オンライン授業FAQ

Qの質問をクリックしてください。回答が表示されます。

Google Classroom

Q. 「質問」に、Googleフォームで作成した質問フォームを添付して投稿したが、「質問を表示」から回答状況や回答内容を確認できない。

フォームへの回答は、フォームの編集ページで回収、集計されています。確認するには、「質問」のgoogleフォームをクリックし、右下のペンマークからフォームの編集画面を開けると、上方にある「回答」のページで確認できます。フォームへの回答/未回答は、「質問」の「全ての生徒の解答」には反映されないため、フォームに回答しても(コメントに記入していなければ)未提出扱いになるようです。 資料A参照

Q. 質問、課題、テスト付き課題はどのように使い分けたら良いのか。

質問の投稿では、記述式または選択式の単独の質問(一問のみ)を設定できます。
例えば、授業中に単発の質問を設定した場合、Classroom上で回答を集め、「全ての生徒の解答」のページで回答を確認することができます。選択式の質問ですと、回答内容がグラフ表示されます。
「生徒にクラスの回答の概要の閲覧を許可する」にチェックを入れておくと、学生にも、クラス全体の学生の回答内容が共有されます。この時、コメント欄については、学生からの質問や反応を集める、といった使い方が考えられます。

課題の場合は、Word等のファイルの提出を課したり、教員がWordやExcelで作成した質問用紙を添付したり、フォームを使ってアンケートフォームを使った質問用紙を設定したりすることもできます。学生は、指定どおりにファイルを提出したり、質問用紙をダウンロードし回答を書き込んだファイルを提出したり、フォームに書き込んで送信したりできます。学生の提出/未提出は「全ての生徒の解答」で確認でき、フォームの場合の回答内容はフォームの編集画面から確認できます。 資料A参照

テスト付き課題の場合は、テスト仕様のフォームが添付されており、フォームに質問と配点、正答を指定したテストを作成することができます。正答を設定すると自動採点され、スコアをClassroomにインポートすることができます。採点結果の結果通知は、学生が送信した直後に提示したり、教員が確認した後に送信することができます。学生の提出/未提出は「全ての生徒の解答」で確認でき、回答内容はフォームの編集画面から確認できます。(添付参照)

Q. 質問、課題、テスト付き課題は、公開する時間と、回答期限を設定できるのか。

はい、編集画面で、公開する時間は「課題を作成」の横にある▼ボタンから、回答期限は「期限」と書かれた項目から設定できます。ただ、一度投稿してしまった場合は投稿を取り下げることはできません。投稿ずみの課題等を投稿予定に戻したい場合は、「投稿を再利用」して新しいコピーを作り、編集画面で投稿予定とした後で、投稿ずみの課題を削除する、という方法もあります。

Q. 課題に「点数」を設定したが、この使い方が分からない。

編集画面でこの課題の配点を設定すると(例えば10点)、課題設定後、「課題を表示」画面にの学生の表に「_/10」と表示されます。提出物を確認しながら、得点を手入力で入れていきます。この得点表の点数は、「採点」のページに反映されます。最初は「下書き」状態での入力ですが、学生に返却することで確定できます。
クラスの設定のページで、採点の設定で「総合成績を計算する」を「合計点」に設定すると、「採点」のページの表に、合計点が%で示されます。この%は、配点の合計における得点の合計の割合になります。採点の設定は、「合計点」の他に「カテゴリー加重」を選ぶこともでき、「カテゴリー」とそれぞれの比重を設定することもできます。

Q. テストの自動採点はどうしたらできるのか。

「テスト付きの課題」から可能です。「授業」のページの「作成」から「テスト付き課題」を選択すると、表示される編集画面にはテスト仕様のフォームが添付されています。このフォームに質問と正答、配点を指定すると自動採点が可能です。(自由記述は自動採点できません)。採点されたスコアは、学生が提出時に確認する、または返却時に通知することが可能です。設定後、「課題を表示」のページで「成績のインポート」をクリックすると、フォームのスコアをクラスルームの得点表に書き写すことができます。 資料F参照

Q. 学生にクイズを設定した場合、教員側からは解答者氏名,日時,解答内容の一覧が見えるのか。

「質問」の場合、「全ての生徒の解答」に回答の集計、回答日、誰(TUAT-IDとリンクしている"氏名")がどの回答をしたのかが表示されます。「質問」「課題」「テスト付き課題」でフォームを利用する場合、フォームの「設定(歯車マーク)」から「メールアドレスを収集する」をクリックしておきますと、フォームの編集画面からcsvやエクセルで回答をダウンロードすれば、メールアドレス、回答時間、回答内容の一覧表を作成できます。このとき、質問項目に学籍番号や氏名を記載させる質問を含めておくと、氏名や学籍番号でソートすることができます。(つまり、氏名や学籍番号を収集する場合は、質問項目に含める必要があります)。

