Yu Nakayama Laboratory

Tokyo University of Agriculture and Technology
中山悠研究室@東京農工大学

次世代ネットワークとアプリケーション,そしてそれらを上手に活用する仕組みを研究しています.

News

IEEE Spectrumに掲載

Delivering More 5G Data With Less Hardware

2020/1/28

本が出版されます

安永遼真, 中山悠, 丸田一輝, "TCP技術入門 ――進化を続ける基本プロトコル", 技術評論社, 2019. (Amazon)

2019/7/6

研究室発足

中山の東京農工大学への着任に伴い,中山研究室が発足しました.

2019/4/1

Research

リアルタイムIoT

Realtime IoT

様々なIoTデバイスから取得したデータをリアルタイムに集約し制御を行うようなアプリケーションについて研究しています.システム全体として遅延や情報の鮮度を適切にコントロールするような仕組みに着目しています.

動物モニタリング

Animal monitoring

生物多様性の保全に向けて,IoTやエッジコンピューティングの技術を活用した動物モニタリングの研究をしています.限られたネットワークやコンピューティングのリソースを上手に活用できるデータ転送・処理の方法が重要な課題です.

ユーザ提供型ネットワーク

User provided network

5G普及とともに様々な新サービスの導入が進み,通信ネットワークは社会インフラとしての重要性を増していくはずです.クラウドソーシングやシェアリングエコノミーなどの手法を活用し,よりオープンで柔軟なネットワークを作る仕組みを研究しています.

  1. Y. Nakayama, et al. IEEE Access, accepted, 2020. (IF: 4.098)
  2. Y. Nakayama, et al. IEEE VTC-Fall, Honolulu, USA, Sep. 2019.
  3. K. Maruta, et al. IEEE PIMRC Recent Results, Bologna, Italy, Sep. 2018.

適応的ネットワーク

Adaptive network

モバイル通信トラヒックの時空間的な分布変動に起因する設備効率やサービス品質の低下といった課題に対して,本研究ではドローン等に搭載した自律移動基地局からなる適応的ネットワークを提案しています.

  1. Y. Nakayama, et al. IEEE Network Magazine, 2020. (IF: 7.503)
  2. Y. Nakayama, et al. IEEE Access, vol. 6, pp.31023--31036, 2018. (IF: 3.557)
  3. Y. Nakayama, et al. IEEE INFOCOM, Atlanta, USA, May. 2017.

意思決定支援

Decision support

合理的な意思決定を行うことは,生活やビジネスにおける様々な局面で重要な課題です.本テーマでは具体的な事例として,将来的な人口減少に対応するための施設の統廃合計画手法および,ユーザの要求にきめ細かく対応するための条件記述手法について提案しました.

  1. Y. Nakayama, et al. IEICE Trans. Commun., 2018. (IF: 1.090)
  2. Y. Nakayama, et al. IEEE Networks, Montreal, Canada, Sept. 2016.
  3. Y. Nakayama, IEEE Trans. SMC, 2015. (IF: 5.131)

災害時の通信復旧

Communication recovery

地震などの自然災害が発生すると,光ファイバケーブルの損傷などにより,通信サービスが途絶することがあります.SNS等は災害救助にも大きく貢献するため,迅速な通信ネットワーク復旧を目指し,有線・無線ネットワーク協調復旧システムを研究しています.

  1. Y. Nakayama, et al. IEEE Access, vol. 6, pp. 2410--2424, 2018. (IF: 3.557)
  2. Y. Nakayama, et al. IEEE ICC Workshop on SOC-DIL, Kansas City, USA, May. 2018.
  3. Y. Nakayama, et al. IEEE ICC, Kuala Lumpur, Malaysia, May. 2016.

環境センシング

Environmental sensing

スマートフォンやIoTデバイスを用いて都市環境データ等のセンシングを行う手法が一般化しています.人や自然に関する多様なデータの収集と,取得された様々なデータを上手に活用するための技術について研究しています.

