研究成果

学会発表(国際学会)

2019年度

  1. NEW! Hiroyuki Omori, Shintaro Negishi, Takashi Ikegami, Effects of demand shifting and response for regulating reserve using residential heat pump water heaters in Japan, 6th International Conference on Renewable Energy Technologies (ICRET 2020), Perth, Australia, JAN 2020.
  2. NEW! Ikumi Suzuki, Shintaro Negishi, Takashi Ikegami, Long-term effects of reducing fuel costs and CO2 emissions by introducing renewable energy systems in Japan, 6th International Conference on Renewable Energy Technologies (ICRET 2020), Perth, Australia, JAN 2020.
  3. Ryo Abe, Daisuke Tomofuji, Takashi Ikegami, Atsushi Akisawa, A potential analysis in regional demand response by air-conditionor control, International Workshop on Environmental Engineering (IWEE) 2019, Okinawa, Japan, JUN 2019.
  4. Shunya Sumitomo, Atsushi Akisawa, Takashi Ikegami, Evaluation of regional energy system using solid oxide fuel cell, International Workshop on Environmental Engineering (IWEE) 2019, Okinawa, Japan, JUN 2019.

2018年度

  1. Azusa Miyazaki, Kentaro Watanabe, Takashi Ikegami, Robust distributed energy management system corresponding to PV generation forecast uncertainty, 2018 IEEE International Conference on Smart Energy Systems and Technologies (SEST), Sevilla, Spain, SEP 2018.
  2. Koji Takada, Takashi Ikegami, Long-term planning model for a CHP System using particle swarm optimization algorithm and mixed integer linear programming, 2018 IEEE International Conference on Smart Energy Systems and Technologies (SEST), Sevilla, Spain, SEP 2018.
  3. Takashi Ikegami, Quantification of wind power output fluctuations and its geographical smoothing effects for power system operations, 6th International Conference on Green Energy and Expo, Toronto, Canada, AUG 2018.
    【国際学会招待講演】
  4. Ryusuke Sugimoto, Takashi Ikegami, Solar irradiation time-series data with high spatial resolution to evaluate solar thermal utilization technology, Grand Renewable Energy 2018 International Conference, Yokohama, Japan, JUN 2018.
  5. Shuhei Yamano, Takashi Nakaya, Takashi Ikegami, Masayuki Nakayama, Atsushi Akisawa, Evaluation of technology selection in CCHP considering gas engine characteristics, Grand Renewable Energy 2018 International Conference [Poster], Yokohama, Japan, JUN 2018.
  6. Shunya Sumitomo, Atsushi Akisawa, Takashi Ikegami, Keisuke Kurita, Installation effect of solid oxide fuel cell co-generation depending on combination of commercial buildings, Grand Renewable Energy 2018 International Conference [Poster], Yokohama, Japan, JUN 2018.
  7. Takafumi Uosawa, Takashi Ikegami, Keisuke Kurita, Atsushi Akisawa, Evaluation of residential community energy system installing PV and EV, Grand Renewable Energy 2018 International Conference [Poster], Yokohama, Japan, JUN 2018.
  8. Hailin Deng, Takashi Ikegami, Fuel cost reduction effects by introducing storage batteries in a power system, 2018 IEEE PES Innovative Smart Grid Technologies Asia (ISGT-Asia), Singapore, Singapore, MAY 2018.

2017年度

  1. Takanori Enomoto, Takashi Ikegami, Chiyori T. Urabe, Tetsuo Saitou, Kazuhiko Ogimoto, Geographical smoothing effects on wind power output variation in Japan, 4th International Conference on Environment and Renewable Energy (ICERE), Da Nang, Vietnam, FEB 2018.
  2. Junpei Harasawa, Takashi Ikegami, Load leveling effects by massively introduced residential battery storage systems, 2017 IEEE PES Innovative Smart Grid Technologies Asia (ISGT-Asia), Auckland, New Zealand, DEC 2017.

2015年度

  1. Takashi Himeno, Takashi Ikegami, Effects of home energy management systems for reduction of renewables output curtailment, 2015 IEEE PES Innovative Smart Grid Technologies Asia (ISGT-Asia), Bangkok, Thailand, NOV 2015.
  2. Takashi Himeno, Takashi Ikegami, Effects of aggregated home energy management systems for whole power system, 4th International Conference on Microgeneration and Related Technologies (MICROGEN), Tokyo, Japan, OCT 2015.

2014年度

  1. Yusuke Udagawa, Kazuhiko Ogimoto, Takashi Ikegami, Takashi Oozeki, H Ootake, Suguru Fukutome, Impact of PV power prediction technology on power system operation, 6th World Conference on Photovoltaic Energy Conversion (WCPEC) [Poster], Kyoto, Japan, NOV 2014.
  2. Kazuhiko Ogimoto, Yusuke Udagawa, Takashi Ikegami, Ken Furusawa, Hiroshi Asano, Impacts of variable renewable energy source integration into a power system operation and implications to the Japan's future power market, International Council on Large Electric Systems (CIGRE) 2014, Paris, France, AUG 2014.
  3. Ryo Hashimoto, Hitoshi Yano, Koji Kudo, Takashi Ikegami, Kazuto Kataoka, Kazuhiko Ogimoto, Novel planning and control method of heat pump systems based on estimation of the instantaneous coefficient of performance for demand response, CIGRE Asia-Oceania Regional Council (AORC) Technical Meeting 2014, Tokyo, Japan, MAY 2014.
  4. Yumiko Iwafune, Yoshie Yagita, Takashi Ikegami, Kazuhiko Ogimoto, Short-term forecasting of residential building load for distributed energy management, 2014 IEEE International Energy Conference (ENERGYCON), Dubrovnik, Croatia, MAY 2014.

