東京農工大学・岡崎伸(植物微生物)・植物と微生物の相互作用の研究(キーワード:共生、根粒菌、エンドファイト、菌根菌、土壌微生物、III型分泌系、エフェクター、ダイズ、ゲノム解析、イネ、農業、分子生物学)

研究室について

私達の研究室では、世界各地から植物共生微生物(根粒菌、菌根菌、エンドファイトなど)を単離し、解析を行っています。分子生物学、遺伝学、オミクス解析などを組み合せ、共生微生物の生態や植物との共生メカニズムを分子レベルで理解することを目指しています。研究成果は作物の生育促進や病害抵抗性を引き出すバイオ肥料や微生物資材に役立てることを目標にしています。


最新情報

2019.5.17 5th Asian Conference on Plant-Microbe Symbiosis and Nitrogen FixationでSafirahさんがポスター賞を受賞しました。

2019.5.10 バイオ肥料微生物Bacillus pumilus TUAT1株のゲノム解読の論文がMicrobiology Resource Announcementに掲載されました。

2018.12.18 Hienくんの論文がFrontiers in Microbiologyに掲載されました。

2018.9.29 Naherさんと安田さんの論文がMicrobes and Environmentに掲載されました。

2017.12.8 Hienくんの論文がGenesに掲載されました。

2017.6.18 Current Opinion in Plant Biologyに総説が掲載されました。

2016.10.16-19 マレーシア・ペナンで開催された4th Asian Conference on Plant-Microbe Symbiosis and Nitrogen Fixationで三輪さん、元さんがポスター賞を受賞しました。

2016.7.17-21 米国・ポートランドで開催された17th IS-MPMI Congressで招待講演を行いました。

2016.6.20-25 ベトナム・カントー大学のHiep Huu Nguyen博士が研究室を訪問されました。ベトナムの植物共生微生物について共同研究を行っています。

2016.6.3 安田さんの論文がPlant and Cell Physiologyに掲載されました。

学生・研究員の募集

当研究室では、一緒に研究していただけるメンバーを随時募集しています。

※ 大学院について
 博士前期および後期課程の受験者を歓迎します。大学院入試は例年8月と12月に実施されます。
 お気軽にお問い合わせください。
東京農工大学大学院 農学府 国際環境農学専攻

※ 研究員について
 日本学術振興会の特別研究員等を随時受け入れます。
 希望する方は例年5月頃が締切りになるので、早めにご連絡ください。
日本学術振興会 特別研究員
日本学術振興会 特別研究員RPD(出産・育児による研究中断者への復帰支援フェローシップ)

東京農工大学 農学府 国際イノベーション農学コース 植物微生物研究室
〒183-8509 東京都府中市幸町3-5-8
2N-404号室
TEL/FAX: 042-367-5847
E-mail:sokazaki (@の後にcc.tuat.ac.jp)