Symposia Organized

3) Suzuki, T. (2014) Special Program "My Favorite Acari." 14th International Congress of Acarology, Kyoto, Japan, July 14-18, 2014

2) Suzuki, T. and T. Kojima (2014) Symposium "Behavior and Sensory Ecology." 14th International Congress of Acarology, S1-01, Kyoto, Japan, July 14-18, 2014

1) Koveos, D.S. and T. Suzuki (2012) Symposium "Seasonal Adaptations of the Acari." 24th International Congress of Entomology, S1504, Daegu, Korea, August 22-25, 2012


International Conferences

33) Suzuki, T. (2018) Sensory ecology of spider mites: photo-orientation and chemo-orientation. 10th Spider Mite Genome Meeting, Logrono, Spain, November 5-8, 2018 (oral; invited)

32) Abouelmaaty, H., N.A. Ghazy and T. Suzuki (2018) RNAi in Tetranychus urticae by feeding on dsRNA-coated leaves. XV International Congress of Acarology (ICA2018), Antalya, Turkey, September 2-8, 2018 (oral)

31) Shibaya, S. and T. Suzuki (2018) A parental RNAi-based reverse genetics system for analyzing embryonic development of Tetranychus urticae. XV International Congress of Acarology (ICA2018), Antalya, Turkey, September 2-8, 2018 (oral)

30) Iwahashi, Y., T. Shibuya, Y. Kitaya, R. Endo, N. Hirai and T. Suzuki (2018) Environmental conditions influence the oviposition rate of the two-spotted spider mite through host-plant responses. XXX International Horticultural Congress (IHC2018), Istanbul, Turkey, August 12-17, 2018 (poster)

29) Suzuki, T. (2018) RNAi-based pest mite control: current concepts and challenges for Tetranychus urticae. III CLAC and VI SIBAC, Pirenópolis, Goiás, Brazil, July 29 to August 2, 2018 (oral; invited)

28) Suzuki, T., N.A. Ghazy, H.G. Abouelmaaty, S. Shibaya, K. Sasaya, S. Yamakawa, A. Takata and A.G. Abouelmaaty (2017) Toward integrated management of Tetranychus urticae: RNAi, natural enemies, and behavioural manipulation. 9th Spider Mite Genome Meeting, Logrono, Spain, October 23-25, 2017 (oral; invited)

27) Sasaya, K., M. Yamamoto and T. Suzuki (2017) A system for quantitatively evaluating the chemo-orientation behavior of the two-spotted spider mite, Tetranychus urticae. The Joint Meeting of the 33rd Annual Meeting of the ISCE and the 9th Meeting of the APACE, Kyoto, Japan, August 23-27, 2017 (poster)

26) Suzuki, T., H.G. Abouelmaaty, S. Shibaya and S. Yamakawa. Injection or ingestion of small molecules and particles into the two-spotted spider mite, Tetranychus urticae. 8th Spider Mite Genome Meeting, Logrono, Spain, October 17-19, 2016 (oral; invited)

25) Suzuki, T., M.A. Nunes, M.U. Espana, H.H. Namin, P. Jin, N. Bensoussan, V. Zhurov, T. Rahman, R. De Clercq, P. Hilson, V. Grbic and M. Grbic (2016) High-throughput platform for RNAi-based reverse genetics in the chelicerate model Tetranychus urticae. 8th Spider Mite Genome Meeting, Logrono, Spain, October 17-19, 2016 (oral; invited)

24) Suzuki, T., M.U. Espana, M.A. Nunes, V. Grbic and M. Grbic (2016) RNA interference by soaking in the two spotted spider mite, Tetranychus urticae. 25th International Congress of Entomology, Orlando, FL, September 25-30, 2016 (oral)

23) Espana, M.U., T. Suzuki, M.A. Nunes, V. Grbic and M. Grbic (2015) RNAi as a next generation biotechnological method to control pests: Analysis of different dsRNA delivery methods for RNAi in spider mites. 13th Ontario Pest Management Conference, Guelph, Canada, November 12, 2015 (oral; invited).