2012年度

  1. Ryo Hashimoto, Hitoshi Yano, Koji Kudo, Takashi Ikegami, Kazuhiko Ogimoto, A novel estimation method for controllable demand achieved by numerous-electric-vehicle charging management, 2013 IEEE PES Innovative Smart Grid Technologies (ISGT), Washington, DC, USA, FEB 2013.
  2. Takashi Ikegami, Kazuto Kataoka, Yumiko Iwafune, Kazuhiko Ogimoto, Optimal demand controls for a heat pump water heater under different objective functions, 2012 IEEE International Conference on Power System Technology (POWERCON), Auckland, New Zealand, OCT 2012.
  3. Kazuhiko Ogimoto, Yuichi Ikeda, Kazuto Kataoka, Takashi Ikegami, Takashi Oozeki, Flexibility of Japan’s Power System to Accommodate PV Penetration in 2030, 27th European Photovoltaic Solar Energy Conference and Exhibition (EU-PVSEC), SEP 2012.
  4. Yuichi Ikeda, Takashi Ikegami, Kazuto Kataoka, Kazuhiko Ogimoto, A unit commitment model with demand response for the integration of renewable energies, 2012 IEEE Power and Energy Society General Meeting (PES-GM), San Diego, CA, USA, JUL 2012.

2011年度

  1. Takashi Ikegami, Kazuhiko Ogimoto, Hitoshi Yano, Koji Kudo, Hiroto Iguchi, Balancing power supply-demand by controlled charging of numerous electric vehicles, 2012 IEEE International Electric Vehicle Conference (IEVC), Greenville, SC, USA, MAR 2012.
  2. Hitoshi Yano, Koji Kudo, Takashi Ikegami, Hiroto Iguchi, Kazuto Kataoka, Kazuhiko Ogimoto, A novel charging-time control method for numerous EVs based on a period weighted prescheduling for power supply and demand balancing, 2012 IEEE PES Innovative Smart Grid Technologies (ISGT), Washington, DC, USA, JAN 2012.
  3. Genku Kayo, Takashi Ikegami, Tomoki Ehara, Kazuyo Oyamada, Shuichi Ashina, Junichi Fujino, Diversified analysis of renewable energy contribution for energy supply in Asian regions, World Renewable Energy Congress (WREC) 2011, Linkoping, Sweden, MAY 2011.

2010年度

  1. Takashi Ikegami, Kazuto Kataoka, Yumiko Iwafune, Kazuhiko Ogimoto, Home energy management system for adjusting supply and demand balance of the power system, 4th International Conference on Integration of Renewable and Distributed Energy Resources (IRDER) [Poster], Albuquerque, NM, USA, DEC 2010.
  2. Takashi Ikegami, Yumiko Iwafune, Kazuhiko Ogimoto, Optimum operation scheduling model of domestic electric appliances for balancing power supply and demand, 2010 IEEE International Conference on Power System Technology (POWERCON), Hangzhou, China, OCT 2010.
    【国際学会招待講演】
  3. Takashi Ikegami, Kazuto Kataoka, Yumiko Iwafune, Kazuhiko Ogimoto, The home energy management system for balancing power demand and supply under the large photovoltaic penetration, 25th European Photovoltaic Solar Energy Conference and Exhibition (EU-PVSEC) / 5th World Conference on Photovoltaic Energy Conversion (WCPEC) [Poster], Valencia, Spain, SEP 2010.
  4. Takashi Ikegami, Kazuto Kataoka, Yumiko Iwafune, Kazuhiko Ogimoto, A study on the home energy management system for balancing power demand and supply under the large PV penetration, Renewable Energy 2010, Yokohama, Japan, JUL 2010.

2009年度

  1. Takashi Ikegami, Toshiya Aramaki, Keisuke Hanaki, Life cycle inventory analyses for CO2 emission and cost of district heating and cooling systems using wastewater heat, 5th International Conference of the International Society for Industrial Ecology (ISIE) [Poster], Lisbon, Portugal, JUN 2009.

2008年度以前

  1. Takashi Ikegami, Renewable energy potentials: solar PV and onshore wind, 14th Asia-Pacific Integrated Model (AIM) International Workshop, Tsukuba, Japan, FEB 2009.
  2. Takashi Ikegami, Assessment of the global technical potential of solar and wind energy using geographic information system, 13th Asia-Pacific Integrated Model (AIM) International Workshop, Tsukuba, Japan, FEB 2008.
  3. Takashi Ikegami, Toshiya Aramaki, Keisuke Hanaki, Evaluation of effectiveness of district heating and cooling systems with recovering heat from wastewater, 3rd International Conference of the International Society for Industrial Ecology (ISIE) [Poster], Stockholm, Sweden, JUN 2005.
  4. Takashi Ikegami, Koichi Yamashita, Theoretical study on the dielectric constant of interlayer dielectrics, Nano and Giga Challenges in Microelectronics Research [Poster], Moscow, Russia, SEP 2002.
    【Best Poster Award 受賞】

学会発表(国内学会)

