title

東京農工大学 物質循環環境科学専攻 水圏科学研究室
Laboratory of Aquatic Sciences, Tokyo University of Agriculture and Engineering


**what's new contents?

  • 2022年4月:11名の学生と共に新年度が始まりました。これまでと同様、楽しみながらもベストを尽くす研究室を目指します!今年も、スマイルをキャッチフレーズにしますが、自分の笑顔だけでなく、人を笑顔にできるように、メンバー皆で心がけていきます!
  • 修士2年の上羽君の研究申請が、笹川科学研究助成に採択されました。
  • OBの加藤君のの卒業研究の成果が、Laguna誌に掲載されました(Liu et al. 2021)。
  • OGの豊嶋さんのの修士研究の成果が、Envionmental Pollution誌に掲載されました(Umezawa et al. 2021)。
  • 博士1年の宮田君の研究申請が、笹川科学研究助成に採択されました。
  • OBの牟田君の修士研究の成果が、Limnology誌に掲載されました(Muta et al. 2020)。
  • 十脚甲殻類のゾエア幼生の餌資源を解析した結果が、Marine Ecology Progress Series誌に掲載されました(Umezawa et al. 2018)。--->概要
  • 東シナ海の中深層性魚類の産卵戦略と仔魚の摂餌動態に関する研究成果がICES JMS誌に掲載されました(Mei et al. 2018)。--->概要
  • 東シナ海のマアジ仔稚魚の同位体比に影響を与える要因に関する研究成果がFisheries Science誌に掲載されました(Mei et al. 2019)
  • 研究室OBの山口聖さんが、日本海洋学会沿岸海洋研究会の速水論文賞を受賞しました。

*Current research interests

  • 東京湾、瀬戸内海、東シナ海、黒潮流域などの沿岸から縁辺海域、沖縄やパラオなどのサンゴ礁海域を主なフィールドとし、炭素、窒素、リンを代表とする生元素が、陸域と海域でどのように循環しているのか、安定同位体比や放射性同位体を主なツールとして明らかにすることに取り組んでいます。 教官の個人HPも参考にされて下さい。

*Lab members

2021年4月1日現在の研究室の構成メンバーです(学年・仮名順)
長崎大学水産学部の高野さんが研究室のイメージ(H.22)を絵にしてくれました!(こちら
umezawa image 梅澤 有
(准教授)
安定・放射性同位体を用いた陸域・水圏の食物網・物質循環の解明
Yu Umezawa
(Associate Professor)
Survey of nutrients dynamics at coastal areas using stable and radio isotopes
Roma image Roman Kozyrev
(博士3年)
(トピック)--利根川のリン輸送メカニズムに関する研究--
Roman Kozyrev
(PhD Student)
---Biogeochemical transportation of phosphorus in the Tone River---
Ida image 宮田達
(博士2年)
(トピック)--地球温暖化や窒素負荷の変化が海草藻場生態系の炭素収支に与える影響評価--
Toru Miyata
(PhD Student)
---Effects of global warming and changes in nitrogen load on carbon balance at the coastal ecosystem with macrophyte---
Ohno image 上羽涼太郎
(修士2年)
(卒論)--ワンドにおける高濃度リン酸湧出と生物生産--
(修論)--多摩川の流下方向の環境勾配に応じたワンドの生態系機能の評価--
Ryotaro Ueba
(Graduate Student)
---Graduate Thesis: High concentration of phosphate flux and productivity at backwaters of Tama River---
---Master Thesis: Evaluation of the ecosystem function of backwaters at Tama River according to the environmental gradient in the flow direction---
Ohno image 大野 耀介
(修士2年)
(卒論)--アミノ酸窒素同位体比を用いたマイワシ・サバ類の栄養段階の時空間変動の解析--
Yosuke Ohno
(Graduate Student)
---Analysis of spatiotemporal variation in trophic position of S. melanosticus and S. japonicus based on d15N of amino acids. ---
Kondo image 近藤 滉也
(修士2年)
(卒論)--東京湾沿岸域の地下水中のRn濃度の空間変動とその要因--
Hiroya Kondo
(Graduate Student)
---Spatial variation of Rn concentration in groundwater in the coastal area of Tokyo Bay---
Kado image 角 美咲妃
(修士1年)
(卒論)--セルラーゼ保有生物を介した準難分解性有機物の分解特性の解明--
Misaki Kado
(Graduate Student)
---Degradation properties of semi-refractory organic matter via cellulase-producing organisms---
Kitazawa image 北澤 菜摘
(修士1年)
(卒論)--干潟重要構成種の甲殻類の餌資源の統合的解析--
Natsumi Kitazawa
(Graduate Student)
---Integrated analysis of crustacean food resources, a keystone species in tidal flats---
Yoshioka image 吉岡 篤司
(修士1年)
(卒論)---谷戸の底泥ー直上水境界におけるリン酸の動態に関する実験的研究--
Atsushi Yoshioka
(Graduate Student)
---Experimental study on the biogeochemistry of phsphate at the boudary layer between sediment and water column at Yato ecosystem---
Suzuki image 鈴木 健斗
(学部4年)
(トピック)--検討中--
Kento Suzuki
(UnderGrad Student)
---Under consideration---
Murabe image 村部 一星
(学部4年)
(トピック)--検討中--
Issei Murabe
(UnderGrad Student)
---Under consideration---
Chen image 陳 黄奇
(学部4年)
(トピック)--検討中--
Huangqi Chen
(UnderGrad Student)
---Under consideration---
Copyright Dr. Yu Umezawa. All rights reserved. Last update Apr. 2022