22) Suzuki, T., M.U. Espana, M.A. Nunes, H.H. Namin, V. Zhurov, V. Grbic and M. Grbic (2015) Different methods to deliver RNAi in spider mites. 7th Spider Mite Genome Meeting, L’Escala, Spain, September 28-October 2, 2015 (oral; invited)

21) Okayama, T., T. Goto, T. Suzuki and A. Toyoda (2014) Monitoring nest building in mice and leaf movement of kidney beans using an infrared range camera. International Conference on Agro-industry, Yogyakarta, Indonesia, November 24-25, 2014 (oral)

20) Mitsugi, M., T. Suzuki, A. Toyoda, T. Okayama (2014) Monitoring of leaf movement of kidney beans by using an infrared depth camera. International Conference on Plant Factory 2014, Kyoto, Japan, November 10-12, 2014 (oral)

19) Espana, M.U., T. Suzuki, H.H. Namin, V. Grbic and M. Grbic (2014) Three different methods to deliver RNAi in spider mites. 6th Spider Mite Genome Meeting, Ibiza, Spain, October 6-10, 2014 (oral)

18) Suzuki, T. and T. Okayama (2014) From pixel to voxel: ride on point clouds! 14th International Congress of Acarology, Kyoto, Japan, July 14-18, 2014 (oral)

17) Suzuki, T., T. Kojima, M. Takeda and M. Sakuma (2014) Disappearance of photo-orientation behavior in eye-ablated Tetranychus urticae. 14th International Congress of Acarology, S1-01-3, Kyoto, Japan, July 14-18, 2014 (oral)

16) Ghazy, N.A., H. Amano, K. Ohyama and T. Suzuki (2013) Cold storage of predatory mite Neoseiulus californicus is improved by pre-storage feeding on diapausing spider mite Tetranychus urticae. 2nd Global Conference on Entomology. Kuching, Malaysia, November 8-12, 2013 (oral)

15) Mantzana, B., T. Suzuki, A. Kokkari, N. Kouloussis and D.S. Koveos (2013) The effect of ultraviolet (UV-B) irradiation on survival, predation and egg production of the predatory mites Iphiseius degenerans and Amblyseius swirskii. 15th Panhellenic Entomological Congress, Kavala, Greece, October 22-25, 2013

14) Suzuki, T., T. Kojima, M. Takeda and M. Sakuma (2012) Virtual reality experiments on a micro-locomotion compensator: seasonal changes in the spectral sensitivity of Tetranychus urticae. 24th International Congress of Entomology, S1504W04, Daegu, Korea, August 19-25, 2012 (oral)

13) Ghazy, N.A., T. Suzuki, H. Amano and K. Ohyama (2012) Humidity-controlled cold storage of the predatory mite, Neoseiulus californicus (McGregor) (Acari: Phytoseiidae), an important natural enemy of spider mites. 24th International Congress of Entomology, O405TU02, Daegu, Korea, August 19-25, 2012 (oral)

12) Ohyama, K., T. Suzuki, H. Amano, M. Shah and N.A. Ghazy (2012) Environmental management technology for controlling spider mites. 2nd Symposium on Horticulture in Europe, T3-2, Angers, France, July 1-5, 2012 (oral)

11) Tsarsitalidou, O., T. Suzuki and D.S. Koveos (2011) Effect of ultraviolet-B (UV-B) radiation on a Greek population of the spider mite Tetranychus urticae. 14th Panhellenic Entomological Congress, Nafplio, Greece, October 11-14, 2011

10) Hiragaki, S., T. Kobayashi, N. Ochiai, T. Suzuki, K. Matsuda and M. Takeda (2011) Analysis of a GABA receptor subtype structure of Tetranychus urticae for functional specificity to develop drug design for novel miticides. Sixth International Symposium on Molecular Insect Science, Abstract: 494, Amsterdam, The Netherlands, October 2-5, 2011 (oral)

9) Ghazy, N.A., T. Suzuki, M. Shah, H. Amano and K. Ohyama (2010) Low temperature and high humidity as a strategy for long-term storage of a predatory mite Neoseiulus californicus (Gamasida: Phytoseiidae). 13th International Congress of Acarology, Abstract: 92, Recife, Brazil, August 23-27, 2010 (oral)

