TOP Japanese

住所とアクセス

184-0012 東京都小金井市中町 2-24-16
東京農工大学 小金井キャンパス

東京駅からJR中央線で東小金井駅まで約40分
東小金井駅から研究室まで徒歩約15分; 部屋は5号館3階301(南),302

学生の声

学生の声へのリンク
学生の声へのリンク(2010年度版)

関連する主なプロジェクト

"多元計算解剖学"

革新脳

ニュース

2017

  • 1月19-20日
    IFMIA2017 を沖縄(那覇ぶんかテンブス館)で開催します.

2016

  • 9月1日
    オークランド大の研究室との国際共同研究を開始します.
  • 8月1-6日
    新学術領域研究(多元計算解剖学)の国際共同研究加速基金を利用して以下の研究者を訪問し,打ち合わせを実施しました.
    Prof. Warfield (Harvard Medical School, Boston), Prof. Kikinis (Harvard Medical School, Boston), Prof. Westin (Harvard Medical School, Boston), Assoc. Prof. Yoshida (Harvard Medical School, Boston), Prof. Taylor (Johns Hopkins, Baltimore), Prof. Younes (Johns Hopkins, Baltimore), Prof. Mori (Johns Hopkins, Baltimore), Assoc. Prof. Taguchi (Johns Hopkins, Baltimore), Dr. Linguraru (Children's National Health System, Washington DC), Dr. Kevin (Children's National Health System, Washington DC)
  • 7月23日,24日
    JAMIT2016が開催され,岸本(M2),花岡(D3,社会人博士課程,東大・助教),斉藤助教が発表しました.また,山口大との共同執筆論文が田中栄一賞を受賞しました.
  • 7月14日
    APSIPA BioSiPS Workshopが開催され,花岡(D3,社会人博士課程,東大・助教),斉藤助教,清水(昭)が発表しました.
  • 6-7月
    Hawaii大学のShane Spencer君が約一か月半研究室に滞在し,医用画像処理について学びました.
  • 4月
    花岡(D3,社会人博士課程,東大・助教)の論文がMedical Image Analysisに掲載されました.
    長谷川巌先生(神奈川歯科大学・教授)との共同研究論文がInternational Journal of Legal Medicineに掲載されました.
  • 1月
    斉藤助教の論文がMedical Image Analysisに掲載されました.
  • 1月14日
    斉藤(D3)の博士論文の公聴会を以下の通り開催します.
    日時:2016年1月14日 14時45分〜
    場所:3号館210号室
    題目:統計的形状モデルに基づく腹部臓器セグメンテーション

2015

  • 11月〜
    3年生による清水(昭)研の見学を実施します. 研究活動内容については左のメニューから「研究紹介」を選んで読んでください.
  • 10月5-9日
    MICCAI2015で花岡(D2,社会人博士課程,東大・助教)が発表しました.
  • 10月
    小畑・清水研合同のOB・OG会を開催しました.
    日立の荻野さんが社会人ドクターとして研究室に配属されました.
  • 6月24-27日
    CARS2015でShahril(D,MJIITとの交換留学生)が発表しました.
  • 4月
    新4年生5名が正式に配属されました.
  • 1月13日
    大島(M2),高田(M1),山下(M1)がIFMIA2015で発表しました.また,大島(M2)がBest Paper Awardを受賞しました.

2014

  • 11月〜12月
    3年生による清水(昭)研の見学を実施しました.
  • 9月
    小畑・清水研合同のOB・OG会を開催しました.
  • 7月
    新しいプロジェクト,多元計算解剖学が始まりました。
  • 4月
    新4年生5名が正式に配属されました.
    東大病院の医師(放射線科・助教)の花岡先生が社会人ドクターとして研究室に配属されました.
  • 3月8-9日
    計算解剖学の成果報告会を東大の武田先端知ビルで開催しました.多数のご参加ありがとうございます。

