応用生命化学専攻 Department of Applied Biological Chemistry

近年のバイオテクノロジーや生命科学のめざましい発展によって、生命活動や生物が生み出す物質の特性や機能などの解明、およびそれらの応用が可能になりました。生命現象の理解と産業への利用は、人類が高度に発展した社会を構築・維持するために必要不可欠であり、その道を拓ことは新しい時代の要請です。応用生命化学専攻は、生命活動を分子と分子、分子と細胞ならびに分子と個体との相互作用という視点でとらえ、基礎と応用の高度な融合を目指し、「生命現象と生物機能を解明すること」および「得られた知見と技術を応用発展させること」を一体の学問として教育することを目的としています。

具体的には、以下の事項の基礎と応用に関する教育と研究を行っています。
  • タンパク質、核酸(遺伝子)、糖質、脂質、生理活性物質等の生命分子の構造・機能および分子間相互作用の解析
  • 生命分子の生合成、生分解、化学合成、酵素や微生物による構造変換
  • 食品や天然素材などの生体高分子の高次構造・機能・反応の解析と改変
  • 細胞および生物個体の生化学的・生理学的反応の生命分子や食品による制御
  • 遺伝子の発現制御

  • 遺伝子工学によるタンパク質や生物の機能の改変
  • 生物や酵素反応を利用した有用物質の生産

本専攻が育成する人材像

応用生命化学専攻では、バイオテクノロジーや生命科学に関する高度な専門的知識、技術、思考能力を身に付け、自ら目標をたて研究課題を遂行する能力を養います。このような教育研究により、食品、医薬品、農業、環境などの分野において、バイオテクノロジーおよび生命科学を基盤として、問題(ニーズ)の解決を計ることができる、および、新たな課題(シーズ)を切り拓き発展させることにより、社会に貢献できる人材を育成します。

専攻の構成

生命体を構成する分子は高度な多様性と特異性をもち、その機能を通じて生命活動の維持に関わっています。また、生命分子間の相互作用は、複雑で多様な生理学的・生化学的調節機構を介して維持されており、それらを人為的に改変・制御することは、効率的物質生産、疾病の治療等に貢献します。さらに、生命現象の根幹を担う遺伝情報を解読し、それを改変・利用することは、生命活動の理解と産業への応用に飛躍的進歩をもたらす可能性があります。

応用生命化学専攻では、これらの生命科学分野の基盤を理解し先端科学技術として応用する教育研究を行うため、「生体分子化学教育研究分野」「生理生化学教育研究分野」「分子生物学教育研究分野」、および東京都老人総合研究所との連携分野として「環境老年学教育研究分野」の4つの教育研究分野を設けています。これら4つの単位は互いに密接に連携しつつ、以下の教育研究活動を展開しています。

生体分子化学教育研究分野

生命機能分子の構造解析・合成・機能改変・有効利用等。

生理生化学教育研究分野

生理生化学的調節の分子機構の解析・制御と医薬・治療法や物質生産への応用等。

分子生物教育研究分野

遺伝子・タンパク質の解析・発現制御・改変・再構築・導入、ポストゲノム解析等。

環境老年学教育研究分野

老化のメカニズム、臓器加齢と老年病の発症病態の基礎と応用等。 ※東京都老人総合研究所との連携分野

同窓会