8) Suzuki, T., M. Shah, N.A. Ghazy, M. Takeda, H. Amano and K. Ohyama (2010) A space-saving system for testing the photoperiodic response of insects and mites, and its use in diapause experiments for Tetranychus urticae. 13th International Congress of Acarology, Abstract: 270-271, Recife, Brazil, August 23-27, 2010 (poster)

7) Suzuki, T., T. Kojima, M. Takeda and M. Sakuma (2010) Why Tetranychus urticae prefer the underside of leaves: kinetic responses to UV-B and visible light? 13th International Congress of Acarology, Abstract: 269-270, Recife, Brazil, August 23-27, 2010 (oral)

6) Suzuki, T. and M. Takeda (2009) Manipulating the light environment to control agricultural arthropod pests: photoperiodism and UV sensitivity in the two-spotted spider mite, Tetranychus urticae. International Conference on Energy Efficiency and Agricultural Engineering, Proceeding: 815-820, Rousse, Bulgaria, October 1-3, 2009 (oral)

5) Suzuki, T. and M. Takeda (2008) Resistance to UV radiation in the two-spotted spider mite, Tetranychus urticae. International Symposium on Mites and Whitefly, Proceeding: 35-36, Gyeongju, Korea, October 9-11, 2008 (oral)

4) Izawa, N., T. Suzuki and M. Takeda (2008) Effect of wavelengths on the N-acetyltransferase activity in Dianemobius nigrofasciatus (Orthoptera: Gryllidae). 23rd International Congress of Entomology, Abstract: 1474, Durban, South Africa, July 6-12, 2008 (poster)

3) Suzuki, T. and M. Takeda (2008) Action spectrum for the suppression of arylalkylamine N-acetyltransferase activity in the two-spotted spider mite Tetranychus urticae. 23rd International Congress of Entomology, Abstract: 1419, Durban, South Africa, July 6-12, 2008 (oral)

2) Suzuki, T., H. Amano, E. Goto and T. Kozai (2006) Effects of light period on diapause induction in a Japanese strain of the two-spotted spider mite Tetranychus urticae. 12th International Congress of Acarology, Abstract: 199-200, Amsterdam, The Netherlands, August 21-26, 2006 (oral)

1) Suzuki, T., H. Amano and T. Kozai (2005) Effect of visible light wavelengths on the population growth rate of the two-spotted spider mite (Tetranychus urticae Koch). 102nd Annual Conference of American Society for Horticultural Science, Abstract: HortScience 40, 1025, Las Vegas, Nevada, USA, July 18-21, 2005 (poster)


Domestic Conferences

62) 山川颯太,大山克己,矢守航,鈴木丈詞(2017)ナミハダニの低酸素応答.第26回日本ダニ学会大会,鹿児島,2017年9月30日(口頭)

61) 高田愛弓,和氣坂成一,林直孝,有本裕,鈴木丈詞(2017)ナミハダニに対するサフオイル乳剤の殺卵メカニズム.第61回日本応用動物昆虫学会大会,小金井,2017年3月27日-29日(口頭)

60) 山川颯太,鈴木丈詞(2017)酸素濃度調節によるナミハダニ防除の検討. 第61回日本応用動物昆虫学会大会,小金井,2017年3月27日-29日(ポスター)

59) 笹屋一大,山本雅信,鈴木丈詞(2017)不揮発性生理活性物質に対するナミハダニの定位行動の定量的評価法.第61回日本応用動物昆虫学会大会,小金井,2017年3月27日-29日(ポスター)

58) 柴谷駿,鈴木丈詞(2017)ナミハダニへのマイクロインジェクション法の検討.第61回日本応用動物昆虫学会大会,小金井,2017年3月27日-29日(ポスター)

57) 山下実樹安,鈴木丈詞(2017)屋外環境を屋内に再現する閉鎖型環境シミュレータの開発.第61回日本応用動物昆虫学会大会,小金井,2017年3月27日-29日(ポスター)

56) 平井規央,大津建大,石井実,鈴木丈詞,天野洋(2016)気候変動シミュレーターを用いた日本列島におけるクロマダラソテツシジミの定着可能性の推定.第26回日本環境動物昆虫学会大会,長野,2016年11月11日-13日(口頭)