2019年度

  1. 根岸信太郎, 池上貴志, 周波数調整力の提供を行う上水道送水ポンプの最適運用計画モデルに関する検討, 電気学会電力技術/電力系統技術合同研究会, 沖縄県西原町, 2019年9月.
  2. 大森洋幸, 根岸信太郎, 池上貴志, 家庭用ヒートポンプ給湯機による電力需給調整力の提供効果の評価, 令和元年電気学会電力・エネルギー部門大会 [口頭/ポスター], 広島市, 2019年9月.
    【令和元年電気学会電力・エネルギー部門大会 YPC奨励賞 受賞】
  3. 鈴木郁海, 根岸信太郎, 池上貴志, 再エネ普及シナリオに基づく長期的な太陽光・風力発電導入価値変遷の分析, 令和元年電気学会電力・エネルギー部門大会 [口頭/ポスター], 広島市, 2019年9月.
    【令和元年電気学会電力・エネルギー部門大会 YPC優秀発表賞 受賞】
  4. 宮崎梓, 高野仁, 池上貴志, LFC調整力提供を考慮したガスエンジン・蓄電池等需要家機器の最適運用による経済効果の評価, 令和元年電気学会電力・エネルギー部門大会, 広島市, 2019年9月.
  5. 秋澤淳, 上田祐樹, 池上貴志, 川崎淳平, 榎木光治, 熱音響エンジンのLNG冷熱有効利用への応用, 第24回動力・エネルギー技術シンポジウム, 東京, 2019年6月.
  6. 池上貴志, 上田祐樹, 秋澤淳, 粒子群最適化を用いた多段熱音響エンジンの設計, 第24回動力・エネルギー技術シンポジウム, 東京, 2019年6月.

2018年度

  1. 根岸信太郎, 池上貴志, 再生可能エネルギー普及シナリオと燃料単価シナリオに基づく太陽光・風力発電のkWh価値に関する基礎検討, 平成31年電気学会全国大会, 札幌市, 2019年3月.
  2. 住友俊哉, 秋澤淳, 池上貴志, コミュニティ内でのエネルギー融通を考慮した業務用固体酸化物形燃料電池の導入効果, 第35回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス, 東京, 2019年1月.
  3. 高田耕嗣, 池上貴志, 粒子群最適化と混合整数線形計画法を用いた分散型電源における長期間の最適設備台数計画モデルの開発, 平成30年度日本太陽エネルギー学会・日本風力エネルギー学会合同研究発表会 [ポスター], 松江市, 2018年11月.
  4. 鄧海林, 池上貴志, 東仁, 福留潔, 東日本電力需給解析モデルを用いた需給調整用蓄電池の経済性の評価, 平成30年電気学会電力・エネルギー部門大会 [ポスター], 徳島市, 2018年9月.
  5. 大貫輝将, 池上貴志, 自動車走行情報を用いた電力システム別EV充電需要の柔軟性の評価, 平成30年電気学会電力・エネルギー部門大会 [ポスター], 徳島市, 2018年9月.
  6. 好川宗一朗, 池上貴志, 荻本和彦, 風力発電出力変動量の地域特性と季節特性を考慮した電力需給解析, 平成30年電気学会電力・エネルギー部門大会 [ポスター], 徳島市, 2018年9月.
    【平成30年電気学会電力・エネルギー部門大会 YPC奨励賞 受賞】
  7. 魚澤孝文, 池上貴志, 栗田桂佑, 秋澤淳, PVとEVを導入した住宅コミュニティエネルギーシステムの評価, 第28回環境工学総合シンポジウム, 東京, 2018年7月.

2017年度

  1. 中谷貴, 山野修平, 中山政行, 池上貴志, 秋澤淳, ガスエンジン特性を考慮したコージェネレーションにおける技術選択の評価, 日本機械学会関東支部第24期講演会, 調布市, 2018年3月.
  2. 馬渡栄嘉, 池上貴志, 電力システムの運用設備変更による二酸化炭素排出削減効果の評価, 平成30年電気学会全国大会, 福岡市, 2018年3月.
  3. 魚澤孝文, 池上貴志, 秋澤淳, PV発電・車載蓄電池を利用した住宅コミュニティエネルギーシステムの評価, 第34回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス, 東京, 2018年1月.
  4. 住友俊哉, 秋澤淳, 中山政行, 池上貴志, 建物用途の構成が業務用SOFCの導入効果に与える影響, 第34回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス, 東京, 2018年1月.
  5. 岩船由美子, 池上貴志, 2050年の自動車部門のエネルギー消費に関する検討, 第34回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス, 東京, 2018年1月.
  6. 杉本龍亮, 池上貴志, 衛星推計日射強度データを用いた高空間解像度日射量時系列データの整備, 平成29年度日本太陽エネルギー学会・日本風力エネルギー学会合同研究発表会 [ポスター], 長岡市, 2017年10月.
  7. 榎本孝紀, 池上貴志, 占部千由, 斉藤哲夫, 荻本和彦, 風力発電出力変動量の地域特性及び季節特性の分析, 平成29年電気学会電力・エネルギー部門大会 [ポスター], 東京, 2017年9月.
    【平成29年電気学会電力・エネルギー部門大会 YPC奨励賞 受賞】
  8. 原澤潤平, 池上貴志, 家庭用蓄電池を用いたアグリゲータによる系統負荷平準化効果の評価, 平成29年電気学会電力・エネルギー部門大会 [ポスター], 東京, 2017年9月.
    【平成29年電気学会電力・エネルギー部門大会 YPC奨励賞 受賞】
  9. 成澤邦明, 池上貴志, 占部千由, 斉藤哲夫, 荻本和彦, 平滑化効果を考慮した将来の風力発電出力短周期変動量の推計手法, 平成29年電気学会電力・エネルギー部門大会 [ポスター], 東京, 2017年9月.
  10. 占部千由, 斉藤哲夫, 片岡和人, 池上貴志, 荻本和彦, 風力発電出力の短周期変動抑制制御による年間の変動抑制効果と逸失電力量率, 平成29年電気学会電力・エネルギー部門大会, 東京, 2017年9月.
  11. 住友俊哉, 中山政行, 秋澤淳, 池上貴志, 建物の組み合わせが業務用固体酸化物型燃料電池の導入効果に与える影響, 第27回環境工学総合シンポジウム, 浜松市, 2017年7月.

