黄麹菌(Aspergillus oryzae)は、酒、味噌、醤油など伝統的な発酵食品、いわゆるスローフードを生産する際に用いられている日本を代表する微生物です。

私たちの研究室を含む All Japan Team によって世界で初めて全ゲノム解析が終了した糸状菌(カビ)の一つでもあります。

私たちは、このゲノム情報をもとに、麹菌の分子生物学的解析を主軸に、糸状菌に関する基礎と応用の両面から「応用微生物学」的研究を行っています。

 

お知らせ


わたくし達と一緒に研究をしてくれる、やる気あふれる大学院生(修士課程・博士課程)を大募集しています!


微生物、酵素、それらの利用や、微生物の遺伝子発現制御、タンパク質の発現や代謝などに興味のある方は、気軽に担当教員までご連絡下さい。ちょっと見学してみたいとか、話を聞いてみたいというのでも構いません。お待ちしてます。


醗酵や醸造などに興味のある方もぜひ!!


連絡先は、こちら です。お気軽にどうぞ!

東京農工大学 農学部 応用生物科学科

大学院 農学府 農学専攻 応用生命化学コース 応用生命化学プログラム

遺伝子機能制御学研究室

キーワード

応用微生物学 麹菌(こうじ菌) チーズのカビ 遺伝子 ゲノム タンパク質分解酵素 微生物 

酵素化学 遺伝子発現 タンパク質科学 タンパク質工学 転写制御 発酵 醸造 機能性ペプチド