55) Abouelmaaty, H. and T. Suzuki (2016) Foliar application of dsRNA to RNAi-mediated gene silencing in the two-spotted spider mite, Tetranychus urticae. 第25回日本ダニ学会大会, 札幌, 2016年10月14-16日 (口頭)

54) 王至弘, 細見亜耶佳, 鈴木丈詞, 北嶋康樹, 後藤哲雄 (2016) 真空処理によるハダニおよびカブリダニの成虫に対する防除効果および給水の影響. 第25回日本ダニ学会大会, 札幌, 2016年10月14-16日 (口頭)

53) 大津建大, 平井規央, 石井実, 鈴木丈詞, 天野洋 (2016) 温度条件から見たクロマダラソテツシジミの日本列島定着の可能性. 日本昆虫学会第76回大会・第60回日本応用動物昆虫学会大会合同大会, 大阪, 2016年3月26日-29日 (ポスター)

52) 大津建大, 平井規央, 石井実, 鈴木丈詞, 天野洋 (2015) 日本列島におけるクロマダラソテツシジミの越冬可能性. 日本鱗翅学会第62回大会, 鳥取, 2015年10月31日-11月1日 (口頭)

51) Amini, M.Y., A. Osawa, Y. Takano, T. Suzuki, Y. Kitashima, T. Goto (2015) Night interruption: effects of light quality and intensity on diapause induction of Tetranychus kanzawai Kishida (Acari: Tetranychidae). 第24回日本ダニ学会大会, 東京, 2015年9月11-13日 (口頭)

50) 鈴木丈詞, M.U. Espana, M.A. Nunes, H.H. Namin, V. Zhurov, V. Grbic, M. Grbic (2015) ハダニRNAiにおけるdsRNA投与法. 第24回日本ダニ学会大会, 東京, 2015年9月11-13日 (口頭)

49) 王至弘, 細見亜耶佳, 鈴木丈詞, 北嶋康樹, 後藤哲雄 (2015) ハダニとカブリダニの卵に対する真空処理の効果. 第24回日本ダニ学会大会, 東京, 2015年9月11-13日 (口頭)

48) 吉岡義雄, 鈴木丈詞, 北嶋康樹, 後藤哲雄 (2015) Tetranychus属ハダニ3種におけるUV-B損傷と光回復の種間差. 第59回日本応用動物昆虫学会大会, 山形, 2015年3月27-29日 (ポスター)

47) 高野友二郎, 鈴木丈詞, 北嶋康樹, 後藤哲雄 (2015) スミスアケハダニの休眠卵産下における感受期の調査. 第59回日本応用動物昆虫学会大会, 山形, 2015年3月27-29日 (ポスター)

46) 北川明佳, 高野友二郎, 鈴木丈詞, 北嶋康樹, 後藤哲雄 (2015) 暗期中断の質および量がナミハダニおよびカンザワハダニの休眠誘起抑制に及ぼす影響. 第59回日本応用動物昆虫学会大会, 山形, 2015年3月27-29日 (ポスター)

45) 岡田康宏, 高野友二郎, 鈴木丈詞, 北嶋康樹, 後藤哲雄 (2015) 変動環境シミュレータを用いたカンザワハダニおよびナミハダニの休眠誘起率に及ぼす一定環境と変動環境の比較. 第59回日本応用動物昆虫学会大会, 山形, 2015年3月27-29日 (ポスター)

44) 王至弘, 鈴木丈詞, 北嶋康樹, 後藤哲雄 (2015) 酸素処理による害虫防除および天敵分離技術の開発~成虫篇~. 第59回日本応用動物昆虫学会大会, 山形, 2015年3月27-29日 (ポスター)

43) 高野友二郎, 鈴木丈詞, 北嶋康樹, 後藤哲雄 (2014) 温度周期がスミスアケハダニの休眠誘導に及ぼす影響. 第23回日本ダニ学会大会, 盛岡, 2014年10月18-19日 (口頭)

