学科概要

イメージ

「生命」に未知の可能性を求めて

近年、バイオ関連の研究がめざましく発展したことによって、生物の多種多様な機能が次々と解明されつつあります。生物の機能、生物間の相互作用、生物の共存機構などを解明すること、それらを的確に利用することは、人類が持続的な発展(Sustainable Development)をしていくうえで不可欠なことといえるでしょう。

本学科では、化学と生物を基盤として、分子、細胞、個体、個体と群集の活動、その相互作用に至る一連の生命現象と生物機能を解明すること、さらにそれらを応用して人類に有益な生命科学の発展に寄与することを目的として、教育・研究を行っています。このような理念のもとで、先端の研究を推し進めながら、バイオサイエンス、バイオテクノロジーの分野で活躍する能力を備えた人材の養成を行います。

本学科の育成する人材像について

食糧、健康、環境など、人類の生存と発展に関わる事象を扱うのが農学という領域ですが、なかでもバイオサイエンス、バイオテクノロジーは、直面する問題の解決と未来への飛躍への鍵となる最先端の科学技術として、大きな期待が寄せられています。農学という、生命を慈しみ育んできた歴史と伝統を誇るバックグラウンドを持ちながら、最先端の科学技術を基盤とした生命現象と生物機能に関する教育研究にとって、本学の農学と工学に関する科学技術の教育研究を中心とした環境は、恵まれた場となっています。

このような環境の中で、本学科では、バイオサイエンスとバイオテクノロジーの分野で活躍するための基礎と応用に関する教育を行い、人類の生存と発展に貢献できる人材を育成します。

バイオサイエンスとバイオテクノロジー

「バイオサイエンス」では、微生物、動物、植物などの生物自身の生命機能を、化学、生物学を基盤として深く探究・理解することを目指し、「バイオテクノロジー」では、バイオサイエンスの成果を食品、医薬、農薬を初めとする生活関連有用物質の高度な生産や利用に適用することを目指しています。