IKUSHIMA GROUP

Professor

生嶋 健司   博士(理学)

ikushima cc.tuat.ac.jp

=> Kenji Ikushima on ResearchGate

専門分野

物性物理学:バイオピエゾ、半導体・ナノ物性,磁性,超伝導

応用物理学:超音波工学,電波工学、磁気共鳴、生体計測,半導体工学,テラヘルツ工学

助教

伊藤 一陽   博士(工学)

itokazuyo go.tuat.ac.jp

=> Kazuyo Ito on ResearchGate

専門分野

疾患に伴う生体内の物性変化の解明とその計測、評価手法の開発

キーワード:超音波医学、生体計測、計測工学、眼科学、近視、脂肪肝

産官学連携研究員

新実 信夫

専門分野:超音波,医療診断機器の設計と開発

PhD Course(博士後期課程)

伊藤 惇

社会人ドクター

研究テーマ:生体組織・水と食品検査

誘電特性や超音波など,様々な物理現象・計測を利用して食品の安全を守る技術を開発しています.

Master Course(博士前期課程)

稲村 文行

物理システム工学専攻

研究テーマ:半導体・グラフェンナノ構造を利用した量子技術

グラフェン・ランダウ準位発光を通した非平衡キャリアダイナミクスの解明.多重量子井戸を利用したテラヘルツ光検出器の開発.乱層CVDグラフェンの量子ホール効果とバンド分散.

小川 ひかり

物理システム工学専攻

研究テーマ:半導体・グラフェンナノ構造を利用した量子技術

乱層CVDグラフェンの量子ホール効果とバンド分散.グラフェン・ランダウ準位発光を通した非平衡キャリアダイナミクスの解明.多重量子井戸を利用したテラヘルツ光検出器の開発.

皆藤 信人

産業技術専攻

研究テーマ:バイオメディカルセンシング

生体組織における超音波誘起分極:引張応力下での組織の構造変化と分極の解明.医療診断機器の設計と開発.

伊藤 和馬

食料・エネルギーシステム科学専攻

研究テーマ:バイオメディカルセンシング

パルス圧縮技術を用いたASEM計測の高速化.医療診断機器の設計と開発.

尾和 哲大

研究テーマ:半導体ナノ構造を利用した量子技術

量子ドット単一光子検出.スピン偏極した量子ホール端状態における光学遷移

坂倉 佑紀

研究テーマ:バイオメディカルセンシング

生体組織における超音波誘起分極:線維配向性の定量化.医療診断機器の設計と開発.

中井 創一

研究テーマ:半導体ナノ構造を利用した量子技術

多重量子井戸を利用したテラヘルツ光検出器の開発

Undergraduate(卒研生)

青島 豪士

研究テーマ:バイオメディカルセンシング

榎本 淑乃

研究テーマ:バイオメディカルセンシング

菊地 純奈

研究テーマ:バイオメディカルセンシング

三浦 晨

研究テーマ:半導体・グラフェンナノ構造を利用した量子技術

三角 朋生

研究テーマ:バイオメディカルセンシング

Guests and collaborators

井上 智博

農工大院 物理システム工学専攻 吉野研

森 雅人

日本シグマックス(株)

ASEM法を用いた医療診断装置の開発

鈴木 優平   博士(工学)

(株)IHI検査計測

ASEM法を用いた鉄鋼・インフラ検査技術の開発

Secretary

永原 梢

kozue.nagahara gmail.com

外部からの研究者

企業の研究者 現在、多くの医療・機械・電子・食品メーカーと共同研究をしています。企業の研究者の方がしばしば産学共同研究ラボで実験や機器開発を行っています.
海外の研究者 仏モンペリエ大学,台湾精華大学,独ケムニッツ工科大学と国際交流しています. 海外の研究者が時々,セミナー講演や実験のため,来日します.

卒業生・修了生の進路

博士卒 農工大研究員
修士卒 【博士進学】農工大院,独ケムニッツ工科大学院
【就職】コマツ,キオクシア,JVCケンウッド,富士電機,ミネベアミツミ,NEC,ソニー,日産自動車,極洋,武蔵野エンジニアリング,SCREENホールディングス, 日本電波工業,オリンパス,村田製作所,他.
学部卒 【修士進学】 農工大院, 阪大院,北陸先端大院, 奈良先端大院,東北大院, 東大院,他.
【就職】マツダ,NTTデータ,富士通,コナミ,アンリツ,地方公務員, 警視庁, 高校教員, 他.

2022年3月 卒業


2021年3月 卒業

2020年3月 卒業

2019年6月 研究室旅行(SUPに挑戦)

2019年4月 花見

2019年3月 卒業