42) 王至弘, 鈴木丈詞, 北嶋康樹, 後藤哲雄 (2014) 無酸素処理による選択的ハダニ防除技術の開発. 第23回日本ダニ学会大会, 盛岡, 2014年10月18-19日 (口頭)

41) 豊田淳, 後藤達彦, 荒川俊也, 小針大助, 鈴木丈詞, 岡山毅 (2014) 赤外線深度センサを利用した動物, 植物の動きの解析. 第87回日本生化学会大会, 京都, 2014年10月15-18日 (口頭)

40) 三ツ木ももこ, 鈴木丈詞, 豊田淳, 岡山毅 (2014) 赤外線深度センサを用いた異なる光強度に対するインゲンマメの調位運動解析. 第50回農業食料工学会関東支部年次大会, 袋井, 2014年8月6-7日 (口頭)

39) 岡山毅, 鈴木丈詞 (2014) 三次元センサを用いたインゲンマメ葉の調位運動計測. 第73回農業食料工学会年次大会, 沖縄, 2014年5月16-19日 (口頭)

38) 王至弘, 鈴木丈詞, 北嶋康樹, 後藤哲雄 (2014) 無酸素処理による害虫防除および天敵分離技術の開発. 第58回日本応用動物昆虫学会大会, 高知, 2014年3月27-28日 (ポスター)

37) 高野友二郎, 鈴木丈詞, 北嶋康樹, 後藤哲雄 (2014) スミスアケハダニの温度依存性休眠機構の解明. 第58回日本応用動物昆虫学会大会, 高知, 2014年3月27-28日 (ポスター)

36) 吉岡義雄, 鈴木丈詞, 北嶋康樹, 後藤哲雄, 大野豪 (2014) 沖縄産ハダニ4種の卵におけるUV-B損傷と光回復の種間差. 第58回日本応用動物昆虫学会大会, 高知, 2014年3月27-28日 (ポスター)

35) 鈴木丈詞, 高野友二郎, 北嶋康樹, 後藤哲雄, 平井規央, 渋谷俊夫, 天野洋, 大山克己 (2014) 屋外の環境を室内に再現する変動環境シミュレータの開発:第2号試作機. 第58回日本応用動物昆虫学会大会, 高知, 2014年3月27-28日 (ポスター)

34) Ghazy, N.A., T. Suzuki, H. Amano and K. Ohyama (2013) Air temperature optimisation for humidity-controlled cold storage of the predatory mites Neoseiulus californicus and Phytoseiulus persimilis (Acari: Phytoseiidae). 第22回日本ダニ学会大会, 静岡, 2013年9月27-29日 (口頭)

33) 鈴木丈詞, 王至弘, 北嶋康樹, 後藤哲雄, 天野洋, 大山克己 (2013) 無酸素処理による植物苗の害虫フリー化技術の開発: ハダニ類に対する影響. 第22回日本ダニ学会大会, 静岡, 2013年9月27-29日 (口頭)

32) 吉岡義雄, 鈴木丈詞, 大野豪, 北嶋康樹, 後藤哲雄 (2013) 深紫外および白色LEDを用いた沖縄産ハダニ4種の孵化実験: UV-B損傷と光回復. 第22回日本ダニ学会大会, 静岡, 2013年9月27-29日 (口頭)

31) Ahmed, A.M.M., Q. Wang, J. Bembenek, T. Suzuki, T. Tsugehara, S. Hiragaki, N. Ichihara and M. Takeda (2013) N-acetyltransferase (nat) is a critical conjunct of photoperiodism in Antheraea pernyi with circadian system and endocrine axis. シンポジウム: 昆虫の環境適応の生理学, 講演要旨集 6, 大阪, 2013年3月30日 (口頭)

30) 西出雄大, 田中誠二, 佐伯真二郎, 鈴木丈詞 (2013) サバクトビバッタとトノサマバッタにおける孵化時刻の制御. 第57回日本応用動物昆虫学会大会, 講演要旨集 86, 藤沢, 2013年3月27-29日 (口頭)

29) 笠井敦, 鈴木丈詞, 大山克己, 天野洋 (2013) ホウレンソウケナガコナダニの歩行に及ぼす温湿度の影響. 第57回日本応用動物昆虫学会大会, 講演要旨集77, 藤沢, 2013年3月27-29日 (口頭)