  1. Y. Nakayama, IEEE CCNC, Las Vegas, USA, Jan. 2020.
  2. Y. Nakayama, et al. Geosciences, 2017. (Scopus CiteScore: 1.97)

通信トラヒック制御

Traffic control

サービスごとに定められた遅延等の要件(QoS)を考慮しながら効率的にネットワークを構成するための,ルーティング,キュースケジューリング,選択的パケット廃棄などの手法を提案しています(査定済特許15件).

  1. Y. Nakayama, et al. IEEE Access, vol. 6, pp. 78829--78838, 2018. (IF: 3.557)
  2. Y. Nakayama, et al. IEEE/OSA J. Opt. Commun. Netw., 2018. (IF: 2.742)
  3. Y. Nakayama, et al. IEEE Trans. Commun., 2014. (IF: 4.671)

光アクセスネットワーク

Optical access network

通信キャリアのアクセスネットワークでよく利用されるPONと呼ばれる1対多のネットワークにおいて,遅延等の要件(QoS)を満たしながら効率的な収容を実現するための波長・帯域割り当て法や設備計画技術を検討しています.

  1. Y. Nakayama, et al. IEEE Trans. Commun., 2019. (IF: 5.69)
  2. D. Hisano, et al. IEEE JSAC, 2018. (IF: 7.172)
  3. Y. Nakayama, et al. IEEE/OSA J. Opt. Commun. Netw., 2016. (IF: 2.742)

Publication list

2020FY

International Conferences

  1. Yu Nakayama, Yuko Hara-Azumi, Anh Hoang Ngoc Nguyen, Daisuke Hisano, Yoshiaki Inoue, Takayuki Nishio, Kazuki Maruta, "Real-Time Routing for Wireless Relay Fronthaul with Vehicle-Mounted Radio Units", IEEE 91th Vehicular Technology Conference (VTC-Spring), Antwerp, Belgium, May. 2020.

2019FY

Book Chapters

  1. 安永遼真, 中山悠, 丸田一輝, "TCP技術入門 ――進化を続ける基本プロトコル", 技術評論社, 2019. (Amazon)

Journal Papers

  1. Daisuke Hisano, Yu Nakayama, "Two-Stage Optimization of Uplink Forwarding Order with Cooperative DBA to accommodate a TDM-PON-based Fronthaul Link", IEEE/OSA Journal of Optical Communications and Networking, accepted. (IF: 3.093)
  2. Yu Nakayama, Daisuke Hisano, Kazuki Maruta, "Adaptive C-RAN Architecture with Moving Nodes Towards Beyond 5G Era", IEEE Network Magazine, accepted. (IF: 7.503)
  3. Yu Nakayama, Takayuki Nishio, Daisuke Hisano, Kazuki Maruta, "Small Cells Enabled by Crowdsourced Radio Units Mounted on Parked Vehicles for Smart City", IEEE Access, vol. 8, pp. 17986--17998, 2020. (IF: 4.098)
  4. Yu Nakayama, Ryoma Yasunaga, "ITU TWDM-PON Module for ns-3", Wireless Networks, Springer, pp. 1--12, 2020. (IF: 2.405)
  5. Yu Nakayama, Daisuke Hisano, "Wavelength and Bandwidth Allocation for Mobile Fronthaul in TWDM-PON", IEEE Transactions on Communications, vol. 67, no. 11, pp. 7642--7655, 2019. (IF: 5.69)
  6. Shun Tanabe, Hideaki Touyama, Yu Nakayama, Yoshito Tobe, "Investigation of Dynamic Transition of Learning Contents Based on Brain Waves", SICE Journal of Control, Measurement, and System Integration, Vol.12, No. 4, pp. 142–-148, 2019.
  7. Daisuke Hisano, Yu Nakayama, Takahiro Kubo, Hiroyuki Uzawa, Youichi Fukada, Jun Terada, "Decoupling of Uplink User and HARQ Response Signals to Relax Latency Requirement for Bridged Fronthaul Network", IEEE/OSA Journal of Optical Communications and Networking, vol. 11, no. 4, pp. B26--B36, 2019. (IF: 2.742)

