors," Proc. SPIE, vol. 8288, 82880D (2012).

J. Nakamura, T. Takahashi, and Y. Takaki, "Enlargement of viewing freedom of reduced-view SMV display," Proc. SPIE, vol. 8288, 82881S (2012).

Y. Takaki and S. Uchida, "Table screen 360-degree three-dimensional display using a small array of high-speed projectors," Opt. Express, vol. 20, no. 8, 8848-8861 (2012).

J. Nakamura, T. Takahashi, C.-W. Chen, Y.-P. Huang, and Y. Takaki, "Analysis of longitudinal viewing freedom of reduced-view super multi-view display and increased longitudinal viewing freedom using eye-tracking technique," J. Soc. Inf. Display, vol. 20, no. 4, 228-234 (2012).

Y. Takaki and M. Yokouchi, "Accommodation measurements of horizontally scanning holographic display," Opt. Express, vol. 20, no. 4, 3918-3931 (2012).

T. Kurihara and Y. Takaki, "Shading of a computer-generated hologram by zone plate modulation," Opt. Express, vol. 20, no. 4, 3529-3540 (2012).

T. Kurihara and Y. Takaki, "Improving viewing region of 4f optical system for holographic displays," Opt. Express, vol. 19, no. 18, 17621-17631 (2011).

Y. Takaki and J. Nakamura, "Zone plate method for electronic holographic display using resolution redistribution technique," Opt. Express, vol. 19, no. 15, 14707-14719 (2011).

J. Nakamura, K. Kozako, and Y. Takaki, "Evaluation of jerkiness of moving three-dimensional images produced by high-density directional display," J. Soc. Inf. Display, vol. 19, no. 6, 423-430 (2011).

M. Yokouchi, T. Kurihara, and Y. Takaki, "Speckle reduction in holography: a using time-multiplexing technique," Proc. SPIE, vol. 7957, 79570F1-6 (2011).

J. Nakamura, K. Tanaka, C.-H. Tsai, and Y. Takaki, "Reduced-view super multi-view display," Proc. SPIE, vol. 7863, 78631P1-8 (2011).

Y. Takaki and M. Yokouchi, "Speckle-free and grayscale hologram reconstruction using time-multiplexing technique," Opt. Express, vol. 19, no. 8, 7567-7579 (2011).

Y. Urano, S. Kashiwada, H. Ando, K. Nakamura, and Y. Takaki, "Super-multiview windshield display for driving assistance," J. Inf. Display, vol. 12, no. 1, 43-46 (2011).

Y. Takaki, K. Tanaka, and J. Nakamura, "Super multi-view display with a lower resolution flat-panel display," Opt. Express, vol. 19, no. 5, 4129-4139 (2011).

Y. Takaki, Y. Urano, S. Kashiwada, H. Ando, and K. Nakamura, "Super multi-view windshield display for long-distance image information presentation," Opt. Express, vol. 19, no. 2, 704-716 (2011).

Y. Takaki, M. Yokouchi, and N. Okada, "Improvement of grayscale representation of the horizontally scanning holographic display," Opt. Express, vol. 18, no. 24, 24926-24936 (2010).

M. Tsuboi, S. Kimura, Y. Takaki, and T. Horikoshi, "Design conditions for attractive reality in mobile-type 3-D display," J. Soc. Inf. Display, vol. 18, no. 9, 698-703 (2010).

Y. Takaki, "Multi-view 3-D display employing a flat-panel display with slanted pixel arrangement," J. Soc. Inf. Display, vol. 18, no. 7, 476-482 (2010).

Y. Takaki and N. Okada: "Reduction of image blurring of horizontally scanning holographic display," Opt. Express, vol. 18 no. 11, 11327-11334 (2010).

Y. Takaki and Y. Tanemoto, "Modified resolution redistribution system for frameless hologram display module," Opt. Express, vol. 18, no. 10, 10294-10300 (2010).

Y. Takaki and N. Nago, "Multi-projection of lenticular displays to construct a 256-view super multi-view display," Opt. Express, vol. 18, no. 8, 8824-8835 (2010).

Y. Takaki and Y. Tanemoto, "Frameless hologram display module employing resolution redistribution optical system," Proc. SPIE, vol. 7619, 7619S1-8 (2010).

N. Nago, Y. Shinozaki, and Y. Takaki, "SMV256: super multiview display with 256 viewpoints using multiple projections of lenticular displays," Proc. SPIE, vol. 7524, 75241S1-8 (2010).

Y. Takaki and Y. Tanemoto, "Band-limited zone plates for single-sideband holography," Appl. Opt., vol. 48, no. 34, H64-H70 (2009).

金箱 翼,高木康博,"時間多重表示モジュールを用いた高密度指向性立体ディスプレイ",映像情報メディア学会誌,vol. 63,no. 8,1133-1138 (2009).

Y. Takaki and N. Okada, "Hologram generation by horizontal scanning of a high-speed SLM," Appl. Opt., vol. 48, no. 19, 3255-3260 (2009).

N. Okada and Y. Takaki, "Horizontally scanning holography to enlarge both image size and viewing zone angle", Proc. SPIE, vol. 7233, 723309-1-8 (2009).

Y. Takaki, "Super multi-view display with 128 viewpoints and viewpoint formation," Proc. SPIE, vol. 7237(2009).

Y. Takaki, O. Yokoyama, G. Hamagishi, "Flat panel display with slanted pixel arrangement for 16-view display," Proc. SPIE, vol. 7237, 08-1-8 (2009).

林 勇樹,高木康博,"解像度変換光学系を用いたホログラムの共役像除去,映像情報メディア学会誌",vol. 62,no. 11,1852-1857 (2008).

Y. Takaki and Y. Hayashi, "Elimination of Conjugate Image for Holograms Using a Resolution Redistribution Optical System," Appl. Opt., vol. 47, no. 24, 4302-4308 (2008).

Y. Takaki and Y. Hayashi, "Increased horizontal viewing zone angle of a hologram by resolution redistribution of a spatial light modulator," Appl. Opt., vol. 47, no 19, D6-D11 (2008).

S. Sakamoto, and Y. Takaki, "Three-Dimensional Print Using One-Dimensional Screen Technique," Jpn. J. Appl. Phys., vol. 47, no. 7, 5486-5492 (2008).

林 勇樹,高木康博,"擬似高解像度化によるホログラムの水平視域角拡大",映像情報メディア学会誌,vol. 62,no. 4,545-549 (2008).

Y. Hayashi and Y. Takaki, "Horizontal resolution enhanced hologram to increase horizontal viewing angle", Proc. SPIE, vol. 6912, p. 69120I-1- 8 (2008).

T. Kanebako and Y. Takaki, "Time-multiplexing display module for high-density directional display," Proc. SPIE, vol. 6803, p. 68030P-1-8 (2008).

大力孟司,畑田豊彦,高木康博,"VGA解像度72指向性ディスプレイによる質感表現",映像情報メディア学会誌,vol. 61,no. 12,1795-1802 (2007).

S. Sakamoto, Y. Takaki, "Elimination of flipped image and enhancement of viewing angle for lenticular 3D display," Proc. SPIE, vol. 6778, 67780D-1-8 (2007).

K. Kikuta and Y. Takaki, "Development of SVGA resolution 128-directional display", Proc. SPIE, vol. 6490, 64900U-1-8 (2007).

渡部正行,名手久貴,高木康博,"高密度指向性3次元表示による運動視差が物体の奥行き知覚に与える効果",映像情報メディア学会誌,vol. 60,no. 12,p. 1956-1963 (2006).

Y. Nakada, K. Ninomiya and Y. Takaki, "Fast Nanoimprint Thermal Lithography Using a Heated High-Aspect Ratio Mold," Jpn. J. Appl. Phys., vol. 45, no. 46, L1241-L1243 (2006).

J. Ouchi, H. Kamei, K. Kikuta, and Y. Takaki, "Development of 128-directional 3D display System," Proc. SPIE, vol. 6392, 63920I-1-8 (2006).

榛葉敏彦,高木康博,"大画面3次元ディスプレイを構成する3次元ピクセルモジュールの開発",映像情報メディア学会誌,vol. 60,no. 6,920-927 (2006).

Y. Takaki, "High-Density Directional Display for Generating Natural Three-Dimensional Images," Proceeding of the IEEE, vol. 94, no. 3, 654-663 (2006).

吉川博志,高木康博,"平行配置カメラアレイと奥行き推定を用いた高密度指向性画像生成用3次元カメラ",映像情報メディア学会誌,vol. 60,no. 2,210-218 (2006).

T. Dairiki and Y. Takaki, "Three-dimensional sprites for lenticular-type three-dimensional display," Proc. SPIE, vol. 6055, 60551H-1-8 (2006).

Y. Takaki and T. Dairiki, "72-directional display having VGA resolution for high-appearance image generation," Proc. SPIE, vol. 6055, 60550X-1-8 (2006).

H. Hanuma, Y. Takaki, "Three-dimensional camera capturing 360° directional image for natural three-dimensional display," Proc. SPIE, vol. 6016, 60160H1-60160H8 (2005).

Y. Takaki, "Thin-type natural three-dimensional display with 72 directional images," Proc. SPIE, vol. 5664, 56-63 (2005).

H. Nakanuma, H. Kamei, and Y. Takaki, "Natural 3D display with 128 directional images used for human-engineering evaluation," Proc. SPIE, vol. 5664, 28-35 (2005).

T. Hashiba and Y. Takaki, "Development of a 3D pixel module for an ultralarge screen 3D display," Proc. SPIE, vol. 5599, 24-32 (2004).

K. Kudo and Y Takaki, "Three-dimensional interactive processor which processes 64 directional images," Proc. SPIE, vol. 5599, 16-23 (2004).

名手久貴,福冨武史,高木康博,"指向性画像を水平方向へ高密度表示した3次元画像に対する調節応答の異方性" ,映像情報メディア学会誌,vol. 58,no. 9,1263-1270 (2004).

吉川博志,高木康博,"高密度指向性画像を生成する3次元カメラの基礎実験" ,映像情報メディア学会誌,vol. 58,no. 1,75-81 (2004).

福冨武史,名手久貴,高木康博,"高密度指向性画像で表示した3次元画像における調節応答",映像情報メディア学会誌,vol. 58,no. 1,69-74 (2004).

H. Yoshikawa and Y. Takaki, "Depth tolerance of simple interpolation methods for 3D camera used for natural 3D display," Proc. SPIE, vol. 5243, 165-171 (2003).

