Top AboutLab Member Research Photograph Access Link
Lecture
電気電子工学科 学 部 講 義        
工学基礎数学 資    料
工学応用数学   
生物システム応用科学専攻 大学院講義
生体医用フォトニクス特論III,IV 2017年度 テストまたはレポートで総合的に判断する。なお、出席は2/3以上のこと。
III-1 III-2 III-3 III-4 III-5 III-6
生体情報処理特論 2018年度前期:出席とレポートを総合的に判断する
生物システム応用科学概論 2018年5月25日 13:00-14:30 
BASE本館第1講義室
講義資料:  
ダウンロードしてください 
 微粒子の大きさを測る
  -そのままで測る難しさと挑戦-
基礎技術演習II DLS法による微粒子粒質キャラクタリゼーション
日時: 10月15日(木)13:00〜
場所: BASE本館6F601号室

動的光散乱(DLS)法による微粒子粒質キャラクタリゼーションは、市販の計測機器によって行われている。計測機器としては完全なブラックボックスであり、その構成や原理を体験することは困難である。本演習では、DLS法の光学系を実視しながら、計測原理を理解させるとともに、単分散から多分散粒子系の粒径分布計測を行う。さらに、分散系の濃度依存性を観測し、通常のDLS法から拡散波分光(DWS)法への拡張を体験させる。成績はレポートで評価する。