女性研究者のための相談窓口|女性研究者の活躍推進を実現する“関東プラットフォーム”の創生と全国展開

女性研究者のための相談窓口

本事業の実施機関およびネットワーク機関に所属している女性研究者を対象に、機関の垣根を越えたグループメンター制度を実施しています。
経験豊富な女性研究者がメンターとなり、教育および研究、ワークライフバランスなどの悩みを抱える女性研究者の相談に応じます。

また、保育士、助産師の資格を有する相談員がメール等で相談に応じる「東京農工大学 出産・育児・介護相談窓口」も開放しております。

グループメンター制度


メーリングリストを活用し複数のメンターからアドバイスを受ける方法や、悩みに応じてメンターとメンティーのマッチングを行い個別に相談する方法等があります。

メンタリングのお申込み


また、女性研究者SNSに登録し、サイト内のコミュニティを活用して相談する方法もあります。
ネットワーク機関の女性研究者SNSのご利用につきましては、現在、準備を進めております。

出産・育児・介護相談窓口


保健士、助産師の資格を有する相談員が、メールや面談方式により相談に応じます。主に、相談員からのアドバイスや情報提供、 専門家への橋渡しなど、それぞれの悩みに応じて適切な対応をとらせていただきます。

出産・育児・介護相談員への
相談お申込み