分館

概要

東京農工大学農学部は、明治7年(1874年)に設置された農事修学場を起源に持ち、駒場農学校、帝国大学農科大学実科、東京農林専門学校などを経て、日本の近代農学の実学の伝統の中心的存在としてあり続けてきました。そうした背景の中で、近代農学成立にかかわる貴重な歴史的資料が、収集・蓄積されています。

沿革

1966年 東京農工大学農学部研究グループ「畜力利用と畜力農機具の発達に関する研究」開始。
1975年 「東京農工大学農学部畜力農機具資料室」開設
1993年 畜力農機具資料室が日本の産業遺産三百選に選定される。
1995年 東京農工大学同窓会獣医学部会で史料委員会を設置し、獣医学に関する史料収集を開始。
2000年 農学部本館が登録文化財に指定される。
2002年 「東京農工大学農学部近代農学フィールド博物館(仮称)」設置
2008年 博物館が全学的組織となる。
2010年 各施設の名称を「近代農学資料展示室」と「近代農機具展示室」と変更。

主な収蔵品

東京農工大学科学博物館では、大学附属博物館という使命から、学術的価値のある資料が多く集められており、その時代において学生の教育上あるいは産業界の指導的役割をはたした資料が、多数収蔵されています。府中地区では、本学農学部のルーツとなる貴重な教材コレクションや学術資料を展示している「近代農学資料展示室」と、明治時代からの犂(すき)を中心に、近代農業を長い間支えてきた畜力農機具に関する資料を展示している「近代農機具展示室」をご覧いただけます。

また小金井地区には、東京高等蚕糸学校標本室に展示されていた養蚕資料を中心に、多数の繊維関連資料を展示した「科学博物館本館」があります。

見学時のお願い

●展示品にさわらないで下さい。
●展示室での写真撮影はご遠慮下さい。
●駐車場はありませんので、公共交通にてお越し願います。

利用のご案内

「近代農学資料展示室」および「近代農機具展示室」は、毎年本学学園祭期間中に開館いたします。詳細は当館ホームページをご覧ください。

通常は一般公開を行っておりません。見学をご希望の方は、下記までお問い合わせください。なお、担当者の不在などにより、ご要望に沿えない場合もご ざいます。ご了承ください。

問い合わせ先 東京農工大学府中地区総務室総務係
所在地 〒183-8509 東京都府中市幸町3-5-8
TEL/FAX 042-367-5655/042-360-8830
E-mail asyomu@cc.tuat.ca.jp

分館案内図

分館案内

交通

JR中央線利用 JR中央線「国分寺駅」又は京王線「府中駅」より京王バス「晴見町」バス停下車
JR武蔵野線利用 JR武蔵野線「北府中駅」下車、徒歩約12分

1 近代農学資料展示室

東京高等農林学校時代の本学の卒業生で、近代農学の礎を築いた応用昆虫学の大家、石井象二郎博士について、ご本人寄贈の研究資料や国内外の関連資料を展示しています。

また、明治期の駒場農学校以来使われてきた獣医学教科書などの教育資料や、東京高等農林学校時代の研究室の様子を展示しています。


【野帳】

ゴキブリの性フェロモンやアズキゾウムシの生育阻害物質など、石井博士の有名な研究のアイディアやデータが記されたノートです。


【孵卵器】

東京高等農林学校時代に使用されていた実験機材を展示しています。当時の研究室の様子を感じてください。


【家畜醫範(全16巻)】

日本語で書かれた最初の獣医学教科書です。駒場農学校第一期生が各科目を分担著述しました。

2 近代農機具展示室(閉鎖中)

和犂を中心に砕土機、作条機、播種機、中耕除草機、培土機をはじめとした装具等、日本のみならず周辺のアジア地域の物も含め約250点を、約170冊の関連書籍・文献と共に収蔵・展示しています。


【長床犂(オンガ)】

東京近郊で明治末期まで使われていた長床犂です。展示室では、和犂の発達と変遷をご覧いただけます。


【双用犂(松山式甲型)】

往行・復行とで犂先とヘラの向きを反転させる機能が発明・実用化されたことで、耕耘労働の省力化に貢献しました


【翼状粉土機(飛行機馬鍬)】

水田裏作の畦立耕の後、畦を壊さないように粉土できるよう、明治42年に考案された粉土機です。

  • ご利用案内
  • イベントカレンダー
  • 分館
  • 出版
  • 科学博物館グッツ
  • 科学博物館後援会のご案内
  • twitter
  • YouTube