2013

2012

2011

  • 12月
    キヤノンとの共同研究を開始しました.
  • 10月1日(土)
    小畑・清水研合同のOB・OG会を開催しました.
  • 7月17日(日)
    小畑先生の最終講義と退職記念祝賀会を開催しました.沢山の方にご参加を頂きました.ありがとうございました.
    最終講義
    日時:平成23年7月17日(日曜日)14:00〜15:30
    場所:アルカディア市ヶ谷 3階 富士
       〒102-0073 東京都千代田区九段北 4-2-25
    演題:目と耳を持つ機械を目指した36年 ―鉄腕アトムに憧れて―
    退職記念祝賀会
    日時:平成23年7月17日(日曜日)16:00〜18:30
    会場:アルカディア市ヶ谷 3階 富士
       〒102-0073 東京都千代田区九段北 4-2-25

2011年3月22日(火曜日)に予定しておりました「小畑学長最終講義」は、東北地方太平洋沖地震発生に伴い、余震発生及び計画停電の実施により聴講者の安全確保が懸念されるため延期します。なお、延期後の開催日は、後日、ホームページ上でお知らせします。

-3月22日
小畑学長の最終講義(題目:人間的機械を目指した36年 ――鉄腕アトムに憧れて――)を開催します.時間は午後3時から,場所は小金井新一号館L0111です.
また,最終講義の懇親会を午後5時より生協1階食堂ホールで実施します.参加費は4000円で,当日受付いたします.
いずれも事前登録不要です
小金井キャンパスマップの14番が新一号館,19番が生協です.
なお,開催案内の送付は小畑・清水研OB会リストを元に行います.毎年開催しているOB会の案内が届いていない場合には,リストから漏れている可能性があります.清水(simiz(at)cc.tuat.ac.jp)まで連絡を下さい.

2010

2009

2008

Mission

Goal of the medical image analysis laboratory is the research, development and validation of image processing algorithms and computer-aided diagnosis systems that enable the objective and reproducible evaluation of anatomical and pathological structures in medical images.

Research topics

Jump to page of research topics

Gallery (最近の研究成果は "Research topics" をクリックしてください)

セグメンテーションアルゴリズム

  • 非造影上腹部CT像からの複数臓器同時抽出(12臓器)
    multiorgan.jpg
  • 膵臓(造影CT像)
    pancreas.gif
  • 肝臓腫瘤(造影CT像) 2008年の国際学会のアルゴリズムコンテストで優勝しました.>>ニュース
    lts.gif

CAD

  • PET and CT images.
  • Autopsy imaging.

Recent selected papers

1)Shouhei Hanaoka, Akinobu Shimizu, Mitsutaka Nemoto, Yukihiro Nomura, Soichiro Miki, Takeharu Yoshikawa, Naoto Hayashi, Kuni Ohtomo, Yoshitaka Masutani : Automatic detection of over 100 anatomical landmarks in medical CT images: a framework with independent detectors and combinatorial optimization, Medical Image Analysis, 2016
doi:10.1016/j.media.2016.04.001

2)Iwao Hasegawa , Akinobu Shimizu, Atsushi Saito, Hideto Suzuki, Hermann Vogel, Klaus Püschel, Axel Heinemann : Evaluation of post-mortem lateral cerebral ventricle changes using sequential scans during post-mortem computed tomography, International Journal of Legal Medicine, pp.1-6, 2016
doi:10.1007/s00414-016-1327-2

3)Atsushi Saito, Shigeru Nawano and Akinobu Shimizu : Joint optimization of segmentation and shape prior from level-set-based statistical shape model, and its application to the automated segmentation of abdominal organs, Medical Image Analysis, vol.28, pp.46-65, 2016
DOI: http://dx.doi.org/10.1016/j.media.2015.11.003

4)Shun Umetsu, Akinobu Shimizu, Hidefumi Watanabe, Hidefumi Kobatake, Shigeru Nawano : An automated Segmentation Algorithm for CT Volumes of Livers with Atypical Shapes and Large Pathological Lesions. IEICE TRANSACTIONS on INF. & SYST., vol.E97-D, no.4, pp.951-963, 2014
http://search.ieice.org/bin/summary.php?id=e97-d_4_951

