Top
入試情報 就職・進学

 

生体医用システム工学科は、2019年4月に始動した新しい学科です

 

受験生へのメッセージ

 高校生の皆さんのなかには、物理や数学が好きで、将来、技術者や研究者になりたいと思っている人が多いと思います。日本では健康・医療関係分野が成長戦略の柱として位置付けられていることはニュース等で知っていると思います。これからは、従来の生物・生命分野だけでなく、これに物理学、数学、情報工学などを融合させた革新的な医療技術の研究開発が重要になります。生体医用システム工学科では、これまでの学問分野に捉われない医療にかかわる新しい計測・診断技術の研究開発に取り組んでいます。
 学科のカリキュラムは、高校の数学や理科をさらに発展させた物理系科目・電子情報系科目を学ぶと同時に、 生物・医療系科目も同時に学び、最終的にこれらを融合する手法が身に付くように設計されています。医療分野へのシフトを進める日本企業のニーズにあった能力を身につけることができます。英語学習や海外留学の機会も豊富ですので、将来は海外の企業で働くことも可能です。従来からの分野である物理学や電子情報に関する能力も十分に養われますので、電機、精密機械、情報、化学などの関連企業に就職することもできます。大学院博士課程に進学して、我々と一緒に研究者として活躍したい人も歓迎します。

学科長 高木康博

 

生体医用システム工学科での学びと将来への展望

 

問い合わせ先
〒184-8588 東京都小金井市中町2-24-16
東京農工大学工学部 生体医用システム工学科
E-mail: p-jimu(ここに@を入れてください)cc.tuat.ac.jp

小金井キャンパスへのアクセス(詳細はこちら

関連サイトへのリンク

東京農工大学オフィシャルサイト オフィシャルサイトの本学科紹介ページ
受験生向けサイト 物理システム工学科(現学科)
機械システム工学科(現学科) 電気電子工学科(現学科)

This page was produced by Department of Biomedical Engineering, Tokyo University of Agriculture and Technology, Japan.

本ホームページは東京農工大学工学部 生体医用システム工学科が制作、管理しています。