サークル活動
  1979年(昭和54)「友の会」発足とともに、常時学習・研鑚の場としてサークル活動が始まりました。以来30年活発に活動を続け、 「繊維博物館」から「科学博物館」への 組織変更に伴い、2009年(平成21)サークル活動は「友の会伝統工芸会」になりましたが、2012年10月科学博物館のリニューアルに伴い、友の会組織の見直しがあり、伝統工芸会から「サークル」へ戻りました。   特定の講師によらない会員相互の自主的な活動です。先輩が後輩の指導にあたり、教えられ、教え合い  引き継がれてきました。

サークル=円=輪=和 縁あり集い 
手仕事を伝えています。



参考PDF
サークル再編
(2012年10月)
1学年5人の4年制+1年間マネージャーとして後輩の指導にあたるというシステムから、

1学年4人4年制で、最終学年の4年生がマネージャーを兼務する形に再編されました。