東京農工大学科学技術展2015
 

第1会場 小金井キャンパス

AB  

A「自然・生命」(生きる)

No.順に掲載しています。

No. A-2
展示題目 植物バイオテクノロジーの可能性を探る
所 属 生命工学科
氏 名 宮原 平
紹介文 植物に固有な色素合成系や耐塩性機構などの二次代謝系に関する分子生物学的手法を用いた基礎研究について
No. A-5
展示題目 歯と骨をまもる薬の研究
所 属 生命工学科
氏 名 宮浦 千里
紹介文 新薬の候補化合物の破骨細胞および骨芽細胞に対する薬効評価を行い、歯と骨を守る治療薬の開発を進めています。
No. A-6
展示題目 生命工学科
所 属 癌をさがすバイオイメージングの研究
氏 名 稲田 全規
紹介文 バイオイメージング技術を用いた癌転移の仕組みの解明や、癌の新規治療薬の開発を進めています。
No. A-9
展示題目 無傷のミトコンドリアを取り出す
所 属 生命工学科
氏 名 太田 善浩
紹介文 細胞でエネルギーを作っているミトコンドリアを、無傷のまま取り出すことに成功しました。
No. A-10
展示題目 ミトコンドリアの集合が機能を変える
所 属 生命工学科
氏 名 太田 善浩
紹介文

ミトコンドリアの働き方が、ミトコンドリアの密集度合いで変わることを、わかりやすく紹介します。

No. A-17
展示題目 生命分子のエンジニアリングによる新しい産業技術の創出
所 属 産業技術専攻
氏 名 早出 広司
紹介文 蛋白質・核酸の機能の分子レベルでのデザインと応用、および海洋藍藻の合成生物学の研究を行っています。
No. A-17
展示題目 DNAの「かたち」を利用してタンパク質を測る
所 属 生命工学科
氏 名 池袋 一典
紹介文 蛋白質・核酸の機能の分子レベルでのデザインと応用、および海洋藍藻の合成生物学の研究を行っています。
No. A-20
展示題目 細菌を利用してナノ磁性材料を作る ~バイオテクノロジーによるナノ粒子のデザイン~
所 属 生命工学科
氏 名 新垣 篤史
紹介文 細菌の持つ特殊な機能を利用して、大きさ・形・磁気的性質などの制御された磁性粒子を合成しています。
No. A-21
展示題目 マリンバイオテクノロジー ~海洋微細藻類による有用物質生産~
所 属 生命工学科
氏 名 田中 剛
紹介文 バイオ燃料、医薬品、化粧品などに利用可能な有用物質を生産する海洋微生物について研究しています。
No. A-22
展示題目 細胞解析用マイクロデバイスの開発 〜新しいがん診断・治療に向けて〜
所 属 生命工学科
氏 名 吉野 知子
紹介文 がんの診断・治療に役立つ技術として、マイクロ流体デバイスと細胞観察システムの開発を行っています。
No. A-34
展示題目 植物が乾燥に耐える仕組みを探る:植物ホルモンアブシシン酸の研究
所 属 生物システム応用科学府
氏 名 梅澤 泰史
紹介文 植物の環境ストレス応答のメカニズムを研究し、乾燥耐性植物等への応用をめざします
No. A-35
展示題目 単一細胞工学と細胞再生工学
所 属 生命工学科
氏 名 斉藤美佳子
紹介文 ES細胞における細胞間コミュニケーションの研究、糖尿病予備軍マウスでの再生医工学的研究をしています。
No. A-37
展示題目 微小応力におけるミトコンドリア活性
所 属 機械システム工学科
氏 名 梅田 倫弘
紹介文 心臓拍動や血流により発生された機械的な応力に応答する細胞内のミトコンドリア活 性を世界で初めて観測した.