2016年度

  1. 占部千由, 斉藤哲夫, 片岡和人, 池上貴志, 荻本和彦, 風力発電出力の短周期変動抑制制御における変動抑制効果と逸失電力, 平成29年電気学会全国大会, 富山市, 2017年3月.
  2. 宇田川佑介, 荻本和彦, Joao Gari da Silva Fonseca Junior, 大竹秀明, 大関崇, 池上貴志, 福留潔, 日射量予測の改善が電力系統における需給運用に与える影響, 日本気象学会2016年度秋季大会, 名古屋市, 2016年10月.
  3. 瀬野知将, 池上貴志, 太陽光・風力発電出力抑制量評価のための起動停止計画モデル運転予備力制約の検討, 平成28年電気学会電力・エネルギー部門大会, 北九州市, 2016年9月.
  4. 成澤邦明, 池上貴志, 占部千由, 斉藤哲夫, 荻本和彦, 平滑化効果を考慮した将来における風力発電出力短周期変動率の推計手法の提案, 平成28年電気学会電力・エネルギー部門大会, 北九州市, 2016年9月.
  5. 占部千由, 斉藤哲夫, 片岡和人, 池上貴志, 荻本和彦, 風力発電出力の短周期変動抑制制御, 平成28年電気学会電力・エネルギー部門大会, 北九州市, 2016年9月.
  6. 勅使河原優, 池上貴志, 道路交通センサスデータを用いた電気自動車の充電ポテンシャルの定量的評価, 平成28年電気学会電力・エネルギー部門大会, 北九州市, 2016年9月.
  7. 宇田川佑介, 西辻裕紀, 荻本和彦, Joao Gari da Silva Fonseca Junior, 大竹秀明, 大関崇, 池上貴志, 福留潔, 出力予測を考慮したユニットコミットメントによる太陽光発電出力制御必要量の分析, 平成28年電気学会電力・エネルギー部門大会, 北九州市, 2016年9月.

2015年度

  1. 占部千由, 斉藤哲夫, 片岡和人, 荻本和彦, 池上貴志, 風力発電出力の短周期変動解析, 平成28年電気学会全国大会, 仙台市, 2016年3月.
  2. 宇田川佑介, 西辻裕紀, 荻本和彦, Fonseca Joao, 大関崇, 大竹秀明, 池上貴志, 福留 潔, 太陽光発電大量導入時における出力制御必要量の分析, 平成28年電気学会全国大会, 仙台市, 2016年3月.
  3. 池上貴志, 成澤邦明, 占部千由, 斉藤哲夫, 片岡和人, 荻本和彦, 東北・北海道地域の風力発電出力短周期変動の平滑化効果の分析, 平成28年電気学会全国大会, 仙台市, 2016年3月.
  4. 矢野達也, 池上貴志, 予測の不確実性を考慮した太陽熱利用ヒートポンプ給湯機運用手法の検討, 平成27年日本太陽エネルギー学会研究発表会, 宮崎市, 2015年11月.
  5. 宇田川佑介, 荻本和彦, Gari da Silva Fonseca Jr Joao, 大竹秀明, 大関崇, 池上貴志, 福留潔, 太陽光発電が大量導入された電力系統における需給運用に日射量予測値が与える影響, 日本気象学会2015年度秋季大会, 京都市, 2015年10月.
  6. 姫野峻志, 池上貴志, 山口容平, 荻本和彦, 住宅内可制御負荷機器の普及率による電力システムへの影響評価, 平成27年電気学会電力・エネルギー部門大会, 名古屋市, 2015年8月.
  7. 本間康将, 向後卓磨, 橋本龍, 工藤耕治, Joao Fonseca, 荻本和彦, 池上貴志, 発電予測の確率的情報を用いた太陽光発電の抑制のための出力制御, 平成27年電気学会電力・エネルギー部門大会, 名古屋市, 2015年8月.
  8. 宇田川佑介, 荻本和彦, Joao Fonseca, 大関崇, 大竹秀明, 池上貴志, 福留潔, 太陽光発電システムが大量導入された電力システムにおける需給運用, 平成27年電気学会電力・エネルギー部門大会, 名古屋市, 2015年8月.
  9. 瀬野知将, 池上貴志, 起動停止計画モデルを用いた将来の太陽光・風力発電の出力抑制量の定量的評価, 平成27年電気学会電力・エネルギー部門大会, 名古屋市, 2015年8月.
  10. 荻本和彦, 岩船由美子, 片岡和人, 池上貴志, 山口容平, 木下裕介, 下田吉之, 2030年の関西地域を対象とした電力需給シナリオ解析(第3報)電力需給解析, 第34回エネルギー資源学会研究発表会, 東京, 2015年6月.
  11. 山口容平, 谷口綾子, 池上貴志, 荻本和彦, 木下裕介, 下田吉之, 梅田靖, 2030年の関西地域を対象とした電力需給シナリオ解析(第2報)シナリオに基づく民生部門のエネルギー需要の推計, 第34回エネルギー資源学会研究発表会, 東京, 2015年6月.

