ALL ABOUT

応用分子化学科はバランスのとれた基礎学力の習得と最先端分野の学習により、化学のあらゆる分野の研究を進めるために必要な適応力と独創性を養う教育システムを用意しています。また物質と環境との関わりを原子・分子レベルで理解するための教育が受けられることも本学科の大きな特徴です。

facebook

有機化学系


  • ○ 有機合成化学
    ○ 分子触媒化学
    ○ 有機金属化学
    ○ ケミカルバイオロジー
    ○ 有機フッ素化学

  • ○ 生理活性物質
    ○ 環境調和型プロセス
    ○ グリーンケミストリー
    ○ 天然有機化合物
    ○ 分子変換・構築法

無機・物理化学系


  • ○ 無機合成化学
    ○ 半導体化学
    ○ 電気化学
    ○ 計算化学
    ○ セラミックス

  • ○ キャパシタ
    ○ 次世代電池
    ○ 発光デバイス
    ○ 半導体結晶成長
    ○ ナノ多孔性材料
応用分子化学科は、有機化学、無機化学、物理化学を基盤とする分子変換化学、光電子材料化学、分子設計化学、無機固体化学、電子エネルギー化学、分子触媒化学の6教育研究分野の研究室から構成されています。学部4年次の卒業研究及び大学院においては、最新の研究設備が設置された各研究室において最先端の化学研究を行うことができます。

学科概要

現代の科学技術の発展はとどまるところを知りません。今日の最先端も明日は旧式になります。原子・分子レベルから理解する化学のエッセンスだけが、新鮮な泉のようにみなさんの創造源となります。本学科では、物理化学、無機化学、有機化学、生物化学の広い範囲にわたるバランスの取れた基礎学力習得と、最先端分野(半導体化学、電子エネルギー化学、有機合成化学、触媒化学、材料化学、ナノテクノロジーなど)の研究・実験により、化学のあらゆる分野で研究開発を進めるために必要となる独創性と応用力を養成する教育システムを用意しています。

原子・分子レベルで現象を考えることは、本学科の非常に大きな特徴です。私たちを取り巻く世界では、さまざまな構造を持つ数多くの化学物質がお互いに影響を及ぼし合い、多様な現象を引き起こしています。社会の持続的発展のために、今ほど化学が注目されている時代はありません。本学科で基本原理を身につければ科学技術のいかなる動向にも柔軟に対応し、自らの力で新しい分野を開拓する力を身につけることが可能となります。本学科の研究成果並びに卒業生の活躍は、国内外で高い評価を得ています。私たちと一緒に原子・分子を制御し、人類の課題に挑戦しようではありませんか。

受験生の皆さま

応用分子化学科はいろいろなキャリアを持つ皆さんに入学の機会を用意しています

応用分子化学科では高等学校卒業を対象とした通常の学力試験に加えて、さまざまな入試制度を用意しています。また大学院では企業に勤めている、あるいは勤めていた方を対象とする社会人特別選抜も行なわれています。

博士前期課程の入学試験では本学および他大学の4年次に在学する成績優秀な方に対しては、面接を中心とする選抜制度もあります。これらの入試制度により本学科・専攻には、多様なバックグラウンドを持つ方々が入学します。入試対象者の資格、試験科目など入試制度の詳しい内容については、東京農工大学入試情報のホームページをご覧ください。

お知らせ

2017年3月20日
東京農工大学 応用分子化学科ホームページをリニューアルオープンしました。

アクセスマップ

国立大学法人 東京農工大学 応用分子化学科
〒184-8588 東京都小金井市中町 2-24-16