Y. Takaki, "Improvement of multiple imaging system used for natural 3D display which generates high-density directional images," Proc. SPIE, vol. 5243, 42-49 (2003).

Y. Takaki, "Next-generation 3D display and related 3D technologies," Technical Digest of Optics in Computing (Washington D.C., U.S.A.), p. 166-169 (2003).

Y. Takaki, "A Novel 3D Display Using an Array of LCD Panels," Proc. SPIE, vol. 5003, 1-7 (2003).

高木康博,"変形2次元配置した多重テレセントリック光学系を用いた3次元ディスプレイ" ,映像情報メディア学会誌,vol. 57,no. 2,293-300 (2003).

【総説・解説】

高木康博,"ホログラフィックディスプレイの現状と課題",レーザー研究,vol. 44,no. 7,413-417 (2016).

高木康博,"メガネ式・裸眼式の立体ディスプレイ",メディカル&イメージング,no. 4,15-22 (2016).

水科晴樹,高木康博,安藤広志,"超多眼表示と人の視覚機能(特集 裸眼立体表示技術)",映像情報メディア学会誌,vol. 68,no. 11,850-854 (2014).

田原 樹,新井泰彦,高木康博,"波長情報と選択的抽出可能な位相シフトディジタルホログラフィ",O plus E,vol. 36,no. 5,533-537 (2014).

高木康博,"立体ディスプレイの基礎(講座 ディスプレイの基礎)",映像情報メディア学会誌,vol. 67,no. 11,966-971 (2013).

高木康博,"3Dディスプレイ技術の動向と展望(特集「ディスプレイと照明の展望」)",月刊ディスプレイ,vol. 19,no. 7,10-14 (2013年7月号) (2013).

【焦点(巻頭解説)】高木康博,"光技術と3D",光技術コンタクト,vol. 50,no. 9,1-3 (2012).

高木康博,"裸眼立体表示の基礎(特集「注目の裸眼3D技術」)",オプトロニクス,vol. 31,no. 2,68-71 (2012).

高木康博,"多眼式・超多眼式3D技術(講座 誰にでもわかる3D 第7回)",映像情報メディア学会誌,vol. 65,no. 7,933-939 (2011).

高木康博,"裸眼3Dディスプレイ(講座 誰にでもわかる3D 第5回)",映像情報メディア学会誌,vol. 65,no. 5,654-659 (2011).

高木康博,"立体映像(特集 超臨場感技術)",映像情報メディア学会誌,vol. 65,no. 5,593-597 (2011).

【フォーカス(巻頭言)】高木康博,"光学と立体テレビ",映像情報メディア学会誌,vol. 65,no. 4,巻頭 (2011).

高木康博,"自然な立体ディスプレイ(特集「超臨場感コミュニケーションの近未来像」)",電子情報通信学会会誌,vol. 93,no. 5,372-376 (2010).

高木康博,"3Dディスプレイにおける質感再現(特集「視覚における質感の科学」)",光学,vol. 38,no. 11,571-575 (2009).

高木康博,"立体映像(特集「超臨場感コミュニケーションシステムの実現を目指して」)",電気学会誌,vol. 129,no. 8,534-537 (2009).

高木康博,"自然な立体ディスプレイの研究開発動向",液晶(日本液晶学会誌),vol. 13,no. 3,202-208 (2009).

高木康博,"将来の立体ディスプレイ:自然な立体ディスプレイの研究開発動向",未来材料,vol. 9,no. 2,30-36 (2009).

高木康博,"新 3D ディスプレイの光学設計",月刊ディスプレイ,vol. 14,no. 10,57-62 (2008).

高木康博,"超多眼方式",O plus E,vol. 30,no. 7,703-707 (2008).

高木康博,"自然な立体ディスプレイの研究開発",光アライアンス,vol. 19,no. 6,17-21 (2008).

高木康博,"知っておきたいキーワード ホログラフィ",映像情報メディア学会誌,vol. 61,no. 12,1722-1724 (2007).

高木康博,"高密度指向性表示による自然な立体表示",電気学会誌,vol. 127,no. 9,585-587 (2007).

高木康博,"指向性表示による立体ディスプレイ",レーザー研究,vol. 35,no. 1,6-10 (2007).

高木康博,"立体映像とフラットパネル型立体表示技術",光学,vol. 35,no. 8,400-409 (2006).

高木康博,"将来の3次元ディスプレイと人のビジョン",映像情報メディア学会誌,vol. 60,no. 10,1566-1573 (2006).

高木康博,"指向性表示を用いた自然な3次元ディスプレイの開発",光アライアンス,vol. 16,no. 6,13-17 (2005).

高木康博,"指向性表示による高臨場感三次元ディスプレイ",オプトロニクス,vol. 24,no. 5,112-116 (2005).

高木康博,"人に優しい次世代三次元ディスプレイの人間工学的評価",月刊ディスプレイ,vol. 11,no. 4,75-82 (2005).

高木康博,"自然な運動視差を有する高臨場感三次元ディスプレイ",電気学会誌,vol. 124,no. 3,153-155 (2004).

高木康博,"3D表示技術の最新動向",日本画像学会誌,vol. 42,no. 4,371-375 (2003).

高木康博,"高密度指向性画像表示による次世代三次元ディスプレイ",画像ラボ,vol. 14,no. 7,10-14 (2003).

高木康博,"人に優しい次世代三次元ディスプレイの開発",月刊ディスプレイ,vol. 9,no. 5,17-22 (2003).

【著書】

高木康博,ディスプレイ技術年鑑2012 ―有機EL、電子ペーパーからタッチ・パネルまで―,"3Dディスプレイ技術:裸眼からホログラフィまで",146-159,日経BP社,2011年.

高木康博,ディスプレイ技術年鑑2011 ―2020年の表示技術を展望―,"3Dディスプレイ技術の将来",114-126,日経BP社,2010年.

高木康博,超臨場感システム,映像情報メディア学会編,原島博監修,98-103, オーム社,2010年.

高木康博,ディスプレイ技術年鑑2010 ―表示技術の次を探る―,"3Dディスプレイ技術の現状と将来",122-135,日経BP社,2009年.

高木康博,立体視テクノロジー―次世代立体表示技術の最前線―,200-221,エヌ・ティー・エス,2008年.

高木康博,立体映像技術―空間表現メディアの最新動向―,本田捷夫監修,超多眼表示,シーエムシー出版,16-21,2008年.

高木康博,ホログラフィー材料・応用便覧,辻内順平監修,ホログラフィックマッチトフィルタによる光論理演算,エヌ・ティー・エス,2007年.

大頭 仁,高木康博,基礎光学,テレビジョン学会教科書シリーズ,コロナ社,2000年.

【発表】

Y. Takaki, "Hologram calculation technique for viewing-zone scanning holographic display employing MEMS SLM," Optics + Optoelectronics 2017, Prague, Czech Republic, Apr. 2017.

[INVITED] 高木康博,"立体ディスプレイに関する技術動向",2017年電子情報通信学会総合大会,名城大,2017年3月.

山口祐太,高木康博,"フラットパネル型立体シースルーディスプレイの背景結像特性の改善",第64回応用物理学会春季学術講演会,横浜,2017年3月.

石井拳,高木康博,"2チャンネル視域走査型超多眼ディスプレイの設計",映像情報メディア学会立体映像技術研究会,東京農工大,2017年3月.

平健吾,高木康博,"計算機ホログラフィックステレオグラムにおけるデプス画像導入による画質向上",映像情報メディア学会立体映像技術研究会,東京農工大,2017年3月.

森下康徳,福井智也,高木康博,"硬性内視鏡のローコストな立体化を可能にするステレオカメラユニットの研究",映像情報メディア学会立体映像技術研究会,東京農工大,2017年3月.

篠原慎平,高木康博,"超多眼ヘッドアップディスプレイにおける奥行き知覚精度と時間特性",映像情報メディア学会冬季大会,東京理科大,2016年12月.

[INVITED] Y. Takaki, "Three-Dimensional Head-Up Display for Automobiles Using Super Multi-View Display," The 23rd International Display Workshops (IDW '16), Fukuoka, Japan, Dec. 2016.

Y. Matsumoto and Y. Takaki, "Generation of Color Three-Dimensional Images by Viewing-Zone Scanning Holographic Display," International Conference on 3D Systems and Applications (3DSA2016), Fukuoka, Japan, Dec. 2016.

森下康徳,高木康博,"低コストな立体内視鏡システムの提案",第25回日本コンピュータ外科学会大会,東京工科大,2016年11月.

石井拳,高木康博,"2チャンネル視域走査型超多眼ディスプレイの構成方法の提案",映像情報メディア学会立体映像技術研究会,東京NHK技研,2016年11月.

今村俊貴,井上達晶,高木康博,"レーザー光を用いたホログラム栽培における位相ホログラムの最適設計",Optics & Photonics Japan (OPJ) 2016,東京 筑波大,2016年10月.

S.-G. Park and Y. Takaki, "Compensation of aberrations for collimated multi-layer displays," OSJ-OSA Joint Symposia 2016, Tokyo, Japan, Oct. 2016.

[INVITED] Y. Takaki, "Development of scanning holographic display using MEMS SLM," Photonics Asia 2016, Beijing, China, Oct. 2016.

T. Tahara, K. Omae, R. Otani, Y. Arai, and Y. Takaki, "Relationship between the image quality and constant phase shifts in phase-shifting interferometry selectively extracting wavelength information," JSAP-OSA Joint Symposia 2016, Niigata, Japan, Sep. 2016.

Y. Takaki and N. Fujimoto, "Maxwellian-view Display Using Computer Generated Hologram," JSAP-OSA Joint Symposia 2016, Niigata, Japan, Sep. 2016.

[INVITED] S.-G. Park and Y. Takaki, "Long-Range 3D Imagery by Depth-fused Displays," The 16th International Meeting on Information Display (IMID 2016), Jeju, Korea, Aug. 2016.

T. Tahara, R. Otani, Y. Arai, and Y. Takaki, "Multiwavelength Digital Holography Based on Phase-division Multiplexing Using Arbitrary Symmetric Phase Shifts," Digital Holography and Three-Dimensional Imaging 2016, Heidelberg, Germany, July 2016.

S.-G. Park, Y. Yamaguchi, J. Nakamura, B. Lee, and Y. Takaki, "Depth-fused Display for Expression of Objects with Large Depth Range," Digital Holography and Three-Dimensional Imaging 2016, Heidelberg, Germany, July 2016.

Y. Yamaguchi and Y. Takaki, "See-through Integral Imaging Display with Vision Enhancement Capability," Digital Holography and Three-Dimensional Imaging 2016, Heidelberg, Germany, July 2016.

