比較心理学研究室

これまでの修士論文、卒業論文

平成26年度

  • (卒論)飼育下ユキヒョウ(Panthera uncia)に対する嗅覚刺激呈示による行動への影響
  • (卒論)御蔵島周辺に生息するミナミハンドウイルカ(Tursiops aduncus)の呼吸同調行動の発達:0歳齢から5歳齢まで

平成25年度

  • (卒論)飼育環境の変容がリスザル(Saimiri sp.)の行動に与える影響の実験的分析
  • (卒論)羅臼沖シャチ(Orcinus orca)におけるコ-ルの分類と他海域の個体群との比較
  • (卒論)飼育下シャチの接触行動について

平成24年度

  • (卒論)御蔵島周辺に生息するミナミハンドウイルカ(tursiops Aduncus)の子育てにおける母親の行動と社会関係の変化
  • (卒論)共感と利他性のメカニズムについて
  • (卒論)流行語にみる現代日本人の「男らしさ」「女らしさ」の変容

平成23年度

  • (卒論)飼育下アカゲザル幼体の社会性の発達に関する
  • (卒論)新聞で報道された児童虐待の実態とその要因の分析
  • (卒論)飼育下フンボルトペンギンの換羽に関する行動学的研究
  • (卒論)動物園のイベント開催の目的を探る

平成22年度

  • (卒論)飼育下チ-タ-幼体の遊び行動の発達的分析
  • (卒論)飼育下ヨウスコウワニの飼育環境変化に対する反応の行動学的分析
  • (卒論)霊長類の採食行動はどのように研究されてきたのか

平成21年度

  • (卒論)ハシブトガラスにおける集合音声と集合行動の分析
  • (卒論)1990年代以降、社会的知性はどのように研究されてきたのか

平成20年度

  • (卒論)飼育下クモザル集団における“仲良し関係”-親和性と近接性との相互関係を探る-
  • (卒論)飼育下ニホンザル幼体オスの母子関係と社会性の横断的発達
  • (修論)動物園における飼育環境の変化がインドサイ(Rhinoceros unicornis)に及ぼす影響の行動学的評価
  • (修論)視覚認知における注意配分についての文化心理学的研究-モンゴル人と日本人を対象に

平成19年度

  • (卒論)都市環境と活動ペ-ス -大都市中心地域と周縁地域で歩行行動を比較する-
  • (卒論)“いなか”へ旅することの魅力を探る -“いなか”と“まち”に対する意識調査から-
  • (修論)飼育環境の変容がフサオマキザル(Cebus apella)の行動に与える影響を探る

平成18年度

  • (卒論)動物園の掲示物が伝えるメッセ-ジと、来園者の動物園や掲示物に対する意識との関係
  • (卒論)他者になりたがる若者たち -コスプレとアイデンティティ-
  • (卒論)夢見ヶ崎動物公園におけるフサオマキザル(Cebus apella)の飼育環境エンリッチメントの実験的解析
  • (卒論)イヌと飼い主の散歩行動の地域比較
  • (修論)飼育下オランウ-タン(Pongo pygmaeus)の心理学的幸福に物理的環境変容が及ぼす影響の行動学的評価

平成17年度

  • (卒論)飼育下シャチ(Orcinus orca)におけるコミュニケ-ション音声と行動的文脈の分析
  • (卒論)飼育下タイワンリス(Callosciurus erythraeus thaiwanensis)における色弁別学習実験を用いた色覚の分析
  • (修論)飼育環境がリスザル(Saimiri sp.)の行動に与える影響-動物福祉の観点からの考察-

平成16年度

  • (卒論)犬のしつけに関する飼い主の意識
  • (卒論)採食エンリッチメント導入が飼育下ボルネオオランウ-タンに与える影響
  • (卒論)飼育下チンパンジ- (Pan troglodytes)における母子関係の発達的変化の横断的分析
  • (卒論)高齢女性が化粧をすると社会性は促進されるのか
  • (卒論)ハンドウイルカのホイッスル音に違いをもたらす要因の分析
  • (修論)ニホンザル(Macaca fuscata)における視覚による性選好性の実験的分析
  • (修論)高齢者を対象とした質問紙法による原風景の研究

平成15年度

  • (卒論)飼育下フンボルトペンギンの換羽期における個体間関係の分析
  • (卒論)飼育下ハシブトカラスにおける音楽弁別能力の分析
  • (修論)飼育下アブラコウモリにおける母子関係の分析

平成14年度

  • (卒論)飼いイヌのコミュニケ-ション行動の研究― カーミングシグナルの有効性の検討 ―
  • (卒論)多摩動物公園における来園者の観覧態度の研究 ― 発話分析を中心として ―
  • (卒論)飼育下ボノボ(Pan Paniscus)幼体の社会的行動と母子関係の発達的変化

平成13年度

  • (卒論) 待ち合わせ場面における行動に関する比較研究
  • (修論) チンパンジ-(Pan troglodytes) のコドモは他個体とどのように付き合っているのか
  • (修論) 飼育下チンパンジ- (Pan troglodytes)の手使用にみられる左右偏好性の分析
  • (修論) 野生ハンドウイルカ(Tursiops sp.)における非敵対的接触行動の行動学的研究

平成12年度

  • (修論) 自閉症児の初期言語発達におけるコミュニケ-ション機能の分析

平成11年度

  • (卒論) シロイルカにおける数概念に関する基礎的研究
  • (卒論)ファショナブルな若者たち-被服行動と自己-
  • (卒論)"Attitudes to Animals"を手がかりとして人間と動物との共生を考える
  • (卒論)ニホンザルにおける空間再認記憶および視対象再認記憶における嗅内皮質の役割

平成10年度

  • (卒論)マカク類2種における水遊び行動の分析

平成8年度

  • (卒論)飼育条件下にける幼体オランウ-タンの社会的発達

平成6年度

  • (卒論)動物園飼育下の霊長類の行動に及ぼす観客の影響

コンタクト

住所
〒183-8509
東京都府中市幸町3-5-8
東京農工大学農学部
比較心理学研究室
TEL&FAX
042-367-5588
メールアドレス
takeda@cc.tuat.ac.jp
↑スパムメール対策に@を全角にしています。メール送信時に半角で入力し直してください。