Scope

力学(Mechanics/Dynamics)を駆使して新たな価値を生み出す機械工学(Mechanical Engineering)において,特に要素が集まって全体が構成される仕組みを扱う力学((非平衡)統計力学; Statistical Mechanics)や時々刻々変化していく仕組みを扱う力学((非線形)力学系; Dynamical Systems)の切り口から,主にナノ・マイクロ系を扱う分野横断的な研究を展開しています.

 

例えば,一分子計測,光操作技術,あるいは流体中に分散する微粒子群の挙動を扱う各種ナノテクノロジーでは,ブラウン運動のような現象に対処する必要があります.従来の見方では,熱揺らぎはノイズとして忌避されますが,対象自体が示す揺らぎは本質的な特徴であり計測に有用な情報も秘めています.そして,熱揺らぎに支配された「ビッグデータ」を的確に活用するためには新たな応用力学が必要です.

 

また最近では,メタマテリアルのように要素と全体の関係をかつてない形で機能に結びつける研究が盛んです.膨大な試行錯誤を必要とするモノ作りでも,開発は暗黙のうちに何らかの前提や考え方に基づいて進められます.したがって,カルノーの時代から200年を経た今,材料のミクロな自由度をデバイスのマクロな機能へつなぐには,熱揺らぎを考慮した新たな熱力学に基づく設計指針が重要になります.

 

長期的視点に立って論文を通じて世界に問い続けてきたこのような着眼点は,近年になり卓越した技術力を備え開発を基軸とし各界を代表するような研究者達から現場での切実なニーズとして急速に理解され始め,これから共にイノベーションへ展開していこうとしています.私達が目指すのは,縦糸に対する横糸のように各分野をつなぎ,“モノ”を最大限活かす“コト”となるような研究です.

 

琳派という独自ジャンルを認知される尾形光琳も,基礎を踏まえた型破りだからこそ紅白梅図屏風のように斬新な対比のある作品に結実しています.硬い先入観の枠を壊す理論的知見は往々にしてその真価を理解されず,活かされるその時を待っています.私達は共感してくれる方々と一緒に,対照的とされるアカデミズムとイノベーションをつなぐ成果を通じて,世の中を豊かにしていきたいと考えています.

 

花崎 逸雄 


News Scope Members Research Publications Access For Students