2014年度

  1. 片岡和人, 占部千由, 宇田川佑介, 荻本和彦, 池上貴志, 斉藤哲夫, 風力発電出力の短時間変動の比較, 平成27年電気学会全国大会, 東京, 2015年3月.
  2. 宇田川佑介, 荻本和彦, Joao Fonseca, 片岡和人, 大関崇, 大竹秀明, 池上貴志, 電力システムにおける太陽光発電短時間変動量の予備的検討, 平成27年電気学会全国大会, 東京, 2015年3月.
  3. 池上貴志, 片岡和人, 宇田川佑介, 荻本和彦, 斉藤哲夫, 東北地域の風力発電出力短周期変動の平滑化効果の基礎分析, 平成27年電気学会全国大会, 東京, 2015年3月.
    【平成27年電気学会全国大会 優秀論文発表賞 受賞】
  4. 宇田川佑介, 荻本和彦, Gari da Silva Fonseca Jr Joao, 大竹秀明, 大関崇, 池上貴志, 福留潔, 電力系統運用のための気象予測情報の利用-その2- : 発電機起動停止計画モデルを用いた日射量予測値の信頼区間・予測精度が与える影響, 日本気象学会2014年度秋季大会 [ポスター], 福岡市, 2014年10月.
  5. 庄司智昭, 松本眞子, 芳澤信哉, 高橋尚之, 藤本悠, 林泰弘, 池上貴志, 岩船由美子, 需給バランスを考慮したHP給湯機運用の低圧系統電圧への影響評価, 電気学会電力・エネルギー部門大会, 京田辺市, 2014年9月.
  6. 庄司智昭, 松本眞子, 芳澤信哉, 高橋尚之, 藤本悠, 林泰弘, 池上貴志, 岩船由美子, DR対応型HEMS導入下でのLVRによる低圧系統電圧制御に関する検討, 電気学会電力・エネルギー部門大会, 京田辺市, 2014年9月.
  7. 宇田川佑介, 荻本和彦, 池上貴志, 大関崇, 大竹秀明, 福留潔, 太陽光発電の予測精度が需給運用と発電コストに与える影響, 電気学会電力・エネルギー部門大会, 京田辺市, 2014年9月.

2013年度

  1. 片岡和人, 池上貴志, 宇田川祐介, 荻本和彦, 斉藤哲夫, 風力発電出力制御による短時間変動・ランプ制御, 平成26年電気学会全国大会, 松山市, 2014年3月.
  2. 荻本和彦, 片岡和人, 池上貴志, 宇田川佑介, 我が国の長期電力需給ベストミックスの検討(3), 第30回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス, 東京, 2014年1月.
  3. 宇田川佑介, 荻本和彦, 池上貴志, 大関崇, 福留潔, 太陽光発電の予測誤差が需給運用と発電コストに与える影響, 電気学会新エネルギー・環境/メタボリズム社会・環境システム合同研究会, 東京, 2013年11月.
  4. 宇田川佑介, 荻本和彦, 池上貴志, 福留潔, 池田裕一, 再生可能エネルギー発電の予測誤差を考慮した起動停止計画問題, 日本オペレーションズ・リサーチ学会2013年秋季研究発表会, 徳島市, 2013年9月.
  5. 池上貴志, 宇田川佑介, 片岡和人, 荻本和彦, 将来の電力システム別需給調整必要量の定量的評価, 平成25年電気学会電力・エネルギー部門大会, 新潟市, 2013年8月.
  6. 宇田川佑介, 荻本和彦, 池上貴志, 福留潔, 池田裕一, 火力発電機の部分負荷効率に伴う発電コストの増加と揚水発電機による発電コストの緩和 ―起動停止計画モデルを用いた考察―, 平成25年電気学会電力・エネルギー部門大会, 新潟市, 2013年8月.
  7. 片岡和人, 池上貴志, 宇田川佑介, 荻本和彦, 斉藤哲夫, 風力発電ならびに残余需要のランプと運用システム, 平成25年電気学会電力・エネルギー部門大会, 新潟市, 2013年8月.

2012年度

  1. 池上貴志, 片岡和人, 岩船由美子, 荻本和彦, 住宅用蓄電池の充放電計画・運用手法の検討, 平成25年電気学会全国大会, 名古屋市, 2013年3月.
  2. 宇田川佑介, 荻本和彦, 池上貴志, 福留潔, 池田裕一, 火力機の部分負荷効率を考慮した起動停止計画モデル開発, 平成25年電気学会全国大会, 名古屋市, 2013年3月.
  3. 片岡和人, 池上貴志, 宇田川佑介, 荻本和彦, 斉藤哲夫, 風力発電ならびに残余需要のランプの予備的分析, 平成25年電気学会全国大会, 名古屋市, 2013年3月.
  4. 橋本龍, 矢野仁之, 工藤耕治, 池上貴志, 荻本和彦, 電力需給バランス調整に貢献する多数台EV充電制御における可制御量推定手法の提案, 平成25年電気学会全国大会, 名古屋市, 2013年3月.
  5. 荻本和彦, 片岡和人, 池上貴志, 宇田川佑介, 赤井誠, 我が国の長期電力需給ベストミックスの検討(2), 第29回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス, 東京, 2013年1月.
  6. 荻本和彦, 片岡和人, 池上貴志, 宇田川佑介, 野中俊介, 東仁, 長期の電力需給計画における再生可能エネルギー大量導入の課題解決の可能性検討(2), 第29回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス, 東京, 2013年1月.
  7. 片岡和人, 池上貴志, 宇田川佑介, 荻本和彦, 大関崇, 斉藤哲夫, 再生可能エネルギー発電と需要の変動特性の分析・評価, 電気学会新エネルギー・環境/メタボリズム社会・環境システム合同研究会, 東京, 2012年11月.
  8. 池上貴志, 片岡和人, 岩船由美子, 荻本和彦, 家庭用ヒートポンプ給湯機の目的別最適運転計画, 平成24年電気学会電力・エネルギー部門大会, 札幌市, 2012年9月.
  9. 伊藤朋央, 岩船由美子, 池上貴志, 日渡良爾 交通シミュレータを用いた電気自動車の充電制御に関する研究, 平成24年電気学会電力・エネルギー部門大会, 札幌市, 2012年9月.
  10. 荻本和彦, 片岡和人, 池上貴志, 需給調整力評価を含めた再生可能エネルギー大量導入の課題解決に関する検討, 平成24年電気学会電力・エネルギー部門大会, 札幌市, 2012年9月.