International Conferences

  1. Yu Nakayama, Daisuke Hisasno, Takuya Tsutsumi, Kazuki Maruta, "Novel C-RAN Architecture with PON based Midhaul and Wireless Relay Fronthaul", IEEE Consumer Communications & Networking Conference (CCNC), Las Vegas, USA, Jan. 2020.
  2. Yu Nakayama, "Network-Side Task Allocation for Mobile Crowdsensing", IEEE Consumer Communications & Networking Conference (CCNC), Las Vegas, USA, Jan. 2020.
  3. Daisuke Hisano, Kazuki Maruta, Yu Nakayama, "Low Cost C-RAN and Fronthaul Design with WDM-PON and Multi-hopping Wireless Link", IEEE Consumer Communications & Networking Conference (CCNC), Las Vegas, USA, Jan. 2020.
  4. Michiki Hara, Kizito Nkurikiyeyezu, Yu Nakayama, Hiroki Ishizuka, Yukitoshi Kashimoto, Lopez Guillaume, Yoshito Tobe, "Identification of Applications Running on Smartphones using Call Detail Records", International Conference on Telecommunications and Communication Engineering (ICTCE), Tokyo, Japan, Nov. 2019.
  5. Yu Nakayama, Kazuki Maruta, "Adaptive C-RAN Architecture for Smart City with Crowdsourced Radio Units Mounted on Parked Vehicles", IEEE 90th Vehicular Technology Conference (VTC2019-Fall), Honolulu, Hawaii, USA, Sep. 2019.
  6. Yu Nakayama, Daisuke Hisano, Takayuki Nishio, Kazuki Maruta, "Experimental Results on Crowdsourced Radio Units Mounted on Parked Vehicles", IEEE 90th Vehicular Technology Conference (VTC2019-Fall) Recent Results, Honolulu, Hawaii, USA, Sep. 2019.
  7. Daisuke Hisano, Yu Nakayama, "Dynamic Bandwidth Allocation and Forwarding Order Control Techniques in TDM-PON for Accommodating Fronthaul Traffic", IEEE Photonics Conference 2019 (IPC 2019), San Antonio, Texas, USA, Sep. 2019.
  8. Yu Nakayama, Daisuke Hisano, Ryoma Yasunaga, Kazuki Maruta, "Adaptive Network Architecture with Moving Nodes Towards Beyond 5G Era", IEEE International Conference on Communications (ICC), Shanghai, P.R.China, May. 2019.

