東京農工大学 本文へジャンプ
植物栄養学研究室
(バイオ肥料微生物の農業利用とその作物との相互作用の分子生理・生態学、及び分子植物栄養学の研究室)
イメージ
「アジアや日本の持続的食料生産に資するバイオ肥料利用技術基盤の確立研究」
 20世紀の農業は、化学肥料や農薬の使用により単位面積あたりの収量が飛躍的に増加し、人口増にみあう農作物の供給に大きく貢献した。しかしながら、化学肥料に過度に依存する農業は、農地の劣化や、水質汚染などの環境問題を世界で広く引き起こし、持続的な農業生産のための、減化学肥料、減農薬の取り組みが積極的に開始されている。このような状況下で、減化学肥料を実現しながら農業生産力を低下させず、地球環境にもフレンドリーな新技術の出現が切望されている。
 この要求に応える一つの方法が、植物に特異的に養分を供給する微生物のバイオ肥料としての利用である。
 実用的な側面と科学的な側面から総合的に研究を開始している。
実用的な側面: 農業利用のためには、接種法や栽培法の検討及び利用しやすい接種剤開発が必要で、収量に対する効果、バイオ肥料微生物をどの様に製剤化すれば良いのか、バイオ肥料微生物の接種効果を安定させる生物・化学・環境因子の解明、バイオ肥料の品質維持(高温や乾燥に曝され、バイオ肥料中の原体微生物の活性が低下する)等の研究を本学科の教員や他大学や研究機関の方々と共同で行っている。
科学的な側面: バイオ肥料微生物の全ゲノム解明やそれに基づく植物の応答を誘導する微生物遺伝子の解明、バイオ肥料微生物の追跡技術開発やそれに基づくバイオ肥料原体微生物と土壌微生物との競合の解決、バイオ肥料の特性にマッチした作物品種はあるのか、さらにはバイオ肥料と応答するQTLの探索とそれを用いた育種技術開発等の研究を、生物生産科学分野の教員や他大学や研究機関の研究者と共同して、土壌肥料学・作物学・分子生物学的及び分子生理学的手法を用いて行っている。 また、硫黄栄養、特に植物のグルタチオンの生合成に着目した植物の機能改良を目指した分子生理学的な研究(「グルタチオンによる、窒素固定向上機構の研究」や「根でグルタチオンを増やし、カドミウムの可食部への移行を防ぐ研究(秋田県立大学との共同研究)」等の分子植物栄養学)も行っている。




水稲用バチルスバイオ肥料 「きくいち」が完成し、 2016年12月に開催された アグリ創出フェアーで、 皆様に紹介致しました。 2018年から、本格的に 農家さんに利用してもらえます。



2017年1月17日に 「水稲用バチルスバ イオ肥料の製品化と 利用技術開発」の 発表会を農工大 講堂で開催します