ヘッダファイル読み込み中

最新ニュース

ニュースファイル読み込み中

専攻の理念

人間社会は,自らの文明を築くための資源を自然環境から得てきました。しかし、生産と保護とを融和させることなく自然と関わり続けた結果、自然環境との間で多くの矛盾を持つようになりました。この状況を改善するためには、土・水・野生動植物やそれらを取り巻く大気等を大きなシステムとして捉えること、自然環境と人間社会の関わり方を見直すこと、により自然環境の保全を進めることが必要です。
 本専攻では、土、水大気、野生動植物、森林、山地、都市、人間を対象に、生産と保護とを融和させるための知識と技術の習得をはかることにより、自然の持続利用と保護、回復に関する教育、研究を行います。

二つの教育研究分野

自然環境保全学専攻は次の二つの教育研究分野があります。
  • 生態系保全学分野
  • 森林環境保全学分野
  • フッター情報読み込み中