Domestic Conferences

  1. 中山悠, 井上文彰, 桂井麻里衣, "動物モニタリングシステムにおけるAge of Informationを用いたデータ量低減手法", 電子情報通信学会総合大会, B-15-48, 2020.3.
  2. 桑野茂, 中山悠, 久野大介, 丸田一輝, 吉本直人, "LAN内でのNTPを用いた高精度時刻同期に関する検討", 電子情報通信学会総合大会, B-8-2, 2020.3.
  3. 久野大介, 柴尾田将, 三科健, 丸田一輝, 中山悠, 丸田章博, "波長スワップ方式を適用した一波長双方向WDM-PONにおける冗長化に関する検討", 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 119, no. 365, CS2019-96, pp. 45-50, 2020.1.
  4. 中山悠, 久野大介, 西尾理志, 丸田一輝, 桑野茂, 吉本直人, "駐車車両搭載クラウドソース基地局によるスマートシティ向け適応的C-RAN", 電子情報通信学会ソサイエティ大会, B-15-13, 2019.9.
  5. 桑野茂, 中山悠, 久野大介, 丸田一輝, 吉本直人, "PON下り区間における低ジッタ転送に関する検討", 電子情報通信学会ソサイエティ大会, B-8-10, 2019.9.
  6. 久野大介, 紫尾田将, 中山悠, 丸田一輝, 桑野茂, 吉本直人, "一波長双方向型WDM-PONにおけるリンクバジェット拡大を実現する波長割当て方法の提案", 電子情報通信学会ソサイエティ大会, B-8-6, 2019.9.
  7. 丸田一輝, 中山悠, 久野大介, 西尾理志, 桑野茂, 吉本直人, "駐車車両搭載クラウドソース基地局による適応的C-RANのシステムレベルシミュレーションによる特性評価", 電子情報通信学会ソサイエティ大会, B-5-36, 2019.9.
  8. 久野大介, 丸田一輝, 中山悠, "マルチホップ無線システムとPONシステムを併用したフロントホールリンク設計", FIT2019 第18回情報科学技術フォーラム, M-032, 2019.9.
  9. 丸田一輝, 小島駿, 中山悠, 久野大介, 安昌俊, "無線信号の可視化情報を用いた深層学習による干渉レベル推定", FIT2019 第18回情報科学技術フォーラム, M-014, 2019.9.
  10. 中山悠, 小野寺俊, 安永遼真, 丸田一輝, "モバイル通信帯域に関する帯域取引市場", FIT2019 第18回情報科学技術フォーラム, M-013, 2019.9.
  11. 丸田一輝, 小島駿, 中山悠, 久野大介, 安昌俊, "無線信号の可視化情報を用いた深層学習によるSIR推定", 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 119, no. 108, RCS2019-120, pp. 107-108, 2019.7.
  12. 小野寺俊, 中山悠, 戸辺義人, "ユーザ提供型モバイルネットワーク:ゲーミフィケーションの検討", ヒューマンプローブ研究会(HPB), 2019.7.

Others

  1. 中山悠, "5G以降に向けた移動ノードによるモバイルネットワーク", SeMI研究会ワークショップ, 2020.1.
  2. 中山悠, "適応的に再構成するオープンなネットワーク", FIT2019 第18回情報科学技術フォーラム, 若手研究者が描く未来予想図, 2019.9.

2018FY

Journal Papers

  1. Yu Nakayama, Daisuke Hisano, "Rank-Based Low-Latency Scheduling for Maximum Fronthaul Accommodation in Bridged Network", IEEE Access, vol. 6, pp. 78829--78838, 2018. (IF: 3.557)
  2. Daisuke Hisano, Hiroyuki Uzawa, Yu Nakayama, Hirotaka Nakamura, Jun Terada, Akihiro Otaka, "Predictive Bandwidth Allocation Scheme with Traffic Pattern and Fluctuation Tracking for TDM-PON based Mobile Fronthaul", IEEE JSAC Special issue on Emerging Technologies in Tactile Internet and Backhaul/Fronthaul networks, vol. 36, no. 11, pp. 2508--2517, 2018. (IF: 7.172)
  3. Yu Nakayama, Kazuki Maruta, "Analysis of Nonlinear Bypass Route Computation for Wired and Wireless Network Cooperation Recovery System", Big Data and Cognitive Computing, vol. 2, no. 3, 28, 2018.
  4. Yu Nakayama, Kazuki Maruta, Takuya Tsutsumi, Kaoru Sezaki, "Optically Backhauled Moving Network for Local Trains: Architecture and Scheduling", IEEE Access, vol. 6, pp.31023--31036, 2018. (IF: 3.557)
  5. Yu Nakayama, Kaoru Sezaki, "Per-Flow Throughput Fairness in Ring Aggregation Network with Multiple Edge Routers", Big Data and Cognitive Computing, vol. 2, no. 3, 17, 2018.
  6. Yu Nakayama, Kaoru Sezaki, "Requirement Modeling Language for the Dynamic Node Integration Problem of Telecommunication Network", IEICE Transactions on Communications, E101-B, no. 06, pp. 1379--1387, 2018. (IF: 1.090)
  7. Yu Nakayama, Kazuki Maruta, Takuya Tsutsumi, Kaoru Sezaki, "Wired and Wireless Network Cooperation for Wide-Area Quick Disaster Recovery", IEEE Access, vol. 6, pp. 2410--2424, 2018. (IF: 3.557)

