大学院

大学院では、学部での基礎知識を活かし、自ら目標をたて研究課題を遂行する能力を養います。
生命活動を「分子と分子」「分子と細胞」ならびに「分子と個体」との相互作用という視点で捉え、生命分子の構造や機能を解析し、その応用に関する研究を行っています。
生物の機能系に着目して、生物の改変や制御に応答するためのバイオテクノロジーとバイオサイエンスに関する研究を行っています。