Molecular
Design & Synthesis

ORGANIC SYNTHESIS

有機合成化学者は分子のデザイナーであり、また数億分の1メートルという極めて小さなものを作る職人でもあります。紙の上に描いた、まだこの世界に存在しない物質の性質を予測し、さまざまな化学反応を利用した分子変換によって組み立てることで、自分だけのまったく新しい物質を手にすることができます。その用途は、これまでにないユニークな性質をもった「機能性材料」、分子レベルでものを組み立てる機械のような「触媒」、さらには薬理活性をもった「医薬品」と多岐にわたります。

RESEARCH

画像1

新規生物活性物質の合成

有機化合物の合成はおもちゃのブロックの組み立てによく似ています。農薬や医薬品などの生物活性物質の部分構造となるブロックの種類が増えれば、医薬品設計の可能性が大きく拡がります。当研究室では、有機化学的手法を用いて生物学的等価体(医薬品の部分構造)の効率的な合成法を開発して、まったく新しい生物活性物質の合成を目指しています。

画像2

不斉ヘテロ原子の化学

炭素原子が4つの異なる置換基をもつと不斉中心となって、右手と左手の関係にある鏡像異性体が2種類できます。硫黄やリン原子も4つの置換基をもつため、それぞれ不斉中心となって鏡像異性体が存在します。当研究室では、その一方の鏡像異性体だけを作る方法(不斉合成法)を開発して、生物活性物質や機能性材料としての応用を研究しています。

画像3

有機分子触媒のデザイン

触媒というと二酸化マンガンなどの金属触媒が思い浮かびますが、巨大な有機分子である酵素も生体内でさまざまな有機化合物を合成するための触媒として機能します。またアミノ酸のような小分子も触媒となることが明らかとなっています。当研究室では、新しい有機分子触媒を独自に設計して、金属をもちいない環境調和型の反応の開発を目指します。

PUBLICATIONS

2021-Present

写真1

Alkylsilyl Peroxide

Ni-Catalyzed C(sp2)−H Alkylation of N-Quinolylbenzamide Using Alkylsilyl Peroxides as Structurally Diverse Alkyl Sources


Tsuzuki, S.; Sakurai, S.; Matsumoto, A.; Kano, T.; Maruoka, K. Chem. Commun. 2021, 57, 7942-7945

DOI: 10.1039/D1CC02983E
写真1

Amine Catalyst

Synthesis of Alkynyl Z-Ketimines and Their Application in Amine-catalyzed Asymmetric Mannich Reactions and Conjugate Addition


Homma, C.; Yamanaka, M.; Kano, T.; Maruoka, K. Tetrahedron 2021, 91, 132225

DOI: 10.1016/j.tet.2021.132225
写真1

Amine Catalyst

Bifunctional Amino Sulfonamide-catalyzed Asymmetric Conjugate Addition to Alkenyl Alkynyl Ketimines as Enone Surrogates


Homma, C.; Kano, T.; Maruoka, K. Chem. Commun. 2021, 57, 2808-2811

DOI: 10.1039/D0CC07842E
写真3

PTC

Asymmetric α-Hydroxylation of α-Aryl-δ-lactams with Molecular Oxygen under Phase-Transfer Conditions


Inukai, T.; Kano, T.; Maruoka, K. Org. Lett. 2021, 23, 792-796

DOI: 10.1021/acs.orglett.0c04022
写真3

Amine Catalyst

Construction of Chiral α-tert-Amine Scaffolds via Amine-catalyzed Asymmetric Mannich Reactions of Alkyl-substituted Ketimines


Homma, C.; Kano, T.; Maruoka, K. Chem. Sci. 2021, 12, 1445-1450

DOI: 10.1039/D0SC05269H

写真3

Alkylsilyl Peroxide

Cu-catalyzed O-Alkylation of Phenol Derivatives with Alkylsilyl Peroxides


Sakurai, S.; Kano, T.; Maruoka, K. Chem. Commun. 2021, 57, 81-84

DOI: 10.1039/d0cc07305a
1997-2020

TEAM

人物写真1

教授

Professor

加納 太一

TAICHI KANO

kanoatgo.tuat.ac.jp

人物写真2

博士課程1年

D1

武島 愛夏

AIKA TAKESHIMA

s210789vatst.go.tuat.ac.jp

人物写真3

博士課程1年

D1

都築 咲保里

SAORI TSUZUKI

s216168yatst.go.tuat.ac.jp

人物写真4

4年生

B4

東 咲良

SAKURA HIGASHI

s180941tatst.go.tuat.ac.jp

人物写真5

4年生

B4

日川 涼雅

RYOGA HIKAWA

s181809ratst.go.tuat.ac.jp

人物写真6

4年生

B4

山谷 陽

HINATA YAMAYA

s189042yatst.go.tuat.ac.jp

Further Information

NEWS

写真1

研究室

2021.4.1
研究室を発足しました。

写真2

論文

2021.5.10
本間さんのケチミンの化学の論文がTetrahedronに受理されました。

写真2

論文

2021.7.6
都築さんのアルキル化反応の論文がChem. Commun.に受理されました。