Letters

  1. Daisuke Hisano, Hiroyuki Uzawa, Yu Nakayama, Kenji Miyamoto, Hirotaka Nakamura, Jun Terada, Akihiro Otaka, "Clarification of Accommodatable Number of Functional Split Base Stations in TDM-PON Fronthaul", IEICE Communications Express, vol. 7, no. 5, pp. 160--166, 2018.

International Conferences

  1. Yu Nakayama, Kazuaki Honda, Daisuke Hisano, Kazuki Maruta, "Adaptive C-RAN Architecture for Smart City using Crowdsourced Radio Units", IEEE International Conference on Pervasive Computing and Communications (PerCom) Work-In-Progress (WiP), Kyoto, Japan, Mar. 2019.
  2. Masaru Onodera, Yu Nakayama, Mika Takesue, Masaki Ito, Yoshito Tobe, Michael Beigl, "MSOX: Towards APIs for Urban Activities", International Conference on Green and Human Information Technology (ICGHIT), Kuala Lumpur, Malaysia, Jan. 2019.
  3. Taiki Watanabe, Mika Takesue, Takeshi Oyama, Yu Nakayama, Yoshito Tobe, Kazutoshi Sakakibara, "Multi-Agent-Based Simulation of Urban Transportation Considering Weather", International Conference on Green and Human Information Technology (ICGHIT), Kuala Lumpur, Malaysia, Jan. 2019.
  4. Mika Takesue, Katsuhiro Mori, Yu Nakayama, Junya Kawase, Yoshito Tobe, Hiroki Kobayashi, "Multi-Class Activity Recognition of Dogs Using Accelerometer", International Conference on Green and Human Information Technology (ICGHIT), Kuala Lumpur, Malaysia, Jan. 2019.
  5. Yu Nakayama, Ryoma Yasunaga, "ITU TWDM-PON Module for ns-3 Network Simulator", 11th EAI International Conference on Simulation Tools and Techniques (SIMUtools), Chengdu, P.R.China, Dec. 2018.
  6. Daisuke Hisano, Yu Nakayama, Kazuki Maruta, Akihiro Maruta, "Deployment Design of Functional Split Base Station in Fixed and Wireless Multihop Fronthaul", IEEE Global Telecommunications Conference (GLOBECOM), Abu Dhabi, United Arab Emirates, Dec. 2018.
  7. Kazuki Maruta, Yu Nakayama, Kazuaki Honda, Daisuke Hisano, Chang-Jun Ahn, "V2P Connectivity on Higher Frequency Band and CoMP Based Coverage Expansion", IEEE 29th Annual International Symposium on Personal, Indoor and Mobile Radio Communications (PIMRC), Bologna, Italy, Sep. 2018.
  8. Kazuaki Honda, Ryoma Yasunaga, Yu Nakayama, Kazuki Maruta, Takuya Tsutsumi, "Dynamic Mobile Network Architecture Organized by Drivers Decision Making", IEEE 29th Annual International Symposium on Personal, Indoor and Mobile Radio Communications (PIMRC), Bologna, Italy, Sep. 2018.
  9. Yu Nakayama, Daisuke Hisano, Takahiro Kubo, Youichi Fukada, Jun Terada, Akihiro Otaka, "Joint Routing and Scheduling for Low-Latency Packet Forwarding in Fronthaul Bridged Network", OptoElectronics and Communication Conference (OECC), ICC Jeju, Korea, Jul. 2018.
  10. Daisuke Hisano, Kazuto Nishimura, Yu Nakayama, Takahiro Kubo, Masaki Hirota, Youichi Fukada, Jun Terada, and Akihiro Otaka, "Gate Shrunk Time Aware Shaper: Dynamic Shaping Control on White Box Switch", OptoElectronics and Communication Conference (OECC), ICC Jeju, Korea, Jul. 2018.
  11. Yu Nakayama, Kazuki Maruta, Takuya Tsutsumi, Ryoma Yasunaga, Kazuaki Honda, Kaoru Sezaki, "Recovery Node Layout Planning for Wired and Wireless Network Cooperation for Disaster Response", IEEE International Conference on Communications (ICC) Workshop on SOC-DIL, Kansas City, USA, May. 2018.

