オンライン授業のためのweb会議ツール

2020年度3学期以降に使用できるツール

FAQ 授業事例集トラブル対応集
あわせてご参照ください。

2022.3.16更新

全教職員、学生の皆さまがGoogle for EducationのGoogle MeetとZoomを利用できます。また、300名を超える参加者がいる場合はWebexをご利用ください。Webexのライセンスは、希望される方への限定的な提供となります。

オンライン授業準備に関する簡易マニュアル

授業動画作成やGoogle Classroomの整備、学生への授業資料や動画の提供について、基本的な操作をマニュアルにまとめましたのでご活用ください。

 ※上記のマニュアルは、作成時(2022年3月)のGoogle ClassroomやZoomの操作に基づく説明となっています。

本学のGoogle Meetについて

Google ClassroomやGoogle カレンダーでリンクが生成できます。2021年10月以降、録画機能が使えなくなりますのでご注意ください。
Google Meetには、次の仕様、機能が備わっています。

  • 参加人数上限:100名
  • ホスト権限:クィックアクセスの可否、参加者による画面共有やチャット送信の可否
  • 対話機能:挙手機能、参加者の映像のタイル表示、オンラインホワイトボード機能
  • その他:カスタム背景、字幕機能(日本語は非対応)

Meetの簡易マニュアルは、こちら(PDF:4.9MB) から参照できます。

Google Meet ライセンス版は、2021年10月より利用を停止することとなりました。

10月27日から農工大のGoogleへのログイン方法が統合認証システムを利用する方法 に変わっています。
詳細は こちら(閲覧には大学Googleへのログインが必要) をご参照ください。

Zoomについて

常勤の全教職員及び非常勤講師、学生に、TUAT IDに紐づいたZoomのライセンスが付与されます。下方に説明される農工大Zoomにサインインし、「ミーティングのスケジュール」することでリンクを生成します。
Zoomの機能の概要は次の通りです。

     
  • 参加人数上限:300名
  • 待機室:参加者のアカウント名を確認して入室を許可
  • 録画:動画のクラウド/ローカル保存。保存期間の制限なし。
  • グループワーク:ブレイクアウト機能、オンラインホワイトボード機能
  • ホスト権限:全員のミュート、他の人へのホスト指名、ブレイクアウトの運営
  • 対話機能:リアクション(挙手、拍手、はい/いいえ等)、プライベートチャット、参加者が参加者名を変更できる機能
  • その他:カスタム背景、フィルター機能、字幕機能(日本語は非対応)

Zoomのサインインについては、次のリンクやマニュアルをご活用ください。

【サインイン方法1: tuat-jp.zoom.us(農工大用ページ) から】

①「Sign in」をクリックします
②表示される統合認証システムの画面で、ユーザー名に「TUAT-ID」を入力し「次へ」をクリックします
③「TUAT-IDのパスワード」を入力し、「次へ」をクリックします


【サインイン方法2: zoom.us のサインインページから】

①下方の「SSOでサインイン」を選択します
②Company Domainに「tuat-jp」を入力します
③表示される統合認証システムの画面で、ユーザー名に「TUAT-ID」を入力し「次へ」をクリックします
④「TUAT-IDのパスワード」を入力し、「次へ」をクリックします


【授業参加者を、農工大のドメインでサインインしている学生に制限したい場合】
こちらの簡易ガイドをご参照ください。
zoom参加者をドメイン指定で制限する
(別添_学生への案内用)農工大zoomへのサインイン方法

【サインインに関する詳細情報】
総合情報メディアセンターのHPの「3.2 Zoom Meeting」
zoomスタートアップマニュアル
こちらのマニュアルでは、以前個人で大学のメールアドレスを登録して無償または有償のzoomアカウントを取得されていた場合に、大学ライセンスのアカウントへ切り替える方法についても説明されています。
 
10月23日からログイン方法が変わっています。
TUAT-IDによる統合認証システムへのログインとなりました。詳細は こちら(閲覧には大学Googleへのログインが必要) をご参照ください。

Webexについて(利用希望申請が必要)

履修者数や会議出席者数が300名〜1000人の場合、Webexを利用することができます。
利用希望申請については、こちら をご確認の上、ご不明な点は総合情報メディアセンターにお問い合わせください。なお、全学で利用可能なライセンス数には限りがあります。全てのご希望に添うことができない場合もございますことを予めご了承ください。

Webexの簡易マニュアルは、 こちら から参照できます。(準備中)

どのシステムが良いか

 授業の履修人数や授業形態によって、適切なツールをお選びください。

・参加者人数
100人以下 → Meet 、Zoom、Webex
300人以下 → Zoom、Webex
301人以上 → Webex

・録画動画
録画の必要はない → Meet
ダウンロードまたは長期保存したい → Zoom、Webex
※Zoomのクラウドの容量は限られていますので、クラウドに保存された場合はできるだけ早急のダウンロード保存をお願いします。

・グループワーク
グループワークをしたい → Zoom、Webex

・チャット
全員宛のチャット機能 → Meet、Zoom、Webex
特定の人宛のチャット機能 → Zoom、Webex

詳細は下記の表をご参照ください。

Meet Zoom Webex
同時接続可能人数 100 300 1000
録画機能 x
録画ファイルの保存先 N/A ローカル※1 クラウド
(容量無制限)
参加者が挙手する
主催者が参加者の音声をミュート
参加時に参加者の音声をミュート ×
全員宛のチャット
主催者または特定の参加者宛のチャット ×
ブレイクアウト機能(グループワーク) ×
ホワイトボードの共有
バーチャル背景
投票・簡易クイズ ×

※1 クラウドの容量は限られていますので、クラウドに保存された場合はできるだけ早急のダウンロード保存をお願いします。

授業動画撮影用に提供できる部屋について

授業動画撮影のためのオンライン授業準備室(録画スタジオ)を提供します。予約制になりますので、ご希望の方は下記の問い合わせ窓口までご連絡ください。

・対象者
ホワイトボードやモニターを使った授業動画の録画を希望する教員

・場所
府中キャンパス本館1階 117(旧国際センター)、本館セミナー室(旧第五会議室)
小金井キャンパス13号館5階503室

・設置機器
大型モニター・スピーカー

・貸出機器
ビデオ・三脚(利用者がSDカードを持参)

問い合わせ窓口

上記の内容について、ご不明な点やお問い合わせは下記までお願いいたします。
online-help-groups(あっと)go.tuat.ac.jp 【 (あっと)の代わりに@を挿入ください。】

FAQのページもご参照ください。
オンラインツールへのアクセス方法や利用希望申請方法ついては、 こちら のページで案内されています。こちらのページをご確認の上、ご不明な点は総合情報メディアセンターにお問い合わせください。