M. Nakaoka and Y. Takaki, "Multi-channel viewing-zone scanning holographic display," Digital Holography and Three-Dimensional Imaging 2016, Heidelberg, Germany, July 2016.

中岡美月,高木康博,"視域走査型ホログラフィックディスプレイのマルチチャンネル化",3次元画像コンファレンス2016,大阪,2016年7月.

榎本圭佑,高木康博,"ホログラムを用いたマクスウェル視ディスプレイの小型化",3次元画像コンファレンス2016,大阪,2016年7月.

山口祐太,高木康博,"視覚補助機能を有する立体シースルーディスプレイの提案",3次元画像コンファレンス2016,大阪,2016年7月.

田原樹,大前快人,大谷礼雄,新井泰彦,高木康博,"位相分割多重方式に基づくマルチカラーディジタルホログラフィ",3次元画像コンファレンス2016,大阪,2016年7月.

井上達晶,松本祐二,高木康博,"半導体レーザーと位相型ホログラムを用いた植物栽培の提案",第63回応用物理学会春季学術講演会,東工大,2016年3月.

高木純希,石井拳,高木康博,"フルパララックス型超多眼表示に対する調節応答の測定",映像情報メディア学会立体映像技術研究会,東京農工大,2016年3月.

伊藤悠介,高木康博,"アイトラッキングを導入したホログラムを用いた視覚支援用マクスウェル視光学系",映像情報メディア学会立体映像技術研究会,東京農工大,2016年3月.

K. Taira and Y. Takaki, "Invisibilization of speckles for computer-generated holographic stereogram-based on multi-view display," Photonics West 2016, Practical Holography XXX: Materials and Applications, San Francisco, California, USA, Feb. 2016.

[INVITED] Y. Takaki, "See-Through Three-Dimensional Displays with Motion Parallax for Precise Image Superposition," The 22nd International Display Workshops (IDW '15), Otsu, Japan, Dec. 2015.

[INVITED] Y. Takaki, "Development of Scanning Holographic Displays," International Workshop on Holography and Related Technologies (IWH 2015), Okinawa, Japan, Dec. 2015.

[KEYNOTE SPEECH] Y. Takaki, "Challenges for next-generation 3D displays," International Optics Convergence Technology Conference 2015, Gwangju, Korea, Oct. 2015.

松本祐二,高木康博,杉原敏昭,岩崎泰永,梅田大樹,"レーザーを用いた栽培光の適応型配光制御の提案と開発",園芸学会平成27年度秋季大会,徳島大,2015年9月.

井上達晶,高木康博,"全周立体ホログラフィックディスプレイにおける回転スクリーンの改良",ホログラフィックディスプレイ研究会(平成27年第3回),千葉 日大,2015年9月.

[INVITED] Y. Takaki, "Horizontally Scanning Holographic Displays," The 15th International Meeting on Information Display (IMID 2015), Daegu, Korea, Aug. 2015.

平健吾,高木康博,"多眼表示に基づく計算機合成ホログラフィックステレオグラムにおけるスペックル低減",3次元画像コンファレンス2015,東京,2015年7月.

田原樹,森亮太,新井泰彦,高木康博,"波長情報を選択的抽出可能な位相シフトディジタルホログラフィの実証",3次元画像コンファレンス2015,東京,2015年7月.

藤井啓介,高木康博,"視域走査型ホログラフィーのカラー化",3次元画像コンファレンス2015,東京,2015年7月.

山口祐太,高木康博,"透過型インテグラルメージディスプレイにおける背景遮蔽の実現",3次元画像コンファレンス2015,東京,2015年7月.

[INVITED] Y. Takaki, "Scanning holographic displays using MEMS SLM," Collaborative Conference on 3D & Materials Research 2015, Busan, Korea, June 2015.

Y. Yamaguchi and Y. Takaki, "See-through Integral Imaging Display with Background Occlusion Capability," Digital Holography and Three-Dimensional Imaging 2015, Shanghai, China, May 2015.

T. Inoue and Y. Takaki, "360-degree Three-dimensional Image Generation by Table Screen Holographic Display," Digital Holography and Three-Dimensional Imaging 2015, Shanghai, China, May 2015.

[INVITED] Y. Takaki, "Natural 3D displays using super multi-view and holographic techniques," Optical Instrument & Technology 2015, Beijing, China, May 2015.

中島竜海,高木康博,"水平走査型カラーホログラフィーに適した誤差拡散法",第62回応用物理学会春季学術講演会,神奈川 東海大,2015年3月.

井上達晶,高木康博,"視域走査型全周立体ホログラム表示に用いるホログラム計算法",第62回応用物理学会春季学術講演会,神奈川 東海大,2015年3月.

平山翔,高木康博,"少数高速プロジェクタアレイによるテーブル型全周立体ディスプレイにおける光線状態が立体像に与える影響",映像情報メディア学会立体映像技術研究会,東京農工大,2015年3月.

篠原慎平,高木康博,"立体像の重畳表示を用いた三次元形状計測",映像情報メディア学会冬季大会,東京理科大,2014年12月.

所真之,高木康博,"枠なし多眼表示モジュールにおける奥行きによる視点数制御を用いたぼけの低減",映像情報メディア学会冬季大会,東京理科大,2014年12月.

山口祐太,高木康博,"透過型インテグラルイメージングディスプレイの提案",映像情報メディア学会冬季大会,東京理科大,2014年12月.

高木康博,伊藤悠介,"ホログラフィーを用いた視覚補助のためのマクスウェル視光学系の提案",第40回感覚代行シンポジウム,東京,2014年12月.

S. Shinohara and Y. Takaki, "3D Image Superposition for Flexible 3D Shape Measurements," The 21st International Display Workshops (IDW2014), Niigata, Japan, Dec. 2014.

Y. Yamaguchi and Y. Takaki, "Transparent Flat-Panel Integral Imaging Display," The 21st International Display Workshops (IDW2014), Niigata, Japan, Dec. 2014.

和田高緒,高木康博,"Wide Depth Range超多眼ディスプレイへの垂直視差の導入",映像情報メディア学会立体映像技術研究会,東京NHK技研,2014年10月.

[KEYNOTE SPEECH] Y. Takaki, "Super multi-view displays and its applications," Global 3D Tech Forum 2014, Seoul, Korea, Oct. 2014.

[INVITED] 高木康博,"光線再生による視覚疲労のない立体表示の研究",映像情報メディア学会シンポジウム「光線科学による次世代映像技術の体系化」,東京,2014年9月.

井上達晶,藤井啓介,高木康博,"視域走査によるテーブル型全周立体ホログラム表示の実現",第75回応用物理学会秋季学術講演会,北大,2014年9月.

[INVITED] Y. Takaki, "Accommodation Responses to Holographic and Super Multi-View Displays," The 14th International Meeting on Information Display (IMID 2014), Daegu, Korea, Aug. 2014.

[INVITED] 高木康博,"等身大の裸眼3D映像技術",第132回微小光学研究会,東京,2014年7月.

T. Tahara, S. Kikunaga, Y. Arai, and Y. Takaki, "Phase-shifting interferometry capable of selectively extracting multiple wavelength information and its applications to sequential and parallel phase-shifting digital holography," Digital Holography and Three-Dimensional Imaging 2014, Seattle, Washington, USA, July 2014.

K. Fujii and Y. Takaki, "Viewing-zone scanning-type horizontally scanning holography," Digital Holography and Three-Dimensional Imaging 2014, Seattle, Washington, USA, July 2014.

高木純希,戸田祐貴,高木康博,"水平走査型超多眼ディスプレイのフルパララックス化",3次元画像コンファレンス2014,東京,2014年7月.

伊藤悠介,高木康博,"計算機ホログラムを用いたマクスウェル視の電子的な実現",3次元画像コンファレンス2014,東京,2014年7月.

藤井啓介,高木康博,"MEMS空間光変調器を用いた視域走査型ホログラフィックディスプレイ",3次元画像コンファレンス2014,東京,2014年7月.

所真之,高木康博,"大画面裸眼立体表示を実現する枠なし表示モジュールの歪み補正",映像情報メディア学会立体映像技術研究会,東京 機械振興会館,2014年6月.

Y. Matsumoto and Y. Takaki, "Grayscale 3D Image Generation by Horizontally Scanning Holographic Display Using Error Diffusion," International Conference on 3D Systems and Applications (3DSA2014), Seoul, Korea, May 2014.

[INVITED] Y. Takaki, "Generation of three-dimensional color images by a horizontally scanning holographic display," Three-Dimensional Imaging, Visualization, and Display (SPIE DSS 2014), Baltimore, Maryland, USA, May 2014.

伊藤悠介,高木康博,"コンボリューション法を用いた水平視差型ホログラムの共役像除去",第61回応用物理学会春季学術講演会,神奈川 青山学院大,2014年3月.

中島竜海,高木康博,"水平走査型ホログラフィーにおける色再現性の向上",第61回応用物理学会春季学術講演会,神奈川 青山学院大,2014年3月.

西尾博之,高木康博,"多眼立体映像を用いた距離測定の試み",日本機械学会関東支部第20期総会・講演会,東京農工大,2014年3月.

[INVITED] 所真之,平林賢治,高木康博,"多眼表示モジュールのタイリングによる等身大裸眼立体表示",ホログラフィックディスプレイ研究会(平成26年第2回),東京農工大,2014年3月.

[INVITED] 高木康博,"電子ホログラフィーと超多眼表示の研究動向",ホログラフィックディスプレイ研究会(平成26年第2回),東京農工大,2014年3月.

高橋俊樹,高木康博,"少数高速プロジェクタアレイを用いた全周立体ディスプレイにおけるビットプレーン分解を利用した階調表現",映像情報メディア学会立体映像技術研究会,東京農工大,2014年3月.

平山翔,高木康博,"少数高速プロジェクタアレイを用いた全周立体ディスプレイにおける異なる光線状態での立体表示",映像情報メディア学会立体映像技術研究会,東京農工大,2014年3月.

J. Nakamura and Y. Takaki, "Investigation of retinal images and accommodation responses for super multi-view display," IS&T/SPIE Electronic Imaging, Stereoscopic Displays and Applications XXV, San Francisco, California, USA, Feb. 2014.

K. Ikeda and Y. Takaki, "Improvements of simplified generation technique for holographic stereograms from multi-view images," Photonics West 2014, Practical Holography XXVIII: Materials and Applications, San Francisco, California, USA, Feb. 2014.

