環境哲学研究室ロゴ画像

◆環境哲学とは?

環境問題を哲学し、未来社会をデザインする

環境破壊ときくと、みなさんはどのような問題をイメージされますか?

地球温暖化による異常気象、異常気象による砂漠化の進行や海水面の上昇。世界中でつづく森林面積の減少。海水温の上昇による、海洋資源の涸渇。有害物質の蔓延による良好な環境の破壊・・・などなど、いろいろと頭に浮かんできますよね。

しかし、当然なのですけれども、これらの自然環境破壊は、自然環境自身が自分勝手に引き起こしている問題ではありません。私たち人類の経済活動による温室効果ガスや有害物質の排出、過度な農薬の散布、汚水や温排水の排出といった行為こそが、自然環境破壊の要因です。だから環境問題は、実は、自然環境破壊の要因を生み出している社会的・経済的なしくみ、すなわち人間の文明のあり方についての再考を迫られる問題なのです。

以上の問題意識から、環境哲学研究室では、環境問題を、自然環境破壊だけに矮小化するのではなく、生活環境の破壊、社会環境の破壊と自然環境とが密接に関係するものと考えています。また、この、表裏一体である、自然環境と生活・社会環境の破壊とが進めば進むほど――大規模農場の農薬に体を蝕まれたり、自然を切り開いてできた鉱山で半強制的に労働させられたりする「途上国」の人びとのように――人間の〈いのち〉もまた破壊されるという意味で、環境破壊を4つの位相(自然・生活・社会・いのちの破壊)から捉えて探求を進めています。

でも、なぜ、環境問題を哲学する必要があるのでしょう? それは、この、自然環境破壊的な近代文明の誕生は、その発展をあとおしする哲学的な概念の登場がなければ難しかったからです。自然観を転換させる思想(機械論的自然観)、自然の操作を可能にする思想(二元論)、私有権を認める思想(自然権思想)といった哲学がそれです。

一方、哲学は、自然環境だけでなく、生活環境・社会環境の保全に寄与しうる、私たちの人権や環境権といった価値を生み出してきた側面をも併せもっています。だから哲学は、環境破壊的な思想を生み出すと同時に、私たちの環境を保全する思想を生み出してもきたのです。この点は、強調してもしすぎることはない、哲学における二面性です(詳細はコラム「近代哲学の功と罪」をご覧ください)。

授業やゼミでは、哲学のそうした功と罪の内実について学びます。また、地域でさまざまな取り組みをされている方がたから、いろいろとご教示頂く地域調査も実施します。そのうえで、持続可能な社会を実現するにはどういった思想や実践が必用か考えていく・・・。これが、環境哲学研究です。

みなさんも、一緒に環境問題を哲学し、未来社会をデザインしてみませんか?