東京農工大学 Tokyo University of Agriculture and Technology

HOMEENGLISH東京農工大学TOP

国際イノベーション農学コースの概要

1. 国際環境修復保全学教育研究分野(通称第1講座:環境・農業工学系)

生物と人間の相互作用に留意しながら、地域の自然-農業生態系における環境劣化の実態分析、地域環境の修復方法の開発や保全計画の策定、環境に配慮した持続的な農業生産のための水の有効利用や土地の保全、地下水環境のモニタリング、土壌汚染防止等に関する研究を行う。

2. 国際生物生産資源学教育研究分野(通称第2講座:生物系)

 国際的・地域的な見地から、現在有用な、また将来利用可能な生物資源の探索および生物的機能の分析を行う。さらに地域の生物資源と生態環境を活かし、持続可能な生物生産技術を開発する為の総合的な研究を行う。

3. 国際地域開発学教育研究分野(通称第3講座:社会系)

 開発途上国・途上地域における農業農村開発を中心とした持続可能な地域開発・社会計画を、技術的な側面を重視しつつ、かつ各地域の経済的・社会的・文化的な諸特性をも考慮する総合的かつ学際的な開発研究・援助研究を基礎に遂行することを目指す教育研究を行う。

4. 国際応用動物学教育研究分野(獣医・動物系)

 世界規模での動物繁殖技術・動物飼養技術を確立するため、動物生体の構造、機能、行動、進化について、分子生物学や遺伝学的な知識をもとに概説し、さらに国際感染症対策など、動物疾病に関わる化学物質や病原性微生物について、疾病の予防や治療、さらに公衆衛生に関連する知見について講義や討論を行う。

 

pagetop