Y. Takaki and J. Nakamura, "Vertical parallax added tabletop-type 360-degee three-dimensional display," IS&T/SPIE Electronic Imaging, Stereoscopic Displays and Applications XXV, San Francisco, California, USA, Feb. 2014.

K. Hirabayashi, M. Tokoro, and Y. Takaki, "Frameless multiview display modules employing flat-panel displays for a large-screen autostereoscopic display," IS&T/SPIE Electronic Imaging, Stereoscopic Displays and Applications XXV, San Francisco, California, USA, Feb. 2014.

Y. Toda, J. Takagi, and Y. Takaki, "Super Multi-View Display with 1-mm-pitch Viewpoints and Accommodation Measurements," the 20th International Display Workshops (IDW2013), Sapporo, Japan, Dec. 2013.

戸田祐貴,高木純希,高木康博,"視域走査型超多眼ディスプレイによる柔軟な視点形成制御",映像情報メディア学会立体映像技術研究会,東京NHK技研,2013年10月.

和田高緒,高木康博,"Wide Depth Range超多眼ディスプレイにおける視点間隔と奥行き表示範囲の拡大の関係",映像情報メディア学会立体映像技術研究会,東京NHK技研,2013年10月.

池田恭平,高木康博,"多眼表示に基づく計算機合成ホログラフィックステレオグラムの改良",映像情報メディア学会立体映像技術研究会,千葉 日大,2013年9月.

松本祐二,高木康博,"水平走査型ホログラフィーへの誤差拡散法の適用",映像情報メディア学会立体映像技術研究会,千葉 日大,2013年9月.

[INVITED] Y. Takaki, "Electronic Holography Techniques to Enlarge Image Size and Viewing Zone," International Display Manufacturing Conference (IDMC'13), Taipei, Taiwan, Aug. 2013.

和田高緒,中村淳也,高木康博,"複数の超多眼ディスプレイを用いた奥行き方向の空間再現性の向上",3次元画像コンファレンス2013,東京,2013年7月.

平林賢治,高木康博,"タイリング型超大画面裸眼立体ディスプレイ",3次元画像コンファレンス2013,東京,2013年7月.

中村淳也,内田茂樹,高木康博,"少数高速プロジェクタアレイによるテーブル型全周立体ディスプレイにおける垂直視差の実現",3次元画像コンファレンス2013,東京,2013年7月.

中島竜海,高木康博,"水平走査型カラーホログラフィーにおける混色性の向上",3次元画像コンファレンス2013,東京,2013年7月.

H. Mizushina, J. Nakamura, Y. Takaki, and H. Ando, "Vergence and Accommodation Responses to Super Multi-View Display," International Conference on 3D Systems and Applications (3DSA2013), Osaka, Japan, June 2013.

T. Wada, J. Nakamura, and Y. Takaki, "Wide Depth Reproduction Using Multiple Super Multi-View Displays," International Conference on 3D Systems and Applications (3DSA2013), Osaka, Japan, June 2013.

[INVITED] 高木康博,"水平走査型ホログラフィーとホログラフィック表示モジュール",第2回3DDD (3D Displays and Devices) 研究会,東京NHK技研,2013年6月.

中村淳也,高木康博,"水平視差型超多眼ディスプレイに対する調節応答と網膜像評価",映像情報メディア学会立体映像技術研究会,大阪 中央電気倶楽部,2013年6月.

T. Nakajima, Y. Matsumoto, and Y. Takaki, "Color Image Generation by Horizontally Scanning Holography," Digital Holography and Three-Dimensional Imaging 2013, Kohala Coast, Hawaii, USA, Apr. 2013.

田中章斗,池田恭平,高木康博,黒川隆志,"フラットパネル型立体テレビのためのホログラムチップの実験的検討",第60回応用物理学会春季学術講演会,神奈川工科大,2013年3月.

戸田祐貴,上田達也,高木康博,"スクリーン走査型超多眼ディスプレイの階調表現性の向上",映像情報メディア学会立体映像技術研究会,東京農工大,2013年3月.

[INVITED] 高木康博,"超多眼とホログラフィーの最近の研究動向",映像情報メディア学会立体映像技術研究会,東京農工大,2013年3月.

H. Nishio and Y. Takaki, "Development of super multi-view head-up display and evaluation of motion parallax smoothness," IS&T/SPIE Electronic Imaging, Stereoscopic Displays and Applications XXIV, San Francisco, California, USA, Feb. 2013.

J. Nakamura, K. Tanaka, and Y. Takaki, "Accommodation responses to horizontal-parallax-only super multi-view display," IS&T/SPIE Electronic Imaging, Stereoscopic Displays and Applications XXIV, San Francisco, California, USA, Feb. 2013.

K. Hirabayashi, H. Takenaka, O. Konuma, Y. Morimoto, and Y. Takaki, "Multi-view display module using MEMS projectors for an ultra-large screen autostereoscopic display," IS&T/SPIE Electronic Imaging, Stereoscopic Displays and Applications XXIV, San Francisco, California, USA, Feb. 2013.

K. Ikeda and Y. Takaki, "Calculation technique for a holographic stereogram from multi-view images," Photonics West 2013, Practical Holography XXVII: Materials and Applications, San Francisco, California, USA, Feb. 2013.

T. Kurihara and Y. Takaki, "Using electronic holography to generate speckle-free and shaded reconstructed images," Photonics West 2013, Practical Holography XXVII: Materials and Applications, San Francisco, California, USA, Feb. 2013.

T. Ueda, Y. Toda, and Y. Takaki, "Color Three-Dimensional Image Generation Using Viewing-Zone Scanning-Type Super Multi-View Display," the 19th International Display Workshops (IDW2012), Kyoto, Japan, Dec. 2012.

[INVITED] Y. Takaki, "Holographic Display Module Using 4k2k-SLM," the 19th International Display Workshops (IDW2012), Kyoto, Japan, Dec. 2012.

上倉孝博,高木康博,"リアルタイム化を目指した2眼多眼変換へのブロック品質評価の導入",映像情報メディア学会立体映像技術研究会,東京NHK技研,2012年10月.

池田恭平,高木康博,"多眼表示に基づく計算機合成ホログラフィックステレオグラムの表示性能の検討",映像情報メディア学会立体映像技術研究会,千葉 日大,2012年9月.

H. Yamazaki and Y. Takaki, "Printing 3D Light Field with 1D Halftone Screening," ACM SIGGRAPH 2012, Poster Proceedings, 43 (2012).

内田茂樹,高木康博,"少数高速プロジェクタアレイによるテーブル型全周立体ディスプレイのカラー化",3次元画像コンファレンス2012,東京,2012年7月.

平林賢治, 竹中博満, 小沼 修, 森本康裕,高木康博,"大画面裸眼立体表示に用いる多眼式立体表示モジュールの提案",3次元画像コンファレンス2012,東京,2012年7月.

栗原貴之,高木康博,"スペックル除去とシェーディングを実現するホログラム表示法の提案",3次元画像コンファレンス2012,東京,2012年7月.

松本祐二,横内理人,高木康博,"水平走査型ホログラフィーのカラー化",3次元画像コンファレンス2012,東京,2012年7月.

中村淳也,田中康介,高木康博,"少数視点超多眼立体ディスプレイに対する調節応答の測定",3次元画像コンファレンス2012,東京,2012年7月.

西尾博之,浦野洋平,高木康博,"多眼式立体表示における運動視差の滑らかさ,分解能,視点間クロストークの関係",3次元画像コンファレンス2012,東京,2012年7月.

[KEYNOTE SPEECH] Y. Takaki, "Prospective Novel 3D Display Technology Development," International Conference on 3D Systems and Applications (3DSA2012), Hsinchu, Taiwan, June 2012.

[INVITED] 高木康博,"立体映像表示― 光線再生と波面再生 ―",日本音響学会第 46 回通常総会,東工大蔵前会館(東京),2012年5月.

[INVITED] Y. Takaki, "Holographic 3D display using MEMS spatial light modulator," Three-Dimensional Imaging, Visualization, and Display 2012 (Sensing and imaging technologies for defense, security, industrial applications, and the environment 2012), Baltimore, Maryland, USA, Apr. 2012.

Y. Takaki and J. Nakamura, "Development of a Holographic Display Module Using a 4k2k-SLM Based on the Resolution Redistribution Technique," Digital Holography and Three-Dimensional Imaging 2012, Miami, Florida, USA, Apr. 2012.

高橋太一,中村淳也,高木康博,"少数視点超多眼ディスプレイの視域の解析",映像情報メディア学会立体映像技術研究会,東京農工大,2012年3月.

[INVITED] 山田邦男,高木康博,中村淳也,正木信夫,水科晴樹,根岸一平,"ホログラフィーを用いた裸眼立体映像提示の高画質化に関する研究開発",映像情報メディア学会立体映像技術研究会,東京農工大,2012年3月.

池田恭平,中村淳也,高木康博,"4k2k-SLMを用いたホログラム表示モジュールの開発",映像情報メディア学会立体映像技術研究会,東京農工大,2012年3月.

J. Nakamura, T. Takahashi, and Y. Takaki, "Enlargement of viewing freedom of reduced-view SMV display," IS&T/SPIE Electronic Imaging, Stereoscopic Displays and Applications XXIII, San Francisco, California, USA, Jan. 2012.

S. Uchida and Y. Takaki, "360-degree, three-dimensional table-screen display using small array of high-speed projectors," IS&T/SPIE Electronic Imaging, Stereoscopic Displays and Applications XXIII, San Francisco, California, USA, Jan. 2012.

T. Kurihara and Y. Takaki, "Shading of holographic reconstructed image by two-dimensional amplitude modulation of zone plates," Photonics West 2012, Practical Holography XXVI: Materials and Applications, San Francisco, California, USA, Jan. 2012.

M. Yokouchi and Y. Takaki, "Measurements of accommodation responses to horizontally scanning holographic display," Photonics West 2012, Practical Holography XXVI: Materials and Applications, San Francisco, California, USA, Jan. 2012.

[INVITED] 高木康博,"裸眼立体表示技術",3Dコンソーシアム・立体映像技術研究会合同シンポジウム,東京,2011年12月.

[INVITED] Y. Takaki, "Electronic holographic display with enlarged screen size and viewing zone," International Workshop on Holography and Related Technologies 2011, Utsunomiya University, Japan, Nov. 2011.

上田達也,高木康博,"スクリーン走査型超多眼立体ディスプレイにおける視域の最大化",映像情報メディア学会立体映像技術研究会,東京NHK技研,2011年10月.

