教授

秋澤 淳 東京農工大学 工学研究院
先端機械システム部門 教授

より効率的なエネルギーの使い方を実現し、地球環境の保全をめざす!

 皆さんは日常的にエネルギーを消費していることを意識したことがありますか? 電灯をつける、お風呂に入る、冷たいものを飲む、電車や自動車に乗る、 エアコンや暖房を使う、テレビを見る、食事を作るなどなど、ほとんどの生活は エネルギーを使うことによって支えられています。
 一方、エネルギーを使うことが地球環境に影響を与えることを知っていますか? 石油、石炭、天然ガスといった化石燃料を燃やすと二酸化炭素を放出しますが、 大気中の二酸化炭素濃度が高まると地球が温暖化すると予想されています。 その結果、気候が変動し、農業生産や水利用などが影響を受けることになります。
 私たちは有限な化石燃料をより効卒的に使い、地球環境を維持しなければなりません。 そのための有力な方法の一つが省エネルギーです。これには(1)使うエネルギーそのものを 減らす、(2)エネルギーの使い方を変える、(3)拾てたエネルギーを回収して使う、 の3通りが考えられます。発電の効卒は約35%ですが、残りの65%のエネルギーは 大気中に放出されます。この従来廃棄していた熱を拾てずに暖房・給湯に利用する技術が コジェネレーション(熱電併給)と呼ばれ、 近年導入が増加しつつあります。 また、高い温度で使った熱を低い温度の熱需要に供給する考え方、 すなわち”熱の多段階利用”が今後重要になってきます。

詳細はこちら

特任助教

上道 茜 東京農工大学 生物システム応用科学府
特任助教

研究分野
エネルギーシステムモデリング(エネルギーに関連するシステムのモデル構築とその応用)便利で快適な生活を持続可能とすることができるよう、エネルギーシステムの幅広い研究を行っています。

研究内容
- 災害時の事業継続性のためのエネルギーシステム最適化とシミュレーション
Link: https://www.jst.go.jp/ristex/stipolicy/project/project25.html
- 水素リッチ燃料焚きガスタービン燃焼器で発生する燃焼振動の研究
- ターボチャージャー軸受で発生する摩擦損失のモデリング

研究業績
Researchmap (https://researchmap.jp/a-uemichi/) をご覧ください。

客員教授・協力者・秘書

【客員教授】 荒木 和路 杉原 弘恭 矢部 邦明 山本 博巳
【協力者】 小田 拓也 榎木 光治
【秘書】 松岡 弘美

博士課程

【社会人Dr.】 山野 修平
友藤 大輔
大和久 崇

修士課程2年

新井 文浩 太陽熱を用いた木質バイオマス乾燥のCFD解析

大石 悠揮 木質バイオマス利用によるエネルギー供給システムのモデル分析

竹田 直也 吸着熱回収型二重効用吸着冷凍機の製作と性能評価実験

佐藤 秀 CFDを用いた振動流場におけるシリカゲル粒子の吸着解析

修士課程1年

阿部 良 SOFC導入ポテンシャルの地域分布の推定

鈴木 将成 エリプス設備の運用改善対策のシミュレーション

MBOUP AISSATOU 太陽熱集熱に利用するミラー集光系の設計

学士課程4年

河野 雅弘 三角錐型集光方式を応用した太陽光発電機の出力評価

長崎 峻起 吸着冷凍機の熱交換器パラメータおよび内部状態の推定手法の 改良

東谷 拓弥 PV/EVを有する住宅コミュニティの省エネ性評価

樋渡 淳 燃焼器を模した管の管内温度分布が音響的境界条件に与える影響の把握

望月 優衣 ZEB普及に向けた吸着冷凍機とデシカント空調を組み合わせたソーラークーリングシステムのモデル解析