情報・通信技術を利用して、農業の発展に貢献する 農研機構中央農業研究センター北陸研究拠点 主任研究員 博士(農学) 加藤 仁さん 大学院連合農学研究科 農業環境工学専攻 博士課程修了

東京農工大学大学院連合農学研究科で博士課程を修了後、中央農業研究センター北陸研究拠点で、トラクターや田植え機、コンバインなどの農業機械・作業技術に関する研究に取り組んでいる加藤さん。学生時代の学びが、現在のお仕事にどのように役に立っているかを聞きました。

現在のお仕事

田植え機やトラクターの操作にICT技術を活用

北陸地域における水田輪作での農業機械や作業技術に関する研究を行っています。具体的には、GNSS(全球測位衛星システム)情報を利用して、田植え機やトラクターの自動運転を行う技術や、コンバインのICT化に関する技術開発に取り組んでいます。農業従事者の高齢化や人口減少が進んでいる現在、こうした情報・通信技術を活用することで、経験の少ない若手でもベテランと同じクオリティで播種・収穫の作業ができるようにすることが目的です。
研究開発を行った技術や試作機は、実際に農作業の現場で実証試験を行います。そこで、さらにデータを収集して改良を重ね、最終的には農業の現場に開発した技術を導入してもらうことが目標です。

農工大への入学~研究活動

自主ゼミ「耕地の会」で農業に熱中!

農業との出会いは、東京農工大学在学中に自主ゼミ「耕地の会」に入ったことがきっかけでした。大学近隣の畑を借りて、自分たちで考えながら麦や枝豆などを育てているうちに、農作物の生産に興味を持つように。就農した卒業生のもとでファームステイをしたり、農繁期には全国各地の農家に手伝いに行ったりと、在学中から農業の現場を体験する機会に恵まれていました。

「臭気」から肥料をつくる研究に挑戦

研究室では、糞尿などの廃棄物の処理過程で発生する臭気から有用成分を取り出し、肥料成分として活用する研究に取り組みました。現在とは研究分野こそ違いますが、試行錯誤しながら実験方法を考えたり、装置や測定器のプログラムをつくって改良を重ねていったりといった経験は、私の研究活動のベースになっています。

今後の目標、夢

作業の効率化に貢献したい

農業人口の減少、高齢化……。日本の農業は今、変革の時期に来ています。若い人を呼び込むためには、作業の効率化が欠かせません。農作業を効率化する技術を世の中に普及させ、農業の発展に貢献していくことが、自分の使命だと思っています。

高校生へのメッセージ

好きなことを見つけたら、とことんチャレンジ!

高校生のみなさんには、できる限り興味の幅を広く持ってほしいと思います。私自身、大学に入学した頃は農業のことをまったく知りませんでしたが、「何となくおもしろそうだ」と思ってチャレンジしているうちにどんどん興味が深まり、卒業した今でも研究を続けています。さまざまな分野に興味を持ち、自分の好きなことを見つけたら、それに向かってとことん頑張ってほしいですね。

※掲載内容は、2017年10月取材時のものです。

このページの先頭へ移動