28) 鈴木丈詞, 大山克己 (2013) 変動環境シミュレータの提案. 第57回日本応用動物昆虫学会大会, 講演要旨集 70, 藤沢, 2013年3月27-29日 (口頭)

27) 鈴木丈詞 (2012) 農業害虫が葉の裏にいる理由: バーチャルリアリティ技術を用いた行動解析の結果より. 平成24年度第1回千葉大学産学官連携イノベーションフォーラム, 柏, 2012年10月26日 (ポスター)

26) 鈴木丈詞, 大山克己 (2012) LEDを用いた省スペース型光環境調節システムの開発: 微小生物の休眠実験への利用. 平成24年度第1回千葉大学産学官連携イノベーションフォーラム, 柏, 2012年10月26日 (ポスター)

25) 大山克己, ガジイ ノルエディン アブルハドル, 鈴木丈詞 (2012) 農薬のかわりに害虫防除で活躍しはじめた天敵生物の長期品質保持. 平成24年度第1回千葉大学産学官連携イノベーションフォーラム, 柏, 2012年10月26日 (ポスター)

24) 鈴木丈詞, N.A. Ghazy, 天野洋, 大山克己 (2012) 高性能水蒸気調節システムの開発: ハダニの孵化実験における利用. 第21回日本ダニ学会大会, 松江, 2012年9月28-30日 (口頭)

23) 鈴木丈詞, 小嶋健, 竹田真木生, 佐久間正幸 (2012) 微小移動運動補償装置を用いた光に対するナミハダニの行動応答解析. 第56回日本応用動物昆虫学会大会, 講演要旨集 104, 奈良, 2012年3月27-29日 (口頭)

22) Ghazy, N.A., T. Suzuki, H. Amano and K. Ohyama (2012) Effects of air temperature and water vapor pressure deficit on storage of the predatory mite Neoseiulus californicus (McGregor) (Acari: Phytoseiidae). 第56回日本応用動物昆虫学会大会, 講演要旨集 82, 奈良, 2012年3月27-29日 (口頭)

21) Ghazy, N.A., T. Suzuki, M. Shah, H. Amano and K. Ohyama (2011) Long-term storage strategy for the predatory mite, Neoseiulus californicus, under conditions of low air temperature and high relative humidity with reference to post-storage biological traits. 第20回日本ダニ学会大会, 高知, 2011年9月28-30日 (口頭)

20) 鈴木丈詞, O. Tsarsitalidou, 大山克己, D.S. Koveos (2011) 省スペース型光照射システムの開発: ナミハダニのUV-B感受性試験への利用. 第20回日本ダニ学会大会, 高知, 2011年9月28-30日 (口頭)

19) Ghazy, N.A., T. Suzuki, M. Shah, H. Amano and K. Ohyama (2011) Role of the cannibalistic habit and relative humidity in storage of the predator mite Neoseiulus californicus (Acari: Phytoseiidae). 第55回日本応用動物昆虫学会大会, 講演要旨集 211, 福岡, 2011年3月27-29日 (ポスター), 東日本大震災により開催中止

18) 鈴木丈詞, 小嶋健, 竹田真木生, 佐久間正幸 (2011) 好きな光, 嫌いな光: ナミハダニの光キネシスと休眠. 第55回日本応用動物昆虫学会大会, 講演要旨集 113, 福岡, 2011年3月27-29日 (口頭), 東日本大震災により開催中止

17) 小林武, 平垣進, 落合憲光, 鈴木丈詞, M. Tufail, 竹田真木生, 松田一彦 (2010) ハダニ特異的殺ダニ剤ビフェナゼートの作用機序. 平成22年度日本応用動物昆虫学会中国支部・日本昆虫学会中国支部合同例会, 鳥取, 2010年10月22日 (口頭)

16) Shah, M., T. Suzuki, N.A. Ghazy, H. Amano and K. Ohyama (2010) Effect of night interruption on diapause induction of the Kanzawa spider mite, Tetranychus kanzawai. 第19回日本ダニ学会大会. 講演要旨: 日本ダニ学会誌 20, 46, 仙台, 2010年9月10-12日 (口頭)

