丸っこい穂のトウジンビエ(Pennisetum glaucum)

ガーナ北部の町、ボルガタンガで栽培されていました(2001年8月)。町なかを案内してくれたガイドによると、穂の細長いもの(写真3)と丸いものの2種類のトウジンビエ (millet) があるそうです。畑に植えられていたものの大半は、細長いタイプのものでした。

↑写真1および2  丸っこい穂のトウジンビエ


写真3 ガーナ北部で多くみられるタイプのトウジンビエ

熱帯農学三昧トップに戻る