内田茂樹,高木康博,"少数高速プロジェクタアレイを用いたテーブル型全周立体ディスプレイの立体像合成法",映像情報メディア学会立体映像技術研究会,東京NHK技研,2011年10月.

T. Ueda and Y. Takaki, "Scanning Super Multi-View Display," The 11th International Meeting on Information Display (IMID 2011), Seoul, Korea, Oct. 2011.

[INVITED] Y. Takaki, "Super Multi-view and Electronic Holographic Displays," Global 3D Technology Forum, Seoul, Korea, Oct. 2011.

高木康博,"ホログラム表示モジュールによる多眼表示の実現",映像情報メディア学会立体映像技術研究会,千葉 日大,2011年9月.

[INVITED] 高木康博:立体ディスプレイPart 1「主な表示原理」,SID日本支部主催 第7回サマーセミナー,静岡,2011年9月.

浦野洋平,高木康博,"超多眼 HUD を用いた実物体と立体像の重畳表示",3次元画像コンファレンス2011,京都,2011年7月.

横内理人,高木康博,"水平走査型の電子ホログラフィーに対する調節応答の測定",3次元画像コンファレンス2011,京都,2011年7月.

中村淳也,高橋太一,高木康博,"奥行き方向の観察範囲を拡大した瞳追跡型超多眼立体ディスプレイ",3次元画像コンファレンス2011,京都,2011年7月.

中村淳也,高木康博,"解像度変換ホログラム表示モジュールと Kinect による実写ホログラム表示",3次元画像コンファレンス2011,京都,2011年7月.

栗原貴之,高木康博,"ゾーンプレートの 2 次元変調による 3 次元シェーディングを施したホログラム",3次元画像コンファレンス2011,京都,2011年7月.

内田茂樹,高木康博,"少数高速プロジェクタアレイによるテーブル型全周立体ディスプレイ",3次元画像コンファレンス2011,京都,2011年7月.

J. Nakamura, K. Tanaka, and Y. Takaki, "Accommodation response measurements of reduced-view super multi-view display," International Conference on 3D Systems and Applications (3DSA2011), Seoul, Korea, June 2011.

上倉孝博,高木康博,"リアルタイム 2 眼多眼変換に用いる奥行き推定法の検討",映像情報メディア学会立体映像技術研究会,京都,2011年6月.

上田達也,高木康博,"視域走査型超多眼立体ディスプレイにおける視域最大化",映像情報メディア学会立体映像技術研究会,京都,2011年6月.

[INVITED] 高木康博,"3Dディスプレイの現状と将来",日本顕微鏡学会第 67 回学術講演会(冠ワークショップ),福岡国際会議場,2011年5月.

T. Kurihara and Y. Takaki, "Improvements to 4f Imaging System Used for Hologram Reconstruction," Digital Holography and Three-Dimensional Imaging, University of Tokyo, Komaba Research Campus, Tokyo, Japan, May 2011.

M. Yokouchi and Y. Takaki, "Grayscale Image Reconstruction by Horizontally Scanning Holographic Display," Digital Holography and Three-Dimensional Imaging, University of Tokyo, Komaba Research Campus, Tokyo, Japan, May 2011.

種本侑美,高木康博,黒川隆志,"フラットパネル型立体テレビのためのホログラムチップの提案",第58回応用物理学関係連合講演会,神奈川工科大,2011年3月.

高木康博,中村淳也,"ホログラム表示モジュールに用いるゾーンプレート法",映像情報メディア学会立体映像技術研究会,東京工科大,2011年3月.

中村淳也,田中康介,高木康博,"超多眼立体表示における視点間隔と被写界深度の関係",映像情報メディア学会立体映像技術研究会,東京工科大,2011年3月.

J. Nakamura, K. Tanaka, C.-H Tsai, and Y. Takaki, "Reduced-view super multi-view display," IS&T/SPIE Electronic Imaging, Stereoscopic Displays and Applications XXII, San Francisco, California, USA, Jan. 2011.

M. Yokouchi, T. Kurihara, and Y. Takaki, "Speckle reduction in holography a using time-multiplexing technique," Photonics West 2011, Practical Holography XXV: Materials and Applications, San Francisco, California, USA, Jan. 2011.

栗原貴之,横内理人,高木康博,"ホログラフィックディスプレイにおける視域の最大化",映像情報メディア学会立体映像技術研究会,東京NHK技研,2010年10月.

篠崎陽平,名郷日陽,高木康博,"256視点超多眼立体ディスプレイの表示性能の改善",映像情報メディア学会立体映像技術研究会,東京NHK技研,2010年10月.

[KEYNOTE SPEECH] Y. Takaki, "Next-generation and ultimate 3D display," 10th International Meeting on Information Display, International Display Manufacturing Conference and Asia Display 2010 (IMID/IDMC/ASIA DISPLAY 2010), Seoul, Korea, Oct. 2010.

Y. Urano, S. Kashiwada, H. Ando, K. Nakamura, and Y. Takaki, "Super Multi-view windshield display for driving assistance," International Display Manufacturing Conference and Asia Display 2010 (IMID/IDMC/ASIA DISPLAY 2010), Seoul, Korea, Oct. 2010.

[INVITED] 高木康博,"将来の裸眼立体ディスプレイの実現に向けて",第116回微小光学研究会・第6回レーザーディスプレイ技術研究会,東京,2010年7月.

[INVITED] 高木康博,"東京農工大学での立体研究"、3Dコンソーシアム・立体映像技術研究会合同シンポジウム,東京,2010年7月.

[INVITED] Y. Takaki, "Super Multi-View 3D Display," the Seventeenth International Workshop on ACTIVE-MATRIX FLATPANEL DISPLAYS AND DEVICES (AM-FPD 10), Tokyo Japan, July 2010.

田中康介,中村淳也,高木康博,"超多眼立体ディスプレイに用いるフラットパネルディスプレイの解像度低下法" ,3次元画像コンファレンス2010,東京,2010年7月.

浦野洋平,柏田真司,安藤 浩,中村耕治,高木康博,"運転支援用超多眼立体ディスプレイの研究",3次元画像コンファレンス2010,東京,2010年7月.

篠崎陽平,名郷日陽,高木康博,"256視点超多眼ディスプレイに対する調節応答の測定",3次元画像コンファレンス2010,東京,2010年7月.

高木康博,岡田直也,"水平走査型ホログラフィックディスプレイの階調表現性の向上",3次元画像コンファレンス2010,東京,2010年7月.

横内理人,高木康博,"時間多重表示を用いたスペックルのないホログラム再生",3次元画像コンファレンス2010,東京,2010年7月.

[INVITED] 高木康博,"超多眼・高密度指向性表示による自然な立体ディスプレイ",日本光学会光設計研究グループ第44回研究会,東京,2010年6月.

[INVITED] 高木康博,"画面サイズと視域の拡大を目指した水平走査型ホログラフィックディスプレイ" ,ホログラフィックディスプレイ研究会,東京,2010年5月.

Y. Shinozaki, N. Nago, and Y. Takaki, "Ray focusing property of 256-view SMV display," International Conference on 3D Systems and Applications (3DSA2010), Tokyo Japan, May 2010.

[INVITED] 高木康博,"立体表示技術の基礎、最近の動向、将来",立体映像産業推進協議会総会,東京,2010年5月.

麻場直喜,高木康博,"超多眼立体表示による調節応答と観察距離の関係" ,映像情報メディア学会立体映像技術研究会,東京工科大,2010年3月.

小迫健太郎,高木康博,"高密度指向性表示における動画像のジャーキネスに関する研究(2)−動的観察時における特性―" ,映像情報メディア学会立体映像技術研究会,東京工科大,2010年3月.

[INVITED] 高木康博,"超多眼表示立体ディスプレイの研究動向" ,レーザー学会学術講演会第30 回年次大会,大阪,2010年2月.

Y. Takaki and Y. Tanemoto, "Frameless hologram display module employing resolution redistribution optical system," Practical Holography XXIV: Materials and Applications, San Francisco, California USA, Jan. 2010.

N. Nago, Y. Shinozaki, and Y. Takaki, "SMV256: super multiview display with 256 viewpoints using multiple projections of lenticular displays," Stereoscopic Displays and Applications XXI, San Jose, California USA, Jan. 2010.

[INVITED] Y. Takaki, "Recent Progress in Natural Three-Dimensional Display,"9th International Meeting on Information Display (IMID2009), Seoul Korea, Oct. 2009.

[INVITED] 高木康博,"最新の3Dディスプレイの現状・課題と将来について" ,JEITAディスプレイデバイスフォーラム2009(CEATEC JAPAN 2009) ,幕張メッセ,千葉,2009 年10 月.

[INVITED] Y. Takaki, "Super Multi-View Display and Holographic Display," The 22nd Annual Meeting of the IEEE Photonics Society (LEOS), Belek-Antalya, Turkey, Oct. 2009.

篠崎陽平,名郷日陽,高木康博,"256視点超多眼ディスプレイの視点間クロストークと光線の集光性" ,映像情報メディア学会立体映像技術研究会,東京 NHK技研, 2009年10月.

小迫健太郎,高木康博,"高密度指向性表示における動画像のジャーキネスに関する研究(1)−静止観察時における特性―",映像情報メディア学会立体映像技術研究会,東京 NHK技研, 2009年10月.

[INVITED] 高木康博,"立体ディスプレイの基礎,現状,将来" ,画像電子学会第33回秋期セミナー,東京 農工大,2009年9月.

岡田直也,高木康博,"水平走査型ホログラフィーにおけるホログラム計算法" ,映像情報メディア学会立体映像技術研究会,千葉 日大,2009年.

[INVITED] 高木康博,"立体ディスプレイ技術の現在と未来" ,2009年映像情報メディア学会年次大会公開講演会『立体映像メディアの最前線』,東京 工学院大,2009年8月.

[INVITED] 高木康博,"超多眼立体表示" ,2009年映像情報メディア学会年次大会シンポジウム『自由視点映像』,東京 工学院大,2009年8月.

[INVITED] 高木康博,立体ディスプレイPart 1「主な表示原理」,SID日本支部第5回サマーセミナー,静岡,2009年8月.

高木康博,横山 修,濱岸五郎,"斜め色画素配置LCDを用いた16眼立体ディスプレイ" ,3次元画像コンファレンス論文集,東京,2009年7月.

名郷日陽,金箱 翼,高木康博,"256視点超多眼立体ディスプレイSMV256の開発",3次元画像コンファレンス論文集,東京,2009年7月.

岡田直也,高木康博,"水平走査型ホログラムの画質向上",3次元画像コンファレンス論文集,東京,2009年7月.

