MOT 東京農工大学大学院 産業技術専攻

■ お問い合わせ
事務室: 042-388-7739  motmotcc.tuat.ac.jp
入試関連: 042-388-7014  tnyushicc.tuat.ac.jp
 
  1. トップページ
  2. 入試情報
  3. 募集要項・出願資格・選抜方法
 

募集要項・出願資格・選抜方法

募集要項

詳しくは 2020年度産業技術専攻募集要項  をご覧下さい。

出願資格

次の各号のいずれかに該当する者とする。

(1) 大学を卒業した者及び2020年3月末までに卒業見込みの者。
(2) 学校教育法第104条第7項の規定(大学評価・学位授与機構)により学士の学位を授与された者及び2020年3月末までに学士の学位を授与される見込みの者。
(3) 外国において、学校教育における16年の課程を修了した者及び2020年3月末までに修了見込みの者。
(4) 外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修することにより、当該外国の学校教育における16年の課程を修了した者及び2020年3月末までに修了見込みの者。
(5) 我が国において、外国の大学の課程(その修了者が当該外国の学校教育における16年の課程を修了したとされるものに限る。)を有するものとして、当該外国の学校教育制度において位置付けられた教育施設であって、文部科学大臣が別に指定するものの当該課程を修了した者及び2020年3月末までに修了見込みの者。
(6) 外国の大学その他の外国の学校(その教育研究活動等の総合的な状況について、当該外国の政府又は関係機関の認証を受けた者による評価を受けたもの又はこれに準ずるものとして文部科学大臣が別に指定するものに限る。)において、修業年限が三年以上である課程を修了すること(当該外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修することにより当該課程を修了すること及び当該外国の学校教育制度において位置付けられた教育施設であって前号の指定を受けたものにおいて課程を修了することを含む。)により、学士の学位に相当する学位を授与された者及び2020年3月末までに学士の学位に相当する学位を授与される見込みの者。
(7) 専修学校の専門課程(修業年限が4年以上であること、その他の文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る。)で、文部科学大臣が別に指定したものを文部科学大臣が定める日以後に修了した者及び2020年3月末までに修了見込みの者。
(8) 文部科学大臣の指定した者。
(9) 本専攻が、個別の入学資格審査により、大学を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者で、2020年4月1日現在22歳に達した者。
(10) 【学部3年次学生を対象とする特別入試の出願資格】
2020年3月31日現在において、大学に3年以上在学又は外国において学校教育における15年の課程を修了し、本専攻が所定の単位を優れた成績をもって修得したものと認めた者。ただし、2020年3月卒業見込みの者を除く。
(11) 【社会人特別入試の出願資格】
上記(1)から(9)のいずれかに該当する者で、企業、官公庁、独立行政法人などに在職中で実務経験が入学時点で3年以上あり、所属長の推薦状、就学許可がある。
(注1)出願資格(9)(10)により出願する者は、事前に審査を行うので、「出願資格(9)の個別の入学資格
         審査について(P6)」及び「出願資格(10)の事前審査について(P7)」も必ず参照すること。

(注2)在留資格が「留学」のまま入学する留学生については、平日昼間研究室で指導を受けることを前提条件
         とする。

選抜方法

(1) 筆答試験免除による入試(第1回入試のみ)
出願資格(1),(2)の者で、2020年3月学部卒業見込の者は、筆答試験免除による入試を志望することができる。ただし、本専攻を第一志望とする者に限る。
【1】 筆答試験免除を志望する者には、成績証明書に基づき筆答試験免除の資格判定を行う。
有資格者は【2】の口述試験を受験すること。
有資格者とならなかった者は、(2)筆答試験による入試
1)一般入試及び 2)社会人特別入試を受験できる。
資格判定の結果は、2019年6月17日(月)に発送する。
【2】 口述試験 : 2019年7月1日(月)
場所 : 本学小金井キャンパス
※集合場所・時間・内容については、別途通知する。
【3】 口述試験の結果は2019年7月5日(金)に発送する。
この結果、合格内定とならなかった者は、(2)筆答試験
による入試 1)一般入試及び 2)社会人特別入試を
受験できる。
【4】 合格者は、2019年9月13日(金)に
筆答試験受験者と併せて発表する
(2) 筆答試験による入試(第1回入試、第2回入試)
【1】 【一般入試】
○ 小論文:技術経営に関わる小論文1000字程度
○ 口述試験:技術専門分野における口述試験
(プレゼンテーションを含む)
【2】 【社会人特別入試】
○ 口述試験:技術専門分野における口述試験
 (プレゼンテーションを含む)