2011年度

  1. 矢野仁之, 工藤耕治, 井口浩人, 池上貴志, 片岡和人, 荻本和彦, 分散するEV用リチウムイオンバッテリーの仮想集積技術―電力システム連携に向けた多数台EV充電電力の可制御化―, 電子情報通信学会2012年総合大会, 岡山市, 2012年3月.
  2. 池上貴志, 荻本和彦, 矢野仁之, 工藤耕治, 井口浩人, 電力需給バランス調整に貢献する電気自動車の充電制御による発電燃料費低減効果の評価, 平成24年電気学会全国大会, 広島市, 2012年3月.
  3. 荻本和彦, 池上貴志, 片岡和人, 斉藤哲夫, 電力需給解析のための全国風力発電量データの収集と分析, 平成24年電気学会全国大会, 広島市, 2012年3月.
  4. 片岡和人, 池上貴志, 荻本和彦, 土谷高文, HEMSによる家庭内需要機器の制御, 平成24年電気学会全国大会, 広島市, 2012年3月.
  5. 矢野仁之, 工藤耕治, 井口浩人, 池上貴志, 片岡和人, 荻本和彦, 電力需給バランス調整に貢献する多数台EV充電制御方式の提案-プラグイン後に確定するEV充電情報で充電総需要を能動化する手法, 平成24年電気学会全国大会, 広島市, 2012年3月.
  6. 池田裕一, 荻本和彦, 池上貴志, 片岡和人, 再生可能エネルギーの連系と蓄電装置を用いた需要の能動化を考慮した発電機起動停止モデル, 平成24年電気学会全国大会, 広島市, 2012年3月.
  7. 荻本和彦, 池田裕一, 片岡和人, 池上貴志, 赤井誠, 我が国の長期電力需給ベストミックスの検討, 第28回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス, 東京, 2012年1月.
  8. 池田裕一, 荻本和彦, 池上貴志, 片岡和人, 再生可能エネルギーの連系と需要の能動化を考慮した電力システムの経済運用モデル, 第28回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス, 東京, 2012年1月.
  9. 荻本和彦, 池田裕一, 片岡和人, 池上貴志, 野中俊介, 東仁, 長期の電力需給計画における再生可能エネルギー大量導入の課題解決の可能性検討, 第28回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス, 東京, 2012年1月.
  10. 池上貴志, 片岡和人, 岩船由美子, 荻本和彦, 太陽熱集熱器とヒートポンプ給湯機併用住宅におけるエネルギー需給に関する解析, 第39回環境システム研究論文発表会, 町田市, 2011年10月.
  11. 池上貴志, 池田裕一, 片岡和人, 岩船由美子, 荻本和彦, 家庭や地域毎の分散エネルギーマネジメントによる蓄電池の運用効果の評価, 電気学会電力技術/電力系統技術合同研究会, 大阪市, 2011年9月.
  12. 荻本和彦, 池田裕一, 片岡和人, 池上貴志, 我が国の長期の電力需給ベストミックスの予備検討, 電気学会電力技術/電力系統技術合同研究会, 大阪市, 2011年9月.
  13. 池上貴志, 片岡和人, 岩船由美子, 荻本和彦, 電気料金信号を用いた家庭内機器の運転制御による関東地域の電力需給調整力の評価, 平成23年電気学会電力・エネルギー部門大会, 福井市, 2011年9月.
  14. 荻本和彦, 岩船由美子, 片岡和人, 池上貴志, 八木田克英, 電力需給調整力向上に向けた集中・分散エネルギーマネジメントの協調モデル, 平成23年電気学会電力・エネルギー部門大会, 福井市, 2011年9月.
  15. 矢野仁之, 工藤耕治, 井口浩人, 池上貴志, 片岡和人, 荻本和彦, 電力需要の増減要求への対応を可能とする多数台EVのリアルタイム充電制御方式の提案, 平成23年電気学会電力・エネルギー部門大会, 福井市, 2011年9月.
  16. 荻本和彦, 片岡和人, 池上貴志, 2030年に向けた電力需給の低炭素化の予備検討, 第30回エネルギー・資源学会研究発表会, 東京, 2011年6月.