種本侑美,林 勇樹,高木康博,"大画面と広視域表示を可能にするホログラム表示モジュール",3次元画像コンファレンス論文集,東京,2009年7月.

甲斐友紀,高木康博,"ハンディカメラを用いた3次元カメラの画像合成の自動化",3次元画像コンファレンス論文集,東京,2009年7月.

[KEYNOTE SPEECH] Y. Takaki, "Three-dimensional Displays: Present and Future," 47th SID International Symposium (Display Week 2009), San Antonio, Texas USA, May 2009.

Y. Tanemoto, and Y. Takaki, "Band-limited Zoneplate Method for Elimination of the Conjugate Image in Electronic Holography," Digital Holography and Three-Dimensional Imaging, Vancouver, British Columbia, Canada, April 2009.

[INVITED] 高木康博,"三次元映像技術の最新動向",電気四学会関西支部 専門講習会「三次元映像技術の現状と今後」,大阪,2009年6月 .

[INVITED] 高木康博,"3Dディスプレイの現状と未来" ,日本液晶学会・ディスプレイ研究フォーラム講演会,東京,2009年6月.

N. Okada and Y. Takaki, "Electronic holography using horizontal scanning," International Conference on 3D System and Application (3DSA), Taipei, Taiwan, April 2009.

[INVITED] 高木康博,"電子ホログラフィーの大画面化と広視域化" ,URCF立体映像WGセミナー:「ホログラフィー(1)表示技術」,東京,2009年4月.

名郷日陽,金箱 翼,高木康博,"ハイブリッド型を用いた超多眼ディスプレイの提案",映情学技報、vol. 33 no. 16, p. 45-48 (2009). 映像情報メディア学会立体映像技術研究会、東京、2009年3月.

高木康博,林 勇樹,種本侑美,"解像度変換光学系を用いたホログラム表示モジュールの提案" ,映像情報メディア学会立体映像技術研究会,東京,2009年3月.

小熊 信,壷井雅史,堀越 力,高木康博,"高密度指向性表示による立体動画像の質感再現性の主観評価",映像情報メディア学会立体映像技術研究会,東京,2009年3月.

[INVITED] 高木康博,"プロジェクタアレイを用いた自然な立体表示" ,超臨場感コミュニケーション産官学フォーラム(URCF)立体映像WGセミナー「プロジェクタアレイを用いた立体表示システム」,東京,2009年2月.

N. Okada and Y. Takaki, "Horizontally scanning holography to enlarge both image size and viewing zone angle," Practical Holography XXI: Material and Applications, San Jose, California, USA, Jan. 2009.

Y. Takaki, "Super multi-view display with 128 viewpoints and viewpoint formation," Stereoscopic Displays and Applications XX, San Jose, California USA, Jan. 2009.

Y. Takaki, O. Yokoyama, G. Hamagishi, "Flat panel display with slanted pixel arrangement for 16-view display," Stereoscopic Displays and Applications XX, San Jose, California USA, Jan. 2009.

M. Oguma and Y. Takaki, "Appearance Reproduction by High-Density Directional Display: Influence of Ray Sampling and Comparisons to High-Resolution 2D Display," the 15th International Display Workshops (IDW2008), Niigata, Japan, Dec. 2008.

[INVITED] Y. Takaki, "R&D activities on 3D display and natural 3D display in Japan," 2008 International Workshop on 3D Information Technology, Seoul Korea, Nov. 2008.

種本侑美,高木康博,"ホログラムの共役像除去に用いるシングルサイドバンド法に関する考察" ,映像情報メディア学会立体映像技術研究会,東京,2008年10月.

林 勇樹,高木康博,"解像度変換光学系を用いたホログラフィーに対する調節応答測定" ,映像情報メディア学会立体映像技術研究会,東京,2008年10月.

[INVITED] 高木康博,"3D映像技術の現状と将来展望" ,SEAJ/SEMI, ISTF(Industry Strategy and Technology Form) 2008,横浜, 2008年10月.

岡田直也,高木康博,"走査型ホログラフィーにおける共役像除去―不要光の除去―" ,映像情報メディア学会立体映像技術研究会,日大,2008年9月.

[INVITED] 高木康博,"超多眼表示を用いた自然な立体ディスプレイとLCD技術", 2008年日本液晶学会フォーラム合同講演会(日本液晶学会) ,東京,2008年7月.

林 勇樹,高木康博,"解像度変換光学系を用いた広視域角ホログラムの共役像除去と像強度増大 ",3次元画像コンファレンス2008,東京,2008年7月.

岡田直也,高木康博,"水平走査型ホログラフィーによる大画面化と水平視域角拡大",3次元画像コンファレンス2008,東京,2008年7月.

麻場 直喜,高木康博,"超多眼表示と高密度指向性表示による自然な立体表示の比較",3次元画像コンファレンス2008,東京,2008年7月.

金箱 翼,高木康博,"時間多重高密度指向性ディスプレイ",3次元画像コンファレンス2008,東京,2008年7月.

高本英典,高木 康博,"モバイル用HDDディスプレイへの赤外線ステレオカメラを用いた指先ポインティングの導入",映像情報メディア学会立体映像技術研究会,東京,2008年6月.

甲斐友紀,高木康博,"カメラパラメータ推定による立体撮影用平行移動カメラの高速化",映像情報メディア学会立体映像技術研究会,東京,2008年6月.

[INVITED] 高木 康博,"自然な立体視を可能とする空間像形成に関する調査報告",映像情報メディア学会立体映像技術研究会,東京,2008年6月.

[INVITED] 高木康博,"立体像表示と質感再現",第55回応用物理学関係連合講演会,27p-ZB-7,日大,2008年3月.

潮田育久,栗林英範,高木康博,石川和夫,久米祐一郎,畑田豊彦,"高密度指向性3次元表示方式での空間再現状態の評価",映像情報メディア学会立体映像技術研究会,東京,2008年3月.

小迫健太郎,高木康博,"理想的な水平視差型立体表示における垂直画像歪みの評価",映像情報メディア学会立体映像技術研究会,東京,2008年3月.

今井悠介,高木康博,"複数のデプス情報を用いたカメラアレイによる指向性画像の生成2",映像情報メディア学会立体映像技術研究会,東京,2008年3月.

[INVITED] 高木康博,"立体映像技術の研究動向",情報処理学会第70回全国大会、筑波大,2008年3月.

[INVITED] 高木康博,"立体ディスプレイの基本と高密度指向性ディスプレイ",日本学術振興会 光エレクトロニクス第130委員会「光の日」公開シンポジウム,東京,2008年2月.

[INVITED] 高木康博,"立体映像技術の最新動向", 超臨場感コミュニケーション産官学フォーラム(URCF)「立体映像表示技術の現在」,東京,2008年2月.

T. Kanebako and Y. Takaki, "Time-multiplexing display module for high-density directional display," Stereoscopic Displays and Applications XIX, San Jose, California USA, Jan. 2008.

Y. Hayashi and Y. Takaki, "Horizontal resolution enhanced hologram to increase horizontal viewing angle," Practical Holography XXII: Material and Applications, San Jose, California, USA, Jan. 2008.

[INVITED] 高木康博,"立体ディスプレイの研究動向と自然な立体表示",化学技術戦略推進機構(JCII)講演会,東京,2007年12月.

Y. Takaki and K. Kikuta, "128-Directional SVGA Display for Generating Natural Three-Dimensional Images," Proc. of the 14th International Display Workshops (IDW2007), Sapporo, Japan, Dec. 2007.

[INVITED] Y. Takaki, "Natural Three-Dimensional Display," 2007 International Workshop on 3D Technology, Seoul Korea, Nov. 2007.

林 勇樹,高木 康博,"ホログラム表示のためのSLMの水平・垂直解像度変換",Optics & Photonics Japan 2007(日本光学会年次学術講演会),大阪,2007年11月.

[INVITED] 高木康博,"人に優しい立体表示技術の開発",高分子学会ポリマーフロンティア21,東京,2007年11月.

小迫健太郎,高木康博,"HDD立体表示の理想撮影条件と垂直画像歪みの評価",映像情報メディア学会立体映像技術研究会,東京,2007年10月.

小熊 信,高木康博,"光線の指向性と観察距離が立体像の質感に与える影響",映像情報メディア学会立体映像技術研究会,東京,2007年10月.

林 勇樹,高木康博,"SLMの解像度変換によるホログラムの水平視域角拡大",映像情報メディア学会立体映像技術研究会(日本光学会ホログラフィック・ディスプレイ研究会),日大(千葉),2007年9月.

S. Sakamoto, Y. Takaki, "Elimination of flipped image and enhancement of viewing angle for lenticular 3D display," Three-Dimensional TV, Video, and Display VI, Boston, Massachusetts USA, Oct. 2007.

[INVITED] 高木康博,"3次元立体映像表示装置の最新動向と将来展望−高密度指向性画像を用いた超多眼方式による3次元立体映像表示装置の開発",豊橋技術科学大学先端フォトニック情報メモリリサーチセンター第4回APIMトピカル懇話会,豊橋,2007年9月.

[INVITED] 高木康博,"裸眼立体ディスプレイの研究開発動向",2007年映像情報メディア学会年次大会,工学院大学(東京),2007年8月.

[INVITED] Y. Takaki, "Natural 3D Display Technologies," 3D Imaging & Display Technology International Conference 2007, Taipei, Taiwan, Aug. 2007.

[INVITED] 高木康博,"高密度指向性表示を用いた自然な立体表示",社団法人日本オプトメカトロニクス協会(JOEM)ビジュアルインターフェース技術部会/光学系設計技術部会,東京,2007年7月.

菊田健悟,高木康博,"128指向性SVGAディスプレイの画質改善とインタラクティブ表示の実現",3次元画像コンファレンス,東京,2007年7月.

小熊 信,高木康博,"超大画面三次元表示用三次元ピクセルモジュールの改良",3次元画像コンファレンス,東京,2007年7月.

藤岡正樹,金 箱翼,壷井雅史,堀越 力,高木康博,"モバイル用30 指向性ディスプレイへの指先空間ポインティングの導入",3次元画像コンファレンス,東京,2007年7月.

林 勇樹,高木康博,"擬似高解像度化による水平16,000 ピクセルホログラムの実現",3次元画像コンファレンス,東京,2007年7月.

金箱 翼,高木康博,"高密度指向性表示を行う時分割表示モジュールの基礎実験",映像情報メディア学会立体映像技術研究会,東京,2007年6月.

坂本 祥,高木康博,"湾曲スクリーンを用いた立体表示の研究",映像情報メディア学会立体映像技術研究会,東京,2007年6月.

