HOME » 研究室紹介
モビリティー・エネルギー

研究室紹介(モビリティー・エネルギー)

岩本 研究室

http://iwamoto.lab.tuat.ac.jp/

研究分野:熱流体システム設計

省エネルギー  航空機  超並列数値シミュレーション

岩本研究室 写真
(左)大規模シミュレーションと室内実験の両面から研究を実施しています (右)高度な制御技術を有する近未来の航空機イメージ

熱・流体の高度制御技術の創成

近年、 関心が高まっている省エネルギーや地球温暖化対策の1つとして、 流れの抵抗、 流体音、 伝熱などの自在な乱流制御手法の確立が期待されています。
また、21世紀における持続可能な社会の構築のためには、有限であるエネルギーをより一層有効利用することが肝要です。
当研究室では、 航空機、 高速列車等、 人類の安全 ・ 安心で快適な生活に欠かすことのできない高速輸送機器において、乱流摩擦抵抗によるエネルギーの損失を抑制し、 省エネルギーに寄与する基礎技術を開発しています。
具体的には、高度な制御技術の有効性を示すために、地球シミュレーターなどの世界最大規模の超並列数値シミュレーションや室内実験を実施しています。これらは、流体工学の進展に寄与し、 将来の新しい機械システムの設計に有用な指針を与えるものです。

岩本薫教授 准教授
岩本 薫

秋澤 研究室   生物システム応用科学府

http://web.tuat.ac.jp/~akilab/

研究分野:エネルギーシステム工学

エネルギーシステム  省エネルギー  太陽エネルギー利用

秋澤研究所 写真
(左)集光式太陽光発電システム(500倍集光により発電効率32%) (右)低温排熱から冷水を作り出す吸着冷凍サイクルの動作原理

エネルギーの効率的利用と新エネルギーの効果的利用を目指す

エネルギー資源は限られており、エネルギーを効率的に利用することが人類的な課題です。
当研究室では、 エネルギーの有効利用を基本テーマとし、 排熱利用技術の開発とともにエネルギーシステムのモデル分析によってエネルギー技術の評価を行っています。
技術開発としては、 50〜80℃の排熱を活用して冷熱を供給できるシリカゲルを用いた冷凍機を高性能化するための研究や、都市外にある工場など排熱源から都市内まで熱エネルギーを長距離輸送するための吸収冷凍サイクルの応用、 化石燃料消費を低減するための太陽エネルギー利用について研究しています。
システム評価としては、プラグインハイブリッド自動車やガス化複合発電などの新技術がエネルギーシステム全体に及ぼす影響をシミュレーションによって解析し、CO2排出低減への効果などを調べています。

秋澤淳教授 教授
秋澤 淳

中山政行特任助教 特任助教
中山 政行

上田 研究室   生物システム応用科学府

http://web.tuat.ac.jp/~ueda_lab/

研究分野:熱音響工学

エネルギー  エンジン  環境

上田研究室 写真
(左)熱音響冷凍機 (右)研究概要

音波を利用したエンジン・冷凍機

エンジン ・ 冷凍機がエネルギー変換を行うためには圧力変動が必要です。 自動車のエンジンや家庭用のエアコンではピストンやバルブなどの可動部品が連動して動くことで、 エネルギー変換に必要な圧力変動が生み出されています。 これに対して、 我々の研究室で研究している熱音響エンジン ・ 冷凍機は、音波による圧力変動を利用します。 音波を利用することで、 装置の構造が単純になります。
さらに、 熱音響エンジンは排熱や太陽エネルギーを利用でき、 熱音響冷凍機はフロンなど環境に負荷を与える物質ではなく、窒素(空気)を冷媒に使用できます。 そのため、 熱音響エンジン ・ 冷凍機は地球にやさしい機器と言えます。 当研究室では、 優れた特徴を有した熱音響エンジン ・ 冷凍機の実用化を目指して、計算機シミュレーションや実験を行い、 研究を進めています。

上田祐樹教授 准教授
上田 祐樹

池上 研究室

研究分野:エネルギー管理

分散エネルギー管理  再生可能エネルギー  電力需給制御
池上研究室 写真1
実証実験住宅(東京大学生産技術研究所)
池上研究室 写真2
電力システムの集中エネルギー管理システムと協調した住宅エネルギー管理システム

再生可能エネルギーの普及を促す住宅エネルギー管理システム

太陽光発電や風力発電など再生可能エネルギーを電力システムに大規模に組み込むことが期待されています。電気エネルギーは大量に蓄えることが難しいため、時々刻々と変化する電気の使用量に合わせて発電量を調整する運用が行われています。気象条件により発電量が大きく変動する太陽光・風力発電が大量に普及すると、この需要と供給のバランスを調整して電力システムを安定的に運用することが難しくなります。本研究室では、電力システムの運用に貢献する再生可能エネルギー発電の制御手法の開発や、住宅等において電力消費量を制御する手法の開発を行っています。また、そのような仕組みを社会に組み込むための制度設計を行い、システム評価の研究を行っています。

池上貴志修教授 准教授
池上 貴志