Q. 資料などの公開開始日時指定、公開終了日時指定はどうすればできるのか。

「資料」や「課題」その他全ての投稿で、「投稿」または「課題を作成」の横にある▼ボタンから公開日と時間を設定できます。スマホのアプリにはこの機能がなく、パソコンからのみ操作可能です。公開終了日は設定できませんので、手動で投稿を削除する必要があります。

Q. フォームの作成が完了し、「送信」をクリックしても、Classroomでは下書き状態なのはなぜか。

Google formは作成中随時ドライブに保存されています。「送信」ボタンは使用せず、作成が完了し上方に出てくる「保存しました」のメーセージを確認したら、ウィンドウを閉じてClassroomの投稿編集ページに戻ってください。その投稿編集ページから、投稿や投稿予定などを行ってください。

Q. 投稿予定時間通りには投稿されない。

投稿予定時間を設定していても、1~7分程度遅れて投稿が反映されることが報告されています。タイムラグを考慮して時間を設定ください。また、時間を厳密に設定したいテストについては、手動で投稿するようにしてください。

Q. 教員側から生徒側の画面(の見え方)を確認したい。

学生にどのように見えているのか確認する機能はありませんので、生徒として登録し動作確認をしてくれる協力者が必要になります。

Q. いろいろなトピックス,資料,その他をどのようにして下書き状態で作成し,どのようにして公開状態にするのか?

「授業」のページの「作成」のボタンから、「課題」「テスト付き課題」「質問」「資料」「トピック」が作成できます。「トピック」は、作成すれば教員には常時見えますが、学生からは、公開された投稿が含まれたトピックのみ見えています。「資料」や「課題」その他の投稿では、編集画面の右上にある「投稿」または「課題を作成」ボタンを押すとすぐに公開され、その横にある▼ボタンからは、「予定を設定」または「下書きを保存」を選べます。

Q. 動画ファイルmp4を資料に追加したが、項目をクリックしても作動しない。

Classroomに動画を投稿した場合、視聴できるようになるまで10〜15分程度待たされます。

Q. Classroomが見えない.

Google アカウントが、大学のものか確かめてください。個人のgmailアカウントをお持ちですと、Google のアプリ間を移動中に入れ替わっていることがあります。

Q. 学生が、Classroom/Meetに入れない、または、課題提出ができない。

Google アカウントが、大学のものか確かめてください。個人のgmailアカウントをお持ちの場合、個人のアカウントから一度完全にログアウトし、農工大Googleアカウント([TUAT-ID]@st.go.tuat.ac.jp)でログインしてください。ブラウザ上でgoogleにログインしているのは農工大Googleアカウントのみ、という状態にしてください。

Q. 資料をクリックしても右上に印刷ボタンしか表示されず、ダウンロードボタンが表示されないためダウンロードができません。

ダウンロードボタンが表示されない場合、画面の右上にある”3つの・マーク"(印刷マークの右横)をクリックし、表示れるメニューから「新しいウィンドウを開く」を選びますと、右上にダウンロードボタンが出てくる画面になります。または、教員が「閲覧者にダウンロードを許可しない」という設定をしている場合、閲覧者にはダウンロードボタンが見えません。

Q. 資料や動画ファイルをダウンロード不可に設定したい。

「授業」のページの右上にある「クラスのドライブフォルダ」を開き、動画ファイルの「人々」のマークを右クリックし、メニューから「共有」を選びます。表示される画面の右下の「詳細設定」をクリックし、次に表示される画面の下方にある「閲覧者と閲覧者のダウンロード、印刷、コピーを無効にします」にチェックを入れ、「完了」をクリックします。 資料E参照

Q. どのアカウントの学生がいつ当該科目にログインしたか、は記録されますか。

ログイン記録は記録されません。ただ、課題(アンケート)提出時間は、学生の農工大Googleアカウント([TUAT-ID]@st.go.tuat.ac.jp)と共に回収できますので、その機能を利用することはできます。ログイン時に、すぐにアンケートフォームに回答するように指示する、授業終了直前(動画視聴後)に感想や質問などのアンケートフォームを提出するように指示するなど、運用でカバーする方法ではいかがでしょうか。