今井悠介,高木康博,"複数のデプス情報を用いたカメラアレイによる指向性画像の生成",映像情報メディア学会立体映像技術研究会,東京,2007年6月.

[INVITED] Y. Takaki, "Research on Natural 3D display," First International Symposium on Universal Communication (ISUC), Kyoto, Japan, June 2007.

坂本 祥,高木康博,"立体表示用レンチキュラーシートの解像力評価",第54回応用物理学関係連合講演会,27p-K-4,青山学院大,2007年3月.

大内純一,高木康博,"128指向性ディスプレイを用いた指先三次元像操作システムへの観察位置検出の導入",映像情報メディア学会立体映像技術研究会,東京工芸大,2007年3月.

岡本幸浩,高木康博,"高密度指向性表示による被写界深度拡大と調節応答誘起に関する研究",映像情報メディア学会立体映像技術研究会,東京工芸大,2007年3月.

壷井雅史,藤岡正樹,高木康博,堀 越力,"加速度センサとカメラ画像を用いたインタラクティブ3Dアプリ ケーション",映像情報メディア学会立体映像技術研究会,東京工芸大,2007年3月.

大力孟司,畑田豊彦,高木康博,"VGA解像度高密度指向性ディスプレイを用いた光線数の違いによる質感再現の変化",映像情報メディア学会立体映像技術研究会,東京工芸大,2007年3月.

村瀬祐二,畑田豊彦,栗林英範,高木康博,大力孟司,"視差情報量の異なる立体表示方式での空間再現状態の評価",映像情報メディア学会立体映像技術研究会,東京工芸大,2007年3月.

[INVITED] 高木康博,"自然な3次元ディスプレイと高質感表示",高分子学会2006年度印刷・情報記録・表示研究会講座,東京,2007年2月.

K. Kikuta and Y. Takaki, "Development of SVGA resolution 128-directional display", Stereoscopic Displays and Applications XIIX, San Jose, California USA, Jan. 2007.

[INVITED] 高木康博,"人に優しい立体ディスプレイの研究動向",電子情報通信学会東京支部シンポジウム「次世代ディスプレイの動向」,慶応大学(東京),2006年12月.

Y. Takaki and H. Kikuta, "3D Images with Enhanced DOF Produced by 128-Directional Display," the 13th International Display Workshops (IDW2006), Otsu, Japan, Dec. 2006.

M. Tsuboi, M. Fujioka, Y. Takaki, and T. Horikoshi, "Real Time Rendering for a Full Parallax 3D Display Using High-Density Directional Images," the 13th International Display Workshops (IDW2006), Otsu, Japan, Dec. 2006.

[INVITED] 高木康博,"指向性表示による自然な立体表示:調節輻輳矛盾の解決を目指して",高臨場感ディスプレイフォーラム2006,工学院大学(東京),2006年11月.

坂本 祥,山嵜秀城,高木康博,"一次元網点分解を用いた三次元プリントにおける奥行表示範囲の評価",Imaging Conference JAPAN 2006 Fall Meeting(第98回日本画像学会研究討論会),京都,2006年11月.

菊田健悟,高木康博,"SVGA解像度128指向性ディスプレイの開発",映像情報メディア学会立体映像技術研究会,東京,2006年10月.

今井悠介,高木康博, "空間像表示に用いるリニアカメラアレイにおけるカメラ輻輳の有無の比較",映像情報メディア学会立体映像技術研究会,東京,2006年10月.

J. Ouchi, H. Kamei, K. Kikuta, and Y. Takaki, "Development of 128-directional 3D display System," Three-Dimensional TV, Video, and Display V, Boston, Massachusetts USA, Oct. 2006.

藤岡正樹,壷井雅史,堀越力,高木康博,"モバイル用30指向性三次元ディスプレイの角度センサーを用いた視域拡大",日本バーチャルリアリティ学会第11回記念大会,仙台,2006年9月.

[INVITED] 高木康博,"3次元ディスプレイによる新しいイメージング―忠実な質感再現の可能性―" ,新画像システム研究会シンポジウム「新しいイメージングシステムの展開」,千葉大学(千葉),2006年7月.

渡部正行,高木康博,"高密度指向性表示に対する網膜像形成と調節応答の関係(II)",3次元画像コンファレンス2006,東京,2006年7月.

坂本 祥,高木康博,"一次元網点分解を用いた三次元プリント",3次元画像コンファレンス2006,東京,2006年7月.

大力孟司,畑田豊彦,高木康博,"VGA解像度高密度指向性ディスプレイによる質感表現に対する主観評価",3次元画像コンファレンス2006,東京,2006年7月.

高木康博,"レンチキュラー方式に用いる二次元ディスプレイの画素構造に関する考察",3次元画像コンファレンス2006,東京,2006年7月.

壷井雅史,藤岡正樹,高木康博,堀越力,"モバイル用高密度指向性三次元ディスプレイの視域拡大と擬似フルパララックス化",3次元画像コンファレンス2006,東京,2006年7月.

大内純一,亀井浩之,菊田健吾,高木康博,"128指向性三次元ディスプレイシステムの開発",電子情報通信学会2006年総合大会,国士舘大,2006年3月.

今井悠介,高木康博,"高密度指向性表示による三次元画像生成のためのカメラアレイの配置",第53回応用物理学関係連合講演会,武蔵工大,2006年3月.

菊田健悟,高木康博,"高密度指向性表示に用いる多重結像系へのダブルレンチキュラースクリーンの導入",第53回応用物理学関係連合講演会,武蔵工大,2006年3月.

大力孟司,畑田豊彦,高木康博,"72指向性三次元ディスプレイによる質感表現及び主観評価",映像情報メディア学会ヒューマンインフォメーション研究会,NHK技研,2006年3月.

T. Dairiki and Y. Takaki, "Three-dimensional sprites for lenticular-type three-dimensional display," Stereoscopic Displays and Applications XVIII, San Jose, California USA, Jan. 2006.

Y. Takaki and T. Dairiki, "72-directional display having VGA resolution for high-appearance image generation," Stereoscopic Displays and Applications XVIII, San Jose, California USA, Jan. 2006.

Y. Takaki and T. Dairiki, "High-Appearance Images Generated by High-Density Directional Display," the 12th International Display Workshops (IDW2005), Takamatsu, Japan, Dec. 2005.

榛葉敏彦,高木康博,三次元ピクセルモジュールを用いた大画面三次元表示におけるデータ圧縮,Optics Japan 2005, 東京,2005年11月.

坂本 祥,高木康博,山嵜秀城,"高密度指向性表示を用いた三次元プリントの検討",Japan Hardcopy 2005 Fall Meeting(第96回日本画像学会研究討論会),京都,2005年11月.

Y. Nakada, K. Ninomiya, and Y. Takaki, "High-throughput thermal nanoimprint lithography using a heated high-aspect mold," The 4th International Conference on Nanoimprint and Nanoprint Technology, Nara Japan, Oct. 2005.

H. Hanuma and Y. Takaki, "Three-dimensional camera capturing 360° directional image for natural three-dimensional display," Three-Dimensional TV, Video, and Display IV, Boston, Massachusetts USA, Oct. 2005.

大力孟司,高木康博,"三次元スプライトによる三次元動画表示",第4回情報科学技術フォーラム,中央大,2005年9月.

大内純一,高木康博,"高密度指向性表示と赤外線指先検出を用いた三次元像のインタラクティブ操作",日本バーチャルリアリティ学会,東大,2005年9月.

[INVITED] Y. Takaki, "High-Density Directional Display for Natural Three-Dimensional Images," 5th International Meeting of Information Display (IMID2005), Seoul Korea, July. 2005.

渡部正行,砂原清人,長谷川洋,名手久貴,高木康博,"高密度指向性表示した三次元像による網膜像形成と調節応答",3次元画像コンファレンス2005,東大,2005年7月.

小田原宗明,今井悠介,桝本 潤,梁田 透,高木康博,"DICOMデータから生成した全周指向性画像を表示する医用三次元表示システム",3次元画像コンファレンス2005,東大,2005年7月.

高木康博,大力孟司,"高密度指向性表示三次元ディスプレイによる質感表示",3次元画像コンファレンス2005,東大,2005年7月.

堀越 力,壷井雅史,榛葉敏彦,高木康博,"モバイル用途の3Dディスプレイ端末の試作",3次元画像コンファレンス2005,東大,2005年7月.

吉川博志,羽沼久貴,高木康博,"指向性三次元表示に用いる平行カメラアレイにより三次元動画像の取得",3次元画像コンファレンス2005,東大,2005年7月.

中田圭宣,小岩真司,二宮健郎,高木康博,"ナノインプリントリソグラフィにおける高スループット化プロセスの検討",第52回応用物理学関係連合講演会,埼玉大,2005年3月.

榛葉敏彦,高木康博,"三次元ピクセルモジュールのネットワーク接続による大画面三次元表示の研究",第52回応用物理学関係連合講演会,埼玉大,2005年3月.

Y. Takaki, "Thin-type natural three-dimensional display with 72 directional images," Stereoscopic Displays and Applications XVII, San Jose, California USA, Jan. 2005.

H. Nakanuma, H. Kamei, Y. Takaki, "Natural 3D display with 128 directional images used for human-engineering evaluation," Stereoscopic Displays and Applications XVII, San Jose, California USA, Jan. 2005.

W. Watanabe, K. Sunahara, Y. Hasegawa, H. Nate, and Y. Takaki, "Evaluation of Discontinuity in 3D Images Generated by High-Density Directional Images," the 11th International Display Workshops (IDW2004), Niigata, Dec. 2004.

羽沼久貴,吉川博志,高木康博,"全周指向性画像を取得する三次元カメラの基礎実験",第47回自動制御連合講演会,千葉,2004年11月.

吉川博志,高木康博,"奥行き推定を導入した高密度指向性画像生成用三次元カメラ",Optics Japan 2004,大阪,2004年11月.

[INVITED] 高木康博,"指向性画像高密度表示に対する調節応答と運動視差の効果",Optics Japan 2004,大阪,2004年11月.

T. Hashiba and Y. Takaki, "Development of a 3D pixel module for an ultralarge screen 3D display," Three-Dimensional TV, Video, and Display III, Pennsylvania USA, Oct. 2004.

K. Kudo and Y. Takaki, "Three-dimensional interactive processor which processes 64 directional images," Three-Dimensional TV, Video, and Display III, Pennsylvania USA, Oct. 2004.

