東京農工大学大学院 生物システム応用科学府(BASE)
農学部 環境資源科学科 環境物質科学

 

赤井研究室

赤井研は2012年2月に発足した研究室です。

赤外分光法やラマン分光法といった分子分光手法を用いて、化学反応機構について分子レベルで研究しています。
最近注目しているのは
・大気中で環境汚染分子(とされる分子種)がどのように反応していくのか?
・蒸発するときに分子構造は変化するのか?
・微小な水滴や氷粒、エアロゾルでの化学反応機構
詳しくは研究の紹介をご覧ください

ようやくメンバーが増えたので1年ぶりに再び更新しました。

少数精鋭(?)体制で、細々と研究を行っていきたいとおもいます。
実験室には高分解能FT-IR・低温装置・小型レーザーなど入りました。
研究内容などに興味がある方はぜひ見学・雑談にきてください。

赤井研配属を希望する学生の方はこちらをご覧ください

オーロラじゃないよ 実験室