Q. 設定ずみのクラスルームを利用して他の科目のクラスルームを作りたい場合、どのように複製が作れますか。

Classroomのトップページの、クラスカードの右上にある"3つの・マーク"から、コピーを選びます。 資料B参照

Q. 必要のないクラスルームを削除する方法が分かりません。

Classroomのトップページの、クラスカードの右上にある"3つの・マーク"から、アーカイブを選びます。 資料C参照
削除したい場合は、一度アーカイブしないと削除できません。Classroomの左側にカーソルを持っていくと表示されるメニューの下方に、「アーカイブされたクラス」のフォルダーがあります。このフォルダからクラスカードを参照し、クラスカードの右上にある"3つの・マーク"から、削除を選ぶと、完全に削除できます。アーカイブにあるクラスは、復元することも可能です。

Q. 通知の設定を変更する方法が分かりません。

Classroomの右上にある歯車マークをクリックします。(または、左側にカーソルを持っていくと出てくるメニューの、一番下にも表示されます)。その歯車をクリックして表示される画面の真ん中あたりに、通知の設定が選べる項目があります。

Google Meet

Q. 講義中に(Webexの「挙手」のような)学生の反応を調べる簡単な方法はないのか?

挙手や投票といった機能はありません。人数によりますが、チャットで「A」「B」や「yes」「no」などを打ち込んでもらう、または、Classroomの「質問」で単発の質問をする、という方法ではいかがでしょうか。

Q. スライドをスライドショーで表示すると、チャット機能が使えなくなる。

PDFにして閲覧モードで表示する、という方法ではいかがでしょうか。
(PDFでもフルスクリーンモードですとchat画面が隠れてしまいます)。

Q. Meetを使用している際、ユーザーリストにTUAT-IDが表示される。TUAT-IDの代わりに自分の名前が表示されるようにしたい。

「申請管理システム(Salut)」にログインし、画面右上のご自身の名前もしくはTUAT-IDが表示されている箇所をクリックし、「個人設定」をクリックしてください。個人設定ページで「氏名を変更する」をクリックし、「クラウドサービス名」をそれぞれ設定頂けましたら、「変更する」をクリックし完了です。遅くても翌日までには変更が反映されます。なお,「申請管理システム(Salut)」の利用はセキュリティ確保のため学内ネットワークからの利用のみに限定されています。

Q. Meetで講義動画を共有した際、受け手側でには動画の音声が届いていない、または動作がカクカクする。

配信側のパソコンのスペックが弱いときに起こりやすい現象のようです。Webexですと、コンテンツ共有に「モーションおよびビデオで最適化」のオプションがあり、このオプションを選んで動画を共有すると、動画の音声や動きの配信についての問題が起きにくいことが確認できています。

Q. 録画すると右側に小さく自分が入ってしまう。

Meetですと配信側カメラの映像を隠すことはできません。
Zoomの録画機能ですと隠すことができます。Zoomで画面共有中に出てくるご自身のカメラ映像の、左上にある小さな線をクリックすると映像を隠せます。その隣の■をクリックすると、映像を復活できます。

Q. 資料共有をしようとしても、全画面共有のみしか選べず、ウィンドウのオプションが表示されない。

Google Chrome以外のブラウザーをお使いの場合に、この現象が起きます。Google Chromeをお使いください。

Q. 参加者を強制的にミュートにする方法はありますか。

ホスト(オーナー)ができます。一番初めにMeetに入った人のことなので、授業前は学生が入る前にMeetに入っている必要があります。他の参加者をミュートするには、参加者のサムネイル画像の横にあるプルダウンボタンを選択して、マイクボタンをクリックします。なおプライバシー上の理由から、他の参加者のミュートを解除することはできません。

Q. 録画のファイルはどこに保存されるのか。見つからない。

ホスト(オーナー)のドライブに動画ファイルが作成されます。一番初めにMeetに入った人とのことなので、授業前は学生が入る前にMeetに入っている必要があります。また、Drive上に現れるまでに10分程度待たされます。失敗したと思わず、しばらくお待ちください。

Q. Meetでペン機能を使う方法を教えて欲しい。

PowerPointのペンツールを使います。予めPowerPointのプレゼンテーションモードにしておき、その画面をMeetの画面共有(ウインドウ)で表示して共有します。

Q. Meetのチャットの記録は残せるか。

録画した場合は(録画時間内は)記録されます。録画しない場合は、退室前にコピペして保存ください。

動画作成

Q. 授業動画の時間(尺)は厳格に45分、または90分でないといけませんか。

1回の授業につき90分間の授業時間が確保されることが重要と考えております。10~15分程度の動画を複数作成することを想定し、トータルの尺が45分または90分となることを目安とします。他の活動(調査、考察、双方向性のあるチャット等による質問対応、小テストなどの回答時間、教員が指示・説明した個人ワークなど)を授業に組み込まれる場合は、動画の尺については適宜柔軟に調整ください。

