TUAT Zhang Lab

研究紹介:一緒にテラヘルツの研究を挑戦しよう

  当研究室は、テラヘルツ周波数帯の半導体デバイスと半導体物性に焦点を当てて研究を行っています。
  テラヘルツとはなにかについて、簡略に言えば、テラヘルツ波とは光波と電波の両方の特徴を持って、周波数が非常に高い電磁波をいいます。テラヘルツ波は光波のように直進するとともに、電波のように物質を透過することができます。そのため、テラヘルツ波は、半導体エレクトロニクス、生物学、セキュリ ティーチェック等の幅広い分野での応用が期待されています。
  当研究室は、テラヘルツ技術を中心に、半導体量子ナノ構造やナノメカニカル構造の新規な物理現象やダイナミクスを解明し、単電子トランジスタ、量子情報処理デバイス、超高感度テラヘルツセンサーなど、次世代エレクトロニクスの開拓に向けた基礎物理とデバイス応用の研究を行っており ます。

張 亜(Zhang Ya)准教授 zhangya[at]go.tuat.ac.jp

張研究室の見学・配属を希望されている方は、thz-groups@go.tuat.ac.jp にご一報ください。


張研究室紹介ビデオ 

  • ここをクリック!

  • Youtube リンク!

  • 未知の物性を探索したい方、究極のものづくりを挑戦したい方、光とナノ世界の美しいさを見たい方、我々の仲間になりましょう!

    新着情報