Kajita Lab. BASE, TUAT
home theme member publish coresearch home home home
Home>研究テーマ
Language : English/Japanese

当研究室では、樹木や木質バイオマスの更なる有効利用を目指して、下記のような研究をしています。
ポプラやユーカリなどの樹木だけではなく、イネやシロイヌナズナ、亜麻など、色々な植物を使って研究を進めています。

詳しくは、梶田までお問い合わせ下さい。

研究テーマ

1.リグニン生合成に関わる酵素遺伝子の解析
2.遺伝子組換え技術を用いたリグニン分子の構造改変
3.リグニン分解細菌の遺伝子を利用した物質生産
4.細胞壁成分の輸送や蓄積に関する解析
5.木本植物の花芽形成に関わる遺伝子の解析
6.亜麻に含まれるリグナンの組成改変

注釈:リグニンとは?

 リグニンは、セルロースなどの多糖と共に植物の細胞壁に含まれる芳香族ポリマーです。我々人類は、植物の細胞壁を化学的・生物的・物理的に加工することで、繊維、紙、建材、バイオ燃料などを作っています。多糖とは違い、リグニンは分子構造が複雑であるため植物細胞壁を原料とする産業においては、厄介者として扱われます。この厄介者を生命科学の力で「英雄」にするのが我々の研究の最終目的です。