News


2020/2/10

Moleculesに論文が受理されました(永井教授@東京海洋大学との共同研究)。

2020/1/21

Aisan J. Org. Chem.に論文が受理されました。

2019/12/29

Biochem. Biophys. Res. Commun.に論文(Review)が受理されました。

2019/12/24

Marine Drugsに論文(Review)が受理されました。

2019/11/25

Chem. Eur. J.に論文が受理されました。

2019/11/12

小田木助教のSeidel研究室@フロリダ大学での研究成果が、Angew. Chem. Int. Ed.に受理されました(JSPS頭脳循環プログラムによる派遣)。論文はこちら → 10.1002/anie.201912677

2019/10/31

佐々木捷悟くん(D2)がISNAC Outstanding Poster Award in 2019を受賞しました!

2019/10/17

ACS Chem. Biol. に論文が受理されました(上杉教授@京都大学との共同研究)。

2019/9/19

馬 悦特任助教がACT-Xに採択されました。

2019/9/18

J. Steroid Biochem. Mol. Biol.に論文が受理されました(橘高教授@帝京大学との共同研究)。

2019/9/10

Nucl. Acids Res.に論文が受理されました(Balci教授@Kent State Univ.との共同研究)。

2019/9/5

寺准教授が第13回バイオ関連シンポジウム講演賞を受賞しました!

2019/8/26

Asian J. Org. Chem.に論文(Review)が受理されました。

2019/7/18

細谷圭介くん(D2)が第5回野依フォーラム若手育成塾 第5期生に選出されました!

2019/7/1

寺 正行准教授が着任しました。

Recent Publications


SSynthesis of Spiroguanidine Derivatives by Dearomative Oxidative Cyclization using Hypervalent Iodine Reagent
Asian J. Org. Chem. 2020 , 9Accepted.
Synthesis of C12-keto saxitoxin derivatives with unusual inhibitory activity against voltage-gated sodium channels
Chem. Eur. J. 2020 , 26Accepted.
Synthesis of Isoxazolidines by Intramolecular Hydroamination of N-Alkoxyamides in the Presence of a Visible-Light Photoredox Catalyst
Bull. Chem. Soc. Jpn. 2019, 92, 1447-1449.
Stereoselective Synthesis of Four Calcitriol Lactone Diastereomers at C23 and C25
J. Org. Chem. 2019 , 84, 7630-7641 .
Binding of a Telomestatin Derivative Changes Mechanical Anisotropy of Human Telomeric G-quadruplex
Angew. Chem., Int. Ed. 2019 , 58, 877-881 .
Analysis of interaction between telomeric i-motif DNA and a cyclic tetraoxazole compound
ChemBioChem 2018, 19, 2268-2272.
Development of G-quadruplex ligand for selective induction of parallel-type topology
Org. Biomol. Chem. 2018,  16, 7375-7382.
  Synthesis of a Quaternary N,N'-Aminal-Containing A-E Ring System of Palau'amine via Enamide-type Overman Rearrangement Reaction
Eur. J. Org. Chem. 2018, 2572-2578.
Total Synthesis of (+)-Gracilamine Based on Oxidative Phenolic Coupling Reaction and Determination of its Absolute Configuration
Angew. Chem., Int. Ed. 2018, 57, 2229-2232.

Access


184-8588
東京都小金井市中町2-24-16 東京農工大学 小金井キャンパス 10号館 1階 103室
 042-388-7295(直通)
 knaga at cc.tuat.ac.jp

Links


Cover Pictures


 
  J. Org. Chem. (2019)
 
 Org. Biomol. Chem. (2018)
Chem. Pharm. Bull. (2018)
Chem. Eur. J. (2015)
Angew. Chem., Int. Ed. (2013)