15) 鈴木丈詞, 小嶋健, 竹田真木生, 佐久間正幸 (2010) 好きな光, 嫌いな光: ナミハダニの光キネシス. 第19回日本ダニ学会大会, 講演要旨: 日本ダニ学会誌 20, 46, 仙台, 2010年9月10-12日 (口頭)

14) 小林武, 平垣進, 落合憲光, 鈴木丈詞, M. Tufail, 竹田真木生, 松田一彦 (2010) ハダニ特異的殺ダニ剤ビフェナゼートの作用機序. 第19回日本ダニ学会大会, 講演要旨: 日本ダニ学会誌 20, 44, 仙台, 2010年9月10-12日 (口頭)

13) Ghazy, N.A., T. Suzuki, M. Shah, H. Amano and K. Ohyama (2010) Long-term storage of Neoseiulus californicus at low temperature and high humidity: post storage development, survival and reproduction ability. 第19回日本ダニ学会大会, 講演要旨: 日本ダニ学会誌 20, 44, 仙台, 2010年9月10-12日 (口頭)

12) Shah, M., T. Suzuki, N.A. Ghazy, H. Amano and K. Ohyama (2010) Effect of photoperiod on the diapause induction of Kanzawa spider mite, Tetranychus kanzawai. 第54回日本応用動物昆虫学会大会, 講演要旨集104, 千葉, 2010年3月26-28日 (口頭)

11) 鈴木丈詞, M. Shah, N.A. Ghazy, 竹田真木生, 天野洋, 大山克己 (2010) 省スペース型微小生物光周反応調査システムの開発. 第54回日本応用動物昆虫学会大会, 講演要旨集 21, 千葉, 2010年3月26-28日 (口頭)

10) 鈴木丈詞, 竹田真木生 (2009) ナミハダニの紫外線耐性; 休眠との関係. 第53回日本応用動物昆虫学会大会, 講演要旨集 29, 札幌, 2009年3月28-30日 (口頭)

9) 鈴木丈詞, 竹田真木生 (2009) 光環境調節による害虫防除のための基礎研究: ナミハダニの紫外線耐性. 第7回照明学会ヤングウェーブフォーラム, 東京, 2009年3月10日 (口頭)

8) 落合憲光, 鈴木丈詞, 竹田真木生 (2008) マデラゴキブリ(Leucophaea maderae)摘出後腸に対するビフェナゼートの作用. 第52回日本応用動物昆虫学会大会, 講演要旨集 158, 宇都宮, 2008年3月26-28日 (口頭)

7) 鈴木丈詞, 竹田真木生 (2008) 活性酸素のスカベンジャーとしてのメラトニン; UV-BはナミハダニのアリルアルキルアミンN-アセチル転移酵素活性を誘導する. 第52回日本応用動物昆虫学会大会, 講演要旨集 121, 宇都宮, 2008年3月26-28日 (口頭)

6) 福永佳史, 鈴木丈詞, 天野洋, 後藤英司 (2007) 光の波長および強度がナミハダニの休眠に及ぼす影響. 第16回日本ダニ学会大会, 講演要旨: 日本ダニ学会誌 17, 47, 千葉, 2007年10月24-26日 (口頭)

5) 鈴木丈詞, 竹田真木生 (2007) ナミハダニの光感受性―アリルアルキルアミンN-アセチル転移酵素活性およびメラトニン合成阻害の作用スペクトル―. 第16回日本ダニ学会大会, 講演要旨: 日本ダニ学会誌 17, 47, 千葉, 2007年10月24-26日 (口頭)

4) 鈴木丈詞, 天野洋, 古在豊樹 (2005) 光の波長がナミハダニ黄緑型の個体群成長に及ぼす影響. 第14回日本ダニ学会大会, 講演要旨: 日本ダニ学会誌 15, 90, 帯広, 2005年9月20-22日 (口頭)

3) 鈴木丈詞, 天野洋, 古在豊樹 (2005) 明期および暗期がナミハダニ黄緑型の休眠および発育に及ぼす影響. 農業環境工学関連7学会2005年合同大会, 農業環境工学関連7学会2005年合同大会講演要旨集 454, 金沢, 2005年9月12-15日 (口頭)

