Flying Chicken


サークル紹介

 

「鳥のように大空を自由に飛んでみたい」

誰もがそんな夢を抱いたことがあるでしょう。
そんな夢を見続け叶えているのが、私たちハンググライダー部です。
 
<

★サークルの構成★

Flying Chickenは東京農工大の学生が合わせて約30名で活動しているサークルです。
2017年から農工大生のみ参加可能になりましたが、私たちが所属するハンググライダースクールには他にも
東大や東海大など他大学のサークルやOBさん、社会人さんも一緒に飛んでいるので約40人くらいで活動しています。
男女比はおよそ2:1で、とても仲良く家族のような雰囲気です!
 
なので学年を問わず入部をお待ちしています!
スクールはWIND SPORTSさんです。HPはこちら
 
他大生の方!Flying Chickenに入れなくても、ハンググライダーできます!下のQ&Aをチェック!

★活動内容★

< 活動日 >

私たちハンググライダー部は休日にハンググライダーで飛んでいます。
飛びに行くのは自由参加なので自分の飛びたいときに飛べます!
実際、毎週土日欠かさず飛ぶ人もいれば、月に一回だけの人、イベントだけ参加する人もいたり、さまざまです。
自由参加なのでアルバイトをしたり他のサークルと兼部したりする人も多いです。
また、長期休みはツアーを組んで全国各地をフライトしたり、大会に出場したりしています。
 

< 年間スケジュール >

4月~毎週土日 新入生歓迎会、見学会
     5月 GW新歓合宿
     6月 滝浜BBQ
     7月 七夕コンパ
    8~9月 夏合宿,弥彦ツアー,女神輿
     10月 十分一初飛びツアー
     11月 学祭
     12月 忘年会
     2月 追いコン
     3月 トントントンカップ
   その他  全国各地の大会へ出場
 

< 活動場所 >

私たちのホームエリアは茨城県筑波山の近くにある板敷山というところです。
ちょっと遠いんじゃない?と思うかもしれませんが、部で車を所有しているので、
片道3時間で行くことが出来、交通費も殆どかかりません。
ホームエリアにあるスクールには宿泊設備もあるので、みんなで自炊をして夕飯を食べることが多いです。
毎週末が修学旅行気分で楽しいですよ♪

★マニュアル★

私たちは部を活動していく上で以下のような安全マニュアルを作成し安全管理を行っています。
安全対策マニュアル(PDFファイル)

★ハンググライダー部の魅力★

  • 空を飛ぶという夢を叶えられる!
  • 上手くなれば世界選手権も出られるかも!
  • みんな同じ場所に泊まり生活を共にするので男女問わず家族のように仲良し!
  • 大会やツアー、合宿などで全国各地に行けるので日本中に友達ができる!
  • 他大サークルと行動するので大学の枠を超えた交流が盛ん!
  • 飛ぶだけでなくイベント(晩餐会、飲み会、BBQ、花火大会、学祭、七夕コンパ、忘年会 etc…)も盛りだくさん!
  • 秋の学祭では老舗のクレープ屋に変身。何度も模擬店大賞に入選しています。
  •  

    ★Q&A★

    Q:「僕は他大生だけど・・・」

    A: Flying Chickenは2017年から農工大生のみ入部可能になりました。普段は東大のインカレサークルFalsadaと一緒に活動しています。
    FalsadaについてはこのサイトのLINKをチェック!
     

    Q:「私はもう3年生なんだけど・・・」

    A: 心配ありません!毎年、2年生以上で入部する人もいます。ハンググライダーは一生続けていけるスポーツです。
    学生から初めて社会人になってもバリバリ飛んでいる人もたくさんいます。
    入部に必要なことは「飛びたい!」という気持ちです!
     

    Q:「僕は力が無いんだけれど・・・」

    A: ハンググライダーは力が必要と思っている方、それは大きな間違いです!
    飛んでいる間はぶら下がるだけなので、力を使いません。力を使うときはグライダーを運ぶ時くらいです。笑
    実際、女の子もたくさんいます。
     

    Q:「高いところから飛ぶのって危なくないの?」

    A: 皆さんはハンググライダーは危険なスポーツであるという印象を持っていると思います。
    確かに、ハンググライダーもスポーツなのでは怪我の危険性も伴います。
    そこで、私たち信頼性のあるスクールの指導のもと活動しています。指示には忠実に、決して無理をしなければ、
    怪我をすることはありません。また安全対策マニュアルもつくり、定期的に内容を更新しています。
    実際、「平成13年度警察白書2000年度統計」によると交通事故やスクーバーダイビング、山登りより事故率は低いです。
     

    Q:「お金がかかるんでしょ?」

    A: 1年目は飛ぶための講習や機材などにそれなりのお金がかかります。
    しかし、2年目以降はほとんどかからないので大学4年間でかかるお金としては他のサークルと大差ありません。
    部員のほとんどは普通のペースでアルバイトをしてやっていけてますし、中には一人暮らしで仕送りもなく生活している人もいます。
    なにより、空を飛べるという事はプライスレス!
    学生のうちにハンググライダーを始めたほうが本当にたくさんの経験と思い出を作れます!
    お金がかかるという理由だけで諦めないでほしいんです。
     

    Q:「どのくらい飛べるの?」

    A.その日の日照や気温、風向風速、気圧配置などによって大きく左右されます。
    晴れていれば、高度1000mで1時間、12km先にある筑波山に行って
    帰ってくることも出来ます。
    もし曇りならば高度を上げることが出来ず、
    1km先にある山の麓の着陸場に5分で降りてしまうこともあります。
    が、飛び始めて1年もしない女子大生が7時間飛んだこともあります!!
    また、学生が3000mを超す高さに到達し、雲の上を飛んだこともありました。
    さらに、このエリアでは飛行距離の日本記録が誕生することが多く、
    現在の日本記録213kmの次ぐ195kmの記録もこの板敷エリアから飛んだ記録です。
    日本記録を塗り替えるならこのサークルに入るっきゃない?!
     

    Q:「飛ぶ以外に活動はしてないのですか?」

    A.もちろんそんなことありません!
    例えば、「晩餐」。晩餐とは何か?それは、平日の放課後にみんなで
    部室に集まって、自分たちで料理を作り、楽しい時間を過ごすことです。
    11月には「学祭」。私たちは二十数年間
    学祭でクレープ屋を出していて、近年では模擬店大賞を受賞するほどの
    実績があります。
    みんな楽しくクレープを作って、打ち上げで大盛り上がり☆
    他にも、長期休みを利用してみんなで遊園地に行ったり、
    旅行に行ったりもしています。  

    ★入部案内★

    まずは見学会へGO!
    週末の土曜、もしくは日曜日の一日を使って、実際に部車でホームエリア
    まで行って飛んでいるところを見てもらう見学会もやっています。
    交通費は要らないし、随時受け付けているので「入部はちょっと...」って人も気軽に参加してみてください♪
     
    また、学校でも昼休みにちょくちょく機体を広げているので、気軽に話しかけてみてください。
    「飛びて~~ッ!!って思った人」「感動を求めてる人」「眺めの良い景色を見たい人」「大学に入って新しい事を始めたい人」いまがチャンスです☆<
     
    少しでも興味を持ったら、掲示板に書き込むも良し、
    とりあえずメールnokofc@hotmail.comでも良いので連絡してください♪


    TOP