[INVITED] 名手久貴,高木康博,"指向性画像の高密度表示を用いた三次元像に対する知覚的奥行き位置の検討" ,映像情報メディア学会情報ディスプレイヒューマンインフォメーション研究会,東京,2004年10月.

T. Dairiki and Y. Takaki, "Natural three-dimensional display using WQUXGA LCD panel," 21st Century COE International Symposium on LCDs and Related Materials, Tokyo, Japan, Sept. 2004.

[INVITED] 高木康博,三次元ディスプレイ技術の基礎,日本光学会第38回サマーセミナー,静岡県裾野市,2004年8月.

[INVITED] Y. Takaki, "Massive directional images for natural 3D images," ICO International Conference (ICO2004), Chiba Japan, July 2004.

工藤隆朗,高木康博,"三次元インタラクティブプロセッサを用いたインタラクティブな三次元表示",3次元画像コンファレンス2004,工学院大,2004年6月.

榛葉敏彦,高木康博,"超大画面三次元ディスプレイを構成する三次元ピクセルモジュールの開発",3次元画像コンファレンス2004,工学院大,2004年6月.

海老沢廣喜,高木康博,"72指向性画像を表示する薄型三次元ディスプレイ",3次元画像コンファレンス2004,工学院大,2004年6月.

中沼 寛,亀井浩之,高木康博,"128指向性画を高密度に表示する自然な三次元ディスプレイ",3次元画像コンファレンス2004,工学院大,2004年6月.

渡部正行,福冨武史,名手久貴,高木康博,"指向性画像の高密度表示を用いた三次元ディスプレイにおける運動視差の効果",3次元画像コンファレンス2004,工学院大,2004年6月.

名手久貴,渡部正行,福冨武史,高木康博,"指向性画像高密度表示による自然な三次元ディスプレイに対する奥行き知覚分解能",3次元画像コンファレンス2004,工学院大,2004年6月.

海老沢廣喜,高木康博,"指向性画像を高密度表示する平面型三次元ディスプレイ",第51回応用物理学関係連合講演会,東京工科大,2004年3月.

榛葉敏彦,高木康博,"超大画面三次元ディスプレイを構成する三次元ピクセルモジュールの開発",第51回応用物理学関係連合講演会,東京工科大,2004年3月.

亀井浩之,中沼寛,高木康博,"128指向性画像を表示する変形二次元配置多重結像系を用いた三次元ディスプレイ",第51回応用物理学関係連合講演会,東京工科大,2004年3月.

渡部正行,福冨武史,名手久貴,高木康博,"高密度指向性画像を用いた三次元表示における運動視差の効果−運動視差による奥行き知覚の改善−",映像情報メディア学会札幌合同研究会,2004年2月.

福冨武史,渡部正行,名手久貴,高木康博,"高密度指向性画像を用いた三次元表示に対する奥行き知覚の分解能",映像情報メディア学会札幌合同研究会,2004年2月.

Y. Takaki, "Natural 3D display which generates high-density directional images and human accommodation responses," the 10th International Display Workshops (IDW2003), Fukuoka, Dec. 2003.

小岩真司,高木康博,"プラスチック表面への微細構造の熱転写の短時間化に関する研究",Optics Japan 2003,浜松,2003年12月.

吉川博志,高木康博,"イメージセンサのシフトを用いた高密度指向性画像生成用三次元カメラの改善",Optics Japan 2003,浜松,2003年12月.

福冨武史,渡部正行,名手久貴,高木康博,"指向性画像の高密度表示を原理とする三次元ディスプレイに対する奥行き分解能の検討",Optics Japan 2003,浜松,2003年12月.

亀井浩之,中沼 寛,高木康博,"高密度指向性画像表示による三次元表示におけるテレセントリック性の検討",Optics Japan 2003,浜松,2003年12月.

[INVITED] 高木康博,"高密度指向性画像による高臨場感3次元表示",Optics Japan 2003,浜松,2003年12月.

[INVITED] 高木康博,"次世代三次元ディスプレイと専用PCクラスタの開発",第16回情報伝送と信号処理ワークショップ,北海道,2003年11月.

[INVITED] 高木康博,"三次元ディスプレイの進展",第18回高分子エレクトロニクス研究会,上智大,2003年11月.

H. Yoshikawa and Y. Takaki, "Depth tolerance of simple interpolation methods for 3D camera used for natural 3D display," ITCom 2003, Florida USA, Sept. 2003.

Y. Takaki, "Improvement of multiple imaging system used for natural 3D display which generates high-density directional images," ITCom 2003, Florida USA, Sept. 2003.

[INVITED] 高木康博,"自然な運動視差を有する高臨場感三次元ディスプレイ",電気学会電子・情報・システム部門大会,秋田大,2003年8月.

吉川博志,高木康博,"指向性画像の高密度表示に用いる三次元カメラの開発",3次元画像コンファレンス2003,工学院大,2003年7月.

海老沢廣喜,高木康博,"変形二次元配置を用いた大画面三次元ディスプレイの開発",3次元画像コンファレンス2003,工学院大,2003年7月.

中沼 寛,高木康博,"指向性画像の高密度表示を用いた三次元ディスプレイの結像特性の改善",3次元画像コンファレンス2003,工学院大,2003年7月.

工藤隆朗,高木康博,"三次元インタラクティブプロセッサによる動画表示",3次元画像コンファレンス2003,工学院大,2003年7月.

福冨武史,名手久貴,高木康博,"指向性画像の高密度表示を原理とする三次元表示に対する調節応答と異方性",3次元画像コンファレンス2003,工学院大,2003年7月.

[INVITED] 高木康博,"3D画像技術の最新動向",Japan Hardcopy 2003,中央大学,2003年6月.

[INVITED] Y. Takaki, "Next-generation 3D display and related 3D technologies," International Topical Meeting on Optics in Computing 2003, Washington D.C., USA, June 2003.

[INVITED] 高木康博,"高密度指向性画像表示による新しい三次元表示方式",3Dコンソーシアム設立記念セミナー,東京,2003年4月.

名手久貴,福冨武史,高木康博,"水平指向性画像の高密度表示を用いた三次元ディスプレイに対する調節応答の異方性",第50回応用物理学関係連合講演会,神奈川大,2003年3月.

吉川博志,高木康博,"変形二次元配置した三次元ディスプレイのための三次元カメラの奥行き許容範囲",第50回応用物理学関係連合講演会,神奈川大,2003年3月.

[INVITED] Y. Takaki, "A Novel 3D Display Using an Array of LCD Panels," Electronic Imaging 2003, Santa Clara, USA, Jan. 2003.

吉川博志,高木康博,"高密度指向性画像を生成する三次元カメラの奥行き許容範囲の検討",映像情報メディア学会情報センシング研究会,東京,2003年3月.

工藤隆朗,高木康博,"三次元インタラクティブプロセッサの開発(1) −コンピュータアレイのビデオレート同期−",映像情報メディア学会情報センシング研究会,東京,2003年3月.

福冨武史,名手久貴,高木康博,"指向性画像の高密度表示を用いた三次元ディスプレイに対する調節応答",映像情報メディア学会合同研究会,札幌,2003年2月.

[INVITED] 高木康博,"ベクトル回折理論(II)",日本光学会(応用物理学会)主催第29回冬期講習会,2003年1月.

海老沢廣喜,高木康博,"変形二次元配置した光源アレイを用いた大画面三次元ディスプレイの基礎実験",Optics Japan 2002,東京,2002年11月.

福冨武史,高木康博,"変形二次元配置した多重結像系を用いた三次元ディスプレイの調節応答",Optics Japan 2002,東京,2002年11月.

中沼 寛,高木康博,"変形二次元配置した多重結像系を用いた三次元ディスプレイの結像特性の改善",Optics Japan 2002,東京,2002年11月.

[INVITED] 高木康博,"指向性画像高密度表示による三次元表示と64画像表示フルカラー三次元ディスプレイ",高臨場感ディスプレイフォーラム,東京,2002年11月.

Y. Takaki, "Three-dimensional display with 64 horizontal parallaxes," the 7th Asian Symposium on Information Display (ASID'02), Singapore, Sept. 2002.

[INVITED] Y. Takaki, "Universal Stereoscopic Display Using 64 LCD's," 2nd International Meeting of Information Display (IMID2002), Daegu, Korea, Aug. 2002.

高木康博,"64眼式三次元カラーディスプレイとコンピューター合成した三次元物体の表示",3次元画像コンファレンス,東京,2002年7月.

S. Kawasaki, Y. Takaki, and T. Kurokawa, "The distance measurement capability of a three-dimensional object detection using a digital holography technique," International Topical Meeting on Optics in Computing, Taipei, April 2002.

Y. Tanaka, J. Kobayashi, S. Naka, Y. Takaki, T. Kurokawa, and C. Liang, "Microstructure fabrication on polysilane film using UV light irradiation," 3rd International Conference on Optics-Photonics Design & Fabrication, Tokyo, 2002.

高木康博,"変形二次元配置を用いた三次元ディスプレイの原理と試作",映像情報メディア学会ヒューマンインフォーメーション研究会,東京,2002年3月.

劉,西原,中村,高木,"レーザスペックル露光によるサブ波長ランダム構造を有する回折光学素子の作製",第49回応用物理学関係連合講演会,東海大,2002年3月.

仲,小林,田中,高木,黒川,王,掏,梁,"ポリシラン膜を用いた屈折率型回折光学素子",第49回応用物理学関係連合講演会,東海大,2002年3月.

小林,仲,田中,高木,黒川,王,掏,梁,"紫外線照射によるポリシラン膜の微細加工",第49回応用物理学関係連合講演会,東海大,2002年3月.

細田,高木,"微細画素ずらしによる超高精細画像取得実験",第49回応用物理学関係連合講演会,東海大,2002年3月.

榧野,河崎,黒川,高木,"倍率可変ハイブリッドホログラフィック顕微鏡",第49回応用物理学関係連合講演会,東海大,2002年3月.

河崎,高木,黒川,"ディジタルホログラフィーを用いた三次元物体検出の距離測定精度",第49回応用物理学関係連合講演会,東海大,2002年3月.

高木康博,"変形二次元配置を用いた自然な三次元ディスプレイ",第49回応用物理学関係連合講演会,東海大,2002年3月.

福冨武史,海老沢廣喜,高木康博,"変形二次元配置を用いた64眼式フルカラー三次元ディスプレイ",第49回応用物理学関係連合講演会,東海大,2002年3月.

海老沢廣喜,福冨武史,高木康博,"一次元走査型三次元ディスプレイの検討",第49回応用物理学関係連合講演会,東海大 2002年3月.