2010年度

  1. 池上貴志, 片岡和人, 岩船由美子, 荻本和彦, 家庭内の蓄電池とヒートポンプ給湯機による地域全体の電力需給調整力の評価, 平成23年電気学会全国大会(開催中止・原稿のみ), 2011年3月.
  2. 荻本和彦, 片岡和人, 池上貴志, 将来の電力システムの需給調整力と向上対策に関する試算, 平成23年電気学会全国大会(開催中止・原稿のみ), 2011年3月.
  3. 栗林亮介, 矢野仁之, 工藤耕治, 池上貴志, 片岡和人, 荻本和彦, 電力需給バランス応用へ向けた多数台EVの充電制御技術―電力需要曲線への追随を可能とする型押し型スケジューリング―, 平成23年電気学会全国大会(開催中止・原稿のみ), 2011年3月.
  4. 片岡和人, 池上貴志, 荻本和彦, 土谷高文, 家庭内需要機器の確率的DP法による運用計画, 平成23年電気学会全国大会(開催中止・原稿のみ), 2011年3月.
  5. 福留潔, 和地恒久, 礒永彰, 池上貴志, 荻本和彦, 集中エネマネの意志決定を含む集中・分散エネルギーマネジメントの協調モデルの開発, 平成23年電気学会全国大会(開催中止・原稿のみ), 2011年3月.
  6. 池上貴志, 片岡和人, 岩船由美子, 荻本和彦, 電力需給バランス調整のためのヒートポンプ給湯機最適運用に要求される給湯需要予測精度の評価, 第27回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス, 東京, 2011年1月.
  7. 近藤康彦, 下田吉之, 山口容平, 荻本和彦, 池上貴志, 家庭部門への太陽光発電設備大規模導入による系統電源への影響, 第27回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス, 東京, 2011年1月.
  8. 荻本和彦, 片岡和人, 池上貴志, 東仁, 福留潔, 長期の電力需給計画におけるPV大量導入の課題と解決の可能性に関する予備検討, 第27回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス, 東京, 2011年1月.
  9. 荻本和彦, 片岡和人, 池上貴志, 東仁, 赤井誠, 長期の電力需給計画における低炭素化実現の予備検討, 第27回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス, 東京, 2011年1月.
  10. 池上貴志, 片岡和人, 岩船由美子, 荻本和彦, 電力需給バランス制御に貢献する家庭内機器最適運転モデルの評価, 電気学会電力技術/電力系統技術合同研究会, 東広島市, 2010年9月.
    【平成22年電気学会電力・エネルギー部門研究会 優秀論文発表賞 受賞】
  11. 池上貴志, 片岡和人, 岩船由美子, 荻本和彦, 太陽熱集熱器とヒートポンプ給湯機を併用した住宅における需要能動化による電力需給バランス調整力の評価, 平成22年電気学会電力・エネルギー部門大会, 福岡市, 2010年9月.
  12. 片岡和人, 池上貴志, 岩船由美子, 荻本和彦, 土谷高文, 需要能動化のための運用の不確実性を考慮した家庭用機器最適スケジューリングモデルの開発, 平成22年電気学会電力・エネルギー部門大会, 福岡市, 2010年9月.
  13. 荻本和彦, 片岡和人, 池上貴志, 日本の2030年の電力需給における課題解析, 平成22年電気学会電力・エネルギー部門大会, 福岡市, 2010年9月.

2009年度

  1. 池上貴志, 片岡和人, 岩船由美子, 荻本和彦, 電力料金設定に応じた家庭内機器の最適運用による逆潮流量抑制効果の評価, 平成22年電気学会全国大会, 東京, 2010年3月.
    【平成22年電気学会全国大会 優秀論文発表賞 受賞】
  2. 荻本和彦, 片岡和人, 池上貴志, CO2価格が電力経済負荷配分に与える影響, 平成22年電気学会全国大会, 東京, 2010年3月.
  3. 片岡和人, 池上貴志, 荻本和彦, 家庭内需要機器の運用シミュレーション, 平成22年電気学会全国大会, 東京, 2010年3月.
  4. 池上貴志, 片岡和人, 岩船由美子, 荻本和彦, 電力料金設定による家庭内電気機器の最適運用計画, 第26回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス, 東京, 2010年1月.
  5. 荻本和彦, 片岡和人, 池上貴志, 長期の電力需給計画の評価手法と試算結果, 第26回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス, 東京, 2010年1月.
  6. 池上貴志, 荒巻俊也, 花木啓祐, 気候条件の違いによる下水熱利用地域冷暖房システム導入効果の解析, 第37回環境システム研究論文発表会, 日野市, 2009年10月.
  7. 池上貴志, 荒巻俊也, 花木啓祐, 札幌の気候条件下での下水熱利用地域冷暖房システム導入効果の解析, 第18回日本エネルギー学会大会, 札幌市, 2009年8月.