2) 鈴木丈詞, 天野洋, 古在豊樹 (2004) 明期がナミハダニ黄緑型の休眠および発育に及ぼす影響. 農業環境工学関連4学会2004年合同大会, 農業環境工学関連4学会2004年合同大会講演要旨集 167, 福岡, 2004年9月6-8日 (口頭)

1) 鈴木丈詞, 天野洋, 古在豊樹 (2003) 発光ダイオードを用いたナミハダニ黄緑型の休眠誘起実験. 第12回日本ダニ学会大会, 講演要旨: 日本ダニ学会誌 13, 103, 那覇, 2003年10月23-25日 (口頭)


Invited Seminars

17) Suzuki, T. (2017) Photo-orientation behaviour of the two-spotted spider mite, Tetranychus urticae. Joint Meeting with Nanotech Industry, Barcelona, Spain, October 26, 2017

16) 鈴木丈詞(2017)植物保護のための農工融合アプローチ.群馬県立太田高等学校の学生を対象とした模擬授業,東京農工大学,小金井,2017年10月18日

15) 鈴木丈詞(2017)殺虫剤の簡易スクリーニング法.新技術説明会,JST,東京,2017年6月27日

14) 鈴木丈詞(2017)総合的害虫管理に向けたダニおよび昆虫の環境応答に関する研究.OATアグリオ社主催の研究会,鳴門,2017年4月3日

13) 鈴木丈詞(2017)RNAiによるハダニ防除への挑戦.平成28年度静岡県害虫研究会,静岡,2017年1月19日

12) 鈴木丈詞(2016)持続可能なハダニ管理に向けた統合的アプローチ.2016年度日本線虫学会大会,東京農工大学,小金井,2016年9月15日

11) 鈴木丈詞(2016)ハダニ類の感覚生態学:UV応答と生息場所選択の季節性.第46回ハダニ談話会,大阪府立大学,堺,2016年3月27日

10) 鈴木丈詞(2013)ダニとハンダゴテと私.ハッピーアワー,茨城大学,阿見,2013年10月18日

9) 鈴木丈詞(2012)ハダニ総合防除のための基礎研究:光,天敵,殺ダニ剤.生命機能学科セミナー,法政大学,小金井,2012年10月17日

8) 鈴木丈詞(2012)ダニの季節適応と休眠:光周性,UV感受性および長期生存.第14回昆虫の季節適応談話会,玉川大学,町田,2012年9月17日

7) 鈴木丈詞(2012)ハダニが葉裏にいる理由.柏の葉ダニセミナー,千葉大学,柏,2012年8月10日

6) 鈴木丈詞(2012)光を利用するダニ:季節適応と休眠.昆虫生理学分野セミナー,京都大学,京都,2012年7月20日

5) 鈴木丈詞(2011)学振申請書作成のポイント~失敗した点, 改善した点~.日本学術振興会特別研究員を目指す! 特別研究員採用者の体験談とアドバイス,千葉大学国際部研究推進課若手研究室支援室主催,千葉,2011年2月8日

4) Suzuki, T. (2010) Integrated management of the two-spotted spider mite, Tetranychus urticae: photoperiodism, UV sensitivity and GABA receptor. Open Seminar in Democritus University of Thrace, Orestiada, Greece, March 16, 2010

3) Suzuki, T. (2010) Manipulating light environment for arthropod pest control: photoperiodism and UV tolerance in the two-spotted spider mite, Tetranychus urticae. Open Seminar in Aristotle University of Thessaloniki, Greece, February 3, 2010

2) 鈴木丈詞(2009)ナミハダニ総合防除のための基礎研究:光周性,紫外線耐性およびGABA受容体.昆虫自主セミナー,農業生物資源研究所,つくば,2009年6月26日

1) 鈴木丈詞(2008)ナミハダニ総合防除のための基礎研究:光周性,紫外線耐性および種特異的殺ダニ剤について.果樹研セミナー,農研機構・果樹研究所,盛岡,2008年12月4日