本文へスキップ

東京農工大学女性未来育成機構は女子学生・女性教員の支援を行っています。

育児支援

保育支援制度

業務上やむを得ない理由で、夜間・早朝の時間外保育あるいは病児・病後児保育、それに該当するシッター等を利用した研究者に、 利用料の一部を補助する制度です。

本制度は、平成28年度科学技術人材育成費補助事業「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティ ブ(牽引型)」の補助を受けて実施する保育支援制度であり、平成29年4月より運用を開始しました。

詳細は、女性未来育成機構にお問い合わせください。


保育支援制度に関する要項  | ご利用案内 

利用条件

対象者
本学で雇用されている研究に従事する常勤および非常勤職員

男性研究者も補助対象です。
※配偶者が大学、大学共同利用機関法人、国立研究開発法人又は企業等で雇用されている研究に従事する方に限ります。

ご自身が補助対象者に該当するか分からない方は、女性未来育成機構あるいは研究支援課までお問い合わせください。
対象となる子の年齢
生後57 日目〜小学校3 年生
対象となる保育
夜間・早朝保育や休日保育、病児・病後児保育等のために利用する保育施設又はシッター
補助額
利用料金の半額
※子ども一人あたり年間2万円を上限とする。

ご利用のながれ

1.事前登録

ご利用には事前登録が必要です。申請窓口に登録に必要な書類を持ってお越しください。
※書類は、年度毎に提出していただく必要がございます。
※書類の提出は、その年度の初回に補助を申請する際に、2の利用申請書と併せてご提出いただいても構いません。

登録に必要な書類

・申込書 [様式 word
・親子関係の分かる書類(保険証など)の写し

2.利用申請

補助対象となる保育を利用した月の翌月1日(1日が土日祝の場合はその翌日)までに、申請窓口に申請に必要な書類をご提出ください。
※要項の提出期日は5日となっていますが、お支払い手続きを円滑に進めるため1日までのご提出をお願いしております。

申請に必要な書類

・申請書 [様式 word
・補助対象となる保育等を利用したことが分かる書類(領収書、利用明細など)の写し

3.補助額の支払い

提出いただいた申請書に基づき手続きを行い、申請者に補助金が支払われます。

申請窓口

府中キャンパス
研究支援課(本部管理棟1階)
TEL:042-367-5944  Mail:wakate[at]cc.tuat.ac.jp
小金井キャンパス
女性未来育成機構(5号館1階)
TEL:042-367-5944  Mail:joseispt[at]cc.tuat.ac.jp

ベビーカー・ベビーチェアーの大学内貸し出し

大学内で、ベビーカー(A型)・ベビーチェアー(スウィング機能付き)の貸し出しを行っています。
詳細は、女性未来育成機構にお問い合わせください。