Domestic Conferences

  1. 下田功一, 田邊俊, 中山悠, Martin J. DÜRST, 戸辺義人, "eラーニング集中計測に向けた視線と脳波の関連性調査", 電子情報通信学会総合大会, D-9-2, 2019.3.
  2. 渡辺大貴, 中山悠, 戸辺義人, 榊原一紀, "天候を考慮した都市交通のマルチエージェントシミュレーションの検討", 電子情報通信学会総合大会, D-1-10, 2019.3.
  3. 中山悠, 久野大介, 安永遼真, 丸田一輝, "クラウドソース基地局によるスマートシティ向け適応的C-RAN", 電子情報通信学会総合大会, B-15-5, 2019.3.
  4. 久野大介, 中山悠, "フロントホール遅延要件を考慮したTDM-PONにおける送信可能ONU数改善に向けた検討", 電子情報通信学会総合大会, B-8-29, 2019.3.
  5. 小野寺俊, 中山悠, 戸辺義人, "ユーザ提供型モバイルネットワークにおける最適な接続先選択", 電子情報通信学会総合大会, B-7-4, 2019.3.
  6. 田中健, 丸田一輝, 菅宣理, 中山悠, "ミリ波帯大容量伝送におけるSpatial-Wideband effectによるサンプル信号分散量の多項式回帰", 電子情報通信学会総合大会, B-5-6, 2019.3.
  7. 丸田一輝, 中山悠, 田中健, 安永遼真, 菅宣理, 本田一暁, 久野大介, 安昌俊, "ビークルセルネットワークの無線フロントホールにおけるビーム追従法", 情報処理学会全国大会, 1F-04, 2019.3.
  8. 中山悠, 安永遼真, 本田一暁, 竹下絵莉奈, 久野大介, 丸田一輝, "動的に構成されるユーザ提供型モバイルネットワークの価値評価手法", 情報処理学会全国大会, 1F-03, 2019.3.
  9. 丸田一輝, 西森健太郎, 中山悠, 安昌俊, “時間領域シンボル拡散を用いたブラインド型アダプティブアレー ”, 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 118, no. 474, RCS2018-296, pp. 77--82, 2019.3. [依頼講演]
  10. 近藤雪絵, 小野寺俊, 中山悠, 戸辺義人, "中国語学習支援を目的としたそり舌音分類", 電子情報通信学会東京支部学生会研究発表会, 2019.3. (東京支部学生奨励賞)
  11. 丸田一輝, 小島駿, 中山悠, 久野大介, 安昌俊, “無線信号の可視化情報を用いた機械学習による干渉推定,” 革新的無線通信技術に関する横断型研究会(MIKA)技術交流会, 2019.2.
  12. 濱田佳那, 駒澤真人, 石塚宏紀, 原道樹, 中山悠, 戸辺義人, "LF/HF値と使用形態アプリケーションとの関係", ヒューマンプローブ研究会(HPB), 2019.2.
  13. 渡辺大貴, 尾山武史, 中山悠, 戸辺義人, 榊原一紀, "天候を考慮した都市交通マルチエージェントシミュレーション", ヒューマンプローブ研究会(HPB), 2019.2.
  14. 松本裕太郎, 嶋田峻也, 中山悠, 戸辺義人, 横窪安奈, Guillaume LOPEZ, "スマートウォッチを用いた野球ピッチング支援システムの改良", 人間情報学会講演会オーラルセッション, 2018.12.
  15. 丸田一輝, 中山悠, 本田一暁, 久野大介, 安昌俊, "適応的モバイルネットワークにおける高周波数帯車載スモールセル基地局の歩車間通信特性", 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 118, no. 254, RCS2018-167, pp. 89--94, 2018.10.