5)Sho Tomoshige, Elco Oost, Akinobu Shimizu, Hidefumi Watanabe, Shigeru Nawano : A conditional statistical shape model with integrated error estimation of the conditions; application to liver segmentation in non-contrast CT images, Medical Image Analysis, vol.18, pp.130-143, 2014, DOI: http://dx.doi.org/10.1016/j.media.2013.10.003

6)Atsushi Saito, Akinobu Shimizu, Hidefumi Watanabe, Seiji Yamamoto, Shigeru Nawano and Hidefumi Kobatake : Statistical Shape Model of a Liver for Autopsy Imaging, International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery, 2013 http://dx.doi.org/10.1007/s11548-013-0923-6

7) Akinobu Shimizu, Takuya Narihira, Daisuke Furukawa, Hidefumi Kobatake, Shigeru Nawano and Kenji Shinozaki : Ensemble learning based segmentation of metastatic liver tumours in contrast-enhanced computed tomography.IEICE TRANSACTIONS on INF. & SYST., vol.E96-D, no.4, pp.864-868, 2013. http://search.ieice.org/bin/summary.php?id=e96-d_4_864

8)Keita Nakagomi, Akinobu Shimizu, Hidefumi Kobatake, Masahiro Yakami, Koji Fujimoto,Kaori Togashi : Multi-shape graph cuts with neighbor prior constraints and its application to lung segmentation from a chest CT volume, Medical Image Analysis, 17, pp.62-77, 2013 http://dx.doi.org/10.1016/j.media.2012.08.002

9)A. Shimizu, T. Kitasaka, S. Nawano, K. Shinozaki and Y. Tateno : 3D Medical Image Processing Algorithm Competition in Japan, Proc of International Forum on Medical Imaging in Asia (IFMIA) 2011, S1-2, 2011

>>PDF

10)Akinobu Shimizu, Tatsuya Kimoto, Hidefumi Kobatake, Shigeru Nawano, Kenji Shinozaki : Automated pancreas segmentation from three-dimensional contrast-enhanced computed tomography, International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery, 2009, DOI 10.1007/s11548-009-0384-0

>>PDF

11) Akinobu Shimizu, Takuya Narihira, Daisuke Furukawa, Hidefumi Kobatake, Shigeru Nawano and Kenji Shinozaki : Ensemble segmentation using AdaBoost? with application to liver lesion extraction from a CT volume, Proc. of workshop in MICCAI2008, 2008

12) Ludvik Tesar , Akinobu Shimizu, Daniel Smutek, Hidefumi Kobatak, Shigeru Nawano : Medical image analysis of 3D CT images based on extension of Haralick texture features, Computerized Medical Imaging and Graphics 32, pp.513–520, 2008

>>PDF

13) Akinobu Shimizu, Rena Ohno, Takaya Ikegami, Hidefumi Kobatake, Shigeru Nawano, Daniel Smutek : Segmentation of multiple organs in non-contrast 3D abdominal CT images, International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery , vol.2, no.3-4, pp.135-142, 2007

>>PDF

14) Cong Yao, Takashige Wada, Akinobu Shimizu, Hidefumi Kobatake, Shigeru Nawano : Probabilistic Atlas-guided Eigen-organ Method for Simultaneous Bounding Box Estimation of Multiple Organs in Volumetric CT Images, Medical Imaging Technology, Vol.24, No.3, 2006

>>PDF

RightMenu(ja)

JAMIThandbook広告20140205.png
tuat.png
eetuat.png
新学術領域研究:多元計算解剖学;
新学術領域研究:計算解剖学;
tokutei_seika_ban.png
cad_ban.png
database.png
MICCAI.png
head_left_2009.gif
JAMIT.png
MI.png
VolumeOne.png
corrigenda.png


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-09-05 (月) 09:32:27 (1848d)