東京農工大学
岡 野 研 究 室
English アクセス お問い合わせ
Menu

 「生き物らしさ」は,DNAやタンパク質などの生体分子が高度かつ緻密に関与し合うことで生み出されています.一方で,そのような機構が原始の生命に初めから備わっていたとは考えづらく,原始細胞の振る舞いの決定には物理現象が大きく影響していたと推測されます.

 岡野研究室ではマイクロ工学をベースに,非平衡物理学や合成生物学の知見を活用して生命現象の深奥に隠された物理現象を調べるとともに,非生物から「生き物らしさ」が生み出される物理的に可能なシナリオを探求しています.これにより,細胞の物理モデルを構築することを目指しています.また,マイクロ工学の技術を活用し,生命科学の先端研究が求める技術プラットフォームの開発も行っています.

紹介動画

Research Topics


化学振動子の
集団ダイナミクス

脂質二重膜小胞の
形態変化

DNA 1分子からの
タンパク質合成計測

タンパク質合成量の
反応場体積依存性

液滴+マイクロ流路
(論文準備中)

衝撃検出センサ
(Ring!Ring!Project)
化学振動子の集団ダイナミクス
脂質二重膜小胞の形態変化
DNA 1分子からのタンパク質合成計測
タンパク質合成量の反応場体積依存性
液滴+マイクロ流路
(論文準備中)
衝撃検出センサ
(Ring!Ring!Project)