  16. 丸田一輝, 田中健, 中山悠, 本田一暁, 久野大介, 安昌俊, "ビークルセルによる適応的モバイルネットワークの構成及び歩車間通信特性", 電子情報通信学会 革新的無線通信技術に関する横断型研究会(MIKA), 2018.9.
  17. 久野大介, 西村和人, 中山悠, 久保尊広, 鵜澤寛之, 深田陽一, 廣田正樹, 寺田純, 大高明浩, "レイヤ2NWにおけるFronthaul収容を想定したゲート縮小型Time Aware Shaper の実験的検討", 電子情報通信学会ソサイエティ大会, B-8-20, 2018.9.
  18. 久保尊広, 鵜澤寛之, 中山悠, 久野大介, 深田陽一, 寺田 純, "レイヤ2ブリッジNWにおけるDDoS対策システムの一検討", 電子情報通信学会ソサイエティ大会, B-8-18, 2018.9.
  19. 中山悠, 丸田一輝, 久野大介, 戸辺義人, "自律移動ノードを用いた適応的モバイルネットワーク", 電子情報通信学会ソサイエティ大会, B-7-2, 2018.9.
  20. 田中健, 丸田一輝, 中山悠, "ミリ波帯広帯域シングルキャリア伝送におけるアレーアンテナの合成利得劣化評価", 電子情報通信学会ソサイエティ大会, B-5-23, 2018.9.
  21. 丸田一輝, 中山悠, 本田一暁, 久野大介, 安昌俊, "適応的モバイルネットワークにおける車載スモールセル基地局の歩車間通信特性", 電子情報通信学会ソサイエティ大会, B-5-4, 2018.9.
  22. 久野大介, 中山悠, 丸田一輝, 丸田章博, "光無線協調型フロントホールにおける機能分割基地局の配置設計", FIT2018 第17回情報科学技術フォーラム, M-026, 2018.9.
  23. 本田一暁, 中山悠, 丸田一輝, 安永遼真, "車両の余剰電力供給による効率的なモバイルフロントホールシステムの提案", FIT2018 第17回情報科学技術フォーラム, M-005, 2018.9.
  24. 中山悠, 丸田一輝, 久野大介, 戸辺義人, "適応的モバイルネットワークにおける自律移動ノードの再配置", FIT2018 第17回情報科学技術フォーラム, CM-006, 2018.9.
  25. 丸田一輝, 中山悠, 本田一暁, 久野大介, 安昌俊, "車載スモールセル基地局における歩車間通信特性", FIT2018 第17回情報科学技術フォーラム, CM-005, 2018.9.
  26. 鵜澤寛之, 久保尊広, 中山悠, 久野大介, 柴田直剛, 深田陽一, 寺田純, "5G/IoT時代のマルチサービス収容レイヤ2ネットワーク制御技術", 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 118, no. 208, CS2018-47, pp. 35--40, 2018.9. [依頼講演]

Others

  1. 中山悠, "通信ネットワークの研究における数理モデル活用", 大阪大学 数理・データ科学セミナー 数理モデルセミナーシリーズ 第20回, 2019.3.

Member list

教員 / Faculty

学生 / Students

  • M2   小野寺俊 / Masaru Onodera(青山学院大学)

共同研究者 / Collaborators

関連研究室 / Associated Labs.

Access

〒184-8588 東京都小金井市中町2-24-16 東京農工大学 7号館 (教員居室:4E   学生居室:4G)

お問い合わせ / Contact

ご興味がある方は,中山までお気軽にご連絡下さい.