MOT 東京農工大学大学院 産業技術専攻

■ お問い合わせ
事務室: 042-388-7739  motmotcc.tuat.ac.jp
入試関連: 042-388-7014  tnyushicc.tuat.ac.jp
 
  1. トップページ
  2. 学生生活
  3. 在学生・修了生の声
 

在学生・修了生の声

在学生の声

在学生 土岸教通さん(クボタシーアイ株式会社 勤務)

会社では商品企画から開発までの業務を担当しています。MOTでの専門は「環境・材料産業」です。
現在、市場環境が大きく変化する中、企業そのものも変化を求められています。それには、独自技術を核とした高付加価値を生み出す事業を創出しなければなりません。
農工大MOTを選択した理由は、そのために必要なスキル・ノウハウを身につけることです。現在は、技術に立脚した経営を実現するために必要な知識・スキル、カリキュラムでいえば資材戦略や標準化戦略、リスク管理、先端産業の技術、会計、企業法務などを学んでいます。

知識・スキルの習得とともに私にとっての収穫だったのは、世界が広がったことです。
企業内にいると、どうしても同質の考え方を持つ人間が集まりがちです。しかし、ここにはさまざまなバックグラウンドを持つ異業種異分野の人間が集まっています。そうした仲間と切磋琢磨して刺激を受け、コミュニケーションの重要性に気づくことができました。知識・スキルはもちろん大切ですが、何かを成し遂げるためには、それに加えてコミュニケーション、人とのつながりが重要だと気づけたことは、今後の私とって大きな財産になると思います。

在学生 田月智之さん(株式会社やまびこ 勤務)

農業用機械のメーカーでIRの仕事を担当しながらMOTに通っています。MOTでは「環境・材料産業」を専門としています。
私はずっと「君が言うことなら仕方ない」と思われるような人材になりたいと考えていました。そのためには、技術を核とした経営に関する素養を体系的に学ぶ必要があると考えて、農工大MOTを選びました。

ただし、入学してしばらくは、ただ知識を詰め込んでいるだけのように感じられて、MOTの意義を十分に見いだせませんでした。しかし、本格的にビジネスプランを考えるようになって、それまで学んできたことが活用できること、非常に重要であることがわかるようになりました。

最近は、会社の上司からも「あなた、考え方が変わってきたね」とは言われるようになりました。私自身も、人と話すときの"厚味"が出てきたように思います。農工大MOTで学んだことは、会社での課題解決だけにとどまらず、社会のさまざまな課題を解決することにも役立てられると思います。同期生やOBとのネットワークを作れたことも大きな財産です。いまは、農工大MOTに入って本当によかったと思っています。

在学生 中島博人さん(富士重工業株式会社 勤務)

会社では自動車安全技術を研究しています。MOTでの専門は「情報産業」です。
これまでいくつかの会社を内側から見てきましたが、新しい技術を開発し、それを商品にし、そこから利益を上げていくことの困難さを痛感してきました。技術と経営をつなぐことができれば、その成功率を上げられるのではないかと考えて農工大MOTの門をたたきました。

MOTに入って刺激的だったのは、伊藤雅行先生の経営戦略の授業です。なぜその会社は失敗あるいは成功したのか。何が強みなのか。どういう外部環境で強みを発揮したのか等々を細かく分析していく授業は非常に新鮮でした。伊藤先生の授業では答えは出しません。それは経営に答えがないからです。自ら考えることの重要性に気づくことができたのは、私のとって大きな収穫です。

修了後はMOTで身につけた知識・スキルを活かすことが重要だと思います。どんなに勉強しても、それは会社にとって評価の対象ではありません。活躍し、リーダーシップを発揮して、利益を生み出してはじめて評価されるのです。会社、そして私にとっての最終的には自動車事故をゼロにすることですが、現在はそのための基礎体力を作りの段階だと思っています。

在学生 内苑孝俊さん(東京農工大電気電子工学科卒業)

農工大の電気電子工学科を卒業したあと、MOTに進みました。現在は電気電子工学科の北沢研究室で、画像処理の高速化の研究をしています。もともとは電気電子工学科の大学院に進みたかったのですが、受験に失敗してしまいました。どうすべきか迷っていたのですが、自分の研究を継続したいという気持ちが強く、先生方のアドバイスもあってMOTを選択することにしました。

MOTでは、さまざまなことを学んでいます。たとえば、しっかりと仕様を決めてから研究にとりかかることで、より効率的に研究を進められることを学びました。知財の講義では、まわりがどんな研究を行っているかを確認することの重要性に気づくことができました。いまは自分の研究を専門外の人に的確に伝えるプレゼンテーションの重要性と難しさを感じているところです。年齢もバックグラウンドも異なるさまざまな学生が集まっている中で、毎日が刺激的で、いまはMOTを選択して本当によかったと思っています。

将来は、現在の研究を活かしてひとつでも多くの製品を開発し、いろいろな人と関わっていきたいと思っています。問題にぶつかることもあると思いますが、そのときは農工大MOTで身につけたことが必ず活きると思います。