Kurashina Research Group
Multi-scale bioMedical and Mechanical Engineering Laboratory

倉科研究室概要

倉科研究室では、MEMSや機械加工によるマイクロ・ナノ工学超音波による機械力学を基盤技術として、ナノからマクロまでマルチスケールの“やわらかい”ロボットやデバイスを創出しています。これらを用いて、生体内への薬剤送達や組織工学/再生医療などの最先端医療に資する新たなプラットフォームを構築することを目指し、研究を展開していきます。

メンバー募集

倉科研究室は2022年に発足した新規の研究室です。一緒に研究する精力的な学生・研究員を歓迎します。研究室の見学や相談を希望する学生は気軽に倉科までメール(kurashina [at] go.tuat.ac.jp)をください。

また,他大学・他研究機関から大学院生(修士課程・博士課程)、および日本学術振興会特別研究員(DC・PD・RPD・外国人)等を受け付けています。詳しくは倉科までご相談ください。

博士課程については下記より詳細をご覧ください。

Recent Posts

  • 超音波経皮投与の論文公開
    東京工業大学と東京慈恵医科大学との共同研究がJournal of Drug Delivery Science […]
  • HPのアップデート
    研究プロジェクトの子ページに研究室のコンセプト,本研究室の特徴,研究成果の発信について,博士課程進学に興味ある […]
  • ハイドロゲルファイバーの論文公開
    慶應義塾大学と東京慈恵医科大学との共同研究がMaterials & Designに採択されました.高倉 […]