Q. 動画を作成したときの大まかなファイルサイズを教えてください。

個別の事例になりますので、参考データとしてご理解ください。
ZoomでPowerPointのスライドを使った個人ミーティングを録画した場合:45分で70MB
MeetでPowerPointのスライドを使った個人ミーティングを録画した場合:90分で350MB
パソコン付属のカメラで板書動画を撮影した場合:30分で120MB
スマホカメラを使って板書動画を撮影した場合:30分135MB
ビデオカメラでモニター表示のスライドを使った講義を撮影した場合:20分で350MB以上

Q. 授業動画について、どのような作成方法があるのか教えてください。

次のような作成方法があります。
① web会議アプリを使い、個人ミーティングを録画する。資料共有の機能でスライド表示、ポインター使用も可能。
② パソコンやスマホ、ビデオカメラで講義を録画する。PowerPointのスライドは、プロジェクター投影ですとうまく撮影できません。モニター表示がおすすめです。黒板やホワイトボードに書きながら説明する動画も可能です。
③ 板書授業用アプリ「Lecta」を使う。定点で撮影した授業動画を自動編集するiPhone/iPadアプリで5月中旬まで無料
https://products.splyza.com/lecta/ 解説記事:https://ascii.jp/elem/000/004/010/4010465/

Q. PowerPointと白板(黒板)両方同時に使える方法はないか。

Meetを使って、PowerPointと白板の両方を使った授業を録画する方法を、白木先生が紹介されています。
https://youtu.be/ceLvTjNcVxU
PowerPointのスライドを資料共有しながら、パソコンのカメラで講師と白板を写し、白板に説明を大きく書き込みながら説明をする、という方法です。

Q. YouTubeの公開設定はどうしたら良いのか。

非公開でお願いします。非公開設定の上で、限定的にgo.tuat.ac.jpのユーザーに視聴を許可する設定ができます。そのためには、各動画の詳細設定のページの右上の3つの・ボタンから、「限定公開」を選び、「go.tuat.ac.jpのすべての〜」にチェックを入れて保存します。 資料D参照

その他(授業方法/開講学期/著作権について)

Q. 質問を受け付ける方法を教えて欲しい。

次の方法が可能です。
(1)Google Chatで受け付ける
(2)Google Classroomの「ストリーム」や「授業」でスレッド(コメント)を立てて受け付ける
(3)メールで受け付ける
(4)Meetで授業を実施している間は、Meetのチャットを利用する。

Q. 手書きの宿題を回収する方法で良い方法はあるか。

手書きのノートやレポートを写真画像で提出する方法があります。スマホの解像度はほぼ問題ありませんが、下記のアプリを使って学生に撮影してもらうと、ノートや紙など四角いものを自動で切り取り、補正してくれるので読みやすくなります。
Microsoft office lens
https://apps.apple.com/jp/app/microsoft-office-lens-pdf-scan/id975925059 https://play.google.com/store/apps/details?id=com.microsoft.office.officelens

Q. 講義の一部を別学期に開講する、講義を他学期に開講する、ということは可能か。

農学部・農学府の科目については、教育委員会にご相談ください。

工学部・工学府では通年科目においてももともと可能です。それ以外の科目については1学期開講科目は1学期中にオンライン講義による開講をお願いしているところですが、真にやむを得ない場合には(1)開講計画が提示されている、および(2)単位付与の時期が遅くなることを履修申告前にシラバス等で十分に学生に周知されている前提で認めています。

教養科目、全学共通教育科目については、教養・専門基礎教育部会にご相談ください。

Q. オンライン授業で著作物を扱う際の著作権の扱いについて教えて欲しい。

文化庁において、オンライン授業で著作物を教材として無償で使用できることが2020年度の特例として認められ、4月28日から施行されました。公表されている国内外の全ての著作物が対象となりますが、すべての著作権が無償で利用できるわけではなく、著作権者等の利益を不当に害することのないようご留意いただく必要があります。
https://sartras.or.jp/archives/20200406/

「不当に害する」行為に該当するかどうかは、教育機関で複製(コピー)や公衆送信が行われることによって、現実に市販物の売れ行きが低下したり、将来における著作物の潜在的販路を阻害するか、という点から判断されます。
(例1)生徒全員が購入することを想定したドリル・ワークブックをそのまま送信すること
(例2)生徒に対して限定して配信する措置をとらず、誰もがアクセスできる状態で公開をすること
https://sartras.or.jp/seidofaq/