2008年度以前

  1. 池上貴志, 荒巻俊也, 花木啓祐, 東京都区部における下水熱利用地域冷暖房システム導入による二酸化炭素排出削減ポテンシャルの推計, 第63回土木学会年次学術講演会, 仙台市, 2008年9月.
  2. 芦名秀一, 池上貴志, 藤野純一, 業務用建物のCO_2削減に向けた低炭素型エネルギーシステムの定量的検討―国立環境研究所における再生可能エネルギー活用システムの実現可能性とCO_2削減ポテンシャル―, 第17回日本エネルギー学会大会, 東京, 2008年8月.
  3. 池上貴志, 芦名秀一, 藤野純一, GISを用いた日本地域別の太陽光・風力の経済的ポテンシャルの推計, 第27回エネルギー・資源学会研究発表会, 大阪市, 2008年6月.
  4. 芦名秀一, 藤野純一, 池上貴志, 再生可能エネルギー活用による2050年日本低炭素電力供給シナリオの定量的検討, 第27回エネルギー・資源学会研究発表会, 大阪市, 2008年6月.
  5. 池上貴志, 芦名秀一, 藤野純一, 太陽光・風力を活用した2050年低炭素社会エネルギー供給システムの検討―その1:GISを用いた世界の太陽光・風力ポテンシャル量の推計―, 第24回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス, 東京, 2008年1月.
  6. 芦名秀一, 池上貴志, 藤野純一, 太陽光・風力を活用した2050年低炭素社会エネルギー供給システムの検討―その2:エネルギー経済モデルを用いた日本における最適システム設計―, 第24回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス, 東京, 2008年1月.
  7. 藤野純一, 花岡達也, 芦名秀一, 井原智彦, 加藤丈佳, 小杉隆信, 吉田好邦, 藤澤星, 池上貴志, 松橋隆治, 2007年エネルギー・資源学会サマーワークショップからの提言:産業・市場・消費におけるイノベーションの役割は?, 第24回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス, 東京, 2008年1月.
  8. 池上貴志, 荒巻俊也, 花木啓祐, 下水熱利用地域冷暖房システムの二酸化炭素排出削減ポテンシャルの評価~東京都区部を対象として~, 電気学会メタボリズム社会・環境システム研究会, 東京, 2007年12月.
  9. 池上貴志, 荒巻俊也, 花木啓祐, 下水熱利用地域冷暖房システムの戦略的導入による環境負荷低減効果の解析, 第33回環境システム研究論文発表会, 札幌市, 2005年10月.
  10. 池上貴志, 山下晃一, 層間絶縁膜の誘電率に関する理論的研究, 2002年分子構造総合討論会 [ポスター], 神戸市, 2002年10月.
  11. 池上貴志, 山下晃一, 高分子の誘電率に関する理論計算, 2001年分子構造総合討論会 [ポスター], 札幌市, 2001年9月.

講演会・セミナー等

  1. 最適化技術とエネルギーシステム解析, 日本OR学会「エネルギーミックスの諸問題とOR」研究部会, 東京, 2017年5月.
  2. 電力自由化~そしてこれからのエネルギーの選択, 小金井市公民館シルバー大学, 小金井市, 2016年9月.
  3. 再生可能エネルギーの普及を促す分散エネルギー管理システムの開発, 次世代イノベーション創出プロジェクト2020交流会, 東京, 2016年8月.
  4. 今後の電力システムとICTとのかかわり, 精密工学会 第380回講習会「これでわかる最新の情報化技術」, 東京, 2016年8月.
  5. 再生可能エネルギー大量導入時の課題と様々な対応策, 東工大AESイブニングセミナー, 東京, 2015年10月.
  6. 再生可能エネルギーの普及を促す賢い電気の使い方とは?, 小金井市成人大学講座「エネルギーと地域の未来を考える」, 小金井市, 2015年9月.
  7. Aggregated Residential Demand Response Model for Massive Renewables Deployment, RTPIS Laboratory Distinguished Seminar, Clemson, SC, USA, SEP 2015.
  8. 再生可能エネルギーの普及を促す住宅エネルギー管理システム, 首都圏産業活性化協会セミナー, 小金井市, 2015年6月.
  9. 再生可能エネルギー大量導入にひそむ課題, 東京農工大学科学博物館「再生可能エネルギー展」講演会, 小金井市, 2015年5月.
  10. 広域運用における平滑化効果と連系可能量拡大の可能性, 日本風力発電協会 系統部会セミナー, 東京, 2014年10月.
  11. 東大『COMMAハウス』における住宅エネルギーマネジメント実証実験の状況, CEATEC JAPAN/電子情報通信学会シンポジウム 次世代ICTスマートグリッドによる持続可能社会の実現へ向けて, 千葉市, 2013年10月.
  12. 家庭用エネルギーマネジメントシステムにおける最適化, 「電力システムと最適化」ワークショップ, 東京, 2013年3月.
  13. 電力需給バランス調整に貢献する分散エネルギーマネジメント, 第7回再生可能エネルギー世界展示会JCREフォーラム「エネルギーグリッド・パワエレ&統合概念」セミナー, 千葉市, 2012年12月.
  14. 太陽光発電大量導入に向けた分散エネルギーマネジメント, 第59回応用物理学関係連合講演会シンポジウム, 東京, 2012年3月.
  15. 分散エネルギーマネジメントと最適化, オクトーバー・スカイ Gurobi Optimizer ソリューションセミナー2011, 東京, 2011年12月.
  16. エネルギー需給の将来を考える―期待される賢いエネルギー利用―, 竹中工務店 竹中技術研究所公開2011講演会, 印西市, 2011年11月.
  17. エネルギー需給の将来を考える―エネルギーインテグレーション―, 日本IBM スマートな都市づくりのための自治体・企業・政府連携セミナー, 東京, 2011年6月.
  18. エネルギー需給の今後を考える―震災からの回復・供給セキュリティの観点を含めて―, 東京大学生産技術研究所 オムニバスレクチャー, 東京, 2011年4月.
  19. エネルギー需給の今後を考える―震災からの回復・供給セキュリティの観点を含めて―, 応用物理学会 緊急シンポジウム:新エネルギー供給の未来を考える, 東京, 2011年3月.
  20. Japan Scenarios towards Low-Carbon Societies, 2008 Economics Energy and Environment (3E) Modeling Workshop, Taipei, Taiwan, JUL 2008.